Eng 〜 Lamsenjoch Hütte

  • 2019.08.11 Sunday
  • 22:45

2019年8月11日(日) 晴れ

 

久しぶりのカーヴェンデル山系

Eng(エング)からLamesenjoch Hütte(ラムゼンヨッホヒュッテ)へ。

どうせここまで行ったんならLamsenspitze(ラムゼンシュピッツェ)まで行ってもよかったのに〜!

いや、せめてLamsenjoch(東と西あるけど・・・どっちか)

夏時間で日が長いしねぇ。

 

まぁ、何はともあれ夏の山感いっぱいの一日。

 

いつものようにAhornboden(楓台地)のどん詰まり袋小路のエングまで車で移動し、そこからBinsalm(ビンスアルム)を目指し、更にその上のBinsalmhochleger(ビンスアルムホーホレーガー・高地の牧草地とかいう意味あいとか)を通過してラムゼンヨッホ小屋へ。

直線距離で4Kmちょい?

 

 

IMG_3644.jpg

エングの有料道路に入ると、自然はグッとその輝きを増す。

 

IMG_3643.jpg

楓が私たちを迎えてくれる。

 

IMG_3642.jpg

いつものように、Engのホテル前に駐車して、歩き始めます。いい天気です。暑くなく、寒くなく。今日の最高気温、25度。

 

IMG_3641.jpg

予定では、ラムゼンヨッホヒュッテを目指す、ということだったのですが、ファルケンヒュッテに行ったことが無いという意見が出て、じゃあ今日はそちらに、とEngalmの方へ歩き始めます。

 

IMG_3640.jpg

いつ来てもいい景色。

 

IMG_3639.jpg

牛もゆったり、のんびり。

 

IMG_3638.jpg

今年はきちんと雨が降ったので、楓の緑が色濃くなったような。

 

IMG_3637.jpg

お利口な牛は、楓の陰でお昼寝。

 

IMG_3636.jpg

Engalmの小屋。いつか泊まって、満点の星空を楽しんでみたい。

 

IMG_3635.jpg

確か、ファルケンヒュッテ建て替えるとか言ってたなあ、もう工事終わったかな、なんて言いながら、そちらの方に進もうとしたら、道の端の標識に、Falkenhütte geschlossen 閉まってます、という文字が。で、仕切り直して、Lamsenjochhütteを目指す。

 

IMG_3634.jpg

綺麗な色のマツムシソウに隠れた小さい昆虫たち。

 

IMG_3633.jpg

Sumpf-Herzblatt

 

IMG_3632.jpg

Wolfs-Eisenhut トリカブトはみんな猛毒があるけど、この種類は狐や狼退治に使われたのでこの名前がついているそう。

 

IMG_3631.jpg

なぜか蜜を集めにハエが集まる。

 

IMG_3630.jpg

こんなに!

 

IMG_3629.jpg

これは色が可愛い紫。でも、やっぱりハエが。

 

IMG_3628.jpg

なんだか変な虫がくっついてる。

 

IMG_3627.jpg

 

 

IMG_3626.jpg

固まって咲く花のあいだに虫が隠れていたり。

 

IMG_3625.jpg

まだ咲いている、細っこいKnabenkraut

 

IMG_3624.jpg

Binsalmが見えてきました。

 

IMG_3623.jpg

Blutrotes Sommerwurz

 

IMG_3622.jpg

Perücken-Flockenblume

 

IMG_3621.jpg

Binsalm少し手前のところにある、牛の水飲み場。水が冷たい。

 

IMG_3620.jpg

Bisalm裏のチャペルとお風呂。

 

IMG_3619.jpg

今日はEngまで来るのに、ナビちゃんがなぜかMittenwald手前のWallgauあたりから、これも有料道路で Vorderriß抜けるルートを誘導。いつもよりかなり時間がかかったので、あっという間にお昼の時間に。で、この日陰でお昼ご飯。

 

IMG_3618.jpg

あの端っこの方がLamsenspitze2508m。その手前に山小屋がある。

 

IMG_3617.jpg

紫色が鮮やか。

 

IMG_3616.jpg

右側の山がGamsjoch。エーデルワイスが咲く。

 

IMG_3615.jpg

 

 

IMG_3614.jpg

Dostは野生のオレガノ。

 

IMG_3613.jpg

牛よけの柵を越えて。

 

IMG_3612.jpg

おもちゃのようなSteinbrech

 

IMG_3611.jpg

一挙に登ったので少し日陰で休憩。こまめに水分補給。

 

IMG_3610.jpg

春には竜胆が咲き乱れる道。

 

IMG_3609.jpg

登り慣れて来ると、端折って近道してみたり。

 

IMG_3608.jpg

いつもの、ちょっとがけ崩れのような箇所。

 

IMG_3645.jpg

今日は誰か、Gamsjoch登ってるのかなあ。

 

IMG_3607.jpg

またいつか行きましょう。では続きを登ろう。

 

IMG_3606.jpg

峠に到着。

 

IMG_3646.jpg

第一目的地制覇です。

 

IMG_3647.jpg

さて、ここを過ぎると、山小屋が視界に入る。

 

IMG_3605.jpg

道しるべ。ここからもSonnjochに行けるって。行かないけど。

昔、なべちゃんと会長と行きましたね。なべちゃんが一生懸命エーデルワイスを探してくれて、一本だけ見つかったところ。

シュタインボックも眼下に見えて。帰りには、もういなくなったね、と言いながら写真を撮ったら、後ろに写っていたのを家で発見。

 

IMG_3604.jpg

峠で記念撮影です。

 

IMG_3603.jpg

峠を越えると見えてくる山小屋。いつかあそこからも登ってみたい。Engからより近そう?

 

IMG_3602.jpg

 

 

IMG_3601.jpg

Kopfiges Läusekraut

 

IMG_3600.jpg

Alpenrose

 

IMG_3599.jpg

岩の間を通ったら、山小屋はもうすぐ。

 

IMG_3598.jpg

日光浴というよりは、早く逃げないと干からびちゃいそうな毛虫君。

 

IMG_3597.jpg

Lamsenjochhütte

遠くから見ると、なんだか開いてないような感じに見える。

 

IMG_3649.jpg

大丈夫、やってます。

 

IMG_3648.jpg

なんかグッといっぱい飲もう。喉乾いた〜。

 

IMG_3596.jpg

しんちゃん、ヨハネスベアショーレ。中ちゃん、ラードラー。私はブルーベリーの入ったButtermilch。

 

IMG_3595.jpg

反対側はこんな感じ。

 

IMG_3594.jpg

お水はこんな風に浄化してます。

 

IMG_3593.jpg

カーベンデル山系。

 

IMG_3592.jpg

キラリと光る、Lamsenspitze方面。また今度登ろう。

 

IMG_3591.jpg

ちょうど、山小屋から反対側正面に見えるこの山は、一時間で頂上。そのうちここも行ってみたいですね。

 

IMG_3590.jpg

では下山しましょう。

 

IMG_3589.jpg

小屋の入り口には、バスケットに植えられたエーデルワイスが。

 

IMG_3588.jpg

お泊まりしたら、上まで行きやすいかもですね。

 

IMG_3587.jpg

隅っこにひっそり咲くVierzähnigerStrahlensame

 

IMG_3586.jpg

 

 

IMG_3585.jpg

この花もそろそろおしまいかな。

 

IMG_3584.jpg

この辺りのアルペンローゼはまだ咲き始めのがあったり。

 

IMG_3583.jpg

Sonnjoch方面。

 

IMG_3582.jpg

今日はカルピス持参でしたが、飲み干したので、この先左手側の湧き水補給しに行きました。

 

IMG_3581.jpg

このした、Gramaialmまでは1時間半。

 

IMG_3580.jpg

 

 

IMG_3579.jpg

日陰はいい感じに涼しい。

 

IMG_3578.jpg

この辺は石の感じが面白い。

 

IMG_3577.jpg

先っぽのとんがりが可愛いですね。

 

IMG_3576.jpg

 

 

IMG_3575.jpg

こまめに水分補給しないと、熱射病危ない感じの、湿度の高い今日。

 

IMG_3574.jpg

峠まで戻ってきました。

 

IMG_3573.jpg

山小屋でお隣に座っていた、クレッター帰りの家族と、抜きつ抜かれつしながらの下山。私たちは、右手の緩やかな道を行きます。

 

IMG_3572.jpg

 

 

IMG_3571.jpg

 

 

IMG_3570.jpg

ジルバーディステルが咲き始めて。

 

IMG_3569.jpg

 

 

IMG_3568.jpg

 

 

IMG_3567.jpg

 

 

IMG_3565.jpg

これこれ。2時間半前に言っていただければ、30ユーロで2時間、お風呂をお楽しみいただけます、だって。

 

IMG_3566.jpg

下りはあっという間。Engalm方面に下って、チーズを買って帰ろう!

 

IMG_3564.jpg

ここの水で、顔を洗ってさっぱりしたしんちゃん。水はかなり冷たい。

 

IMG_3563.jpg

 

 

IMG_3562.jpg

道の端っこの大きな岩に、小さな石がたくさん積んでありました。

 

IMG_3561.jpg

ガムズヨッホのお供え台みたい。

 

IMG_3560.jpg

牛が一箇所に集まってるのが見える。そろそろおうちに帰って、ご飯の時間かな。

 

IMG_3559.jpg

 

 

IMG_3558.jpg

細く伸びた木々のシルエットが綺麗。

 

IMG_3557.jpg

で、足水。ものすごく冷たいけど、疲れが一挙に取れる。

 

IMG_3556.jpg

水が楓の大地に流れていく。

 

IMG_3555.jpg

牛小屋の前になんだかみんな集まって、おしゃべりしてる。

 

IMG_3554.jpg

ジルバーディステルの花で作った十字架と星の飾りがついた家。赤いゼラニウムがアクセント。

 

IMG_3553.jpg

チーズ工房をのぞいたりしながら、駐車場に向かいます。もちろん、おみやげ屋さんで、ここのチーズは試食してからちゃんとゲット。

 

IMG_3552.jpg

ホテルのチーズ屋さんでも、胡椒の入ったチーズをゲット。これも美味しいんだな。

 

IMG_3551.jpg

あっという間に夕暮れの時間に。満杯だった駐車場も、こんなにガラガラ。お疲れ様でした

 

IMG_3550.jpg

楓の大地を抜けて、帰路につきます。

 

IMG_3549.jpg

車の窓から見える景色も、格別。いつ来ても綺麗なEng。

子供を連れて来ても、軽くお散歩してエングアルムまで行って、レストランの公園で足こぎ自動車走らせたり、ヤギと戯れたりもできて、山に登らなくても楽しい。また来ようね〜。

 

 

 

 

 

Hochlandhuette - Woerner Sattel

  • 2018.07.28 Saturday
  • 22:31

2018年7月28日(土) 晴れ

 

再びHochlandhuetteへ!

みゆきさとゆみちゃんと会長の三人で、25日に会長がゲンちゃんと目指した本来の目的地Woernerkopf(Woerner Sattel)へ行くことに。

IMG_4885_R.JPG

Mittenwald駅前広場の噴水の横。

朝日を背に「Before」の写真。

 

国道2号線(B2)の向こうに登山口がある。

車15台は停められる登山者用の駐車場も。そこから271を登る。270はチャリで登るにはもってこいの林道。

しかし、なんちゃっては歩いて登るを基本とする。(※走りません)

「今度は、271と262の分岐点を間違えないように!」と気を引き締めて出発。

 

 

IMG_4887_R.JPG

Isarを越えて・・・

 

IMG_4888_R.JPG

B2を潜り抜けて271号線へ。

早速、花に引っかかってしまう二人。

 

IMG_4889_R.JPG

後から来た家族連れに先を越されて。

 

IMG_4890_R.JPG

そんなことは一切気にせず自分らのペースで。

良いことです!

 

IMG_4891_R.JPG

WettersteinとMittenwaldの町。Leutasch方面。

 

IMG_4892_R.JPG

ザ・登山道!

 

IMG_4893_R.JPG

キノコ。うまそう!

「食べられる、おいしいキノコ」とみゆきさ。

 

IMG_4895_R.JPG

Karwendelhoehenwegを見上げる。

 

IMG_4897_R.JPG

 

 

IMG_4898_R.JPG

 

 

IMG_4899_R.JPG

 

 

IMG_4900_R.JPG

 

 

IMG_4901_R.JPG

Klaisの方かな。木に隠れてしまっているけれど、連邦軍の兵舎。

 

IMG_4903_R.JPG

もうすぐ分岐点のはず。

 

IMG_4904_R.JPG

 

 

IMG_4906_R.JPG

WettersteinspitzeとWetterstein山系。

右下がLautersee。今日はそこでDirndlspringenというお祭りがある。

Dirndl(民族衣装。「女の子」のこともDirndlと呼ぶ。バイエルンでは「Madl」と言う方が多いかな。

その民族衣装を来た女の子が湖に飛び込み、その優雅さ、独自性、奇抜さなどを競う競技(?)とか。

勿論、音楽あり、串焼きサバも。そして、欠かせないのがビール。

 

IMG_4907_R.JPG

11時から受付

12時飛び込み競技開始

 

IMG_4908_R.JPG

そんなことよりも登山を継続しよう。

 

IMG_4909_R.JPG

ちょうど真ん中にDammkarhuetteが。その下が前回げんちゃんと見落とした分岐点。

 

IMG_4911_R.JPG

Ochsenbodensteig

牡牛台地の登坂みたいな。

 

IMG_4912_R.JPG

 

 

IMG_4914_R.JPG

前回このあたりでカモシカに遭遇。

今日は、いない。

 

IMG_4915_R.JPG

 

 

IMG_4916_R.JPG

ここ、ここ!

 

IMG_4917_R.JPG

Hochlandhuetteまで1時間5分。

これがBankerl経由の262号線。

Bankerl ちょっとベンチが山から出ているようになった台地のようなところを経由して山小屋まで行く道。

眺めいいし、歩きやすい。

 

IMG_4918_R.JPG

 

 

IMG_4919_R.JPG

前回、この分岐点の前、森の手前の道(地図には載っていない道を知っている登山者がショートカットしてできた道)を進んでしまった。

実は、ここが正しい分岐点。ここを左上に行く道がDammkarhuette経由で、Karwendelbahn駅とかPredigtstuhl経由の難所ルートへ行く道だった。

 

IMG_4920_R.JPG

 

 

IMG_4921_R.JPG

アレがPredigtstuhl。

前回げんちゃんたちはあそこをひと山越えてHochlandhuetteへ行った。

Kletterルートもあるが、レベルはA程度。難所とはいえ気を付けて登れば安全で楽なルート。

装備も不要?いや、落石対策のヘルメットはあった方が安心だったかな!

 

IMG_4923_R.JPG

日か入りの具合で輝くリンドウ。

ちょっと、この写真では・・・

 

IMG_4924_R.JPG

 

 

IMG_4925_R.JPG

262をまずはBankerlへ向けてすすむ。

 

IMG_4927_R.JPG

手前にHochlandhuetteが。

その向こうの鞍部がWoernersattel。そして、その左がSteinkarkopf(1981m)。

今回は、Woernerで引き返さずに、ついでにSteinkarkopfまで行くことに。

 

IMG_4928_R.JPG

 

 

IMG_4929_R.JPG

 

 

IMG_4930_R.JPG

 

 

IMG_4933_R.JPG

 

 

IMG_4936_R.JPG

ここはPredigstuhlから降りてくる道が262に合流する地点。

Alpenroseがきれいに咲いている。

 

IMG_4937_R.JPG

 

 

IMG_4938_R.JPG

 

 

IMG_4940_R.JPG

この階段の配置、すごく登りやすい。

 

IMG_4941_R.JPG

さすがDAV!って感じ。みんなも実感したはず!是非、一度体感してみては。

 

IMG_4942_R.JPG

山小屋に到着。

 

IMG_4943_R.JPG

 

IMG_4944_R.JPG

向こうは、Hoher Kranzberg、そして、Wettersteinspitze。

 

山小屋で、休憩し昼食を。DAVの小屋。持参の弁当も食べてもいいと。(小屋で知り合ったおばあちゃんに「DAVの小屋だから問題ないはず。聞いてみな!」と勧められ気の弱い会長は恐る恐る尋ねると、簡単にOK牧場!

 

みゆきさはBergkaesenudel山チーズのパスタ、ゆみちゃんはHober(ジャガイモ、小麦を練りそれを摺り合わせてボロボロにしたもの。昔の貧乏人の食事だそうな。って、まぁ山小屋(山のホテルじゃなくてホントの小屋)で食べるものって大概そんなものじゃないのかな。

 

※山小屋写真は後日追加でアップします

 

 

IMG_4945_R.JPG

食事を済ませてWoernersattel目指して出発。1時間ちょいの行程。

 

IMG_4946_R.JPG

 

 

IMG_4947_R.JPG

 

 

IMG_4948_R.JPG

 

 

IMG_4950_R.JPG

 

 

IMG_4951_R.JPG

 

 

IMG_4952_R.JPG

Karwendelを眺めながら進む

 

IMG_4953_R.JPG

羊の親子。

親の羊は足を骨折していたようで、見るからにわかるような状態。

ただ、立ち止まっているときはわからない。

下山の時にはこの親子はこの場所にはいなかった。

羊が放牧されている山のようで、Dammkarhuette〜Predigtstuhlルートでもよく羊の群れを見かける。

※日本で今、(第三次)羊肉ブームとか。ドイツ在住のころからよく食べてはいたけれど。好きだし。

 

IMG_4956_R.JPG

雲が気になりだした・・・。

 

IMG_4958_R.JPG

 

 

IMG_4959_R.JPG

浸食されているので、危ないから印のついた道をそれないように。

確かに、たやすく崩れそうな感じはする。

 

IMG_4960_R.JPG

 

 

IMG_4962_R.JPG

もうすぐSattel。

 

IMG_4963_R.JPG

 

 

IMG_4964_R.JPG

やっぱり雲が気になる。ただ、雷雲とか積乱雲じゃないからいいけれど。

 

IMG_4965_R.JPG

歩いてて浸食激しい様子がわかる

 

IMG_4966_R.JPG

この道も一応印のついてるルート。道は外れていません。

外道ではないので、なんちゃって山岳狂会は!

 

IMG_4967_R.JPG

随分来たものだと、さっき昼食をとった小屋を眺める。

 

IMG_4968_R.JPG

あ・そ・こ!

 

IMG_4970_R.JPG

左はしの頂上がSteinkarkopf。

そして、向こうに見えるのがSoiernspitze(右端)をはじめとするSoierngruppe!

もう一度登りたい山の第一候補。

 

IMG_4971_R.JPG

みゆきさはSchoettelkarspitzeが良いと言うけど、どうせならSoiernspitzeも回ってSoiernseeへ降りてもいいのでは。

そして、Soiernhausで一泊して戻るというルート。

短期合宿みたいな。

 

IMG_4972_R.JPG

Sattelの標識

 

IMG_4974_R.JPG

二人はSattelをスルーしそのままSteinkarkopfへ向かう。

会長はまずは本来の目標のSattelまで登ってからSteinkarkopfへ。

 

IMG_4975_R.JPG

 

 

IMG_4976_R.JPG

Sattel 鞍部到着

 

IMG_4977_R.JPG

 

 

IMG_4978_R.JPG

Karwendelを背景にSattel。

 

IMG_4979_R.JPG

Steinkarkopfへの途中、休んでいる二人組。

 

IMG_4980_R.JPG

Soiernspitzeとその麓のVereinsalm。

懐かしSoiernspitzeルート

 

IMG_4982_R.JPG

稜線のルートは変化に富んで楽しい。

 

IMG_4983_R.JPG

 

 

IMG_4984_R.JPG

WoernerかGrosskarspitzeの頂上?

 

IMG_4987_R.JPG

Steinkarkopf到着

 

IMG_4986_R.JPG

Soiernspitzeを背景に!

次に行く山だし!

 

IMG_4988_R.JPG

向こうがFeldernkopf・・・思い出のFeldernkopf。

 

2010年7月16日、Soiernspitzeを目指すも、サッカーWMのドイツの試合があるというので、参加者みんな、早期の帰投を希望。

結局Feldernkopf止まり。泣く泣く会長も帰投。しかし、翌日は会長単独でSoiernspitzeへ登頂する。

 

IMG_4989_R.JPG

Soiernspirzeへの途中にあるReissende Lahmsitzeかなんとか。Soierngruppeの一つ。

 

IMG_4990_R.JPG

遠くからでも一目ですぐわかるSoiernspitze。

登らないと!

 

IMG_4991_R.JPG

頂上の十字架。この日は人は見えなかった。

次はなんちゃって山岳狂会が再登頂する!はず。

 

IMG_4992_R.JPG

 

 

IMG_4993_R.JPG

頂上で休憩し景色を満喫。

 

IMG_4994_R.JPG

あまり遅くなると電車の時間もあるので、下山することに。

二人はSattel経由でと。

 

IMG_4995_R.JPG

 

 

IMG_4996_R.JPG

 

エーデルヴァイス!

 

実は、Hochlandhuetteの花壇

 

IMG_4997_R.JPG

 

 

IMG_4998_R.JPG

 

 

IMG_4999_R.JPG

 

IMG_5001_R.JPG

Mittenwaldの駅に到着。

 

IMG_5002_R.JPG

電車の時間の関係で、Mittenwaldの町でアイスを食べることはできなかったが・・・。

お疲れ様でした。

 

 

 

Hochlandhuette - Dammkarhuette-Predigtstuhl

  • 2018.07.25 Wednesday
  • 22:54

2018年7月25日(水) 晴れ

 

会長とげんちゃんの平日登山。

MittenwaldからHochlandhuetteへ。

 

Pasingを朝6時39分発の列車でGarmisch-Partenkirchen乗り換えでMittenwaldへ。

8時半にMittenwald駅を出発、Hochlandへ向かう。

 

今日のルートは会長の友達のシュテファンの提案に従い、

271〜262 Hochland〜261からWoernerkopfへ向かうことに。

 

 

IMG_4815_R.JPG

Wettersteinspitzeは晴天。

登ってたら直射日光まともにうけて熱いだろうなと、話しながらHochlandへ向かう。

 

IMG_4816_R.JPG

駅前広場のモニュメント。噴水になってる。

 

IMG_4818_R.JPG

Isar川を越えて、271の入口を探す。

 

IMG_4820_R.JPG

まずは、271へ。

 

IMG_4821_R.JPG

B2の下をくぐって・・・

 

IMG_4823_R.JPG

Karwendelbahnの横を登るルート。

 

IMG_4825_R.JPG

Wedastoa

 

IMG_4826_R.JPG

271は山歩き感一杯のルート

 

IMG_4827_R.JPG

Karwendelhoehenweg

 

IMG_4828_R.JPG

Mittenwald 快晴!

 

IMG_4830_R.JPG

Hochlandへの道は、北側の斜面。日陰で歩きやすい。

 

IMG_4831_R.JPG

Klais方面もいい眺め。

 

IMG_4832_R.JPG

下がKaserne。

ガイドブックなどでは、このKaserne近くの駐車場からスタートし264を登る。

しかし、電車移動の場合は、271から登る方が楽で眺めもいいと。

 

 

IMG_4833_R.JPG

そんな良い眺めの271。

 

IMG_4835_R.JPG

向こう(写真左)がPredigtstuhl。右の谷間KarがDammkarか。

 

IMG_4838_R.JPG

げんちゃんカモシカ発見!

こっちを見ている。

 

IMG_4839_R.JPG

 

 

IMG_4841_R.JPG

この先が262への分岐点のはず。

 

IMG_4842_R.JPG

圧巻のKarwendel山系

 

IMG_4843_R.JPG

えっ?Dammkarhuetteへきてしまった!!!

という事は、271から262への分岐点を見過ごしてしまった???

何という事でしょう!

 

IMG_4844_R.JPG

 

 

IMG_4845_R.JPG

この山小屋もなかなか感じのいいところ。で、横の十字架で休憩。

 

IMG_4846_R.JPG

検証の結果、分岐点を見落としていたと確信。

じゃ、どうしようかと。

Predigtstuhl経由でHochlandへ向かうことに。(地図によると難所みたい)

 

IMG_4848_R.JPG

 

 

IMG_4849_R.JPG

向こうにそびえるのがPredigtstuhl!

途中までは、Dammkarへ行くルートと同じ。

そして、左へ折れると難所のPredigtstuhlルート。

ガラで歩きにくく、力を消耗してします。傾斜もかなりのもの。

 

IMG_4850_R.JPG

 

 

IMG_4851_R.JPG

下がDammkarhuette。ここまで登ってきた。

 

IMG_4852_R.JPG

小屋の向こうでは羊の放牧。

 

IMG_4853_R.JPG

この先を進み、左に回り込んでPredigtstuhlへ。

 

IMG_4854_R.JPG

 

 

IMG_4855_R.JPG

Dammkarへの道もかなり厳しいルート。でも道はちゃんとできている。そのまま登り、トンネルぬけてKarwendelbahn乗り場へ。

 

IMG_4856_R.JPG

 

 

IMG_4857_R.JPG

 

 

IMG_4859_R.JPG

足元を見て歩きながらも時々癒される。

 

IMG_4860_R.JPG

着いた、分岐点。Predigtstuhl。

といっても、頂上ではない。

 

IMG_4861_R.JPG

ここを越えた向こうがWoernerkopf。更にその向こうがSoiernspitze。

HochlandhuetteはWoernerkopfの左下に。

 

IMG_4862_R.JPG

Dammkarを振り返り、263の難所ルートを進み262(本来のルート)への合流を目指す。

 

IMG_4863_R.JPG

Predigtstuhlを降りるルートは簡易的なKlettersteigルート。Aレベル。

 

IMG_4864_R.JPG

 

 

IMG_4865_R.JPG

眺めは最高!

気分も爽快!(へぇ〜、そうかい。)

 

IMG_4866_R.JPG

 

 

IMG_4867_R.JPG

ちょっと足場の悪いところが、ところどころ。

 

IMG_4868_R.JPG

ここを降りてしまえば、262へ合流もまじか。

 

IMG_4869_R.JPG

 

 

IMG_4870_R.JPG

 

 

IMG_4871_R.JPG

 

 

IMG_4872_R.JPG

 

 

IMG_4875_R.JPG

 

 

IMG_4876_R.JPG

Klettersteig終わり、羊が三頭チリンチリン。

 

IMG_4877_R.JPG

262へ合流!

 

IMG_4878_R.JPG

Hochlandhuette

 

IMG_4879_R.JPG

山小屋からPredigtstuhlを眺める。

 

IMG_4880_R.JPG

あそこを越えてきたんだねぇ!

 

IMG_4881_R.JPG

向こうのWoernerkopfは次回に。

今度は、271から262への分岐点、帰りに確認してきたので次回はOK。

 

IMG_4882_R.JPG

今回は、DammkarhuetteからPredigtstuhl経由でHochlandhuetteへ行ったので、2時間以上余分にかかってしまった。

次回、262をまともに進めば2時間半でHochlandhuette、その後、更に1時間ちょいでWoernerkopf。

一日でWoernerkopf往復できるルート。

 

IMG_4883_R.JPG

Mittenwaldへ無事帰投。

帰りは違うルートを。270で下山。

林道なので歩きやすいところもあるけれど、眺めはちょっと・・・。

戻ってくるのは、271の入口のところと同じ場所。

 

IMG_4884_R.JPG

駅からKarwendelを眺める。雲がかなり発達してきたが、結局雨には会わず。

 

 

IMG_4822_R.JPG

今回のルートを地図で確認。

 

 

Hinterriss - Eng (Grosser Ahornboden)

  • 2017.10.08 Sunday
  • 20:51

2018年10月8日(日) 雨

 

たかさんの、ミュンヘンなんちゃって山岳狂会での締め登山が雨に・・・。

しかし、天気に関係なく山を楽しむのが当会の基本。

晴れは晴れなりに、雨は雨なりに、雪は雪なりに安全第一で。

 

「Ich freue mich, wenn es regnet. Denn wenn ich mich nicht freue, regnet es auch.」(Karl Valentin)

という事で、この日は、ヒンターリス(Hinterriß)のどん詰まりエング(Die Eng)で山歩き。

そう、ここはRisstalの一番奥。

雨の日のエング。紅葉を雨の中で楽しむ、というか、落葉がおおいような。

とは言え、なんちゃってメンバーの声:mei, schö wars in da Eng, aa bei Regn.

 

そして、帰りはWallgauからEttalへ。ということは、チーズケーキ!!!

 

 

IMG_6297_R.JPG

タカさんに行きたい場所リクエストしてもらって選ばれたのがこのエング。雨でも情緒のあるエングは秋色に染まっている。レインコートを着て、レッツゴー。

 

IMG_6296_R.JPG

エング入り口。落ち葉も雨に濡れている。

 

IMG_6295_R.JPG

無理せず傘をさして最初の坂道を登ります。

 

IMG_6294_R.JPG

ジグザグ道を登り終えて分かれ道に。登った先はBinsalm 。でも今日は雨なので、Engalmに向かいます。

 

IMG_6293_R.JPG

もう雪の薄化粧をした山。向こうの集落がEngalm。

 

IMG_6292_R.JPG

この間来た時は花がいっぱい咲いていたのに、あっという間に冬景色?

 

IMG_6291_R.JPG

(登っても楽しそうなHochglückとかSpritzkarspitzeとか!登山道ないみたいだけど・・・)

 

 

IMG_6290_R.JPG

やさしい道をゆっくり楽しみながら下ります。

 

IMG_6289_R.JPG

エングのカエデ。

 

IMG_6288_R.JPG

リンドウが一つ残ってました。

 

IMG_6287_R.JPG

山がいい感じ。

 

IMG_6286_R.JPG

エングはいつ来てもいいですね。

 

IMG_6285_R.JPG

色づいたカエデたち。

 

IMG_6284_R.JPG

 

 

IMG_6283_R.JPG

雪をまとって堂々と。

 

IMG_6282_R.JPG

雨がなかったら登りたかったですね。

 

IMG_6281_R.JPG

 

 

IMG_6280_R.JPG

お店でチーズを買って、いい音で鳴るかわいいベルも購入。前回試食したここのミルクやチーズは最高。

 

IMG_6279_R.JPG

ジルバーディステルの飾りのかわいい小屋。

 

IMG_6278_R.JPG

雨でもたくさんの人が訪れる。

 

IMG_6277_R.JPG

 

 

IMG_6276_R.JPG

 

 

IMG_6275_R.JPG

この辺りのカエデはまだ半分紅葉しただけ。

 

IMG_6274_R.JPG

霧のかかった山並みを見ながら、ホテルに戻ります。

 

IMG_6273_R.JPG

この後、ホテルの売店でおいしいブルストを購入。お土産屋さんでもジャムを買いました。

ここから、まだ通ったことのない、エングからジルベンシュタインに行くまでのところでいつも見る、Mittenwaldの方向指示版がある有料道路を通ってチーズケーキを食べに、エタールに向かいました。

 

IMG_6272_R.JPG

ちょうどチーズを作っているところ。

 

IMG_6271_R.JPG

たっぷりコーヒーを入れてくれました。チーズケーキもいつもながらにおいしい!

 

IMG_6270_R.JPG

先ほどかき混ぜていたチーズの元をこの機会に分配して、あとで左の白い入れ物に入れて発酵させます。

 

IMG_6269_R.JPG

おいしそうないい色ですね。

今回はあいにくの雨で、山登りはできませんでしたが、思い出の場所を回れてよかったです。しんちゃん、ゆみちゃんもお疲れ様でした。

タカさん、今度は日本の山に行きましょう!

それではまた再来週。

 

 

 

 

 

Bozner Markt in Mittenwald

  • 2017.08.07 Monday
  • 23:18

2017年8月7日(月)晴れ

 

Bozner Markt in der Alpenwelt Karwendel

ミッテンヴァルドで5年ごとに開催される中世時代市場。

欧州の南北をつなぐ商業中継地点としての市場はボーツェン(Bozen、またはイタリア語ではブルツァーノ。ただし、ここでは本来の名前のボーツェンで表記)だった。それが1487年にここミッテンヴァルドへ移ったのを記念しての催し物。5年ごとに開催される。

 

なんちゃってが初めてこの『ボーツェン市場Bozner Markt』を訪れたのは・・・なんと10年前!?

3€の入場料も払わずに、人ごみに紛れて流されて知らぬ間に会場のミッテンヴァルド中心街(旧市街)に押し込まれてしまっていた。

 

 

 

IMG_5648_R.JPG

やって来ました、ミッテンバルド。先週から二週間開催されるBozner Markt。入場料は5ユーロです。子供は無料ですが、迷子になった時のために、紙の腕輪に名前と電話番号を書いてつけます。

 

IMG_5649_R.JPG

薪割りデモンストレーション。

 

IMG_5650_R.JPG

バイオリンや、チェロの型が。

 

IMG_5651_R.JPG

ここでは首飾りを作ってるのかな?

 

IMG_5652_R.JPG

オジサンはこんなにいろいろなナイフを使って革細工を作ってます。

 

IMG_5653_R.JPG

子供たちが熱心に見ています。

 

IMG_5654_R.JPG

こんなにいろいろな木製品が売られています。

 

IMG_5655_R.JPG

バイオリン型のまな板はいかが?

 

IMG_5656_R.JPG

お姫様の髪飾りや、騎士の盾も売ってます。

 

IMG_5657_R.JPG

お坊さんの装束。本物か偽物か?

 

IMG_5658_R.JPG

バイオリン作りの学校の先生だったマラーさんとこのお店。

 

IMG_5659_R.JPG

木の豊富なミッテンバルド。

 

IMG_5660_R.JPG

色々な手作りを見せてくれるところが。

 

IMG_5661_R.JPG

さあ、寄ってらっしゃい。ネズミがどこに入るか当ててください。

 

IMG_5662_R.JPG

ふつうの月曜日なのにこの人出。

 

IMG_5663_R.JPG

バイオリンの練習。もうすぐ本番かな。はだしがかわいい。

 

IMG_5664_R.JPG

リースみたいなのも。もうクリスマス?

 

IMG_5666_R.JPG

海賊みたいなおじさんも、ビール飲んでます。

 

IMG_5667_R.JPG

ナイフかっちょええ〜。

 

IMG_5668_R.JPG

石鹸でウールを丸めて、また違う色のウールを付けて石鹸水で丸めて、ボールを作ってます。それが出来上がってから四分の一切り取ると、綺麗な色が見られるボールの出来上がり。

 

IMG_5669_R.JPG

にぎわっているので、次に行ってみよう。

 

IMG_5670_R.JPG

時々こんな面白いかっこの中世の衣装の人たちが、街を練り歩く。

 

IMG_5671_R.JPG

 

 

IMG_5672_R.JPG

ここでは皮の財布作り。

 

IMG_5673_R.JPG

 

 

IMG_5674_R.JPG

石膏の飾り作り。パン屋さんじゃないですよ。

 

IMG_5675_R.JPG

山は今日もきれい。

 

IMG_5676_R.JPG

何買う?

 

IMG_5677_R.JPG

フェルト屋さん。

 

IMG_5678_R.JPG

オリーブの木でできた大きなスプーン。バターの型とか、卵入れとか、はちみつ用スプーンとかビアマグのふたとか。

 

IMG_5679_R.JPG

クレープ作るこんなのもあります。ブラシは使いやすそう。

 

IMG_5680_R.JPG

いい音色のカウベルも売ってました。7,50ユーロ。買っとけばよかった〜。

 

IMG_5681_R.JPG

カリグラフィー。面白い字だね。

 

IMG_5682_R.JPG

マジパンでできた野菜。

 

IMG_5683_R.JPG

こんな風に木に穴をあけて、水を運んでいました。

 

IMG_5685_R.JPG

井戸の水汲み体験中。

 

IMG_5686_R.JPG

みんながやりたい水くみ体験。上手に交代してね。

 

IMG_5687_R.JPG

木に穴をあけているところ。下の籠に入っているのが、削った木くず。

 

IMG_5688 (1)_R.JPG

こちらは鋳物やさん。

 

IMG_5689_R.JPG

 

 

IMG_5690_R.JPG

 

 

IMG_5692_R.JPG

 

 

IMG_5693_R.JPG

木くずもらっちゃいました。

 

IMG_5694_R.JPG

ブレーツェンこんな風に運んでます。

 

IMG_5695_R.JPG

カリグラフィー。一緒にやってます。

 

IMG_5698_R.JPG

歌もやっています。

 

IMG_5699_R.JPG

樽ビール。

 

IMG_5700_R.JPG

 

 

IMG_5701_R.JPG

オオカミの穴からバグパイプ弾きながら出てきたおじさんが。

 

IMG_5702_R.JPG

 

 

IMG_5704_R.JPG

お財布制作中。

 

IMG_5705_R.JPG

 

 

IMG_5707_R.JPG

おばあちゃんが手伝ってくれて、上手にできました。

 

IMG_5708_R.JPG

横のカフェーでは揚げパンおいしそう。

 

IMG_5709_R.JPG

だんだん混んできました。

 

IMG_5710_R.JPG

こんなパレードが。

 

IMG_5712_R.JPG

 

 

IMG_5713_R.JPG

生きた操り人形。

 

IMG_5715_R.JPG

皮のアームバンドに名前を入れてくれるところ。ついでに作ったお財布にも名前を入れてもらいました。

 

IMG_5716_R.JPG

他にも民族衣装の帽子とか、はちみつでできた石鹸とか、色々なスタンドがあります。

 

IMG_5717_R.JPG

他のお店で作った革の財布にも無料で名前を入れてくれたやさしいおじさん。

 

IMG_5718_R.JPG

さっきは人のいなかった角の場所にも、街の人が配置についてる?

 

IMG_5719_R.JPG

かわいい太鼓少年。

 

IMG_5720_R.JPG

いい天気ですね。

 

IMG_5725_R.JPG

鉄のフライパン。

 

IMG_5726_R.JPG

 

 

IMG_5731_R.JPG

こうやって彫るんだよ。

 

IMG_5732_R.JPG

お財布はこうやって作りました。なかなかいい感じでしょ。

 

この後、イタリアのケバブの様な食べ物を買って帰宅。食べながら帰りました。お疲れ様でした〜。

 

 

Mittenwalder Hoehenweg みゆきさの写真

  • 2017.07.22 Saturday
  • 23:00

2017年7月22日(土)晴れ曇り(雷雨確率40%)

 

この日、久しぶりにMittenwalder Höhenwegを。そのブログはここから

 

ここでは、そこに咲く花をみゆきさが撮りつくしたものを中心にアップします。

 

IMG_5453_R.JPG

バックにBergstation。リンドウが終わって、秋のリンドウが咲くまでちょっと寂しいカーベンデル。

 

IMG_5452_R.JPG

でも山はいつ見てもきれいです。

 

IMG_5451_R.JPG

昔はこの橋渡るのがとっても怖かった。今は全然平気。

 

IMG_5449_R.JPG

じゃじゃーん。

 

IMG_5448_R.JPG

リンドウはなくても、ほかに色々な花が咲く。

 

IMG_5447_R.JPG

釣鐘草がかわいい。

 

IMG_5446_R.JPG

 

 

IMG_5445_R.JPG

 

 

IMG_5444_R.JPG

花の写真を撮ってるうちに、時間がずいぶん経ってしまいました。

 

IMG_5442_R.JPG

最初のはしご。こんなに高い。

 

IMG_5439_R.JPG

 

 

IMG_5438_R.JPG

とりあえず危ないところは確実にカラビナで進む。

 

IMG_5436_R.JPG

 

 

IMG_5435_R.JPG

こんなところを進みます。

 

IMG_5432_R.JPG

 

 

IMG_5431_R.JPG

 

 

IMG_5430_R.JPG

小さいリンドウがもうちょっとで満開。

 

IMG_5429_R.JPG

 

 

IMG_5428_R.JPG

天気予報も良くなかったので、来ている人はそれほど多くない。

 

IMG_5427_R.JPG

 

 

IMG_5426_R.JPG

落石もなく、無事に進む。

 

IMG_5422_R.JPG

前回はまじめにカラビナ付けましたが、よく見たら全然怖くない。

 

IMG_5421_R.JPG

怖そうですが、カラビナで確実に行けるので安心。前回と違う心の余裕。

 

IMG_5419_R.JPG

 

 

IMG_5417_R.JPG

 

 

IMG_5416_R.JPG

 

 

IMG_5415_R.JPG

 

 

IMG_5414_R.JPG

はしごのところは怖かったけど、登りは平気だった前回。

今回ははしごは全然平気だけど、登りがつらい。

 

IMG_5413_R.JPG

 

 

IMG_5412_R.JPG

 

 

IMG_5411_R.JPG

今回はこの花があちこちで見られました。

 

IMG_5410_R.JPG

 

 

IMG_5409_R.JPG

小さい看板。

 

IMG_5408_R.JPG

 

 

IMG_5406_R.JPG

 

 

IMG_5405_R.JPG

ひとつだけ咲いてたこのリンドウ。

 

IMG_5404_R.JPG

 

 

IMG_5403_R.JPG

 

 

IMG_5401_R.JPG

 

 

IMG_5400_R.JPG

 

 

IMG_5399_R.JPG

 

 

IMG_5398_R.JPG

 

 

IMG_5397_R.JPG

 

 

IMG_5396_R.JPG

 

 

IMG_5395_R.JPG

 

 

IMG_5394_R.JPG

 

 

IMG_5392_R.JPG

前に進んでいるお兄さんとお姉さんと仲良しになって、上機嫌の会長。

 

IMG_5391_R.JPG

 

 

IMG_5389_R.JPG

モンキチョウがアザミに。

 

IMG_5388_R.JPG

柔らかい色のアルペンローゼ

 

IMG_5387_R.JPG

ピント合わせが難しいこの花は今が旬。

 

IMG_5386_R.JPG

山小屋が見えてきました。ここからまだまだ遠かったよね。

 

IMG_5385_R.JPG

ずいぶんきれいになってます。

 

IMG_5384_R.JPG

 

 

IMG_5383_R.JPG

珍しい花。今までに見たのはこれで二回目。

 

IMG_5382_R.JPG

 

 

IMG_5381_R.JPG

 

 

IMG_5380_R.JPG

この夏はBozner Markt。ぜひ見に行きたい!

 

 

 

Mittenwalder Hoehenweg (Karwendel)

  • 2017.07.22 Saturday
  • 22:21

2017年7月22日(土)晴れ

 

Karwendel Mittenwalder Höhenweg

カーヴェンデル山系 ミッテンヴァルドの尾根伝いの縦走ルート。

 

なんちゃって山岳狂会他メンバーは、今日は不参加。というか、みゆきさだけ。

天気予報では、午後4時から雷雨の確立40%。

 

さぁ、どうする?

 

P7224378_R.JPG

 

取りあえず、ミッテンヴァルドへ。

空模様は、雲が流れているが、雷雲らしき前兆は見受けられない(希望的観測)。

いずれにしても4時ごろまでには下山しないといけないと、頑張ってみることに。

 

それから、みゆきさの撮影してくれた写真はここから

 

P7224382_R.JPG

 

 

P7224384_R.JPG

 

 

P7224385_R.JPG

 

 

P7224386_R.JPG

 

 

P7224387_R.JPG

ここはバイエルンとチロルとの国境。

Seefeld方面から雲が流れてKarwendelにかかる。

 

P7224389_R.JPG

北方面も雲の下。

 

P7224390_R.JPG

Klettersteigの尾根沿いの空中散歩コースは向こうの頂上から始まる。

 

P7224392_R.JPG

 

 

P7224394_R.JPG

 

 

P7224395_R.JPG

 

 

P7224396_R.JPG

雲がかかったり切れたり。

 

P7224397_R.JPG

 

 

P7224398_R.JPG

 

 

P7224399_R.JPG

「この雲の中、向こうへ行くの?」

「そうです。雲がかかっても道は、確保されたワイヤーはちゃんと見えます。」

「景色が見えない〜!」

「ってことは下も見えない。ってことは高さがわかんないから高所恐怖症の人も安心!」

ってどういう理屈なんですか!?

 

P7224400_R.JPG

 

 

P7224402_R.JPG

まずはKlettersteigルートAクラスを進む。

 

P7224403_R.JPG

雲がきれるとミッテンヴァルドの街が眼下に。

 

P7224405_R.JPG

ちょっと危険な個所が所々に。

しっかりと三点確保で前進。

 

P7224406_R.JPG

Wettersteinspitzeには雲がかかっている。

LauterseeとFernchenseeはよく見える。

 

P7224407_R.JPG

Linderspitzeあたりには既に先を進んだ登山者たちが。

 

P7224409_R.JPG

鉄のはしごが装着されているけれど、Wettersteinspitzeの頂上アタックルートと大違い。

スイスイと登れます。

 

P7224411_R.JPG

ここも今日は程よい風〜

 

P7224412_R.JPG

Klettersteig装備はまだ先でつけることに。慣れると緩むから気を付けないと。

 

P7224413_R.JPG

 

P7224414_R.JPG

 

 

P7224415_R.JPG

 

 

P7224417_R.JPG

いい感じの微風。

すがすがしい。

 

P7224419_R.JPG

 

P7224422_R.JPG

 

 

P7224424_R.JPG

花の写真を接写するみゆきさ。

 

P7224425_R.JPG

流石にあの下は無理。危なすぎる。

 

P7224427_R.JPG

 

 

P7224428_R.JPG

雲の変化がきれい。

 

 

 

P7224432_R.JPG

 

 

P7224434_R.JPG

 

 

P7224436_R.JPG

 

 

P7224437_R.JPG

 

 

P7224438_R.JPG

ここから装備を装着。

この先、危険な個所が頻繁に。

シュリンゲつけなくても落石対策のヘルメットは必ず被らないと。

 

P7224440_R.JPG

空にはまた雲が。ただ時々晴れ間が顔を出す。

雲も雷雲ではないので安心。これはひょっとすると降られずに行けるかも。

 

P7224441_R.JPG

 

 

P7224444_R.JPG

 

 

P7224445_R.JPG

雲が丸く開いた!

シャーニッツ(Scharnitz)方面が見える。

 

P7224446_R.JPG

 

 

P7224447_R.JPG

 

 

P7224448_R.JPG

 

 

P7224449_R.JPG

板厚3cmちょい。

落ちたら下(麓の街)まで真っ逆さま。こういうところはしっかりカラビナで確保してすすむ。

「カラビナ保険」かけて。

 

P7224451_R.JPG

 

 

P7224453_R.JPG

「晴れてきました」

 

P7224454_R.JPG

強風の時はカラビナ保険が必要なルート。

 

P7224456_R.JPG

装備はつけていても使わないで進めるルートもある。

しかし、危険な場所(おちたら下まで行ってしまうような所)はしっかりとカラビナひっかけて進むことに。(カラビナ保険)

 

P7224457_R.JPG

 

 

P7224458_R.JPG

 

 

P7224460_R.JPG

 

 

P7224461_R.JPG

D ドイツ側(または B バイエルン)

Ö オーストリア側(または T チロル)

 

P7224462_R.JPG

 

 

P7224463_R.JPG

 

 

P7224464_R.JPG

ここでもみゆきさは花を接写

 

P7224465_R.JPG

 

 

P7224466_R.JPG

向こうはScharnitz

 

P7224467_R.JPG

 

 

P7224468_R.JPG

滑って踏み外したら下まで行ってしまいそうなところ。

 

P7224469_R.JPG

既に12時を回ったところ。

ゆっくり座って休めるテラスのようなところも。

昼食休みのグループも。

 

P7224470_R.JPG

なんちゃっては、昼飯はもう少ししてからに。

更に先を急ぐことに。

 

P7224471_R.JPG

 

 

P7224472_R.JPG

Gamsangerから先はちょっと危険なにおい?

 

P7224474_R.JPG

こんな個所もある。

カメラを斜めにして撮ったわけではない。

カラビナ保険の必要なルート。

 

P7224475_R.JPG

そして、景色は最高!

 

P7224476_R.JPG

 

 

P7224477_R.JPG

 

 

P7224478_R.JPG

この小屋は雷雨の時の避難小屋。「チャリは外へ」の標識が小屋の入口に。って、ここまでチャリでくるの?

 

P7224479_R.JPG

落石の危険があるので立ち止まらないように!と。

落石に直撃されたらそのまま下へ。ヘルメットとカラビナ保険は絶対。

 

P7224480_R.JPG

 

 

P7224482_R.JPG

 

 

P7224483_R.JPG

 

 

P7224485_R.JPG

 

 

P7224486_R.JPG

と、ここまで。

 

P7224487_R.JPG

 

 

P7224488_R.JPG

おじさん二人、昼休み。

なんちゃっても、ここでおにぎりを食べることに。

 

P7224489_R.JPG

 

 

P7224490_R.JPG

岩の間に足場が固定されている。

ちょっと歩きにくい。

 

P7224493_R.JPG

岩の間は細かい砂利。足を取られて踏ん張れないからこんなルートになったのかも。

 

P7224494_R.JPG

 

 

P7224495_R.JPG

 

 

P7224497_R.JPG

 

 

P7224499_R.JPG

 

 

P7224503_R.JPG

かなり短い昼休みの後、この上のKirchlspitzを目指す。

 

P7224505_R.JPG

 

 

P7224506_R.JPG

相変わらず花の接写

 

P7224507_R.JPG

「この構図がいいよ〜」=「この構図で写真撮りなさ〜い」

 

P7224508_R.JPG

 

 

P7224510_R.JPG

 

 

P7224512_R.JPG

Kirchlspitzeへ行く前に、まずはSulzlekammspitze経由して進む・・・

 

P7224513_R.JPG

 

 

P7224515_R.JPG

花がきれい

 

P7224516_R.JPG

山を背景に。

 

P7224519_R.JPG

会長も接写!

 

P7224520_R.JPG

 

 

P7224521_R.JPG

 

 

P7224523_R.JPG

あの上がKirchlspitzeのはず。

 

P7224524_R.JPG

まだまだ・・・先は続く。

 

P7224525_R.JPG

 

 

P7224526_R.JPG

岩場はWettersteinspitzeの頂上への200mとあまり変わらない感じ。

Karwendelは、ルートが鉄索で確保されているけど、Wettersteinspitzeは印が入れてあるだけ・・・。

 

P7224527_R.JPG

Wettersteinspitzeへ登る前に、一度、このHöhenwegでトレーニングして慣れたほうがいいかな。

 

P7224529_R.JPG

あと一息でKirchlspitze。

 

P7224530_R.JPG

後は、Brunnsteinangerまで下るだけ。

 

P7224532_R.JPG

とはいえ、まだクリティカルなルートが残っている。

 

P7224534_R.JPG

後ろがKirchlspitze。

 

P7224536_R.JPG

 

 

P7224537_R.JPG

 

 

P7224540_R.JPG

 

 

P7224541_R.JPG

この尾根、強風の時は通りたくない・・・。

 

P7224542_R.JPG

 

 

P7224543_R.JPG

 

 

P7224544_R.JPG

 

 

P7224545_R.JPG

ここまでくれば装備も不要。

 

P7224546_R.JPG

装備は解除。リュックに仕舞って下山。

 

P7224547_R.JPG

 

 

P7224548_R.JPG

TはTirolのT、そうチロルです。

 

P7224549_R.JPG

ここで亡くなった登山家の慰霊十字架。

30cmほどの小さな物。

 

P7224550_R.JPG

ガンガン下る

 

P7224553_R.JPG

Brunnsteinangerには、石でメッセージや名前が。

日本語で「なんちゃって山岳狂会」って書いてくればよかったって?

残念ながら時間がなかった。

 

P7224554_R.JPG

BはBayernのB。

Scharnitzから登り、Brunnsteinspitze経由でここまで来ることもできる。

3時間半。

しかし、登山ルートはKletterルートではないけれど、かなりきついルートだとか。

 

P7224556_R.JPG

チロルとバイアンの国境です。

 

P7224557_R.JPG

Brunnsteinanger。

ここからBrunnsteinhütteまで行き、そこから更にMittenwaldまで下る。2時間半。

 

P7224559_R.JPG

この下りが足場が悪く、更に小屋まで長くて・・・。

BrunnsteiangerまでのKletterルートは11Km。

ということは、Mittenwaldのケーブルカー駅までさらに10Kmの道のり。

 

P7224561_R.JPG

ガラの道。歩きにくい。

ハイマツまでくれば、そこそこ。

 

P7224563_R.JPG

 

 

P7224565_R.JPG

 

 

P7224566_R.JPG

ミッテンヴァルドの町がちょっとしか見えない。

ってことは、かなり離れてるということ。

 

P7224569_R.JPG

Da Wedastoa

ちょっと雲が掛かっている。

 

P7224570_R.JPG

 

 

P7224571_R.JPG

小屋が見えた!

 

P7224575_R.JPG

小屋では休憩しないでそのまま進むことに。

 

P7224577_R.JPG

途中で休憩・・・

みゆきさが珍しい花を見つける!

日本のギンリュウソウに似ている。

 

P7224578_R.JPG

 

 

P7224579_R.JPG

途中、ミッテンヴァルドへはHoffeld経由のルートをとることに。

前回は、あの吊り橋を渡って行った。

 

P7224580_R.JPG

 

 

P7224582_R.JPG

だいぶB2(国道2号)が近づいてきた。

B2は国境を越えチロルのScharnitz、Innsbruckへつながる道。

15世紀の南北の交通網(B2とは言ってないかっただろうけど)。チロルのボーツェンBozenからMittenwaldを通りバイエルンへ物資を運ぶ。

 

P7224584_R.JPG

 

 

P7224587_R.JPG

 

 

P7224588_R.JPG

Hoffeld到着。ここからB2沿いにミッテンヴァルドの街へ。

 

P7224590_R.JPG

 

 

P7224591_R.JPG

さっき登って尾根を歩いてきたKarwendelの山々。

 

P7224592_R.JPG

 

 

P7224593_R.JPG

ÖBB

 

P7224594_R.JPG

Wettersteinspitzeにも雲はかかっていない。

 

P7224596_R.JPG

ミッテンヴァルドの街の入口。今日はMittNacht Festとか。

Mitt(enwalder) Nachtのお祭り。町中の旧市街はバンドがガンガン演奏して車が入れなくなっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

Lamsenjochhuette チロルの山小屋

  • 2017.06.18 Sunday
  • 22:46

2017年6月18日(日) 晴れ

 

今回はLamsenjochhütteを目指す!

 

IMG_3191_R.JPG

ラムゼンヨッホヒュッテへ行くと聞いた会長。

「ラムゼンシュピッツェへリベンジだぁ!気を付けろよ、あの岩場!いわばそこが難関の第一ゲート!あとの頂上へのアタック岩登りは、同レベル。」

と。

 

しかし、天気もいいし、ビールも旨いし、スープやらブッターミルヒも行けるDAVの山小屋。

そんなに甘くはないのが当ミュンヘンなんちゃって山岳狂会だった!

 

 

IMG_3142_R.JPG

本日参加はこのメンバーです。

 

IMG_3145_R.JPG

 

 

IMG_3146_R.JPG

Binsalmに到着。Gamsjochがきれいに見えてます。頂上の十字架のところには、何人か登っているのが見えます。日差しが暑い!

 

IMG_3147_R.JPG

そこからの登りはこんなに急。でもこれを越えるとリンドウがたくさん咲いているはず。

 

IMG_3148_R.JPG

いい天気ですね。

 

IMG_3151_R.JPG

咲き始めできれいな色のリンドウ。

 

IMG_3154_R.JPG

昔来た時、初めて大量のリンドウを見て感激しました。今回もちょうど満開。

 

IMG_3155_R.JPG

 

 

IMG_3156_R.JPG

 

 

IMG_3157_R.JPG

休みを取りながら、登っていきます。

 

IMG_3158_R.JPG

この辺りまで来ると、黄色、ピンク、青と色とりどり。

 

IMG_3159_R.JPG

背景のガムズヨッホ、いいですねえ。また登りたい。

 

IMG_3160_R.JPG

Silberwurzもかわいい。

 

IMG_3161_R.JPG

そんなに見ることのない、Läusekraut。

 

IMG_3162_R.JPG

 

 

IMG_3164_R.JPG

げんちゃんはいいカメラで撮影。向こうの峠のところでお弁当を食べましょう。

 

IMG_3165_R.JPG

雪がとけたばかりなのか、まだここまでは牛が登ってきていません。草もちょっとまばら?

 

IMG_3167_R.JPG

峠からみえるLamsenjochhütte。

 

IMG_3168_R.JPG

ご飯の後は荷物がちょっと軽い。

 

IMG_3170_R.JPG

 

 

IMG_3171_R.JPG

峠からの道はこんな感じで、細かい砕けた石がいっぱい

 

IMG_3172_R.JPG

途中に水の湧いているところも。山小屋にも水を送っているようで、ホースがつながっている。

 

IMG_3174_R.JPG

道があるところには、三角形の不思議な印が見える。

 

IMG_3175_R.JPG

峠からは軽い下りなので、気持ちよい。

 

IMG_3178_R.JPG

BinsalmがPinsalmになっている。

 

IMG_3180_R.JPG

青空に、青いリンドウ。

 

IMG_3181_R.JPG

あとちょっと!

 

IMG_3182_R.JPG

新鮮な白。

 

IMG_3183_R.JPG

イメージではもっと真ん中辺から登ったような記憶があったのですが、右端を登ってラムゼンシュピッツェ登頂したようで。

 

IMG_3186_R.JPG

ちょうちょがこんなに近くに写りました。

 

IMG_3187_R.JPG

山小屋の旗と屋根が見えました。

 

IMG_3188_R.JPG

Steinroseとりんどう。

 

IMG_3189_R.JPG

いよいよ到着。

 

IMG_3190_R.JPG

まだところどころに雪。

 

IMG_3191_R.JPG

さあ、どこに入ります?

 

IMG_3192_R.JPG

春のリンドウの蒼と黄色い花と。

 

IMG_3193_R.JPG

だからBinsalmだってば。

 

IMG_3194_R.JPG

救助隊の車も山小屋の横に。

 

IMG_3195_R.JPG

前に来た時とは、中がリフォームされていて、ずいぶん変わっていました。

 

IMG_3197_R.JPG

お泊り一泊DAV会員18Euro。

 

IMG_3198_R.JPG

中のお部屋のテーブルも椅子もピカピカ。

 

IMG_3199_R.JPG

暑いので、影のところに座って飲み物を注文。私はもちろんブッターミルヒ。

 

IMG_3200_R.JPG

 

 

IMG_3201_R.JPG

あそこの峠のところから、Lamsenspitze行きましたね。

 

IMG_3202_R.JPG

さあ、今日はこれで下山。こんな岩のところを通りますよ。

 

IMG_3203_R.JPG

黄色いスミレ。

 

IMG_3204_R.JPG

砕けた岩のガラガラの道。

 

IMG_3205_R.JPG

ここの道もいい感じですよね。

 

IMG_3207_R.JPG

水を飲み干してしまったので、岩陰で水くみ。

 

IMG_3208_R.JPG

峠に戻ってきました。ここからは下山のみ。

 

IMG_3210_R.JPG

山小屋を背景に記念写真。もうすぐ見えなくなります。

 

IMG_3212_R.JPG

また来るね〜ラムゼンシュピッツェ。

 

IMG_3215_R.JPG

ガムズヨッホをバックにアルプスの少女、イメージで。

 

IMG_3216_R.JPG

げんちゃんもいい感じ。

 

IMG_3218_R.JPG

 

 

IMG_3219_R.JPG

 

 

IMG_3220_R.JPG

 

 

IMG_3222_R.JPG

お花畑のようです。

 

IMG_3223_R.JPG

お疲れ様でした。よく頑張りました。

 

IMG_3225_R.JPG

 

 

IMG_3226_R.JPG

 

 

IMG_3227_R.JPG

Binsalmの裏のチャペル。イスのあるところの前に、露天風呂。

 

IMG_3228_R.JPG

Binsalm では休憩なしで、Engalmに向かいます。

 

IMG_3229_R.JPG

 

 

IMG_3230_R.JPG

道の際に、小さなオーキッド発見。

 

IMG_3231_R.JPG

Frauenschuhも何本か咲いていました。

 

IMG_3232_R.JPG

直接Engに戻らず、Engalm の方に回ります。足水できるかな?

 

IMG_3233_R.JPG

ちょっと休憩。

 

IMG_3234_R.JPG

ここのところ雨が降っていなかったので、残念ながら川に水がない!足水はお預け。

 

IMG_3235_R.JPG

 

 

IMG_3236_R.JPG

Engalmに新しく子供の遊び場ができていました。

 

IMG_3237_R.JPG

 

 

IMG_3238_R.JPG

 

 

IMG_3239_R.JPG

 

 

IMG_3240_R.JPG

 

 

IMG_3241_R.JPG

ここのレストランもGebackene Camanberとかおいしいですよ。

 

IMG_3242_R.JPG

横の小屋。飾りがすごい。

 

IMG_3244_R.JPG

鉢植えのエーデルワイス。

 

IMG_3245_R.JPG

牛舎の上のジルバーディステルの十字架。

 

IMG_3247_R.JPG

ちっちゃなチャペル。

 

IMG_3248_R.JPG

牛たちはまだこんなところでたむろしてます。

 

IMG_3249_R.JPG

楓の木。

 

IMG_3250_R.JPG

エングに向かう道。

 

IMG_3252_R.JPG

ベンチの上の部分が山の形に切られている。

 

IMG_3253_R.JPG

 

 

IMG_3255_R.JPG

エングで生ハムやチーズを購入後、Fleckのレストランで久しぶりに食事。以前とはやっぱり違いますが、それでもかなりおいしい。

 

IMG_3256_R.JPG

私のはサラダとサテ。ルバーブのジュースもおいしかったですよ。

 

 

 

☆☆☆ ここからげんちゃんが撮ってくれた写真を ☆☆☆

 

IMG_3257_R.JPG

これはちょうど峠でお昼ごはんするところ。

 

IMG_3260_R.JPG

 

 

IMG_3261_R.JPG

 

 

IMG_3262_R.JPG

 

 

IMG_3263_R.JPG

 

 

IMG_3265_R.JPG

 

 

IMG_3267_R.JPG

昔合宿でも泊まったAlpengasthof Eng。

 

IMG_3268_R.JPG

 

 

IMG_3269_R.JPG

 

 

 

IMG_3271_R.JPG

山小屋でお金を払おうと思ったら、お財布がないことに気づいたみゆきさ。タカさんにお借りしました。ありがとうございました。

 

IMG_3272_R.JPG

 

次回は、そう7月は、リベンジ組に声をかけてLamsenspitzeを目指すつもりの会長であった・・・。

(会長とみゆきさは、すでにリベンジを果たしているけれど、会長的には、もう一度ゆっくりとLamsenspitze頂上からの眺めを満喫したい模様)

 

 

Karwendelbahn Mittenwald 50 Jahre

  • 2017.06.07 Wednesday
  • 20:45

2017年6月7日(水) 晴れ?雪?

 

ミッテンヴァルドのカーヴェンデルロープウェイ Karwendelbahn がこの日、50周年を迎えた。

 

276170439-spektakulaer-und-gefaehrlich-waren-arbeiten-hier-im-ersten-abschnitt-nach-1955-fuer-karwendelbahn-material-bringen-maenner-59n2NJ0RMG.jpg

(Merkurより。©Michael Bader)

 

 --- von 913m auf 2244m ---

みゆきさはゆいちゃんたちと共に、この記念すべき日に913mから2244mまで登りつめた模様。

 

記念すべき日?当時は色々あったみたいだが、ま、今となっては当なんちゃって山岳狂会としてはいつもお世話になっているロープウェイ。お祝いはしたい。

 

IMG_2948 - コピー_R.JPG

本日12時から頂上駅で五十周年記念の礼拝もあったカーベンデルバーン。3時からは音楽もあります、という事で、平日ではありますが、良い天気という事もあり、急きょ行ってみました。頂上駅のレストランでは、こんな記念メニューも。

 

IMG_2949_R.JPG

あの上、カーベンデルバーンの頂上駅が見えています。

 

IMG_2950_R.JPG

頂上に上がると吹雪、という恐ろしいシチュエーション。もう6月なのに!

でも寒い中、こんなかわいいZwerg-Primelが咲き出していました。

 

IMG_2951_R.JPG

他にもこんなに花が咲き出しています。リンドウも咲き出しそうにつぼみが膨らんでいました。

 

IMG_2952_R.JPG

吹雪の爪痕。

 

IMG_2953_R.JPG

トンネルを抜けると、もっと寒かった!

 

IMG_2954_R.JPG

Alpen-Leinkraut

 

IMG_2948_R.JPG

レストランメニューの下半分。カーベンデルバーンは往復10Euro と。特別料金になっていましたが、レストランのメニューはいちょっと高め?

今年は4月に天候悪化で雪がっ戻ったりしたので、花が遅れていますが、もうリンドウも咲き出すようです。

 

参照:

Karwendelbahn(2016年9月14日)

 

Karwendelbahn(2014年6月1日)

 

Mittenwalder Höhenweg (2011年6月5日)

 

Mittenwald Karwendelbahn Damkar (2011年1月15日)

 

 

 

 

Karwendelbahn / Mittenwald

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 16:48

2016年9月14日(水)晴れ

 

みゆきさ、今日はホテルのお客さんとMittenwaldへ。

 

 

 

IMG_9119_R.JPG

平日ですが、久しぶりにやって来ました、ミッテンヴァルド

Silberwurzが綿毛に変身。

 

IMG_9120_R.JPG

MVVの値上げが発表されましたが、Karwendelbahnもいつの間にか値上げして、26Eruo50プラスファンド3Euro 。

戻って来てチケット売り場に券を返すと、3Euro 帰ってきます。

 

IMG_9122_R.JPG

道端にはこのリンドウがたくさん咲いていました。

 

IMG_9123_R.JPG

 

IMG_9124_R.JPG

なぜこんなに花びらが細い? 別種?

 

IMG_9125_R.JPG

栄養がいいのか、ふくよかな花びら。

 

IMG_9126_R.JPG

 

IMG_9127_R.JPG

ちょうど夏のカーベンデルの景色。今日もなかなかきれいです。

 

IMG_9128_R.JPG

あと最終のロープウエーの時間まで一時間しかないのですが、まだ人が残っています。

 

IMG_9129_R.JPG

 

IMG_9130_R.JPG

かわいいでしょ?

 

IMG_9131_R.JPG

まだこんな花も残っています。

 

IMG_9132_R.JPG

小さくてもきれいな色。

 

IMG_9133_R.JPG

麻の花もきれいな色で咲いています。

 

IMG_9134_R.JPG

こんなにたくさん。

 

IMG_9135_R.JPG

 

IMG_9136_R.JPG

眼下のミッテンヴァルドの街。

 

IMG_9137_R.JPG

 

IMG_9138_R.JPG

マツムシソウもかたまって咲いている。

 

IMG_9139_R.JPG

Zwergenzianかな?

 

IMG_9140_R.JPG

マツムシソウの種は丸坊主。

 

IMG_9142_R.JPG

Damkarのトンネル途中のバルコニーも夏場は開いてるんですね。

 

IMG_9143_R.JPG

 

 

 

IMG_9145_R.JPG

 

 

 

IMG_9147_R.JPG

博物館にも入ってみました。カモシカ、耳かけてる?

 

IMG_9148_R.JPG

博物館の木の色も、だいぶ風化して周りと同化している。

 

IMG_9149_R.JPG

みんなに踏まれたアルペンアスター。この花が咲いているところのそばに、よくエーデルワイスが咲いている。

 

IMG_9150_R.JPG

 

IMG_9151_R.JPG

 

IMG_9152_R.JPG

 

IMG_9153_R.JPG

 

IMG_9154_R.JPG

最後のロープウエーに乗ったのは17人。レストランの電気も消して、みんな一緒に下りました。下からのカーベンデルはまだ夏山の雰囲気。

 

IMG_9155_R.JPG

ミッテンヴァルドの民家の多くは宿泊可能のかわいいペンション。今はバルコニーに飾られたお花が良く成長してきれい。

 

IMG_9156_R.JPG

レストランアルペンローゼでは民族音楽もやっている。お姉さん忙しそう。

 

 

 

IMG_9158_R.JPG

街角のお花もとてもきれい。

 

IMG_9159_R.JPG

夕焼けのカーベンデル

 

IMG_9160_R.JPG

山のふもと、ロープウエーのふもと駅のすぐそばの地面が切り出されて裸になっていたのですが、ロープウエーのおじさんによると、雪崩避けを新しく作っているんだとか。

 

今度の日曜日はミッテンヴァルドも牛おろし、土曜日にはKrünの牛おろしがあります。

ブログお楽しみに!

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM