Suedtirol Bergtouren (4. Tag) 南チロル秋合宿四日目

  • 2018.11.04 Sunday
  • 19:09

2018年11月4日(日)晴れ

 

合宿最終日、ヒロさんは早めにミュンヘンへ戻る必要があるということで朝食後すぐに帰投するはずだった。

しかし、この日の登山は、GlurnsからPradへ抜ける山歩きルートの往復を計画。ヒロさんは、それなら片道だけ歩いて別行動で先に帰投するということで、最後の日も取り敢えず5人で出発。

 

IMG_E4239_R.JPG

Glurnsの何時もの教会の駐車場に車を停めて、出発です。

 

IMG_E4241_R.JPG

少し青空も見えてきました。

 

IMG_4552_R.JPG

これはパノラマの朝ご飯の部屋からの景色ですね。

右奥山手前に見えてる教会が出発地点です。

 

IMG_4631_R.JPG

これは駐車場から少し進んで、Malsの街を振り返ったところ。

Burgeisも左手に見えてますね。

 

IMG_4632_R.JPG

最初はなんだか農家の道なき道を進みます。中ちゃん、ナビ宜しくです。

 

IMG_4633_R.JPG

小春日和のお散歩コース、という感じ。

 

IMG_4634_R.JPG

こう見ると、Malsはとても小さな町ですね。

 

IMG_4635_R.JPG

山上には雪。冬到来です。

 

IMG_4636_R.JPG

でもこの道はまだ秋の装い。

 

IMG_E4273_R.JPG

残りのナデシコ。

 

IMG_4638_R.JPG

枯れた感じがいい、道端の木。

 

IMG_4639_R.JPG

今回、お揃いで買ってみました、この帽子。

 

IMG_4640_R.JPG

松林を過ぎて。景色がいいので気持ちいい。

 

IMG_4641_R.JPG

花が咲く頃に来たいですね。

 

IMG_4642_R.JPG

うすく霞がかかる。

 

IMG_4643_R.JPG

凹凸も少なく歩きやすい道。

 

IMG_E4283_R.JPG

 

IMG_E4285_R.JPG

 

IMG_E4291_R.JPG

おしゃれなベンチ。雨も避けられ、方角も変えられる。

 

IMG_E4298_R.JPG

キラリと光る石。

 

IMG_4644_R.JPG

町の上にも霞が残る。

 

IMG_4645_R.JPG

柔らかい色合い。

 

IMG_4646_R.JPG

 

 

IMG_4765_R.JPG

人気のコースらしく、何組かの家族とすれ違い。

 

IMG_4648_R.JPG

 

 

IMG_4650_R.JPG

 

 

IMG_4651_R.JPG

この石の中もキラリと光る鉱物が。

 

IMG_E4310_R.JPG

まだ緑の雑草が残るこの辺り。

 

IMG_4652_R.JPG

 

 

IMG_4653_R.JPG

最近興味のある、多肉植物が自生。

 

IMG_4654_R.JPG

会長、恐れ入ります。

 

IMG_4655_R.JPG

 

 

IMG_4656_R.JPG

山の模様が毛糸のパッチワークみたいな色で。

 

IMG_4657_R.JPG

昔はよくこの反対側の山ばかり歩いてましたが、こちら側もいい感じですね。

 

IMG_4658_R.JPG

 

IMG_4659_R.JPG

 

IMG_4766_R.JPG

 

IMG_E4311_R.JPG

 

 

IMG_4660_R.JPG

 

 

IMG_4661_R.JPG

ヒロさん、最終日もいっしょに歩けて良かったです。

 

IMG_4662_R.JPG

ベンチのあるこの広場でお昼ご飯。ヒロさんはここで別れて帰路に着きます。

 

IMG_E4318_R.JPG

そこから見えるこの廃墟。

 

IMG_4663_R.JPG

 

 

IMG_4664_R.JPG

ではヒロさん、また次回。

 

IMG_4665_R.JPG

お別れ前の記念撮影

 

IMG_4666_R.JPG

 

 

IMG_4667_R.JPG

ちょっとベンチの手前から下る道を探検。川が流れてました。

 

IMG_4668_R.JPG

 

 

IMG_E4323_R.JPG

 

IMG_E4325_R.JPG

 

IMG_E4326_R.JPG

裏から壁をよじ登ってみました。他のみんなは正面に回って入り口から入ってました。

 

IMG_4669_R.JPG

 

 

IMG_4670_R.JPG

 

 

IMG_E4327_R.JPG

 

 

IMG_4671_R.JPG

 

 

IMG_4672_R.JPG

 

 

IMG_4673_R.JPG

 

 

IMG_4674_R.JPG

残りの花をまた発見。

 

IMG_4675_R.JPG

向こうにはテントが張られています。

 

IMG_4676_R.JPG

 

 

IMG_4677_R.JPG

ここは元暖炉かかまど?

 

IMG_4678_R.JPG

 

 

IMG_4679_R.JPG

正規の道に戻ります。

 

IMG_4681_R.JPG

入り口横にある塔。

 

IMG_E4329_R.JPG

 

IMG_E4330_R.JPG

 

IMG_E4331_R.JPG

 

IMG_E4333_R.JPG

 

 

IMG_E4334_R.JPG

 

 

IMG_4682_R.JPG

 

 

IMG_E4344_R.JPG

 

IMG_E4354_R.JPG

 

IMG_E4365_R.JPG

 

 

IMG_4683_R.JPG

ビニールやテントがあり、ビールを片付けてる人がいたので聞いてみたら、昨日の夜はここでお祭りがあったそう。まだ一部残ってるから見学していいよ、と言ってくれました。

 

IMG_4684_R.JPG

サンタクロースの相棒、悪い子はいねか、のクランプスのお祭りだったそうで。こんなおどろおどろしい車が飾られてます。

 

IMG_4685_R.JPG

この衣装、着てたみたい。

 

IMG_4687_R.JPG

 

 

IMG_4688_R.JPG

 

 

IMG_4689_R.JPG

 

 

IMG_4690_R.JPG

 

 

IMG_4691_R.JPG

これもクランプスの衣装だそう。

 

IMG_4693_R.JPG

会長雄姿。

 

IMG_4695_R.JPG

 

 

IMG_4696_R.JPG

夜、こんなところで火を焚いて、ビール飲めたら気持ちいいでしょうね。

 

IMG_4697_R.JPG

 

 

IMG_4699_R.JPG

一応、避難路表示はあるんですけど

 

IMG_4700_R.JPG

 

 

IMG_4701_R.JPG

 

 

IMG_4702_R.JPG

 

 

IMG_4703_R.JPG

 

 

IMG_4704_R.JPG

 

 

IMG_4705_R.JPG

 

 

IMG_4706_R.JPG

 

 

IMG_4707_R.JPG

 

 

IMG_4708_R.JPG

 

 

IMG_4709_R.JPG

 

 

IMG_4710_R.JPG

塔の所に残る壁画は綺麗な色が残っています。

 

IMG_4711_R.JPG

可愛い花発見。

 

IMG_4712_R.JPG

 

 

IMG_4713_R.JPG

 

 

IMG_4714_R.JPG

さあ、向こうの教会に行ってみましょう。

 

IMG_E4373_R.JPG

 

IMG_E4375_R.JPG

 

 

IMG_4715_R.JPG

 

 

IMG_4716_R.JPG

 

 

IMG_E4376_R.JPG

あちこちいけますよ。

 

IMG_4718_R.JPG

 

IMG_E4379_R.JPG

 

IMG_E4380_R.JPG

 

 

IMG_4719_R.JPG

この坂を登って、左に上がると教会です。

 

IMG_4720_R.JPG

教会の裏に、日向ぼっこにちょうどいいベンチが。

 

IMG_4721_R.JPG

 

 

IMG_4722_R.JPG

残念ながら鍵がかかっていましたが、中が少しのぞけました。

 

IMG_4723_R.JPG

 

 

IMG_4724_R.JPG

 

 

IMG_4726_R.JPG

 

 

IMG_4727_R.JPG

 

 

IMG_4728_R.JPG

 

 

IMG_4729_R.JPG

ベンチ横の印がいい感じ。

 

IMG_4730_R.JPG

 

 

IMG_4731_R.JPG

教会から廃墟を見下ろして。

 

IMG_4732_R.JPG

 

 

IMG_4733_R.JPG

 

 

IMG_4734_R.JPG

 

 

IMG_4735_R.JPG

 

 

IMG_4736_R.JPG

 

 

IMG_4737_R.JPG

おもしろい形の松ぼっくり。

 

IMG_4738_R.JPG

 

 

IMG_4739_R.JPG

 

 

IMG_4740_R.JPG

ザンクト・クリスティーナだそうです。

 

IMG_4742_R.JPG

 

 

IMG_E4392_R.JPG

 

IMG_E4393_R.JPG

 

IMG_E4395_R.JPG

 

IMG_E4399_R.JPG

 

IMG_E4408_R.JPG

ヤギが飼われ、静かな佇まいのこの小さな町。

 

IMG_4743_R.JPG

 

 

IMG_4744_R.JPG

 

 

IMG_4745_R.JPG

 

 

IMG_E4408_R.JPG

 

IMG_E4417_R.JPG

 

 

IMG_4746_R.JPG

森のお仕事。

 

IMG_4747_R.JPG

 

 

IMG_4748_R.JPG

 

 

IMG_4749_R.JPG

 

 

IMG_4750_R.JPG

アルゴイにいるような茶色の耳が可愛い牛。

 

IMG_E4417_R.JPG

 

IMG_4751_R.JPG

鶏は放し飼い。

 

IMG_4752_R.JPG

もちろん猫も。

 

IMG_E4424_R.JPG

電車の駅まで戻ると遠回りになるので、下の道からグルーンズの駐車場に戻ることに。

 

IMG_4753_R.JPG

 

 

IMG_4754_R.JPG

 

 

IMG_4755_R.JPG

 

 

IMG_4756_R.JPG

 

 

IMG_4757_R.JPG

 

 

IMG_4758_R.JPG

 

 

IMG_4759_R.JPG

 

IMG_E4428_R.JPG

戻りました〜。お疲れ様でした。

 

IMG_E4429_R.JPG

さあ、私たちも帰路に着きます。

 

IMG_E4431_R.JPG

これからしばらくお休みになり、またスキーシーズン開始とともにオープンするホテルパノラマ。

毎回お食事が美味しいのですが、特に日曜日の晩御飯が自家製のリキュール付きでいいんだけど、今回は帰宅です。残念。また次回!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Suedtirol Bergtouren (3. Tag) 南チロル秋合宿三日目

  • 2018.11.03 Saturday
  • 19:05

2018年11月3日(土)曇りのち晴れ

 

合宿三日目、やっと登山!

無理のない山歩きを計画。昨年目指したSesvennahuette (セスヴェンナ山小屋)からスイスのUinaschlucht(ウイナ渓谷)を目標に設定して行けるとこまで行ってみよう。

 

 

IMG_3971_R.JPG

 

 

IMG_3972_R.JPG

秋色の小道を通りぬけ

 

IMG_3975_R.JPG

 

IMG_3976_R.JPG

この建物の前の駐車場に車を停めて出発。

 

IMG_3979_R.JPG

 

IMG_4434_R.JPG

 

 

IMG_4435_R.JPG

 

IMG_4436_R.JPG

 

IMG_4437_R.JPG

 

IMG_4438_R.JPG

 

IMG_4439_R.JPG

 

IMG_4440_R.JPG

 

 

 

IMG_3980_R.JPG

 

 

IMG_3981_R.JPG

 

 

IMG_3983_R.JPG

この地図わかり易い。前回ロープウェイで登ってから歩いたコースの先にあった山小屋に裏から直接行く感じ。

 

IMG_3984_R.JPG

ここも泊まれるところが沢山。

 

IMG_3986_R.JPG

 

 

IMG_3987_R.JPG

会長が近々自分の家にも作りたいグリル用かま

 

IMG_3993_R.JPG

今日のメンバー。出発前に駐車場でハイポーズ。

 

IMG_3995_R.JPG

こんどは会長も入って。

 

IMG_3998_R.JPG

 

 

IMG_3999_R.JPG

町の飾りがおしゃれ。

 

IMG_4002_R.JPG

 

 

IMG_4004_R.JPG

牧草地帯に入ってくると、人はまばらに。

 

IMG_4006_R.JPG

 

IMG_4441_R.JPG

 

IMG_4008_R.JPG

 

IMG_4444_R.JPG

 

 

IMG_4012_R.JPG

雲が低く垂れ込める。

 

IMG_4013_R.JPG

 

IMG_4014_R.JPG

会長と二手に別れて私達は林道を。

 

IMG_4015_R.JPG

 

 

IMG_4016_R.JPG

 

 

IMG_4017_R.JPG

 

IMG_4018_R.JPG

道が交差して会長と合流

 

IMG_4020_R.JPG

あまりに奥地で陸の孤島。税金まで免除になってる場所がある。

 

IMG_4022_R.JPG

以外に緑が残っていて暖かかと思いきや、これから先は雪。

 

IMG_4023_R.JPG

記念撮影必須ポイント。

 

IMG_4445_R.JPG

以外に他の登山者にも出会うこの道。

 

IMG_4025_R.JPG

 

 

IMG_4446_R.JPG

 

IMG_4447_R.JPG

 

IMG_4448_R.JPG

 

IMG_4449_R.JPG

 

IMG_4450_R.JPG

メラーンで買ったこの帽子。風が吹いても頭にフィット。雨もはじくし、あったかくてむれない。

 

IMG_4026_R.JPG

 

IMG_4027_R.JPG

 

 

IMG_4028_R.JPG

だんだん雪雲の中へ

 

IMG_4031_R.JPG

 

 

IMG_4032_R.JPG

 

IMG_4452_R.JPG

山小屋通過。ビールにはまだ早いので、後からまた来ましょう。

 

IMG_4033_R.JPG

 

 

IMG_4035_R.JPG

 

IMG_4453_R.JPG

 

IMG_4455_R.JPG

登り始めるとあっという間に暑くなります。

 

IMG_4036_R.JPG

 

 

IMG_4037_R.JPG

 

 

IMG_4039_R.JPG

 

 

IMG_4040_R.JPG

かたつむりのようなマークのついた石。

 

IMG_4043_R.JPG

 

IMG_4456_R.JPG

 

IMG_4045_R.JPG

 

IMG_4459_R.JPG

できればアイゼンなしで行きたかったのですが、やっぱり滑って危ないので装着。

 

IMG_4046_R.JPG

 

IMG_4039_R.JPG

 

 

IMG_4049_R.JPG

 

IMG_4051_R.JPG

水戸黄門のテーマソングを口ずさみながら。

 

IMG_4052_R.JPG

夏に見た滝は、凍って水の量は少ない。

 

IMG_4053_R.JPG

夏の景色とはまた全然違うのが面白い。

 

IMG_4055_R.JPG

時々地すべり。危ない危ない。

 

IMG_4060_R.JPG

えええ、雪崩れてる箇所が。

 

IMG_4055_R.JPG

 

IMG_4055_R.JPG

 

 

IMG_4065_R.JPG

 

IMG_4057_R.JPG

 

IMG_4460_R.JPG

 

IMG_4060_R.JPG

 

IMG_4461_R.JPG

 

IMG_4462_R.JPG

 

IMG_4463_R.JPG

IMG_4464_R.JPG

 

 

IMG_4465_R.JPG

雪は降ったばかりなのか、柔らかい。水分しっかり含んだ重たい雪。

 

 

IMG_4061_R.JPG

なんだか雪崩れてる箇所がいくつもあって、ちょっとビビってるみゆきさ。笑顔が固い。

 

IMG_4466_R.JPG

動物の足跡。

 

IMG_4467_R.JPG

 

IMG_4468_R.JPG

 

IMG_4469_R.JPG

滝の所、水はほとんど見えない。

 

IMG_4470_R.JPG

ここ、かなり雪崩れてますけど。

 

IMG_4471_R.JPG

 

 

IMG_4064_R.JPG

変な木のオブジェがお出迎え。

 

IMG_4065_R.JPG

 

 

IMG_4066_R.JPG

 

IMG_4068_R.JPG

 

 

IMG_4069_R.JPG

 

IMG_4472_R.JPG

 

IMG_4473_R.JPG

 

IMG_4474_R.JPG

 

IMG_4475_R.JPG

 

IMG_4476_R.JPG

 

 

IMG_4071_R.JPG

 

 

IMG_4072_R.JPG

今きた道は明るいですが、これから先はなんだか吹雪いてます。

 

IMG_4073_R.JPG

 

IMG_4074_R.JPG

 

IMG_4477_R.JPG

 

 

IMG_4075_R.JPG

 

IMG_4077_R.JPG

 

IMG_4478_R.JPG

 

IMG_4480_R.JPG

 

 

 

 

IMG_4079_R.JPG

 

IMG_4475_R.JPG

 

IMG_4083_R.JPG

寒いし〜、この先真っ白だし〜。

 

IMG_4088_R.JPG

白い洞窟に入り込んでく感じ。

 

IMG_4089_R.JPG

か、風が強いです。ぶっ飛びそうです。

 

IMG_4080_R.JPG

それでも誰かの足跡が。

 

IMG_4481_R.JPG

 

IMG_4482_R.JPG

山小屋到着。もちろん閉まってるけど。

 

IMG_4483_R.JPG

雪のポケットに入ってるかんじ。

 

IMG_4081_R.JPG

やっぱり吹雪いてるんですけど。

 

IMG_4084_R.JPG

 

 

IMG_4086_R.JPG

 

IMG_4484_R.JPG

キラリと光る?DAVのマーク。

 

IMG_4485_R.JPG

他の登山者が、山小屋の裏の階段のところなら風を避けられるよ、と教えてくれて、即移動。寒い。

 

IMG_4487_R.JPG

池も雪に埋もれかかって。凍って雪に完璧に埋もれてたら怖いな、と思ってましたが、まだこんな感じで良かった。

 

IMG_4488_R.JPG

 

IMG_4489_R.JPG

山小屋バックに記念撮影

 

IMG_4087_R.JPG

時々吹雪で全く見えなくなる山小屋。夏には庭に沢山エーデルワイスが咲いてました。
 

IMG_4090_R.JPG

寒いから早く帰ろう、と思っている所。

 

IMG_4091_R.JPG

山小屋の前にこの池があるのを覚えていて、全面薄く氷が張って、その上に雪が積もってて踏み抜いたら怖い、と思っていたんだけど、こんな感じで良かった。

 

IMG_4092_R.JPG

 

 

IMG_4093_R.JPG

 

 

IMG_4096_R.JPG

 

 

IMG_4097_R.JPG

 

 

IMG_4099_R.JPG

 

 

IMG_4103_R.JPG

 

IMG_4104_R.JPG

IMG_4104_R.JPG

 

 

IMG_4105_R.JPG

会長、一人でこちらの山小屋へ。

 

IMG_4108_R.JPG

きちんと閉められた雨戸。風で斜めに積もった雪。

 

IMG_4112_R.JPG

 

 

IMG_4113_R.JPG

 

IMG_4115_R.JPG

 

 

 

IMG_4116_R.JPG

 

 

IMG_4118_R.JPG

目標達成で、寒いので早く下山しよう。

 

IMG_4490_R.JPG

 

IMG_4493_R.JPG

宇宙船から脱出するみたい。

 

IMG_4495_R.JPG

 

IMG_4496_R.JPG

 

 

IMG_4497_R.JPG

 

IMG_4498_R.JPG

 

IMG_4499_R.JPG

 

 

IMG_4119_R.JPG

 

 

IMG_4120_R.JPG

 

IMG_4121_R.JPG

登り始めが標高たかいので、2206mでもそこまで登った感覚なし。

 

IMG_4122_R.JPG

 

IMG_4123_R.JPG

 

 

IMG_4124_R.JPG

 

 

IMG_4126_R.JPG

 

IMG_4499_R.JPG

 

IMG_4500_R.JPG

こんどは滝のほうに直接降りていく事に。

 

IMG_4501_R.JPG

水、ほとんど見えません。

 

IMG_4502_R.JPG

むこうに晴れて、綺麗な山並みが見えて来ました。

 

IMG_4128_R.JPG

 

 

IMG_4129_R.JPG

 

IMG_4503_R.JPG

 

IMG_4505_R.JPG

会長、腹痛を堪え、無口で下山中。

 

IMG_4130_R.JPG

 

IMG_4131_R.JPG

 

IMG_4132_R.JPG

ちょっとしたたる水がみえました。。

 

IMG_4506_R.JPG

 

 

IMG_4134_R.JPG

 

IMG_4135_R.JPG

 

IMG_4507_R.JPG

夏の残りの花が。

 

IMG_4508_R.JPG

 

 

IMG_4509_R.JPG

 

 

IMG_4137_R.JPG

味のある山小屋で小休止。

 

IMG_4510_R.JPG

 

IMG_4512_R.JPG

 

IMG_4513_R.JPG

 

IMG_4514_R.JPG

夏は牛達が水を飲んでいるんでしょうね。また夏に来たいなあ。

 

IMG_4515_R.JPG

 

IMG_4519_R.JPG

少しずつ青空が広がる。

 

IMG_4139_R.JPG

 

 

IMG_4142_R.JPG

 

IMG_4520_R.JPG

帰る先は天気がこんなに回復。

 

IMG_4521_R.JPG

 

IMG_4522_R.JPG

 

IMG_4523_R.JPG

秋と冬の色が混ざり合う。

 

IMG_4524_R.JPG

グラマーな雪だるま。made in 南チロル。なかなか愛嬌がある。

 

IMG_4144_R.JPG

 

IMG_4525_R.JPG

 

IMG_4526_R.JPG

 

IMG_4527_R.JPG

 

IMG_4528_R.JPG

 

 

IMG_4145_R.JPG

 

IMG_4147_R.JPG

綺麗な雪山が見えて来ると、ついつい写真が撮りたくなる。

 

IMG_4149_R.JPG

 

IMG_4529_R.JPG

 

IMG_4530_R.JPG

 

IMG_4531_R.JPG

 

 

IMG_4150_R.JPG

オルトラーがおる。

 

IMG_4151_R.JPG

 

IMG_4533_R.JPG

 

IMG_4532_R.JPG

 

IMG_4535_R.JPG

山小屋のところに戻ってきました。ケーキまでまだ時間があるので、一杯飲んで行きますか。

 

IMG_4152_R.JPG

 

IMG_4536_R.JPG

 

IMG_4537_R.JPG

 

IMG_4539_R.JPG

 

 

IMG_4154_R.JPG

山小屋で、とっても可愛い絵葉書ゲット。ひとつはシュタインボックとエーデルワイスが写っているもの、もう一つは可愛い南チロルの子供達の写真。

 

IMG_4540_R.JPG

 

IMG_4541_R.JPG

 

IMG_4542_R.JPG

 

IMG_4156_R.JPG

町に着く頃にはお日様はかなり沈んで。

 

IMG_4543_R.JPG

 

 

IMG_4544_R.JPG

この町の牛おろしの飾りは、こんな風なんですね。

 

IMG_4161_R.JPG

美人の猫ちゃん。

 

IMG_4545_R.JPG

香草畑。

 

IMG_4547_R.JPG

この端っこの建物は、博物館になってました。

 

IMG_4548_R.JPG

この古い粉挽き小屋は1704年からのもので、1977年にAnigglhofのPatscheiderさん一家によってリフォームされました。

 

IMG_4549_R.JPG

花文字は読みにくい。

Wo's Dörflein hier am Scafang steht, das Mühlenrad am Bach sich dreht, da ruht so friedlich jarhrein, jahraus, 〜der Anigglhof, unser Elternhaus でいいのかな?会長、添削お願いします。

 

IMG_4169_R.JPG

 

 

IMG_4175_R.JPG

さあ、ケーキケーキケーキ。

 

IMG_4176_R.JPG

 

 

IMG_4178_R.JPG

 

 

IMG_4179_R.JPG

 

 

IMG_4181_R.JPG

 

 

IMG_4184_R.JPG

 

IMG_4185_R.JPG

 

 

IMG_4188_R.JPG

 

 

IMG_4189_R.JPG

 

 

IMG_4190_R.JPG

 

 

IMG_4192_R.JPG

 

 

IMG_4193_R.JPG

 

 

IMG_4195_R.JPG

 

 

IMG_4199_R.JPG

ブルグアイスを通りすぎて、あっと言う間にMalsの町に戻ります。

 

IMG_4206_R.JPG

 

IMG_4210_R.JPG

今日は天気が良くなったので、バルコニーでケーキ。オルトラーが綺麗に見える。

 

IMG_4212_R.JPG

 

 

IMG_4213_R.JPG

 

 

IMG_4214_R.JPG

 

 

IMG_4216_R.JPG

山が迫って来ますね〜。

 

IMG_4217_R.JPG

 

 

IMG_4219_R.JPG

グルーンズの街。

 

IMG_4221_R.JPG

 

IMG_4222_R.JPG

日が沈んでいきます。

 

IMG_4224_R.JPG

 

 

 

IMG_4226_R.JPG

さて晩ご飯。

 

IMG_4227_R.JPG

きれい。

 

IMG_4228_R.JPG

ニョッキおいしい。間違い無い。

 

IMG_4230_R.JPG

 

 

IMG_4231_R.JPG

会長にレナちゃんが気を利かせて、ポテトチップス余分に持って来てくれました。

 

IMG_4232_R.JPG

デザート。

 

IMG_3968_R.JPG

今日行った方面。夕焼けがひろがる。

 

IMG_3969_R.JPG

ブルグアイスと今日行った山と、Malsの街。

お腹いっぱいで、ぐっすり。それではまた明日。

 

 

 

 

Suedtirol Bergtouren (2. Tag) 南チロル秋合宿二日目

  • 2018.11.02 Friday
  • 19:00

2018年11月2日(金)晴れ

 

合宿二日目は、午前中にGlurns(グルンス)のSealamorkt(Seelenmarkt)という年に一度の市を訪問し、午後はVinschger BahnでMeran(メラーン)を訪れ買い物散策。

 

朝食後すぐにGlurnsへ車で移動。時間がはやかったので北門の横駐車場に止めることができた。

 

IMG_3857_R.JPG

昨日とは打って変わった町の様子。

 

IMG_3858_R.JPG

 

 

IMG_3859_R.JPG

 

IMG_3860_R.JPG

 

 

IMG_3862_R.JPG

豪快に調理される焼き栗

IMG_3911_R.JPG

今年は会長のお気に入りの革の鞄屋さんが来てない!残念。

 

IMG_3912_R.JPG

このあたりはずっとイタリアの洋服が。格安品だけど、なんだかおしゃれだったり。

 

IMG_3914_R.JPG

なかなかいいCDがいくつか・・・

 

IMG_3915_R.JPG

高山牛の燻製ハムがおいしい

 

IMG_3916_R.JPG

まだ時間は早いので、案外空いている。

 

IMG_3917_R.JPG

イタリア語とドイツ語と

 

IMG_3918_R.JPG

新鮮くだものもいっぱい

 

IMG_3919_R.JPG

徐々に混みだしてきた

 

IMG_3921_R.JPG

小さい街なので、あっと言う間に端っこに来ました。パウル・フローラの作品展示場がここにあります。

 

IMG_3922_R.JPG

今年はアンティークのお店は出ていないよう。なんだか様子が違う理由は後から分かります。

 

IMG_3923_R.JPG

焼けてるより焦げてるほうが多い?栗

 

IMG_3924_R.JPG

こんなおもしろい人形も

 

IMG_3925_R.JPG

不気味にカラフルなお菓子。着色料は大丈夫か〜?

 

IMG_3926_R.JPG

このパルメザンチーズを購入。美味しい。

 

IMG_3927_R.JPG

ここでも栗が焦げている。

 

IMG_3928_R.JPG

そう言えばこのあたり、デパートも無ければ洋服屋さんもないなあ。まともな服は、メラーンあたりまで行かないと買えないのかな。

 

IMG_3929_R.JPG

美味しい生ハム。もっと買ってくれば良かった。

 

IMG_3930_R.JPG

栗がいろいろ。大きさで値段が変わる。でも、ミュンヘンで買った方が安いかも?

 

IMG_3931_R.JPG

東門の前の広場には、大型商品を扱う業者の数々が。

 

IMG_3932_R.JPG

無農薬のお店。変わった野菜とおいしそうなチーズを扱っている。

 

IMG_3933_R.JPG

農機具

いつもは使われていなかったこのスペース。今年はいろいろな機械類も展示。

 

IMG_3934_R.JPG

朝の空気が冷たいグルーンズ。店はここまで。もう一度城壁の中へ戻ります。

 

IMG_3935_R.JPG

 

 

IMG_3936_R.JPG

 

IMG_3937_R.JPG

この牛、何キロあるか当てっこコンテスト。南チロルの牛なんだそう。ふつうの牛より大きくて顔がなんだかけむくじゃら。
 

IMG_3865_R.JPG

 

IMG_3939_R.JPG

でも大人しくて、じっと撫でられています。

 

IMG_3940_R.JPG

 

 

IMG_3938_R.JPG

会長はここの常連さん。

この古着屋さんで、いくつか作業着や帽子を購入している。店のおじさんはそんな会長を覚えている。

オーストリア軍、スイス軍の払い下げ中古品もいくつか。

 

IMG_3942_R.JPG

面白い、りんご集めの時のカゴも売っている。肩ひもが安い梱包用のヒモで結ばれていた。カゴの編み方はいい感じなのに。

 

IMG_3943_R.JPG

 

 

IMG_3944_R.JPG

 

 

IMG_3945_R.JPG

城壁のところどころに造られた門。

 

IMG_3947_R.JPG

お見事!じょうずに返せました。ここで栗を購入。甘さはまあまあ。

 

IMG_3863_R.JPG

次はMeranへ。

駐車場へは城内は通らずに城壁沿いに戻ることに。

 

IMG_3867_R.JPG

 

 

IMG_3868_R.JPG

 

 

IMG_3948_R.JPG

たわわに実ったおいしそうなリンゴ。下のほうは実が取られちゃってる

 

IMG_3949_R.JPG

 

 

IMG_3950_R.JPG

端っこで飼われていたニワトリ。

 

IMG_3951_R.JPG

入口までクルッと戻って来ました。

 

IMG_3952_R.JPG

 

 

IMG_3953_R.JPG

Sealamorkt、昼近くになってくるとすごい人出。

そんな混雑を嫌ってそそくさと切り上げて、Meranへ。


IMG_3954_R.JPG

 

 

IMG_3869_R.JPG

車窓からGlurnを望む

 

IMG_3955_R.JPG

Meranは雨。

すぐに市の中心地へバスでいどうしいつもの商店街をぶらぶら。

なんちゃって山岳狂会のチームハット(チロルハット)を購入!

 

IMG_3870_R.JPG

バスの中。ホテルで貰えるヴィンチガウアーバーンのチケットが使える。

 

IMG_3871_R.JPG

 

IMG_3873_R.JPG

あいにくの雨。

 

IMG_3877_R.JPG

 

 

IMG_3879_R.JPG

 

 

IMG_3881_R.JPG

メラーンの町中を流れるPasser(パッサー川)。この先でEtschへ合流。

 

 

IMG_3882_R.JPG

向うの雲のかかった山はVigiljoch?

 

IMG_3883_R.JPG

 

 

IMG_3884_R.JPG

 

 

IMG_3887_R.JPG

 

 

IMG_3957_R.JPG

 

IMG_3885_R.JPG

シシーの大理石像

 

IMG_3958_R.JPG

 

 

IMG_3959_R.JPG

 

 

IMG_3961_R.JPG

収穫の秋

 

IMG_3962_R.JPG

 

 

IMG_3890_R.JPG

 

 

IMG_3892_R.JPG

午後のおやつの時間に間に合うように帰ることに。

バス停まで町中を戻ることに。

 

IMG_3894_R.JPG

 

 

IMG_3895_R.JPG

 

 

IMG_3896_R.JPG

昔(10年以上前)は、もっとたくさんの500が並んでいたが・・・。

 

IMG_3899_R.JPG

14:36に乗ればケーキには余裕で。

そして、サウナであったまった後は、夕食。

 

IMG_3963_R.JPG

 

 

IMG_3964_R.JPG

夏のメラーン滞在、楽しかったですね。

 

IMG_3965_R.JPG

Dorf Tirol

 

IMG_3966_R.JPG

雨降りでとにかく寒そう。でもホテルのケーキとあったかいお茶は最高。

 

IMG_3902_R.JPG

 

IMG_3903_R.JPG

 

IMG_3905_R.JPG

 

IMG_3906_R.JPG

 

IMG_3907_R.JPG

 

IMG_3908_R.JPG

美味しい夕食に大満足。野菜もいっぱいとれて健康的。明日の朝食も今から楽しみです。

 

 

 

 

 

Suedtirol Bergtouren (1. Tag) 南チロル秋合宿一日目

  • 2018.11.01 Thursday
  • 18:56

2018年11月1日(木) 曇り(霧)

 

合宿初日、今日は万聖節。バイエルは曇り、というか霧の中。

今回の合宿参加者は、5名。

順不同で、みゆきさ、中ちゃん、しんちゃん、ひろさんと会長。

 

Ortler(オルトラー)が待っている!

 

IMG_4774_R.JPG

今年は暖かいのでMals(標高1000m)には雪がない。

 

IMG_4773_R.JPG

こんな感じでOrtlerは迎えてくれるのだろうという期待を抱いてミュンヘンを出発!

 

まずはGautingに集合して出発!

 

IMG_3729_R.JPG

Benewand(ベネヴァント)は、次回登る山・・・のはずです。

11月になったのに雪がない。これは行けるぞ、と会長一人テンションアップ。

 

IMG_3732_R.JPG

Zugspitzeもくっきり。

こっちは雲の下。向うは青空。

 

IMG_3733_R.JPG

Eschenlohe(エッシェンローエ)から、ここも積雪の無いHohe Kiste(ホーエ キステ)が。

 

 

IMG_3737_R.JPG

十字架(写真ではちょっと)も見える。

 

IMG_3743_R.JPG

Garmischの町中を抜けて・・・

 

IMG_3745_R.JPG

Alpspitze(アルプシュピッツェ)には、積雪があるものの、行けそうな気がする。

 

IMG_3747_R.JPG

Garmisch(ガルミッシュ)からEhrwald(エアヴァルト)へ行く途中。線の向うは晴れ!

風が強い。

 

IMG_3748_R.JPG

あの境界線はどの辺か?

 

IMG_3749_R.JPG

Lermoosへ入る。

 

IMG_3751_R.JPG

Drachenkopf方面・・・

 

IMG_3753_R.JPG

LermoosからBiberwierへ抜ける近道トンネル(高速道路)。そのまま、B179へ直結しFernpass(フェルンパス峠)へ。

 

IMG_3755_R.JPG

”Mei, mei, warum vorbei"レストランのTarrenz(タぁレンツ)を抜けImst(イムスト)からA12へ。

Landeck(ランドエック)手前で街を迂回するバイパストンネル(ここも高速)へ。

 

IMG_3846_R.JPG

 

IMG_3847_R.JPG

 

IMG_3765_R.JPG

FliessでB180へ接続し、そのままReschenpassを目指す。

 

そして、Pfunds(プフンツ)からNauders(ナウダース)を抜けて、現イタリアのReschenpass(レッシェンパス峠)を越えて南チロルへ。

 

IMG_3766_R.JPG

 

 

IMG_3770_R.JPG

Graun(グラウン)の教会で小休止(記念撮影)。

 

IMG_3848_R.JPG

人工湖ダム建造に伴い水没した村の教会の塔。

 

Etsch(エッチ川)は、このReschensee、そしてその下のHaiderseeへ流れこみ、南チロルを流れて行く。

そんなReschensee(人口湖)に立つシンボルとなっている教会の塔。

 

IMG_3771_R.JPG

相変わらず雲が低く立ち込める。

 

IMG_3774_R.JPG

峠を下っていくと・・・

IMG_3776_R.JPG

視界が悪くなってくる。

 

IMG_3778_R.JPG

この先がMalsのはず。

 

IMG_3849_R.JPG

 

 

IMG_3782_R.JPG

Burgeisを横目にMals市街地を目指す。

 

IMG_3783_R.JPG

Malsの町には雲はかかっていない模様。

 

Panoramaに到着すると、すでにFFBの車が。

ヒロさんは既に到着して既に一回りしてスイスのMuestairまで行っていたとか。

 

今回のメンバーがそろったところで、明日のSealamorktのあるGlurnsの街を散策に。

明日のお祭りの日と普段の日のギャップを見ることに。

 

IMG_3790_R.JPG

城郭入口の塔。

駐車場はこの右側。

 

IMG_3792_R.JPG

城壁に上り、町の甍を眺める。

 

IMG_3794_R.JPG

北門(来た門)から南門へ。

 

IMG_3797_R.JPG

系統バスも運行して、普通の町。

ところが明日は・・・

 

IMG_3798_R.JPG

 

 

IMG_3799_R.JPG

 

IMG_3800_R.JPG

zum gruenen Baumというホテル。Panoramaで部屋が取れなかったらここを検討していた。

実は、なつみちゃんたちは、以前ここに泊まったことがあるとか。

 

IMG_3802_R.JPG

地政学上重要な街としての歴史がある。スイスからドイツへの中継地点。

IMG_3803_R.JPG

街の南側はEtsch(エッチ川)。この川を越えて少し散策することに。

 

IMG_3806_R.JPG

 

 

IMG_3809_R.JPG

 

 

IMG_3811_R.JPG

 

 

IMG_3812_R.JPG

 

 

IMG_3813_R.JPG

「何かいい石はないかなぁ〜」

 

IMG_3814_R.JPG

 

 

IMG_3816_R.JPG

 

 

IMG_3817_R.JPG

 

IMG_3850_R.JPG

今日は、24をちょっと歩いて教会St. Pankratiusへ。

今日は万聖節。

 

IMG_3851_R.JPG

 

 

IMG_3819_R.JPG

雲が低く立ち込めて・・・とはいえ、Malsは標高1000m。

 

IMG_3821_R.JPG

 

 

IMG_3823_R.JPG

 

 

IMG_3824_R.JPG

 

 

IMG_3826_R.JPG

St. Pankratius教会にある墓地。

Paul Flora(パウル フローラ)の墓。

 

IMG_3827_R.JPG

パウル・フローラは風刺のきいたイラストを描く、オーストリア人の画家。1922年6月29日ここGlurnsで生まれ、2009年5月15日にインスブルックで亡くなっている。彼の描くカラスは一度見たら忘れない。どことなく微妙な顔のラインが本人に似ているような。

生前はパノラマにもご飯を食べに来ていたそう。

 

IMG_3855_R.JPG

 

 

IMG_3828_R.JPG

 

IMG_3852_R.JPG

 

 

IMG_3829_R.JPG

 

IMG_3853_R.JPG

屋根の色はなんとなく瓦を選んでいるんだろうけど、色が絶妙。

 

IMG_3830_R.JPG

 

 

IMG_3833_R.JPG

Glurnsの町中。

 

IMG_3836_R.JPG

フローラの生家。

 

IMG_3837_R.JPG

 

 

IMG_3838_R.JPG

時間もちょうどいい。

おやつの時間に合わせてホテルへ戻る。

 

IMG_3839_R.JPG

 

IMG_3856_R.JPG

 

 

IMG_3840_R.JPG

今日のケーキ品揃え。

 

IMG_3841_R.JPG

夕食

パスタは外れない。

 

IMG_3842_R.JPG

子牛のカルパッチョ

 

IMG_3844_R.JPG

デザートはいまが旬のMarillen杏子で。

 

IMG_3845_R.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年夏合宿 Texelgruppe 最終日はチロル城

  • 2018.07.22 Sunday
  • 19:37

2018年7月22日(日)晴れ!

 

合宿最後の日。昨日とは打って変わって晴天に。

 

では、HochmutからMutspitzeへ登ってもいいのだけれど、当初の計画では、Bozenの考古学博物館のエッツィーに会いに行く予定だった。

しかし、天気いいので、チロル城の見学に予定を変更。チロルの発祥の地。Dorf Tirol。そして、そのお城。

 

IMG_0885_R.JPG

前日とは打って変わって晴天

 

 

IMG_0886_R.JPG

朝食後、部屋へ戻る道

 

IMG_0887_R.JPG

近くを遊歩道が通る。

 

IMG_0888_R.JPG

二人はどこまで行くのやら?

 

IMG_0892_R.JPG

Gasthaus Gasteigerの女将Schweiglさんと。おじさんは板さんかな。(イタリア人みたいだったし)

 

 

IMG_0893_R.JPG

Schloss Thurnsteinという古城ホテルレストラン。

次回のベースキャンプの候補。

ここの駐車場に車を停めさせれてもらいチロル城へ行く。

 

お昼ご飯はここで食べるからと。←うまかった。

 

IMG_0894_R.JPG

Meranの町

 

 

IMG_0895_R.JPG

写真の左下はMeranの駅。

 

IMG_0898_R.JPG

ブドウ畑。ワインだねぇ。

 

IMG_0899_R.JPG

 

 

IMG_0902_R.JPG

St. Peter教会の中。

 

IMG_0904_R.JPG

 

 

IMG_0905_R.JPG

 

 

IMG_0906_R.JPG

 

IMG_0907_R.JPG

St. Peter教会とその隣もホテルだった。

 

IMG_0908_R.JPG

チロル城

 

IMG_0910_R.JPG

 

 

IMG_0911_R.JPG

 

 

IMG_0913_R.JPG

Dorf TirolからHochmutへ行くケーブルカー

 

IMG_0914_R.JPG

 

 

IMG_0916_R.JPG

お城への道

 

IMG_0918_R.JPG

 

 

IMG_0919_R.JPG

 

 

IMG_0920_R.JPG

 

 

IMG_0923_R.JPG

 

 

IMG_0926_R.JPG

 

 

IMG_0927_R.JPG

 

 

IMG_0929_R.JPG

 

 

IMG_0930_R.JPG

 

 

IMG_0935_R.JPG

城内の礼拝所

 

IMG_0939_R.JPG

 

 

IMG_0940_R.JPG

 

 

IMG_0941_R.JPG

 

 

 

IMG_0947_R.JPG

 

 

IMG_0951_R.JPG

子供のためのアトラクション。コスプレ!

 

IMG_0953_R.JPG

 

IMG_0952_R.JPG

 

IMG_0954_R.JPG

 

 

IMG_0955_R.JPG

お城の塔の中は、20世紀の南チロルの歴史がパネル表示。

「間違った国家へ組み込まれた歴史」という感じで。

今は、かなりの自治権をもったイタリアの南チロル州。アジア大陸のどっかの国の自治州とはえらい違いがある。

 

IMG_0958_R.JPG

 

 

IMG_0959_R.JPG

チロル城の右下にはBrunnenburgというお城の廃墟もある。

 

IMG_0960_R.JPG

 

 

IMG_0962_R.JPG

「南チロル」の絵そのものって感じ。

そうなると、フィンチガウ地方はかなり外れの方になってしまう。

MeranからBozenやBrixen方面に向けての南チロルとエッチ渓谷沿いのフィンチガウ方面と、また雰囲気も違ってくる。

 

山〜、自然そのものを満喫したいのなら、やっぱりフィンチガウの方が「不便さ」があっていいのかも?

Meranから東はなんとなく文化的水準が高そう?

 

IMG_0967_R.JPG

食後、帰宅の途に就く前にThurnstein古城ホテルレストランの前で。

 

IMG_0969_R.JPG

 

皆さん、今回の合宿もお疲れ様でした。

 

IMG_0973_R.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年夏合宿 Texelgruppe(Spronser Seen) 登山の日

  • 2018.07.21 Saturday
  • 02:26

2018年7月21日(土) 雨・曇り

 

南チロル夏合宿本番。登山の日。

長いブログになってしまいますが、お付き合いのほどよろしくお願いします。

 

IMG_4542_R.JPG

夕べはかなりの雨。一晩中降っていた。夜中も雨音で目が覚めた。

しかし、朝起きると雨は上がっていた。

これならいけると確信。

 

朝食をとり、Vinschgerでサンドイッチを作りもっていく。

 

Vellauから籠リフト(Korblift)で時短してLeiter Alm(1522m)へ。

Gasthasu Gasteiger宿泊客は片道1€。通常料金は7.50€!!!

 

IMG_4546_R.JPG

 

IMG_4548_R.JPG

 

 

IMG_4549_R.JPG

朝9時。リフトで降りてくる人がいる。

 

IMG_4553_R.JPG

 

 

IMG_4555_R.JPG

雲がかかり眺めはいまいち・・・。

 

IMG_4556_R.JPG

 

 

IMG_4558_R.JPG

 

 

IMG_4559_R.JPG

10分ほどこんな状態が続く・・・

 

IMG_4563_R.JPG

 

 

IMG_4565_R.JPG

 

 

IMG_4567_R.JPG

到着!

降りるときは左手でメインフレームを持って降りろと言われた。

 

IMG_4568_R.JPG

 

 

IMG_4570_R.JPG

ここから歩く。

 

IMG_4571_R.JPG

この柵、良い。

 

IMG_4572_R.JPG

 

IMG_4573_R.JPG

 

IMG_4574_R.JPG

 

IMG_4575_R.JPG

ここLeiter Almからは24番ルートでHochgangschutzhaus(1839m)へ。標高差はあまりない。

 

IMG_4576_R.JPG

Algund(地区)の今と昔

 

 

IMG_4578_R.JPG

 

IMG_4580_R.JPG

HochgangschutzhausからはHochgangscharte(2455m)を目指して一気に登山モードへ。

 

 

IMG_4582_R.JPG

 

IMG_4583_R.JPG

 

IMG_4585_R.JPG

 

IMG_4588_R.JPG

時々晴れ間が。

しかし、全体的には曇り。

 

IMG_4589_R.JPG

 

IMG_4591_R.JPG

 

IMG_4593_R.JPG

Meranの上には雲。

 

IMG_4594_R.JPG

 

 

IMG_4596_R.JPG

 

 

IMG_4599_R.JPG

 

 

IMG_4603_R.JPG

小鹿発見

 

 

IMG_4604_R.JPG

 

 

IMG_4607_R.JPG

 

 

IMG_4610_R.JPG

吊り橋ならぬ張橋?

 

 

IMG_4611_R.JPG

 

 

IMG_4613_R.JPG

 

 

IMG_4615_R.JPG

Etschtalにも雲がかかっているので、上からも下げ見えない。

 

IMG_4616_R.JPG

 

 

IMG_4618_R.JPG

まだ、みんな呼びかけに答えて立ち止まってくれている。

 

 

IMG_4619_R.JPG

 

 

IMG_4620_R.JPG

 

 

IMG_4621_R.JPG

 

 

IMG_4623_R.JPG

 

 

IMG_4624_R.JPG

 

 

IMG_4625_R.JPG

Hochgangschutzhausに到着。

ここから一気に登山モード?って、さっきもLeiter Almから登山モードだったような。

 

実は、Leiter AlmからHochganghausまでは山歩きモード。

HochganghausからHochgangscharteまでが登山モードでした。

 

IMG_4627_R.JPG

Scharteは雲の中。

登山前に、ちょっと休憩。そして、作戦会議を・・・

 

IMG_4628_R.JPG

上の目的地が見えないから不安?

見えてたら更に不安だったかも。

 

IMG_4629_R.JPG

鶏がお辞儀して送り出してくれるんだ。

 

IMG_4631_R.JPG

山ガールA「さぁ行くよ!」

山ガールB「あいよっ!」

山おっさん達「え〜!?」

 

IMG_4632_R.JPG

という事で、さぁ、出発! Auf gehts!

 

IMG_4634_R.JPG

上の雲の中を目指す。

 

IMG_4636_R.JPG

 

 

IMG_4638_R.JPG

みんな早い。

 

IMG_4641_R.JPG

曇ってるせいで、歩きやすいかも。

 

IMG_4642_R.JPG

 

 

IMG_4646_R.JPG

時々、下界が見渡せる事も。

 

IMG_4647_R.JPG

先を突っ走るゆみちゃん!

 

IMG_4648_R.JPG

 

 

IMG_4649_R.JPG

あれこれ撮影指示を受けているので、ちょっと遅れ気味。

 

 

IMG_4650_R.JPG

すぐに、雲が登ってきて視界を遮る。

 

IMG_4651_R.JPG

 

 

IMG_4652_R.JPG

 

 

IMG_4653_R.JPG

 

 

IMG_4654_R.JPG

 

 

IMG_4656_R.JPG

 

 

IMG_4657_R.JPG

 

 

IMG_4658_R.JPG

向かいの山の城跡

城、砦がたくさんあったんだ。

 

IMG_4659_R.JPG

 

 

IMG_4661_R.JPG

アレ?ゆみちゃんは?

既にグングンと先を進んでいる模様。

 

IMG_4662_R.JPG

雲の形もなかなか。

雷が来なければいい。

 

IMG_4664_R.JPG

 

 

IMG_4665_R.JPG

 

 

IMG_4666_R.JPG

カランカランと鈴の音がするけれど、ヤギも牛も見えない。

 

IMG_4668_R.JPG

お待たせしました。

 

IMG_4669_R.JPG

 

 

IMG_4670_R.JPG

一休みして景色を満喫。

 

IMG_4671_R.JPG

これから、急傾斜がきつくなり、鎖で確保された道を登ることに。

Kletterで言えばAクラス程度かな?落石だけは気を付けないと。

 

IMG_4672_R.JPG

 

 

IMG_4673_R.JPG

みゆきさも花を探しながらぶーらぶら。

 

IMG_4674_R.JPG

そして、その先をガンガン行く三人は、登山者!

 

IMG_4675_R.JPG

 

 

IMG_4676_R.JPG

雲が上がってきた・・・

 

IMG_4677_R.JPG

 

 

IMG_4678_R.JPG

 

 

IMG_4679_R.JPG

 

 

IMG_4680_R.JPG

お〜、あそこで休憩して待っててくれている。

 

IMG_4681_R.JPG

 

IMG_4683_R.JPG

 

 

IMG_4684_R.JPG

 

 

IMG_4686_R.JPG

 

 

IMG_4687_R.JPG

 

 

IMG_4688_R.JPG

 

 

IMG_4690_R.JPG

 

 

IMG_4692_R.JPG

 

 

IMG_4694_R.JPG

この先は、ちょっと危ないかな?

足元ふらつかないように。

 

IMG_4695_R.JPG

 

 

IMG_4696_R.JPG

 

 

IMG_4697_R.JPG

 

 

IMG_4698_R.JPG

 

 

IMG_4699_R.JPG

 

 

IMG_4700_R.JPG

 

 

IMG_4702_R.JPG

ん〜 いいねぇ〜

一人ずつ写真撮りたかったけど、みんなはすでに先に進んでしまっていた。残念!!!

 

IMG_4703_R.JPG

 

 

IMG_4704_R.JPG

みゆきさ一人で休憩中・・・

 

IMG_4706_R.JPG

既にほかの三人はあんなところに!

この写真では見にくいかな。

 

IMG_4707_R.JPG

 

 

IMG_4708_R.JPG

 

 

IMG_4709_R.JPG

しかし、登山道が素晴らしく完備している。「誰でもいらっしゃい」と。

AVS(南チロルアルプス連盟)すごい!

 

IMG_4710_R.JPG

 

 

IMG_4711_R.JPG

 

 

IMG_4712_R.JPG

おっ、なかちゃん補足!

 

IMG_4714_R.JPG

 

 

IMG_4716_R.JPG

ヤギの群れがこんなところに。

 

IMG_4717_R.JPG

 

 

IMG_4718_R.JPG

ゆみちゃんとしんちゃんにおいついたみゆきさ。

 

IMG_4719_R.JPG

 

 

IMG_4720_R.JPG

Hochgangscharteは雲の中・・・。

 

IMG_4721_R.JPG

Hochgangscharteで、Spronser Seen(湖群)を一望できるはずが・・・雲の中。

 

途中、雨には降られずに順調にすすんだ。

 

IMG_4722_R.JPG

岩の向こうにゆみちゃんも。

 

IMG_4724_R.JPG

Langsee

 

IMG_4725_R.JPG

Milchsee方面から来た人に頼んでシャッターを押してもらう。(会長、三脚忘れてたんで)

 

IMG_4726_R.JPG

ヤギの群れが・・・。

さっきの鈴の音はこのヤギたちだったみたい。

 

IMG_4727_R.JPG

 

 

IMG_4729_R.JPG

おねだりタイム

 

IMG_4730_R.JPG

ゆみちゃんに言い寄るヤギたち。

ちょっと嫌そうなゆみちゃん。

 

IMG_4731_R.JPG

 

 

IMG_4732_R.JPG

さすがプロ。岩登りもすいすい。

 

IMG_4733_R.JPG

 

 

IMG_4735_R.JPG

 

IMG_4736_R.JPG

しんちゃん、迫られてますね。熱いまなざし!

 

IMG_4737_R.JPG

今度は中ちゃんへ熱いまなざしが。

 

IMG_4738_R.JPG

 

 

IMG_4739_R.JPG

 

 

IMG_4741_R.JPG

 

 

IMG_4742_R.JPG

 

 

IMG_4743_R.JPG

ヤギたちを追いやって、昼休みの場所を探しに行く。

 

IMG_4744_R.JPG

ヤギの群れと別れた後、昼食。

 

IMG_4745_R.JPG

雲が立ち込めていて、宣伝の写真とはえらい違い。

しかし、こういう天気もなかなか乙なもの。

IMG_4746_R.JPG

食後、先を急ぐことに。やはり雨が心配。

 

IMG_4747_R.JPG

Langseeの向こうの部分。水の量が少ないのか、湖が二つにわかれていた。

 

IMG_4748_R.JPG

 

 

IMG_4749_R.JPG

 

 

IMG_4750_R.JPG

 

 

IMG_4751_R.JPG

 

 

IMG_4752_R.JPG

 

 

IMG_4754_R.JPG

 

 

IMG_4755_R.JPG

今回、標識にあったMilchsee(2540m)はスキップ。

そして、Langsee(2377m)沿いに進みGrünsee(2338m)へ。

 

Schwarzensee(2589m)も今回はスルーして、Oberkaser Alm(2131m)へ向かう。

 

ちょうど、雨も降りだしてきたし、他の湖に寄っていると1時間から1時間半余計に時間かかるし。

 

IMG_4756_R.JPG

 

 

IMG_4757_R.JPG

 

 

IMG_4758_R.JPG

 

 

IMG_4759_R.JPG

 

 

IMG_4760_R.JPG

雨がパラパラ降りだした

 

IMG_4761_R.JPG

みんなの足が速くなる。

会長は、どっかで膝をひねったみたいで、遅れてついていく。(登りはいいけど下りはきついね)

 

IMG_4763_R.JPG

 

 

IMG_4765_R.JPG

 

 

IMG_4766_R.JPG

 

 

IMG_4767_R.JPG

 

 

IMG_4769_R.JPG

 

 

IMG_4770_R.JPG

 

 

IMG_4771_R.JPG

 

 

IMG_4772_R.JPG

 

 

IMG_4773_R.JPG

 

 

IMG_4774_R.JPG

個人の漁場だとか。

個人とは言っても、おそらく、Vellau地区の所有のはず。誰ても魚獲っていいってことではない。

 

IMG_4775_R.JPG

LangseeからGrünseeへとつながる沢。

 

 

IMG_4776_R.JPG

 

 

IMG_4777_R.JPG

Grünsee

 

IMG_4778_R.JPG

 

 

IMG_4779_R.JPG

Oberkaser Almが見えた

 

IMG_4782_R.JPG

廃墟の山小屋

 

IMG_4783_R.JPG

 

 

IMG_4784_R.JPG

さぁButtermilchだ!

 

IMG_4785_R.JPG

Oberkaserで一服して雨をやり過ごしてから、25番ルートを進むことに。

まずは、小屋へ。

 

ビール、Jägertee、Buttermilch。

泊まりもできるみたいで、案外大勢人がいた。

 

IMG_4786_R.JPG

そして、KaserseeとPfitscher Seeの湖畔(ともに小さい湖というか大きい池というか)を通りPfitscher Joechlへ。

 

その後も25番で、Taufenscharte(2195m)へ少し登り、そこからは24番を急傾斜を下りLeiter Almへ戻る。

Spronser Seen湖群巡り。Langsee、Grünsee、Kasersee、それからLacken

 

IMG_4787_R.JPG

 

IMG_4788_R.JPG

 

IMG_4790_R.JPG

途中、Oberkaserに泊まってるおねえちゃんと合流。

彼女は、TaufenscharteからMutspitzeへ登るつもりだとか。かなりの軽装。

 

IMG_4791_R.JPG

 

IMG_4792_R.JPG

雨が強く降ったり弱くなったり。

 

IMG_4794_R.JPG

 

 

IMG_4795_R.JPG

 

 

IMG_4796_R.JPG

この上がTaufenscharte。

後は、急な下り坂。

左がMutspitzeへ。

 

IMG_4797_R.JPG

 

 

IMG_4798_R.JPG

 

 

IMG_4799_R.JPG

で、途中の岩場にEdelweissが。

見つかった〜!

その後、会長は膝を気にしながらゆっくり下山。しんちゃんの高級アルペン杖を借りた。(よりによって杖わすれてきた!ダメですね。アルペン杖は標準装備なのに!)

 

雨の中、無事のLeiter Almへ到着。

籠に乗って下界を目指す。

 

IMG_4802_R.JPG

女性チームから。

 

IMG_4803_R.JPG

次はしんちゃんとなかちゃん。

乗るときは右手を空けてメインフレームを持てと言われた。(まさにこの通り)

 

IMG_4804_R.JPG

中ちゃんも乗ったら、おにいさんが籠を閉めてくれる。

 

IMG_4806_R.JPG

会長は一人さみしく10分ほど籠の中。リスが鉄塔の上を渡って右の木から左の木へ移って行った。

 

IMG_4808_R.JPG

 

 

IMG_4809_R.JPG

宿に戻って、着替えて小休止して夕食へ。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

2018年夏合宿 Texelgruppe(Spronser Seen) 初日

  • 2018.07.20 Friday
  • 23:16

2018年7月20日(金)〜22日(日)

 

今年の夏合宿は、前回時間の関係で達成できなかったHochgangscharteからSpronser Seenをめぐる周遊コースに挑むべく、合宿の拠点をMalsではなくVellauへ置くことに。

Panoramaほどのコンフォートは期待できない民宿だけれど、Hochgangscharte〜Spronser Seenへ挑むには最善の位置関係。

 

(Spronser SeenのひとつLangsee)

 

合宿の予定:

 

7月20日(金)1000Gautingを出発。Brenner峠越えでBozenからMeran、そして、AlgundからVellauへ行くルート。

途中、BrennerのDOB(Design Outlett Brenner)に立ち寄り、(買い物と)昼食休憩を。

 

7月21日(土)に登山

Vellauから籠リフトでLeiter Almまで時短。そして、Hochgangschutzhausへ移動。HochgangschutzhausからHochgangscharteへ登山。その後、Spronser Seen(湖群)をめぐりOberkaserhuetteで一服してから下山する。

 

7月22日(日)は宿を引き払って帰投。途中、Bozenの考古学博物館へ寄り、エッツィーに会う。

 

**************************************************

 

7月20日(金)1020にGautingを出発。

 

IMG_0613_R.JPG

Garmischにて・・・

 

IMG_0614_R.JPG

InnsbruckからBrennerへ

 

IMG_0618_R.JPG

途中、BrennerのDOB(Design Outlett Brenner)により、買い物と昼食休憩を。

買い物に時間をとられてしまい、昼食も少し遅くなってしまった。

 

IMG_0616_R.JPG

DOB中では高い上に満席で断られたので、近くのMarktbarで軽食をとることに。

 

IMG_0617_R.JPG

予定より少し遅れてDOBを出発。ま、渋滞もなく順調にMeranへ到着。

 

IMG_0625_R.JPG

 

IMG_0628_R.JPG

しかし、その先のAlgundからVellauまでのナビガイドが・・・。最短距離ガイド設定になっていた模様。細い道(道路というより道)をガイドされてしまって、ちょっと混乱してしまったが、無事に宿Gasthaus Gasteigerに到着。

 

IMG_0630_R.JPG

ゆみちゃんはすでに到着し、一杯飲みながら待っていてくれた。

 

この日は、宿のレストランは休みということで、Vellauのレストラン探しへ。

 

IMG_0631_R.JPG

Gasthaus Gasteigerの施設

 

IMG_0632_R.JPG

と敷地内には、鶏が放し飼い。

 

IMG_0633_R.JPG

 

IMG_0638_R.JPG

明日はこの籠リフト(Korplift)で時短する。

 

IMG_0643_R.JPG

 

IMG_0644_R.JPG

MeranからBozen方面。

天気が心配。

 

IMG_0645_R.JPG

Vinschgau方面も天気は雨模様。

 

IMG_0647_R.JPG

Vellauの道端のブドウ畑

 

IMG_0648_R.JPG

あの教会の向こう辺りにもレストランがあるはず。Oberlechner。ちょっと高級でリフト乗り場から離れているので却下していた宿。

 

 

IMG_0649_R.JPG

 

 

IMG_0650_R.JPG

南チロル全域の雲行きが怪しい・・・

 

 

IMG_0653_R.JPG

 

 

IMG_0655_R.JPG

夕食はここ、Oberlechnerで。

 

IMG_0657_R.JPG

 

 

IMG_0658_R.JPG

 

 

IMG_0659_R.JPG

ホテルレストランの下はブドウ棚。

 

IMG_0660_R.JPG

食後の散歩。帰宅途中のベンチでMeran市内を眼下に明日の計画を立てるなんちゃって山岳狂会メンバー。

 

IMG_0661_R.JPG

 

IMG_0662_R.JPG

Dorf Tirol、国としてのチロルの発祥の土地。明後日はそこのSchloss Tirolに寄ろうという意見が。

勿論、Bozen行く前に!

 

明日雨がひどい場合は、Schloss Tirolへは明日行き、明後日適当に山歩きという意見もあった。

 

IMG_0664_R.JPG

ん〜 天気ばかりは。

 

IMG_0653_R.JPG

という事で、Karl Valentinの言葉が浮かぶ。

『雨がふったら喜ぶことにしている。雨が降ってると言って怒っても雨はやまないから。』

確かに。

 

 

2017年南チロル秋合宿 Langtauferer Hoehenweg(klein)

  • 2017.11.01 Wednesday
  • 19:13

2017年11月1日(水)晴れ

 

南チロル秋合宿 第二日目

ラングタウタウファー(メラーグ)からヴァイスクーゲルヒュッテへの氷河見学の道

Möchtegernbergsteiger Verein  Herbstbergtour in Südtirol (Tag 2)

Kleiner Langtauferer Höhenweg von Melag bis Weißkugelhütte, bis zu Gletscher. 

 

Mals駅からバスでGraun(あの湖の教会の塔)までいき、そこからLangtaufersのMelag行きバスに乗り換えて終点のMelagへ。

そこは標高1925mの集落。

そこから1番の道を登りWeißkugelhütteまで。

 

しかし、バスの接続が悪いので、場合によってはケーキに間に合わないかもしれない。

という事で、急遽中ちゃんの車でMelagまで行くことに。

 

 

IMG_4015_R.JPG

Melagの駐車場わきの農家にいた豚。

 

IMG_4017_R.JPG

屋根の上には山猫!

 

IMG_4020_R.JPG

では、出発です。

 

IMG_4021_R.JPG

お〜古いそり。でもまだ使えそう。

 

IMG_4022_R.JPG

あの上の道を稜線沿いというか等高線に沿って進む。

 

IMG_4026_R.JPG

この渓谷の道は返りの下山の時に通る道。カーリンバッハ川Karlinbach沿いの道。

 

IMG_4027_R.JPG

しばらく登りが続く。じっとしてると寒いけれど、登るとあったかい。いや、暑い。

 

IMG_4031_R.JPG

馬の放牧場。かなりの傾斜にもかかわらず元気な馬たち。

 

IMG_4034_R.JPG

いい子だ

 

IMG_4036_R.JPG

Servus!

 

IMG_4039_R.JPG

小川のせせらぎを横に聞きながら、高度を稼ぐなんちゃって山岳狂会登山隊〜。

 

IMG_4040_R.JPG

北側の斜面は雪が多い。

こちら進む道は南側斜面。

 

IMG_4041_R.JPG

みんな上着を脱いで背中に括り付けて登る。

 

IMG_4043_R.JPG

本来乗る予定だったバスが到着。時刻は10時50分。

しかし、こちらは既に登山開始して、ここは2100mを越えたあたり。

 

IMG_4046_R.JPG

天気は、曇り。時々晴れ間も現れる。

丁度いい天気。

 

IMG_4047_R.JPG

放牧中の牛には近寄らないように。

 

IMG_4049_R.JPG

ずっと向こうの山へ続く道を進む。

 

IMG_4050_R.JPG

「1」から「1A」の道を。

標識が完備している登山道。冬は雪に埋まってしまうのだろう。

 

IMG_4051_R.JPG

向こうはGraunの方。晴れ間が出ているが、ここは雲り。

 

IMG_4052_R.JPG

と思いきや、進む方向は晴れ間が!

 

IMG_4055_R.JPG

 

 

IMG_4059_R.JPG

ここから「1」と「1A」がしっかり分かれる分岐点。

「1」はWeißkugelまで行ってしまう長丁場。日が短いこの時期には厳しルート。

 

IMG_4061_R.JPG

水は思いっきり冷たかった!

 

IMG_4062_R.JPG

下のKarlinbachへ流れ込む。

 

IMG_4064_R.JPG

 

 

IMG_4065_R.JPG

 

 

IMG_4067_R.JPG

Yes No No

 

IMG_4069_R.JPG

 

 

IMG_4073_R.JPG

かなり登ってきた。

下はMelagの集落。

 

IMG_4074_R.JPG

 

 

IMG_4075_R.JPG

雪が・・・。

歩行の妨げになるような積雪ではない。

 

IMG_4076_R.JPG

 

 

IMG_4080_R.JPG

今度はGraun方面は曇っている。

 

IMG_4082_R.JPG

途中のベンチで小休止。

 

IMG_4083_R.JPG

石の上にとりつけられた道しるべ!(絶対夏専用。夏も草が生えててあやしいかも。)

 

IMG_4085_R.JPG

さっ、セルフタイマーで。

 

IMG_4086_R.JPG

北斜面は雪に覆われている。

 

IMG_4088_R.JPG

ヒロさん。

そして、向こうの中腹あたりの点がふたつは、なかちゃんとみゆきさ。

 

IMG_4089_R.JPG

 

 

IMG_4090_R.JPG

ほぼ等高線上を歩いてくるので、登ってしまえば楽なもの。

目的地のWeißkugelhütteは2500m程度。正確には2544NHNm。しかし、2557mという情報も?

ここは2300m前後かな。

 

IMG_4092_R.JPG

 

 

IMG_4094_R.JPG

あっち〜!

そうです、あっちが氷河です。Weißkugelhütteです。

 

IMG_4097_R.JPG

 

 

IMG_4099_R.JPG

山の湧き水も凍っている。

 

IMG_4100_R.JPG

 

 

IMG_4101_R.JPG

ここで中ちゃんがカモシカの群れを発見!

 

IMG_4102_R.JPG

カモシカの群れ

 

IMG_4103_R.JPG

反対側の斜面にも登山道が見える。

 

IMG_4107_R.JPG

だいぶ来ました。

もう半分くらいかな?

 

IMG_4109_R.JPG

 

 

IMG_4111_R.JPG

麓から3のルートをとればここで合流し、Weißkugelへ向かう。

「3」のルートの方が時短になったかも。しかし、眺めは「1」〜「1A」の方がいい。

 

IMG_4112_R.JPG

麓の民宿の客という家族。6歳児もしっかり登ってきた。えらい!

 

IMG_4114_R.JPG

 

 

IMG_4116_R.JPG

そのまま「1A」をWeißkugelhütteまで。

 

IMG_4117_R.JPG

もうひと踏ん張り?いやいや、まだまだ〜!

 

IMG_4121_R.JPG

ヒロさんは既に先を急いでいる。

 

IMG_4122_R.JPG

晴れたり曇ったり、しかし、雨の心配は無し。

 

IMG_4123_R.JPG

ちょっと日向ぼっこ。

 

IMG_4126_R.JPG

 

 

IMG_4128_R.JPG

もうすぐ「携帯限界」へ。

 

IMG_4129_R.JPG

「ここから先は携帯の電波はつながりません」という標識。

 

IMG_4130_R.JPG

氷河が。

 

IMG_4131_R.JPG

小屋が。

 

IMG_4132_R.JPG

あとひと踏ん張り。

小屋手前にきて、Steinbockの群れがいると言われ早速、会長は道をそれて(別のルート)Steinbockへ接近を試みる。

 

IMG_4134_R.JPG

10頭の群れ。

 

IMG_4140_R.JPG

こっちを見ながら、気にしながらくつろいでいる様子。

 

IMG_4142_R.JPG

会長は、40mくらいまで近寄ってけれど、会長のカメラでは望遠に限界。

 

 

IMG_4148_R.JPG

背景の岩と重なってちょうどいい迷彩状態のSteinbockの群れ。

 

IMG_4150_R.JPG

 

IMG_6907.JPG

ヒロさんは小屋から望遠で撮影!

それを拡大。デジタルカメラの便利なところ。

 

IMG_4153_R.JPG

会長が昇った尾根のあたりからWeißkugelhütte小屋を。その向こうが氷河。

雪にかくれて綺麗。

ホテルのシュタイナー大将曰く。氷河は冬場がきれいと。

 

IMG_4155_R.JPG

小屋の裏庭。ここを抜けていくと氷河へ行く道がある。

 

IMG_4156_R.JPG

小屋の裏の岩にもSteinbockが一頭。

かなり大きな大人の山羊。座っているので角しか見えないのが残念!

 

IMG_4157_R.JPG

WeißkugelとLangtauferer Sattelと氷河はあっち。

 

IMG_4159_R.JPG

 

 

IMG_4161_R.JPG

氷河〜!

あそこまで足を延ばしたいのはやまやまだが、ほかのみんなは既に下山中。

急がねば、置いて行かれる。

 

IMG_4163_R.JPG

あっちぁ〜。もうあんなところを進んでいる。

 

IMG_4164_R.JPG

踊ってないで待っててください!

 

IMG_4165_R.JPG

ベンチで休憩中のみゆきさを補足。

 

IMG_4167_R.JPG

取りあえず、向かいの山を背景に。

 

IMG_4170_R.JPG

十字架のところで待っててくれた。

 

IMG_4172_R.JPG

十字架背景に写真を撮ろうと。もどってもらう。お疲れのところすみませんでした。

 

IMG_4173_R.JPG

 

IMG_6886.JPG

おかげでいい写真が撮れました。

 

IMG_4175_R.JPG

写真撮り終わったんでとっとと下山!

 

IMG_4176_R.JPG

昔の荷物運搬用ケーブルカーの台座

 

IMG_4177_R.JPG

グググッとおりて渓谷をMelagへ戻るルート。

 

IMG_4180_R.JPG

休憩〜!

 

IMG_4181_R.JPG

 

 

 

IMG_4182_R.JPG

 

 

IMG_4183_R.JPG

 

 

IMG_4184_R.JPG

この道を戻ってきた。

 

IMG_4185_R.JPG

湧き水が沢になって川Karlinbachに流れ込む。

 

IMG_4187_R.JPG

Karlinbachカーリンバッハ

 

IMG_4188_R.JPG

川沿いにMelagまで。

 

IMG_6892.jpg

途中、地元南チロルの猟師に遭遇。

上(ルート1Aの途中)にはGamsが、そして、Weißkugelhütteの上のSchmiedへの分かれ道のあたりにはSteinbockの群れがいたと話をした。

Steinbockは非狩猟獣。今は、Reh、Hirsch鹿を狙ってるとか。Gamsの猟は二人以上のグループでないといけないみたい。岩場での猟だから、コケて怪我したりした場合、助け合えるようにと。

そんな世間話をして別れる。

 

IMG_4189_R.JPG

Melagは向こうの集落。

 

IMG_4190_R.JPG

ヒロさんとみゆきさはどんどん先を行く!

 

IMG_4191_R.JPG

次回は3のルートでWeißkugelを目指す!?

 

IMG_4192_R.JPG

出発地点に到着。

 

IMG_4193_R.JPG

向こうからトコトコ歩いて来たわけだ〜!

 

IMG_4195_R.JPG

 

 

IMG_6896.jpg

系統バスも止まっている。16時8分発のGraun行。これに乗って帰らないといけない。ケーキには間に合わないけど・・・。

中ちゃんの車なので余裕で間に合う。

 

ヒロさん、中ちゃんは夕食後帰路に就く予定。

 

IMG_6897.jpg

Ortler!

 

IMG_6906.JPG

Biohotel Panoramaのベランダから眺めるOrtler!

 

明日11月2日はグルンスGlurnsでセアラ―モルクトSealamorkt。そう恒例の秋祭り!

 

 

2017年南チロル秋合宿 Extremhoefe Latsch - Goldrain

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 19:04

2017年10月31日(火) 快晴

 

南チロル秋合宿 第一日目 

ラッチ〜ゴルドラインの急斜面に点在するちょっと極端な農家をめぐる道

Möchtegernbergsteiger Verein  Herbstbergtour in Südtirol (Tag 1)

Extremhöfe oberhalb von Latsch und Goldrain. 

 

MalsからLatschまで電車で移動。

そして、ケーブルカーでSt. Martin im Kofelの1700mまで一気に登り、等高線沿いに急斜面に点在する農家(居住廃棄など)をめぐる。

そして、Goldrainを通り越してSchlandersまで山道を進む。

 

IMG_3814_R.JPG

畑に水やり中(スプリンクラー)!

 

IMG_3818_R.JPG

St. Martin im Kofel コーフェルの聖マーティン村がケーブルカーの山駅。

ここから14番の道をSchlandersまで進む。

 

 

IMG_3822_R.JPG

出発前の記録写真

 

IMG_3823_R.JPG

向こうに見える道が14番。

極端な傾斜に立ち並ぶ農家や山小屋、そして、廃棄(昔の居住区跡)。

既に2万年前に生活の痕跡が見つかっているそうな。そして、5000年前からVinschgau各地に人が住み着いていた住居跡などもあるとか。そう、あのÖtziも!

 

※Ötzi エッツィー Schnalstalから渓谷を入ったÖtztaler AlpenのHauslabjochの氷河の中から

 みつかった5300年前の南チロルの男性(推定年齢45歳)。

 南チロルÖtztaler Alpen(エッツターラーアルペン)で見つかったのでこの名前。

 史上最古の殺人被害者。

 英語圏ではÖtzi the Icemanと呼ばれている。

 アメリカじゃFrosen Fritzとも言ってるとか?

 

 

IMG_3829_R.JPG

向こうの傾斜のところに立つ建物はケーブルカー駅の横のレストラン。

 

IMG_3830_R.JPG

秋の黄金色がきれい。

 

IMG_3831_R.JPG

『14』でシュランダースまで2時間50分の行程。

 

IMG_3835_R.JPG

Vinschgauの谷を挟んだ向こう側はOrtlergruppe(オルトラー山群の山々)。

ラーザーシュピッツェLaaserspitzeは、ラースLaasから登るルートが一番かも。

 

IMG_3836_R.JPG

 

 

IMG_3837_R.JPG

途中、ベンチで一休み。水分補給しながら進む。

 

IMG_3838_R.JPG

 

 

IMG_3839_R.JPG

廃墟となった小屋。

 

IMG_3841_R.JPG

滝も。

こういった湧き水を引っ張って水路Waalを張り巡らし農業を営んできた南チロルの歴史に感動!

Waalweg水路沿いの道は南チロルを満喫するのに最適な道。途中、休憩できる小屋や農家がたくさん点在する。

 

IMG_3844_R.JPG

そう、キリスト教の国。

明日は万聖節Allerheiligen。お墓参りの後は静かに過ごす日(のはず・・・)。

 

 

IMG_3847_R.JPG

白黒羊

 

 

IMG_3848_R.JPG

 

 

IMG_3850_R.JPG

 

 

 

IMG_3851_R.JPG

右側の建物がEgg Hofかな?

ビールが飲めるとヒロさん、中ちゃんの期待は膨らむ!?

 

 

IMG_3852_R.JPG

羊牧場

 

 

IMG_3853_R.JPG

到着!

 

 

IMG_3854_R.JPG

Egg Hof到着。

既に先客でにぎわっていた。

取りあえずビール!

 

IMG_3857_R.JPG

使わなくなった昔の一輪車も花の台に。

 

IMG_3859_R.JPG

紙の地図でルートの確認をしながら一杯!

 

IMG_3861_R.JPG

かなりの急傾斜。

落ちたら麓までまっさかまさ。

 

IMG_3862_R.JPG

14番を更に行った向こうにも家屋が。

 

IMG_3863_R.JPG

落石防護用網。ところどころ細かい落石が網にたまっている。

コンクリートを吹き付けるという野暮な事はしないみたい。

危険な処では立ち止まらないのが地元ルール!

 

IMG_3867_R.JPG

先ほどのEgg Hof。

 

IMG_3869_R.JPG

ここは山羊の放牧斜面。

 

IMG_3870_R.JPG

 

 

IMG_3872_R.JPG

味のある手書きの札を追加して・・・。

 

IMG_3876_R.JPG

この下のあたりがGoldrainかな。

 

IMG_3878_R.JPG

 

 

IMG_3879_R.JPG

向こうの渓谷はマルテルタールMartelltalかな?

 

IMG_3881_R.JPG

 

 

IMG_3882_R.JPG

ふう〜 暑〜

 

IMG_3885_R.JPG

 

 

IMG_3890_R.JPG

 

 

IMG_3892_R.JPG

お〜お城。

あれは、Schloss Annenberg アンネンベルグ城。

こっち(山)側の小さいのが、聖アンナ礼拝堂かな?

 

IMG_3893_R.JPG

ちょっと平らな開けた場所に。

次の目的地はラッガーLaggar、そして、ツックビッヒルZuckbichl。

 

IMG_3898_R.JPG

昔の居住区域ラッガーLaggar到着。

 

IMG_3899_R.JPG

1290年に初めて記録に載ったというラッガー。ここも昔の居住地区。

 

IMG_3901_R.JPG

地元の小豪族の一人?

それとも生活共同体?

 

IMG_3903_R.JPG

取りあえず、ここで昼休み。

持参した弁当を食べることに。

 

IMG_3912_R.JPG

食後のアトラクションとして、ヒロさんの曲芸。

動画がよかったかな〜。

 

IMG_3915_R.JPG

みゆきさの「Yes」サイン!

 

 

IMG_3918_R.JPG

 

 

IMG_3921_R.JPG

覗きまどから・・・。

「会長、まさかここでFensterln???」

 

IMG_3924_R.JPG

 

 

IMG_3926_R.JPG

次へ進む。

 

IMG_3927_R.JPG

 

 

IMG_3929_R.JPG

ツックビッヒルZuckbichl 到着。

 

IMG_3933_R.JPG

Laggarよりも保存状態がいい?

 

 

IMG_3935_R.JPG

住居の跡、しばし昔をしのんで・・・Ötziを想う。

 

 

IMG_3937_R.JPG

 

 

IMG_3938_R.JPG

1277年にはじめて記録に出てくる居住地区。

 

IMG_3939_R.JPG

記念写真をとって出発。先を急ぐことに。

 

IMG_3944_R.JPG

滝を越えて・・・

 

IMG_3946_R.JPG

Zuckbichlを後ろに見て・・・

 

IMG_3948_R.JPG

進む。

 

IMG_3949_R.JPG

14番 シュランダースとパッチPatsch(ここも極端な処の農家跡)

 

IMG_3950_R.JPG

パッチPatschが見えてきた。

 

 

IMG_3952_R.JPG

 

 

IMG_3953_R.JPG

 

 

IMG_3955_R.JPG

 

 

IMG_3957_R.JPG

パッチ Patsch

ここは更に保存状態がよく、軒下で休む人たちもいた。

 

IMG_3962_R.JPG

ここパッチから16番の九十九折りを下っていけばGoldrainへ。

しかし、なんちゃって山岳狂会は14番を進みSchlandersを目指す。

 

IMG_3967_R.JPG

 

 

IMG_3968_R.JPG

 

 

IMG_3969_R.JPG

 

 

IMG_3970_R.JPG

そうです、14番です。

バイク(山チャリ)を避けて14番です。

 

IMG_3971_R.JPG

 

 

IMG_3976_R.JPG

ところどころ舗装された林道を通り・・・

 

IMG_3978_R.JPG

すぐにまた登山者用の道へ。

 

IMG_3980_R.JPG

下では畑に水やりしている。

 

IMG_3983_R.JPG

山チャリは通行止です。

 

IMG_3989_R.JPG

Schlandersの街が見えてきた。

列車も見える。駅も見える(あの辺かなぁ〜レベルだけれど)

 

IMG_3995_R.JPG

 

IMG_3996_R.JPG

余裕でケーキに間に合う。

 

IMG_3998_R.JPG

無理に走らず景色を楽しみながら下山。

 

IMG_3999_R.JPG

Schlandersの駅は、赤い尖がり屋根の教会の向こう側。

 

IMG_4000_R.JPG

列車は?駅はどのへんかな?

待ちに入り市の中心部へ。そして、駅を目指す。

 

IMG_4001_R.JPG

 

 

IMG_4003_R.JPG

新しくなった街並みの中に昔ながらの家も。

 

IMG_4004_R.JPG

そして、古い路地も。

 

IMG_4006_R.JPG

 

 

IMG_4007_R.JPG

ちょっとおしゃれな料理屋

この向かい側の店に会長はくぎ付けになっていた・・・。

 

IMG_4008_R.JPG

出ました、あの目印の教会。駅はもうすぐ。

 

IMG_4009_R.JPG

駅〜!

列車(ディーゼル機関)はほぼ定刻通りに運航。

余裕で座れて車窓を満喫しながら終点Malsへ。

 

 

IMG_4011_R.JPG

駅からホテルへのいつもの道。

芝生の向こうは警察署。

30年前はイタリア軍の兵舎。装甲車、戦車も多数駐屯していた。

今は一部のみ地元警察署として使われている。

 

ケーキに間に合いご満悦。

風呂(サウナ、蒸気風呂)で疲れをいやし、明日の登山に備え夕食を楽しみに待つことに。

 

 

2017年南チロル秋合宿 Suedtirol Vinschgau

  • 2017.10.30 Monday
  • 20:06

2017年10月30日(月)〜11月2日(木)

 

ミュンヘンなんちゃって山岳狂会南チロル秋合宿

 

ヒロさん、なかちゃん、みゆきさと会長の小グループでの秋の南チロル登山。

 

今回は、メラーン方面へは足を延ばさず、Malsの近くの山を。

「(日本からドイツへ)帰国」直後のヒロさんの体調を気にかけながらルートを選ぶ。

極端な斜面に点在する農家(または居住区)跡をめぐるHoehenweg。10月31日Extremhoefe Latsch - Goldrain

そして、氷河を眺める山小屋までの標高差640mの軽い登山。11月1日Langtauferer Hoehenweg

 

ガルミッシュGarmisch-PartenkirchenからエアヴァルトEhrwaldへ入り、フェルンパス峠Fernpassを越えて、ランドエックLandeckからレッシェンパス峠Reschenpassを抜けて南チロルへ入るいつものルート。


IMG_6631.JPG

Malsの標識を過ぎ、南チロルのシンボル Ortlerオルトラー山が見える。

 

IMG_6629.jpg

ナビは不要。初めてここ南チロルのフィンチガウへ来た時も紙の地図でやってきた。

古代ローマ帝国時代からアルプスの北、アウグスブルクへ行くときに使われていたルート、それほど複雑ではない。

 

 

IMG_6633.JPG

ホテルに着いたのが午後3時過ぎ。

夏時間はこの週末終わっているが、まだ明るい。

月が西の山の上に。

もうすぐ満月。

 

 

IMG_6640.JPG

ホテルに着き、サウナ(蒸気風呂)で温まり、ケーキとお茶を満喫することに。

そして、しばらく西の山には日が差しオレンジ色に輝いている。

 

ヒロさんと中ちゃんは、今夜到着予定。

明日からは登山!
 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM