Priener Hütte 山小屋プリーン

  • 2020.01.26 Sunday
  • 22:26

2020年1月26日(日) 曇

 

Priener Hütte 

プリーン小屋(「プリン」じゃない)

 

標高1410mからの眺めのいい小屋。

Wilder Keiser(ヴィルダーカイザー)やZahmen(ツァーメン)といった山のパノラマを楽しめる。

そして、別名がBlumenberg と言われるGeigelsteinの麓に位置するそうで、みゆきさ、大喜び?

 

残念!雪・・・。

冬は、スキーとかソリとか楽しめる。

 

花は次回をお楽しみに。

 

IMG_8616.jpg

 前回Sachrang から登って遠かったので、なるべく近いところからということで、手前のInnerwaldとHubenの間にある駐車場に車を停めて、歩き始めます。

 

IMG_8615.jpg

 本当は橋の側に登山用駐車場があるはずだったのに、わからなくて、道横の有料駐車場に停めました。1日2€。

 

IMG_8629.jpg

 少し登ると、凍った小さい滝が左手にありました。

 

IMG_8614.jpg

凍ったところがいい感じ。

 

IMG_8628.jpg

 

 

IMG_8613.jpg

 道が凍っていて滑る〜。

 

IMG_8612.jpg

土の道は足に優しい。

 

IMG_8611.jpg

 Sachrang からの道とぶつかったところが、ちょうど山小屋で借りられるソリの回収場所になってました。

 

IMG_8617.jpg

 

 

IMG_8610.jpg

さて、普通の林道を進むのが正解か、確認しないとです。

 

IMG_8609.jpg

頂上までは行きませんが、しっかり2時間越え。頑張って歩こう!

 

IMG_8608.jpg

年寄りは足元危ないと怖いので、私はさっさとアイゼン*) 着けました。が、若い衆?は着けずに歩けてます。雪はそんなに凍り付いてはいないので。

*)Grödln:簡易アイゼン

 

IMG_8607.jpg

森に入ると、地面が出ているところも。

 

IMG_8606.jpg

この辺の木はとてつもなく背が高い

 

IMG_8605.jpg

雪に埋もれた草。なんて、楽しみながら進んでいたら、道に迷ってしまったので少し戻ることに。

 

IMG_8604.jpg

こちらから歩いていたら見えない側の木の上に、標識発見。右折して登り続けます。

 

IMG_8603.jpg

木が細い

 

IMG_8602.jpg

この辺は雪が少なくて、アイゼンが土に潜る

 

IMG_8601.jpg

ほらほら、みんな滑るからアイゼン着けようよ〜。

 

IMG_8600.jpg

こっちでいいはず。まあ進んでみよう。

 

IMG_8599.jpg

 

IMG_8626.jpg

やっぱり2時間越えは長い。次回は短いところにしよう。

 

IMG_8598.jpg

お日様が出るとなんだか嬉しい

 

IMG_8597.jpg

 

 

IMG_8596.jpg

うーん、ちょっと日光浴?

 

IMG_8595.jpg

標識は十分ある、とガイドブックに書いてあったけど、夏だったら迷わずに行けるんだろうな、という感じで。

 

IMG_8594.jpg

これ超えたら、山小屋見えるかな?

 

IMG_8593.jpg

後から来てた中東のグループに、道に迷ってる間に追い抜かれていた。先を行くのが見える。

 

IMG_8592.jpg

景色がいいと、気分も晴れる

 

IMG_8591.jpg

 

 

IMG_8590.jpg

なんだか山小屋が見えてきた。

 

IMG_8589.jpg

左手、ちょっと彩雲みたいになってて。

 

IMG_8618.jpg

 

 

IMG_8588.jpg

Schreck-Alm Simmerl-Kaserと壁に表示が。

 

IMG_8587.jpg

 山の景色がいいですね。

 

IMG_8586.jpg

Schreckalmで少し休憩しよう!と言ってたので待ってたのに、みんな先に進んで戻ってこない。仕方なく道に戻って登り始めたら、登った先の山小屋もSchreck-Almと表示が。あらら。

 

IMG_8585.jpg

屋根の雪が落ちかけてる。ここ抜けられるかと思ったけど、ズボッといくと怖いので、ちゃんと回り込むことに。

 

IMG_8584.jpg

 

 

IMG_8583.jpg

Schreckalm Ertlkaser

 

IMG_8582.jpg

ちゃんと座れる小屋なので、みんなで戻ってお弁当を食べた。屋根の雪がすごい勢いで落ちたらしい。

 

IMG_8619.jpg

Almから本道へ。

 

IMG_8621.jpg

片栗粉状の雪道。

 

IMG_8622.jpg

ゆみちゃんが、上に行く道は後1時間、下に行く道は30分、と表示を確認してきてくれたので、もちろん下の道を進む。

 

IMG_8620.jpg

写真が撮りにくくて手袋ガシガシ触っていたら、親指の生地が薄くなって後ちょっとて破けそう。

 

IMG_8623.jpg

スキーグループはGeigelstein登頂を目指す?

 

IMG_8581.jpg

カイザーゲビルゲの方向から、ぷかん、と気球が現れた。

 

IMG_8580.jpg

 

 

IMG_8579.jpg

 

 

IMG_8578.jpg

気球は次々増えて、ぐんぐん上がって行く。

 

IMG_8577.jpg

Prienerhütteは一年中開いてます、の表示が。

 

IMG_8576.jpg

ソリ道になってきた。雪の状態は良さそう。これはちゃんとしたソリで滑りたい。

 

IMG_8575.jpg

 

 

IMG_8574.jpg

後もう少し。

 

IMG_8573.jpg

ソリで降りてくる人や、引っ張って歩いてくる人が。

 

IMG_8572.jpg

春が待たれる。

 

IMG_8624.jpg

ついに山小屋が見えてきた。

 

IMG_8571.jpg

窓口で注文して、机の番号を言ってくれたら、お席にご飯をお持ちしますって。

 

IMG_8570.jpg

DAVの山小屋だから、お泊まりもあり。ソリも貸してくれる。

 

IMG_8569.jpg

席がいっぱいで、奥の奥に入り込んでしまった私のために、ゆみちゃんがメニューを撮影してきてくれた。

注文はKaspressknödelsuppeチーズ団子のスープ。

 

IMG_8568.jpg

これこれ。

 

IMG_8567.jpg

お友達オススメのカイザーシュマーンなんだそう。私も横からおすそ分けちょこちょこいただきました。サクサクモチモチで美味しかった。

 

IMG_8566.jpg

 

 

IMG_8565.jpg

 

 

IMG_8564.jpg

 

 

IMG_8563.jpg

1926年には建てられていたんですね。古い。

 

IMG_8625.jpg

下でソリを回収したスノーモビルが戻って来た。

 

IMG_8561.jpg

自分のソリを持って上がってきている人が多いので、帰りは楽しい。

 

IMG_8560.jpg

イヤッホー!

 

IMG_8559.jpg

なんだか見ちゃうと乗りたいよね。ということで、プラスティックのソリを持っていない二人は借りに行くことに。

 

IMG_8627.jpg

ソリゲット。下まで7ユーロ。

IMG_8558.jpg

ソリを借りに行っているのを待つ間出会ったワンちゃん。大きな珍しい種類のワンちゃんなんだって。

 

IMG_8557.jpg

次回は自分のでかいソリ持って参加するぞ〜。

 

IMG_8556.jpg

スピード怖い!ので、ぼちぼち降りてたら、みんなに置いていかれた。涙。もう米粒ほどの小ささで楽しそうに降りて行くのが見える。でもやっぱりソリは楽しいですね。冬の醍醐味。またぜひ来よう!

 

IMG_8555.jpg

これは駐車場の反対側の写真です。この辺の平らな道をクロスカントリーの人たちが行き来していた。雪が少ない今年のミュンヘン。もしかしたら春先にドカ雪が?

それではまた来週。

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM