Grubigstein〜Gartnerwand

  • 2019.06.22 Saturday
  • 22:04

2019年6月22日(土) 曇り、晴れ

 

Grubigstein(2233m)からGartnerwand(2377m)へ縦走し、Sommerbergjoechle(2001m)へ抜け沢沿いにGartner Talを抜けてGriesへ下山するルート。

勿論、ケーブルカーでGrubig Almまで時短(!)してGrubigsteinへ登る。

 

天気と時間が心配だったけれど、Grubigstein〜Gartnerwand〜Sommerbergjoechlの間にあるクレッタールートも検証したかった。

とりあえず往復の切符は購入。片道だけと往復の値段の差額が6€くらいだったので、使わない場合の損傷もそんなにひどくはないだろうと言うことで、とりあえず往復のBerg-und Talfahrtを購入。

 

Gribigalmから、雪崩防護柵をすり抜けるように通っているGrubigsteinへの登山ルートを進む。

このルートは会長的にはイマイチ。

とはいえ、Grubigstein頂上からは、ZugspitzeやDanielだけでなく南チロル合宿へ行く際に使うFernpass峠を一望できる。

 

 

 

LermoosのGrubigstein Kabinenbahn乗り場に車を止めて出発。と言ってもケーブルカーで。

 

IMG_0722.jpg

登山道と交錯しながら進む。

新しくなったケーブルかー。冬のスキー客を狙っての(というか、「ための」)更新なのだろう。

 

IMG_0724.jpg

一面花が咲き乱れた花の絨毯のような。

こんな中から「あれは〇〇(高山植物)」とか見出すみゆきさはすごい花キチ?

 

IMG_0725.jpg

中間駅で乗り換え

 

IMG_1238.jpg

 

 

IMG_1239.jpg

 

IMG_1240.jpg

 

IMG_0727.jpg

この時間、Zugspitzeには雲はかかっていない。

下の道、冬はAbfahrtかな。

 

IMG_0730.jpg

Drachensee(見えないけど)の上、Sonnenspitzeかな?

 

 

IMG_0733.jpg

「あれがWolfratshauser Huette!」

みゆきさが示しているのは窓ガラスに貼ってあるチラシのような説明書きではありません。

 

IMG_0734.jpg

Zugspitze(左)からGruenstein(右)までを一網できる景色。

 

IMG_0735.jpg

 

 

IMG_0737.jpg

「さぁ、雨降る前に登るわよ」と!

 

IMG_0738.jpg

Grubigalmの裏側から登山道が続く。ただ、まだ雪が道を埋めてしまっていた。

 

IMG_1241.jpg

 

IMG_0741.jpg

向こうの十字架が、Grubigsteinの「脇の頂上(Nebengipfel)」

 

 

 

IMG_1242.jpg

 

 

 

 

 

IMG_0743.jpg

 

 

IMG_0744.jpg

 

 

IMG_0746.jpg

向こうにみえるGartnerwandとSommerbergjoechle。で、そこから沢伝いにGartner Talを回ることに。

Gartner Talから中間駅に戻りそこからケーブルカーに乗るつもり。

 

・・・だったのが、時間的にちょっと厳しそうだったんでLermoosの駐車場まで歩くことになってしまった。

それも良かったけど。

 

IMG_0747.jpg

 

 

IMG_0748.jpg

 

 

IMG_0749.jpg

 

 

IMG_0751.jpg

所々、雪渓が道を埋めていた

 

IMG_0753.jpg

 

IMG_1243.jpg

 

IMG_0754.jpg

雪崩の防護柵が・・・興ざめ。

とはいえ、冬のスキー客がくる雪の積もった頃が稼ぎ時。安全第一の対策か。

 

IMG_0755.jpg

Grubigsteinの南側。Fernpass峠とBlindsee。

Fernsteinseeはまだ見えないけど、方向は確定できる。「あっち!」

 

IMG_1244.jpg

 

IMG_0757.jpg

クレッタールートということなので装備はしっかりと用意している。

結局使わなかったけど・・・

 

IMG_0758.jpg

 

 

IMG_0759.jpg

 

 

IMG_0761.jpg

 

 

IMG_0762.jpg

 

 

IMG_0763.jpg

 

IMG_1246.jpg

 

 

IMG_1248.jpg

 

IMG_0764.jpg

Fernsteinseeがチラリと。

 

IMG_0766.jpg

拡大すると・・・

 

IMG_0767.jpg

Grubigstein頂上までのルートは、普通の道。

 

IMG_0770.jpg

 

 

IMG_0772.jpg

脇の頂上は、見るだけで通過。

 

IMG_0773.jpg

 

 

IMG_0774.jpg

 

 

IMG_0776.jpg

フェルン峠、車案外多い。週末だしね。

 

IMG_0778.jpg

 

 

IMG_0780.jpg

 

 

IMG_0782.jpg

向こうはDaniel

 

IMG_0783.jpg

花を見つけては写真を撮りながら登るみゆきさ

 

IMG_0785.jpg

Grubigsteinの頂上はすぐ

 

IMG_0786.jpg

 

 

IMG_0788.jpg

 

 

IMG_0791.jpg

 

 

IMG_0792.jpg

 

 

IMG_0793.jpg

まずは最初のBerg Heil

 

IMG_0796.jpg

 

 

 

IMG_0798.jpg

Gipfelbuchに記帳

 

IMG_0801.jpg

 

 

IMG_0805.jpg

 

 

IMG_0806.jpg

「この尾根を縦走してあっちまで!」

この先がクレッターのコース

 

IMG_0808.jpg

 

 

IMG_0809.jpg

 

 

IMG_0812.jpg

 

 

IMG_0815.jpg

 

 

IMG_0816.jpg

クレッタールートの修繕か、新しい杭が打ち込まれて、新しいワイヤーが丸めて横に置いてあった。

まだ完成してないってこと、だね。

 

IMG_0817.jpg

ワイヤーついてないけどクレッタールートを進む

 

IMG_0820.jpg

B/Cクラスのルートということなので、なんちゃって山岳狂会的には、さらに注意深くなる。

 

IMG_0821.jpg

 

 

IMG_0822.jpg

 

 

IMG_0823.jpg

 

 

IMG_0825.jpg

 

 

IMG_0826.jpg

 

 

IMG_0828.jpg

 

 

IMG_0833.jpg

 

 

IMG_0834.jpg

ここはちゃんと完成している。

ワイヤーに樹脂カバーがついていて手袋なしでも苦にならない。

※写真撮影時、片手でワイヤー持ってたんで、画面が傾いてしまった・・・

 

IMG_0835.jpg

 

 

IMG_0836.jpg

 

 

IMG_0837.jpg

 

 

IMG_0838.jpg

みゆきさを探せ!

 

IMG_0841.jpg

 

 

 

IMG_0844.png

ちょうどGrubigsteinとOstgipfelの中間くらい

 

IMG_0845.jpg

 

 

IMG_0847.jpg

 

 

IMG_0849.jpg

 

 

IMG_0851.jpg

Ostgipfelには十字架はなく、石塚だけ。

 

IMG_0853.png

 

 

IMG_0855.jpg

 

 

IMG_0857.jpg

 

 

IMG_0859.jpg

 

 

IMG_0860.jpg

みゆきさを探せ!

 

 

IMG_0863.jpg

 

 

IMG_0864.jpg

 

 

IMG_0865.jpg

向こうがGartnerwand。

この雪渓が気になりつつも、ちょっと用心深く進む。

 

IMG_0866.jpg

 

IMG_0867.jpg

みゆきさを探せ!

 

IMG_0869.jpg

 

 

 

IMG_0870.jpg

 

 

IMG_0871.jpg

 

 

IMG_0872.jpg

時々雲がかかってくる

天気がちょっと気になりだした頃

 

IMG_0873.jpg

 

 

IMG_0874.jpg

 

 

IMG_0875.jpg

 

 

IMG_0876.jpg

Gartnerwandの頂上の十字架

 

IMG_0880.jpg

 

 

IMG_0881.jpg

 

 

IMG_0883.png

今、ここ。

もう少し行って分岐点をSommerbergjoechleに向かう。

 

IMG_0885.jpg

Berg Heil!

 

IMG_0887.jpg

 

IMG_1250.jpg

 

IMG_0889.jpg

 

 

IMG_0891.jpg

 

 

IMG_0892.jpg

※ちょっと斜めに構えて撮影してみました!

 

IMG_0893.jpg

 

 

 

IMG_0895.jpg

 

 

IMG_0896.jpg

さぁ、ちょっと急いで下山かな。

長居は無用と出発

 

IMG_0897.jpg

 

IMG_1249.jpg

 

 

 

 

 

IMG_1251.jpg

 

IMG_1252.jpg

 

IMG_1253.jpg

 

IMG_1255.jpg

 

IMG_0900.jpg

 

 

IMG_0901.jpg

 

 

IMG_0902.jpg

 

 

IMG_0903.jpg

分岐点のなんちゃって十字架!?

 

IMG_0904.jpg

 

 

IMG_0905.jpg

 

 

 

IMG_0908.jpg

 

IMG_1256.jpg

 

IMG_0909.jpg

ここからかなり急傾斜の下山になる。

ガラと岩のクレッターコース。C以上かな

 

IMG_0910.jpg

 

 

IMG_0911.jpg

 

IMG_1258.jpg

 

IMG_1259.jpg

 

IMG_1260.jpg

 

IMG_0912.jpg

Westgipfelの方ヘは行かない。

 

IMG_0913.jpg

 

 

IMG_0914.jpg

 

 

 

IMG_0915.jpg

 

 

IMG_0916.jpg

 

 

IMG_0918.jpg

 

 

IMG_0919.jpg

このクレッタールートはしっかりとワイヤーで確保されたルートに仕上がっていた。

 

IMG_0920.jpg

 

 

IMG_0922.jpg

 

 

IMG_0923.jpg

 

 

IMG_0924.jpg

 

 

IMG_0925.jpg

 

 

IMG_0926.jpg

所々雪に埋まっていたけれど、ちょっと注意深く進めば問題なく普通にいける。

 

IMG_0927.jpg

 

 

IMG_0928.jpg

下から登ってきたおじさん、急いでGartnerwandからGrubigsteinへ向かう。

しかし、天気が悪くなってきて結局引き返してきた。

 

IMG_0929.jpg

 

 

IMG_0932.jpg

 

 

 

IMG_0934.jpg

 

IMG_1048.jpg

 

IMG_0935.jpg

 

 

IMG_0937.jpg

 

 

IMG_0938.jpg

みゆきさを探せ!

 

IMG_0941.jpg

 

 

IMG_0942.jpg

 

 

IMG_0955.jpg

ここはちょっと難しかったかな?

 

IMG_0956.jpg

落石対策でヘルメットを装着!

 

IMG_0946.jpg

下の沢沿に進む予定

 

IMG_0947.jpg

みゆきさを探せ!

 

IMG_0948.jpg

 

 

IMG_0949.png

※今ここ

 

 

IMG_0951.jpg

 

 

IMG_0952.jpg

 

 

 

 

IMG_0958.jpg

 

 

IMG_0960.jpg

 

 

IMG_0962.jpg

 

 

IMG_0963.jpg

 

 

IMG_0966.jpg

風も強くなり雨粒がパラパラと

 

IMG_0968.jpg

かなり気になる雲!

 

IMG_0969.jpg

ここがSommerbergjoechle

 

IMG_0971.jpg

 

 

IMG_0973.jpg

この雪渓を超えて沢伝いの道へ向かう

 

IMG_0974.jpg

Gartnerwandは雲の中。

雨降ってきた。

 

IMG_0975.jpg

赤い傘、風強いから傘は難しそうだった。

 

IMG_0976.jpg

 

 

IMG_0978.jpg

電柵超えて牧草地へ、牛の群れの中へ。

 

IMG_0980.jpg

 

 

IMG_0981.jpg

 

 

IMG_0988.jpg

 

IMG_0989.jpg

普通に雨。

雷雨じゃなくて良かった。

とはいえ、道はぬかるんでる。

 

IMG_0991.jpg

しばらくして雨も上がり雲の切れ間からお天道様が。

暑くなってきた。

 

IMG_0992.jpg

 

 

IMG_0993.jpg

沢沿の道をUntergarten、Griesへ進む。

 

IMG_0996.jpg

 

 

 

IMG_0997.jpg

 

 

IMG_0998.jpg

 

 

IMG_0999.jpg

 

 

IMG_1001.png

 

 

IMG_1004.jpg

Griesまで来るとこの天気!

 

IMG_1006.jpg

 

 

IMG_1007.jpg

ここはいいねぇ。

朝目覚めるとZugspitzeやGruensteinが目の前に見える。(晴れてればね・・・)

 

IMG_1009.jpg

 

IMG_1010.jpg

 

 

IMG_1014.jpg

 

 

IMG_1011.jpg

 

 

IMG_1015.jpg

 

 

IMG_1016.jpg

 

 

IMG_1017.jpg

 

 

IMG_1018.jpg

 

 

IMG_1019.jpg

お疲れ様でした!

 

IMG_1020.jpg

 

 

IMG_1023.jpg

 

 

IMG_1026.jpg

 

 

IMG_1029.jpg

 

 

IMG_1030.jpg

帰りはどこで飯にする?

 

IMG_1261.jpg

 

IMG_1031.jpg

やっぱチロルで食べたほうがいいなぁ・・・

 

IMG_1032.jpg

とはいえ、この前はLermoosの町の中のレストランだっけ?

 

IMG_1033.jpg

Biberwierでも食べたよなぁ。

 

IMG_1034.jpg

 

IMG_1036.jpg

 

IMG_1040.jpg

新たに開拓?

ん〜・・・

 

IMG_1041.jpg

 

 

IMG_1042.jpg

 

IMG_1262.jpg

 

結局色々考えた結果、いつものHoehenrainでシュニッツェル!

 

IMG_1043.jpg

 

 

IMG_1044.jpg

 

 

IMG_1046.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Wolfratshauser Huette (1753m) / Grubigstein

  • 2019.06.16 Sunday
  • 22:17

2019年6月17日(日) 晴れ

 

会長帰国(!)

来週から仕事を控え、時差ぼけ調整を兼ねてWolfratshauser Huetteへ登山することに。

Grubigsteinの北側のちょっと窪んだところにある。

 

IMG_0380_R.JPG

 

DAV Wolfratshausenの山小屋。1921年に作られ、戦後一時期閉鎖され1953年までは修理などが施されていたみたい。

その後の登山ブームの波にのり、小屋を訪れる登山客も増え1960年には増築され、その後資材運搬用のケーブルカーも。そして、1970年と2004年の二回にわたり改築+増築が。

 

LermoosからGrubigbahnケーブルカーで中間駅まで行き、そこから1時間半〜2時間の登山ルート。

ちょうどいい塩梅の山歩き。

 

そして、頂上のGrubigstinには、クレッタールートもあるとか。これば是非試してみないと!

 

 

 

 

IMG_0318_R.jpg

 

 

IMG_0319_R.jpg

6人乗りワゴン

 

IMG_0321_R.jpg

ここからスキー場の一部も含めた登山ルートで山小屋ヴォルフラーツハウザーヒュッテを目指す。

 

IMG_0322_R.jpg

 

 

IMG_0323_R.jpg

 

IMG_0679_R.JPG

 

 

IMG_0324_R.JPG

 

 

IMG_0325_R.JPG

 

IMG_0680_R.JPG

 

 

 

IMG_0681_R.JPG

 

IMG_0682_R.JPG

 

IMG_0683_R.JPG

 

IMG_0684_R.JPG

 

 

IMG_0329_R.jpg

 

 

IMG_0330_R.JPG

 

 

IMG_0331_R.JPG

下の集落はEhrwald。Zugspitzeは雲の中。

 

IMG_0332_R.JPG

 

 

IMG_0333_R.JPG

 

 

IMG_0334_R.JPG

 

 

IMG_0335_R.JPG

 

 

IMG_0338_R.JPG

しばし足を止めて景色の変化を楽しみながらこの日の登山は進む。

 

IMG_0339_R.JPG

根刮ぎ倒壊・・・

 

IMG_0685_R.JPG

 

IMG_0686_R.JPG

ちょっと休憩。

会長が「一人で登った時はあっちのルートから山小屋はかすめてグルービックシュタインまで」と。

みんなあんまり興味なし・・・。

 

IMG_0687_R.JPG

 

 

 

IMG_0340_R.JPG

では、山小屋を目指して進みます。

 

 

IMG_0341_R.JPG

下はLermoosの町。向こうのダニエルにはまた雲がかかってしまった。

 

IMG_0343_R.JPG

 

 

IMG_0350_R.JPG

 

 

IMG_0352_R.JPG

向かいのダニエルも見え隠れ。

 

IMG_0353_R.JPG

 

 

IMG_0355_R.jpg

時々、みゆきさの「高山植物編花講座」!

 

IMG_0688_R.JPG

 

IMG_0689_R.JPG

 

 

IMG_0356_R.jpg

 

 

IMG_0357_R.jpg

 

 

IMG_0358_R.jpg

 

 

IMG_0359_R.jpg

 

 

IMG_0360_R.jpg

 

 

IMG_0361_R.jpg

中間駅とレストランへ

こっちから来たんです!

 

IMG_0362_R.JPG

 

IMG_0690_R.JPG

 

IMG_0691_R.JPG

 

IMG_0692_R.JPG

 

IMG_0693_R.JPG

 

 

 

IMG_0363_R.JPG

ヴォルフラーツハウザーヒュッテの標識。

もう見えてます。

 

IMG_0365_R.JPG

 

 

IMG_0694_R.JPG

雪渓残ってるけど、通行には支障なし。

 

IMG_0367_R.JPG

 

 

 

IMG_0369_R.JPG

 

 

IMG_0370_R.JPG

グルービックシュタイン頂上駅。

そこにもレストランや色々な施設が。スキー場だし。

そして、グルービックシュタイン頂上〜ガルトナーヴァントへのルートが続く。

 

 

IMG_0372_R.JPG

 

 

 

IMG_0374_R.JPG

 

 

IMG_0375_R.JPG

 

 

IMG_0377_R.JPG

 

 

IMG_0378_R.JPG

 

 

IMG_0379_R.jpg

到着!

飲むパンを楽しみにしている日本からの参加メンバーたち。

バイエルン在住メンバーも同じか!

 

 

IMG_0381_R.jpg

 

 

IMG_0382_R.JPG

1922年築

1970年と2004年増改築

 

IMG_0383_R (2).jpg

ヒュッテンスタンプ!

 

IMG_0385_R.JPG

とりあえずは、お疲れ様でした。

 

 

IMG_0386_R.jpg

このガドローべいいねぇ〜

 

IMG_0387_R.jpg

やっぱLeberkas(Leberkäse)だね。会長にとっては久しぶりの。

 

IMG_0388_R.jpg

豆スープとソーセージ。これも山小屋では定番といえば定番!

 

IMG_0389_R.jpg

 

 

IMG_0391_R.jpg

ゆみちゃんもLebakas、みゆきさは?パスタだっけ?

 

IMG_0703_R.JPG

最後にお店のおごりで一杯。これなんのシュナップスだっけ?なんかのクロイター?

 

IMG_0392_R.jpg

常連客席、いわゆるStammtisch

hier sitzen die, die immer hier sitzen

って、まんま。

 

 

IMG_0393_R.JPG

 

 

IMG_0394 (1)_R.jpg

食事を済ませ、お腹も満足。

では、下山開始。

グルービックシュタインとガルトナーヴァントは今度また。しかし、近日中に!

 

IMG_0704_R.JPG

 

 

IMG_0705_R.JPG

下山はちょっと別のルートで林道を進む。

 

IMG_0395_R.JPG

 

 

IMG_0706_R.JPG

Lermoosの町と駅。

駅はダニエルの登山口でもある。

 

IMG_0707_R.JPG

 

IMG_0708_R.JPG

 

IMG_0709_R.JPG

 

IMG_0710_R.JPG

 

IMG_0711_R.JPG

 

 

IMG_0712_R.JPG

 

 

 

IMG_0396_R.JPG

 

 

 

IMG_0397_R.JPG

 

IMG_0398_R.JPG

 

 

IMG_0399_R.JPG

 

 

IMG_0401_R.JPG

 

 

IMG_0402_R.JPG

ロープウェイの下を通る道。

ロープウェイ(頭上)注意と言われても・・・

 

IMG_0403_R.JPG

ツークシュピッツェも雲に隠れてしまった。

 

 

IMG_0404_R.JPG

 

 

IMG_0405_R.JPG

みゆきさ、何を持っている!?

 

IMG_0408_R.JPG

 

 

IMG_0409_R.JPG

 

 

IMG_0411_R.JPG

 

 

IMG_0412_R.JPG

 

IMG_0713_R.JPG

 

IMG_0714_R.JPG

 

IMG_0413_R.JPG

 

 

IMG_0414_R.jpg

 

 

IMG_0416_R.JPG

 

 

IMG_0417_R.JPG

 

 

IMG_0421_R.JPG

 

IMG_0715_R.JPG

 

IMG_0423_R.JPG

お疲れ様でしたね。

でもこれからロープウェイで下まで降りるんだけど。

 

IMG_0424_R.JPG

今回のレンタカーは、バイエルン発動機の540!馬力が350PSだって〜!

レンタカー屋(Sixt)の特別オファーだった。ゴルフバンのクラスの値段でコレだもん。

「Sixt、今回初めてなんですけど〜」って言ったらなぜか受けて。

じゃぁと言うんで、AudiのA6の300馬力が540の350馬力にさらにパワーアップされてきた!

 

さて、この後はEttalのチーズ工房へチーズケーキを食べに!

 

IMG_0425_R.jpg

 

チーズケーキとコーヒーの後はクナイプの足水まで散歩。

 

IMG_0426_R.JPG

 

 

IMG_0427_R.JPG

 

 

IMG_0428_R.JPG

 

IMG_0716_R.JPG

 

 

IMG_0429_R.JPG

 

IMG_0717_R.JPG

 

 

IMG_0431_R.JPG

 

 

IMG_0718_R.JPG

ド冷い、けどよかった〜。

 

IMG_0432_R.JPG

 

 

IMG_0433_R.JPG

 

 

IMG_0434_R.JPG

 

 

IMG_0435_R.JPG

 

 

IMG_0436_R.JPG

 

 

IMG_0437_R.JPG

 

今回はなかなか楽しい素晴らしい登山ができた。

ドイツへ到着して翌日だったけど、時差ボケ対策にはちょうどいい適当なルート。

これから仕事、そして、来週の土日は、連チャン登山だぁ!!!

 

 

Rofan まだ雪の残るローファン

  • 2019.05.31 Friday
  • 22:16

2019年6月9日(日) 晴れ

 

まだかなりの雪の残っているローファン。

テーゲルベルグ方面へ予定を変更してはみたものの、天気が芳しくないので、初志貫徹、ローファンへ向かうことに。

 

チロルの山にはまだ雪が残り、しかし、花も咲き、動物も出てきて一通り全部揃っていた模様。

 

 

IMG_0275.jpg

楽しいローファン、愉快なローファン。いつ来ても綺麗。でも今回はWebcamで確認した通り、まだまだ雪だらけでびっくり。駐車場も意外に空いてて、変だなとは思ったんだけど。

 

IMG_0288.jpg

Air−Rofanは現在お直し中だそうで。

 

 

IMG_0274.jpg

この雪!

 

IMG_0283.jpg

いつものこの時期なら、ここに山のようなリンドウが咲いているのに。

 

IMG_0273.jpg

一面雪に埋もれています。しかも人がほとんどいない。

 

IMG_0272.jpg

雪解けになったところにクロッカス発見。ここでは初めて見ました。なんかいい感じ。

 

IMG_0271.jpg

いつもの見晴らしスポットも、こんな感じ。

 

IMG_0287.jpg

せっちゃんありがとう。

 

IMG_0286.jpg

向こうも雪。

 

IMG_0270.jpg

でもザクザク登れていい感じ。

 

IMG_0269.jpg

ここは少し雪が溶けてて。

 

IMG_0268.jpg

座ったら、お腹をすかせた鳥がすかさずやって来た。雪で餌が少ないんだろうな。

 

IMG_0267.jpg

さて、先を進もう。

 

IMG_0266.jpg

クロッカスに見送られながら。

 

IMG_0265.jpg

雪が溶けているところには、アウリケルやプリメラの花が

 

IMG_0264.jpg

 

 

IMG_0263.jpg

 

 

IMG_0262.jpg

 

 

IMG_0261.jpg

この辺りはいつもの花畑。

 

IMG_0260.jpg

 

 

IMG_0259.jpg

 

 

IMG_0258.jpg

 

 

IMG_0257.jpg

 

 

IMG_0256.jpg

色々な種類のリンドウが咲くローファン。

 

IMG_0255.jpg

 

 

IMG_0254.jpg

記念撮影ハイポーズ。

 

IMG_0253.jpg

紺色が目立ってますね。

 

IMG_0252.jpg

 

 

IMG_0251.jpg

 

 

IMG_0250.jpg

 

 

IMG_0249.jpg

 

 

IMG_0248.jpg

 

 

IMG_0247.jpg

なんと、ここには翁草が咲いていました。ここでは初めて見た!

 

IMG_0246.jpg

 

 

IMG_0245.jpg

可愛い。

 

IMG_0244.jpg

お花の宝庫、ローファン。

 

IMG_0243.jpg

 

 

IMG_0242.jpg

 

IMG_0280.jpg

 

IMG_0241.jpg

 

 

IMG_0240.jpg

 

 

IMG_0239.jpg

いつもの水場も雪に埋もれて。

 

IMG_0238.jpg

 

 

IMG_0282.jpg

 

 

IMG_0237.jpg

綺麗な色。

 

IMG_0236.jpg

食虫植物。これもここでしか見かけなかった。もう少ししたらそこかしこで見られるはず。

 

IMG_0235.jpg

 

 

IMG_0234.jpg

 

 

IMG_0233.jpg

 

 

IMG_0232.jpg

 

 

IMG_0231.jpg

 

 

IMG_0230.jpg

リンドウを探していたら、なんと干からびた毛皮だけのマーモットを発見。雪で餌が見つからなかったのか。

 

IMG_0229.jpg

 

 

IMG_0228.jpg

 

 

IMG_0227.jpg

 

 

IMG_0226.jpg

マーモット穴。

 

IMG_0279.jpg

 

IMG_0225.jpg

 

 

IMG_0224.jpg

 

 

IMG_0223.jpg

 

 

IMG_0222.jpg

 

 

IMG_0277.jpg

こんなに積もってても、あそこの急なコース、登りに行く人が後をたたない。

 

IMG_0221.jpg

 

 

IMG_0220.jpg

エーデルワイスの仲間、Katzenvorte

 

IMG_0219.jpg

 

 

IMG_0281.jpg

 

 

 

IMG_0218.jpg

ローファンシュピッツェの手前の水があるところも、雪に埋もれてちょっと綺麗な色が見えているだけ。

 

IMG_0217.jpg

元気なりゅうさん。

 

IMG_0216.jpg

お昼ご飯に鳥も参加。

 

IMG_0215.jpg

 

 

IMG_0285.jpg

マフラーがなかなか渋い。

 

IMG_0214.jpg

ワケギもここまでもう育ってます。

 

IMG_0213.jpg

 

 

IMG_0212.jpg

 

 

IMG_0211.jpg

 

 

IMG_0210.jpg

 

 

IMG_0209.jpg

 

 

IMG_0208.jpg

黄色い花の前に、去年の干からびたエーデルワイスが残ってました

 

IMG_0207.jpg

餌を探して急ぎ足のマーモット。

 

IMG_0278.jpg

 

 

IMG_0206.jpg

この白いのも、干からびたエーデルワイス。

 

IMG_0205.jpg

 

 

IMG_0204.jpg

そしてこの小さい花が、エーデルワイスの蕾。

 

IMG_0203.jpg

でももう随分エーデルワイスになりつつあります。

 

IMG_0202.jpg

 

 

IMG_0201.jpg

で、雪に足を取られて疲れたので、まだ雪に埋もれているローファンシュピッツェまで行かずに戻ることに。

 

IMG_0200.jpg

雪の厚さ、こんなんですよ。

 

IMG_0199.jpg

一部崩れたところもある、ローファンへの道。

 

IMG_0198.jpg

ここにもエーデルワイスの子供たちが。

 

IMG_0197.jpg

雪が溶けたら、ここら辺は全て花だらけになりますよ。

 

IMG_0196.jpg

 

 

IMG_0195.jpg

 

 

IMG_0194.jpg

 

 

IMG_0193.jpg

 

 

IMG_0192.jpg

 

 

IMG_0191.jpg

 

 

IMG_0190.jpg

ズブズブ楽しみながら降りて行ったら、向こうとこっちに別れちゃった。

 

IMG_0189.jpg

また一緒になりました。

 

IMG_0188.jpg

 

 

IMG_0276.jpg

そんなにかたくない雪なので、かかとをガシガシやりながら、駆け下りる。

 

IMG_0187.jpg

行きよりもこんなにたくさんクロッカスが開きました。

 

IMG_0186.jpg

 

 

IMG_0185.jpg

いつもの崖登りの人もいました。

 

IMG_0184.jpg

 

 

IMG_0183.jpg

さあ後もう一踏ん張り。

 

IMG_0182.jpg

ご褒美は美味しいビールです。

 

IMG_0181.jpg

しんちゃんはコーヒー。私はチーズ団子のスープ。お疲れ様でした。

 

IMG_0180.jpg

 

 

IMG_0179.jpg

雪があるのに暑かった今日。たっぷり水分を取らないとね。

 

IMG_0284.jpg

 

 

 

IMG_0178.jpg

だいぶ雲が増えてきました。

 

IMG_0177.jpg

 

 

IMG_0176.jpg

下りるロープウェイから、Achenseeを撮影。紗がかかってる。

 

実は・・・

いちごを買って登山していた?いつものアレ!!

 

IMG_0289.jpg

もういちごの屋台が出ていたので、しんちゃんによってもらって、イチゴを購入。もちろん、山の上で美味しくいただきました。

ビタミンいっぱいでとっても快調。

これからいちごの美味しい季節です。来週は会長も訪独。

それではまた!

 

 

 

 

 

Seefeld in Tirol ゼーフェルト散策

  • 2019.04.14 Sunday
  • 21:00

2019年4月14日(日)曇り

 

会長:さぁ、Kofelだぁ!

みゆきさ:さぁ、Laberだぁ!

と言いつつ雪で断念。

そして、ヒロさんの希望でゼーフェルト、散歩2時間コースへ。

 

ヒロさん、ミュンヘンでの最後の「ミュンヘンなんちゃって山岳狂会」となった模様。

 

IMG_9179.jpg

 

オーストリア・チロルのスキーリゾート地のゼーフェルト。

WettersteingebirgeとKarwendelの間の高地で、特にLanglauf、ノルディックスキーが有名。

 

1600年代に造られたこじんまりしたバロック式の教会(玉ねぎ型の塔)がシンボルみたいな〜。

 

Seefeldは前史時代から人が住んでいたそうな。

そして、ローマ時代、イタリアのポー川辺りからAugusta(アウグスブルグ)へ峠を越える道、軍隊の移動のための道路建設から歴史的な意味を持つように。

ゼーフェルトの名前は1022年に初めて記録に出てくるSeveltからきているそうな。

 

そして、15世紀以降、マクシミリアン一世皇帝の狩猟場にもなった。

Mittenwald同様、南北をつなぐ交易のルートの町として発展してきたそうな。商人や手工業者だけでなく巡礼者たちもここを通り発展に寄与したとか。

 

今は観光地のゼーフェルトを、雪の中2時間ばかり散歩をすることに。

 

 

IMG_9178.jpg

ミュンヘンは晴れだったのですが、山に近くなるに連れ、あたり一面真っ白に。冬に逆戻り?

 

IMG_9177.jpg

木もこんなに綺麗に真っ白です。

 

IMG_9176.jpg

線を引いたように、ある程度の高さから上、真っ白。で、コーフェル断念して、まずはチーズケーキ買いに。

昨日お直しできていた大家さんに、山は今日は危ないよと言われたというメンバーが。大家さん、大当たりです。

さて、この後どうするか。本日最後のなんちゃってのヒロさんの希望を受けて、ぜーフェルドに決定。

 

IMG_9175.jpg

ゼーフェルド。アナザースカイの渡部暁斗さんで有名なオーストリアのスキーリゾート。ドイツとの国境に近めの街。

今日の雪はこんな感じ。スキーシーズン終わってホテルもクローズしていて、街は怖いほど誰もいない。でもこの散歩道には親子連れや、夫婦やカップルが歩いてくる。

 

IMG_9174.jpg

新雪に叫び声をあげて飛び込む三人兄弟。

 

IMG_9173.jpg

冬逆戻り。マイナス一度の天気です。でもなかなかいい感じの散歩道。

 

IMG_9172.jpg

 

 

IMG_9171.jpg

かわいそうな雪割草が埋もれている。

 

IMG_9170.jpg

この湖に行く予定。なんとなく地図がわかりにくくて、嫌な予感。

 

IMG_9169.jpg

こんなところに集合住宅。

 

IMG_9168.jpg

水は本当に綺麗。湧き水、という感じの透明度。

 

IMG_9167.jpg

この看板の数字に注目。4、って書いてありますね。ということは、この時はまだ気づいていませんが、全く違う道を進みつつあります。3、で曲がったら、すぐ湖だったのですが。

 

IMG_9166.jpg

夏に来たら、看板が楽しい散歩道。

 

IMG_9165.jpg

氷河期はこんな動物がいたんだよ

 

IMG_9164.jpg

 

 

IMG_9163.jpg

 

IMG_9162.jpg

 

 

IMG_9161.jpg

 

 

IMG_9160.jpg

あそこに見えるのは、湖???

 

IMG_9159.jpg

新雪が気持ちよい。

 

IMG_9158.jpg

看板はあれど湖見つからず。とりあえず、Seefeldと書かれた方向に進むことに。

 

IMG_9157.jpg

 

 

IMG_9156.jpg

 

 

IMG_9155.jpg

すると今度は氷河の道から、スキーなつかしの歴史道にきてしまいました。

 

IMG_9154.jpg

ベンチが可愛い。

 

IMG_9153.jpg

無造作に朽ちていくスキー。

 

IMG_9152.jpg

滑り台もあったりして、子供には夏場楽しそう。

 

IMG_9151.jpg

 

 

IMG_9150.jpg

一人で登ってくる女性に何人かすれ違ったこのコース。地元っチーのお散歩コースみたい。

 

IMG_9149.jpg

この雪割草は色が不思議。

 

IMG_9148.jpg

クリスマスツリーのように綺麗なもみの木。

 

IMG_9147.jpg

揺らしたら、雪がいっぱい落ちてきちゃった。

 

IMG_9146.jpg

 

 

IMG_9145.jpg

夏場は水が綺麗な気持ちのいい散歩道になるはず。

 

IMG_9144.jpg

雪に隠れて、花も咲いているんだけど。

 

IMG_9143.jpg

 

 

IMG_9142.jpg

1976年のオリンピックはみんな大活躍だったんだね。え、生まれてないって?失礼しました。

 

IMG_9141.jpg

 

 

IMG_9140.jpg

夏来たら気持ち良さそうな流れ。

 

IMG_9139.jpg

エリカもこの辺りどっさり咲いている。

 

IMG_9138.jpg

この冬の大雪で、ここでも木が倒れている。

 

IMG_9137.jpg

 

 

IMG_9136.jpg

立派なモミの木。

 

IMG_9135.jpg

見晴台から見える、ゼーフェルドの街。

 

IMG_9134.jpg

入り口に出て来ました。お疲れ様でした。

 

IMG_9133.jpg

で、降りてすぐのところが車を停めたところ。湖は見られなかったけど、結果オーライ。

 

IMG_9132.jpg

湖のほとりには山小屋もあって、ご飯が食べられるんだって。次回はぜひ。

 

IMG_9131.jpg

誰もいないスキー場が見えて来ました。

 

IMG_9130.jpg

Zwiebelrostbratenかな?会長、大当たり!Bratkartoffeln付き。

 

IMG_9129.jpg

羊の肉のFleischpflanzal

これ私が食べました。臭みもなくて、美味しかった〜。

 

IMG_9128.jpg

Cordon Bleu?かな

そうそう。このフレンチフライ、美味しそうだったよ〜。クリューンとミッテンバルドの分かれ道手前の道路沿いにあるこのレストラン。こんなに美味しいなら、もっと早くから来てればよかった。

 

IMG_9127.jpg

帰り道はやっぱり、線を引いたように、ある高さから上の山の木々が真っ白。寒そう。この日は中ちゃんのお家で晩御飯お呼ばれ。

エタールのチーズ工場のケーキ、チーズケーキと、リンゴの入った最新作?のチーズケーキと、みかんの入ったチーズケーキをお土産に。1番美味しかったのは?どれもチーズケーキ部分は最高。でもリンゴはリンゴだけの方が良かったかも???

 

ではまた次回。

 

 

 

 

 

 

 

Blindsee -Biberwier から

  • 2019.03.31 Sunday
  • 21:03

2019年3月31日(日) 晴れ

 

昨日30日から今日31日にかけて夏時間に移行。

 

今回は、初めてのBiberwier。

 

Ehrwaldの向こう、あれはまだなべちゃんがAugsburgにいた頃。BiberwierからWamperter SchrofenからDrachenseeへ抜けようと試みた。

ただ、すでに晩秋、地元の人に、道は凍っていてアイゼン(Groedeln)が無いと危険と言われこのルートは断念し、EhrwaldからImmensteigルートでDrachenseeへ登った。

 

 

IMG_8709.jpg

お久しぶり、りゅうさんの車でみんなで移動。

 

IMG_8708.jpg

山靴に履き替えてさあ出発、と思ったら、切符売り場のお姉さんが、頂上駅は、スキーじゃないと移動できないわよ、Marienbergalmまでなんて山越えていかないといけないんだから無理。と断言。えええ。

Starnberger Merkurに、二頭の豚ちゃんが今日までいるって記事が出ていたのに、あれは夢だったの?

 

IMG_8707.jpg

麓の村のペンションのおばさんに、どこかいい場所のおすすめ、を聞いてみたら、裏の湖を勧められた。

ちょうど、Blindseeという個人所有の湖があって、何台か車が停まっていたので行ってみる事に。

 

IMG_8706.jpg

 

 

IMG_8705.jpg

湖は真っ白に凍っている。

 

IMG_8704.jpg

雪が溶けて出た水が凍って、道が滑りやすくなっている。ぱっと見わからないから、気をつけて行かないと。

 

IMG_8703.jpg

気温は高いので、岸の近くは氷が溶けている。残念ながら、氷の上は歩けないよ〜。

 

IMG_8702.jpg

 

 

IMG_8701.jpg

火を焚いたり、キャンプしたりしたらダメだよ。

 

IMG_8700.jpg

 

 

IMG_8699.jpg

お〜 素敵なチロル帽!

"Du sigst guad aus, Dirndl !"

 

 

IMG_8698.jpg

 

 

IMG_8697.jpg

 

 

IMG_8696.jpg

 

 

IMG_8695.jpg

湖の周りをくるっと歩いてみよう。

 

IMG_8694.jpg

一挙に深くなっている感じ。

 

IMG_8693.jpg

エリカがいっぱい咲いている。

 

IMG_8692.jpg

 

 

IMG_8691.jpg

大雪でなぎ倒された木が、湖に落ちかけている。

 

IMG_8690.jpg

枝がバラバラ落ちたところは、氷が溶けている。

 

IMG_8688.jpg

水の色が綺麗。

 

IMG_8687.jpg

私有地なのに、ちゃんと整備してあって。

 

IMG_8686.jpg

こんなところに、可愛いクリスマスローズ。

 

IMG_8685.jpg

 

 

IMG_8684.jpg

なんだか随分木がなぎ倒されてます。

 

IMG_8683.jpg

 

 

IMG_8682.jpg

 

 

IMG_8681.jpg

 

 

IMG_8680.jpg

一部、完璧に木がなぎ倒されているところがあって、これ以上はいけないので、戻る事に。

 

IMG_8679.jpg

 

 

IMG_8678.jpg

 

 

IMG_8677.jpg

ヒロさんとりゅうさんが、行けるかどうか見に行ってくれました。

 

IMG_8676.jpg

夏泳ぎに来たら、気持ちがいいだろうな。

 

IMG_8675.jpg

 

 

IMG_8674.jpg

 

 

IMG_8673.jpg

 

 

IMG_8672.jpg

 

 

IMG_8671.jpg

 

 

IMG_8670.jpg

倒れた木を乗り越えて。

 

IMG_8669.jpg

塔が立ったふきのとう。

 

IMG_8668.jpg

氷持ち上げコンテスト。このくらいが限界。

 

IMG_8667.jpg

空気がいっぱい入ってる。

 

IMG_8666.jpg

このうえは行けません。行けたら楽しいのかな。夏にまたこよう。

 

IMG_8665.jpg

ハンコもあったので、押して見ました。

 

 

IMG_8664.jpg

 

 

IMG_8663.jpg

 

 

IMG_8662.jpg

入り口のところに戻って来ました。

 

IMG_8661.jpg

 

 

IMG_8660.jpg

 

 

IMG_8659.jpg

まだ時間が早いので、Planseeにご飯食べに行こう。

 

IMG_8658.jpg

水の色の綺麗なPlansee。

 

IMG_8657.jpg

 

 

IMG_8656.jpg

逆さに映った山が綺麗に見える。

 

IMG_8655.jpg

 

 

IMG_8654.jpg

一部凍っているところも。

 

IMG_8653.jpg

 

 

 

IMG_8652.jpg

店の名前が変わっている?昔きた時はこんな名前じゃなかったような。

 

IMG_8651.jpg

 

 

IMG_8650.jpg

 

 

IMG_8649.jpg

このマスが美味しかった。でも、私のところに来たサラダ、上に人参が乗っただけのだったのに、ゆみちゃんのところに来たのには、トマトが乗って、きゅうりのサラダやトウモロコシも入っていて。その次に来た隣のテーブルのサラダには、それに卵まで乗ってて。

ちょっと酷くない?でも美味しかったからいいか〜。

 

IMG_8648.jpg

太陽が気持ちよかったね。

 

IMG_8647.jpg

さて、帰りましょう。

お疲れ様でした。帰ってゆっくりお風呂に入ろう!

 

 

 

 

Rofan - Heidachstellwand Klettersteig

  • 2018.10.20 Saturday
  • 21:21

2018年10月20日(土)晴れ

 

会長、久々のローファン。そして、Klettersteig!

(まぁ、しょっちゅうドイツへ里帰りしてるわけじゃないから「久々」じゃんかい)

 

IMG_3171_R.JPG

 

しかし、付き合ってくれたのはみゆきさ一人。

みゆきさも久しぶりのKlettersteig。しかし、ここの難易度はB/C。

無問題。


さて、まずはケーブルカーで時短しようと思ったが、会長、財布とDAVカードを忘れてきた!!!

しかし、みゆきさに金借りて、ついでにケーブルカーのきっぷを立て替えてもらい出発。

 

山の駅からHeidachstellwandへ向かって散歩。いつもの慣れたルートを進む。

 

IMG_3490_R.JPG

Karwendel山群を望む。

 

 

IMG_3489_R.JPG

花はほとんど終わったローファン。ジルバーディステルから花の種が出ている。

 

IMG_3488_R.JPG

でもリンドウ発見。

 

IMG_3487_R.JPG

いい天気に足取りも軽く、いつもの道を登る。しかもノンストップ。

 

IMG_3486_R.JPG

ちょっとかすんでいい感じのKarwedel山系を背景に。

 

IMG_3485_R.JPG

 

 

IMG_3484_R.JPG

Rosskopfにも人が見える。

今日は、あそこには登りません。

 

IMG_3483_R.JPG

RosskopfからGruberscharteを挟んだ反対側が今日の目的地Heidachstellwand。

ここもかなり混んでる様子が見える。

 

 

 

 

IMG_3482_R.JPG

途中日陰のところはもう霜が降りている。

 

 

 

IMG_3481_R.JPG

HeidachstellwandのKlettersteigルートにはかなりの人が順番待ち状態。

 

IMG_3480_R.JPG

夏の名残の花は、凍って少し透き通っている。

 

IMG_3479_R.JPG

Edelweiss、枯れていたけどまだ頑張ていた。

 

IMG_3478_R.JPG

もしかしてこの花のさっきっぽの開いたところについているのは、種?全然気が付かなかったけど。

 

IMG_3477_R.JPG

こうやって乾燥して、朽ちていくんですね。😢。

 

IMG_3476_R.JPG

 

 

IMG_3475_R.JPG

段々雲が晴れてくる。これからもっといい天気になる予報。

 

IMG_3474_R.JPG

リンドウも発見。寒くて開いてない。

 

IMG_3473_R.JPG

なんだか乾燥気味?

 

IMG_3472_R.JPG

Heidachstellwandの登山口までもうちょっと。

 

IMG_3471_R.JPG

Rosskopfが背景。いつもの道から外れて、右に登って来てます。

 

IMG_3470_R.JPG

ここを登っていくルートはB/Cクラス。

 

IMG_3469_R.JPG

前をインスブルックの親子(父娘)が進む。ここに登る前の開けた場所で、娘さんの装備を入念に確認してました。その横で私たちも装備を着用。なかなか気さくで素敵なお父さんでした。

 

IMG_3468_R.JPG

あっちはZillertalの方向。

 

IMG_3467_R.JPG

霞んだ山々も素敵。

 

IMG_3466_R.JPG

一歩の幅がかなりある足場・・・基準は男性なので、女性にはちょっとハード。しかも反り返っているので、どこに足をついていいかわからなかったり。めちゃめちゃザイルにしがみついて登る。

 

IMG_3465_R.JPG

この辺はちゃんと立っていられるので楽勝。

 

IMG_3464_R.JPG

久しぶりで、カラビナが邪魔。下まで落とすと拾うのが困難。時間をとると、ヒビの間につま先を入れて体重を支えているのでつらくなる。

 

IMG_3463_R.JPG

雲が切れてどんどん青空部分が増える。

 

IMG_3462_R.JPG

この上でインスブルック父娘は離脱。

このルートの良いところは、途中離脱が容易にできるようにルートがある事。

安全第一!

 

IMG_3461_R.JPG

いったん登って、道をあけるためにもう一度戻って待機。私にも歩幅がギリなので、彼女にはとても怖かったはず。

このルートはお父さんが娘さんを連れてきたくなるのも良くわかる、典型楽しいクレッタールート。もうちょっと大きくなったら是非また来てね!

 

IMG_3460_R.JPG

まずはひと段落制覇。向こう側を見たら、さっきの親子が左から横に進んで、座って休んでいた。

 

IMG_3161_R.JPG

 

 

IMG_3174_R.JPG

雲が動いていく。

 

IMG_3160_R.JPG

ファイトーいっぱーつ?

 

IMG_3177_R.JPG

 

IMG_3176_R.JPG

 

IMG_3167_R.JPG

 

IMG_3166_R.JPG

花が咲いて、草が緑の時にもう一度来たいですね。

 

IMG_3169_R.JPG

 

 

IMG_3165_R.JPG

 

 

IMG_3459_R.JPG

50肩で右肩やられてる私にはなかなかつらいけど楽しいルート。

 

IMG_3458_R.JPG

ここが第二の難関???

ではなく、楽しい吊り橋!

上のザイルにつかまって、下のザイルを綱渡り。

 

IMG_3457_R.JPG

体の重みできしむきしみ方が、なかなか微妙で。でも命綱はついているので怖くはない。


 

IMG_3455_R.JPG

上のザイルで体を支えて、きしみ具合のチェック。体重のかけ方を左足から右足に移すと、かなりたわむ。

 

IMG_3454_R.JPG

慣れると楽しい。

 

IMG_3453_R.JPG

いい感じ〜。

 

 

IMG_3452_R.JPG

下を見ると、こんな感じ。

 

IMG_3456_R.JPG

で、そこから即上へ。

 

IMG_3451_R.JPG

途中、クレッターがないところはこんな道。

 

IMG_3450_R.JPG

ちょこちょこ、道の端に乾燥したエーデルワイスが。

向こうにロープウェーの駅も見える。

 

IMG_3180_R.JPG

もう種は落ちちゃってるのかな?あの黄色い部分がこんな風に開くなんて知らなかった。

 

IMG_3179_R.JPG

 

IMG_3178_R.JPG

石がいっぱいでちょっと歩きにくいけど、景色は最高。
 

IMG_3173_R.JPG

写真を撮るのに、手を離すのが怖い〜。

 

IMG_3172_R.JPG

 

 

 

IMG_3170_R.JPG


 

IMG_3449_R.JPG

エーデルワイスの花の形が崩れてる〜。

 

IMG_3448_R.JPG

 

 

IMG_3447_R.JPG

 

IMG_3446_R.JPG

あれがHeidachstellwand頂上の十字架。

 

IMG_3445_R.JPG

 

IMG_3444_R.JPG

Rosskopf(右端にちょっと隠れてる)、Seekarspitze、Spieljochそして、Hochiss!!!

HochissとSeekarspitzeはリベンジしたいC/Dクラス。

 

IMG_3443_R.JPG

BCコースは大丈夫だけど、Dはやっぱり無理かなあ。

 

IMG_3442_R.JPG

Gipfelkreuzで記念撮影。

 

IMG_3441_R.JPG

頂上で一服して、周回ルートでMauriz Almへ向かうことに。

なんちゃって山岳狂会にとっては新しいルート。

会長、前回は一人でここに来て、みんなと合流するために、親子が登ってきた方のルートを通って戻ったので、ここから先は初めての道。

 

IMG_3440_R.JPG

 

IMG_3182_R.JPG

枯れたエーデルワイスがところどころにある草原。雲が消えて、青空が広がる。

 

IMG_3181_R.JPG

 

IMG_3439_R.JPG

Maurachの町が見える。

 

IMG_3438_R.JPG

足場はあまりよくはないけど、普通に歩ける。

 

IMG_3517_R.JPG

いつもの道を、違う角度で見るのも楽しい。

 

IMG_3510_R.JPG

この先は、Klettersteigルート的にワイヤーで確保されたルートになっている。夏にはここは、エーデルワイスがいっぱい咲くんだろうなあ。

 

IMG_3506_R.JPG

特にカラビナは必要のない、親切ザイルのついた道。

 

IMG_3503_R.JPG

 

IMG_3502_R.JPG

珍しく大きな木がある箇所。

 

IMG_3501_R.JPG

種が飛んじゃった後の、ジルバーディステル。

 

IMG_3499_R.JPG

どこがゾンヨッホだ?というか話で盛り上がった下山道。なべちゃんと昔登りましたね。

 

IMG_3495_R.JPG

さて、あっという間に戻ってきました。

 

IMG_3494_R.JPG

陽だまりに咲くリンドウ。なんだかうれしい。

 

IMG_3437_R.JPG

ここにも花が残ってて。

 

IMG_3436_R.JPG

いつも通りルートは午後も日当たりがいい。

 

IMG_3435_R.JPG

秋の天気ですね。

 

IMG_3432_R.JPG

 

IMG_3187_R.JPG

 

IMG_3186_R.JPG

クレッターの始まるところには、こんな風にルートの説明が。

 

IMG_3185_R.JPG

 

IMG_3434_R.JPG

今日は新しい靴で、滑らないのがすごい。

 

IMG_3433_R.JPG

 

IMG_3183_R.JPG
楽しかったですね〜。

 

IMG_3431_R.JPG

まっちくり〜。

 

IMG_3430_R.JPG

 

IMG_3429_R.JPG

 

IMG_3192_R.JPG

 

IMG_3191_R.JPG

 

IMG_3190_R.JPG

もったいないけど、あっという間に下りちゃいます。

 

IMG_3189_R.JPG

 

IMG_3428_R.JPG

 

IMG_3427_R.JPG

やっぱりローファンはいいなあ。

 

IMG_3426_R.JPG

風呂桶、誰がここにおけって言ったのか?オッケー。

 

IMG_3425_R.JPG

 

 

IMG_3195_R.JPG

 

IMG_3193_R.JPG

 

 

IMG_3424_R.JPG

来年のお花が楽しみです。

 

IMG_3196_R.JPG

Kaspresssuppe(Pressknedlsuppe)いただきます!

会長のいろいろなお忘れ物の中に、お弁当も入っていたので、あったかい食べ物がうれしい。

 

IMG_3423_R.JPG

おなかにたまる、たっぷりスープ。おいしい。

 

で、最後にこのMauriz Almに書いてあった!

 

IMG_3491_R.JPG

最近うちの神父さんが言ってたけど、焼酎(スピリッツ)は、人間の悪い敵と。とはいえ、聖書には汝の敵を愛せよと書かれている。

 

いろんな種類の蒸留酒がここでは飲めるし、購入も可。

次回ぜひお試しください。

 

 

 

 

Innsbruck Nordkette - HafelekarspitzeからGleirschspitze

  • 2018.07.29 Sunday
  • 22:48

2018年7月29日(日) 晴れ

 

会長の今回の滞在最終日は、Innsbruckの北側の山脈Nordketteへ。

Klettersteigルートも充実した山脈!

 

IMG_5019_R.JPG

 

勿論、時短して!

InnsbruckのHungerburgからケーブルカーでSeegrubeへ、そして、更にHafelekarへ。

DAVメンバーカードで更に割引! ←チロルのアルペンフェラインでも有効。

 

好天に恵まれ、日焼け止めクリームをしっかりぬってケーブルカー乗り場へ。

かなり大きなゴンドラ。30人は乗っていたかな。それも、観光客ばかり・・・って自分たちも観光客なんですが。

まぁ、なんちゃって山岳狂会の登山メンバーは基本、自覚は登山者。並大抵の観光客と一緒にされちゃあ困ります。

なんといっても、なんちゃって山岳狂会ですから。Moechtegern-Bergsteigerですから!

 

 

IMG_5003_R.JPG

HungergrubeのTalstationからHafelekarを望む。

雲が・・・。

とはいえ、これは危険な感じはしない雲。

 

IMG_5004_R.JPG

Hungerburg(フンガーブルグ)?空腹城?

飯は山の上で。

ここは麓のケーブルカー乗り場前。

 

IMG_5005_R.JPG

Auf gehts, fahrnma aufe!

 

IMG_5006_R.JPG

Nordkette〜!

 

IMG_5007_R.JPG

高度が徐々に上がり2000mに近づいていく。

眼下にインスブルックの町が。

雲は流れている。

 

IMG_5008_R.JPG

Seegrube駅に着き、次のケーブルカーへ乗り換える。

そして、Hafelekar(ハーフェレカー)へ。あそこに見える頂上の山は2300mのHafelekarspitze(ハーフェレカーシュピッツェ)。

ハーフェレ圏谷が頂上駅なので、そこから歩いて10分ほどで頂上へ。

そこからは360度の展望。インスブルックの町、その先のシュトゥーバイタールの入口、ブレンナー峠のあたり、そして、カーヴェンデル連峰の山々も。

 

IMG_5009_R.JPG

 

 

IMG_5010_R.JPG

失礼しました。ハーフェレカーシュピッツェまで15分だそうです。

いやいや、普通に歩けば10分かからないら。

 

IMG_5011_R.JPG

ケーブルカーの中で知り合った日本人ご夫妻と、カーシュピッツェを目指す。

 

IMG_5012_R.JPG

インスブルックにお泊りだとか。

「チロルの山もいいけれど、バイエルンの山も素晴らしいですよ」と、しっかり宣伝。

ミュンヘンなんちゃって山岳狂会ですから、そこはおさえておきたい所です。

 

IMG_5013_R.JPG

NordketteのKlettersteigルート。

ヒロさん、今度はここでクレッターしましょう。

 

IMG_5014_R.JPG

Karwendel方面

 

IMG_5015_R.JPG

まずは、決めポーズ!

 

IMG_5016_R.JPG

山羊というか羊の排泄物が至る所。足の踏み場もないような。

 

IMG_5017_R.JPG

すぐそこが頂上の十字架。

凄い人だかり。

Marienplatzみたい!

 

IMG_5018_R.JPG

Klettersteigへ行く人もパラパラと・・・。

やはりメジャーは一般観光客かな。

 

IMG_5020_R.JPG

カーシュピッツェの向う、岩場が。

いい感じの岩場。

 

IMG_5021_R.JPG

2300mの頂上からインスブルックの街を眺める。

旧市街地、金の小屋根があるあたりは・・・と。

インスブルックの町もなかなかいい感じ。

 

会長自身、インスブルックへは4回ほどしか訪れたことがない。

初めてのインスブルックはセスナ機で空港だけ。

その後は、車(R4)で「あの」ゼーフェルトからの坂道をブンブンと。

それから、日本からのお客さん(親戚)連れて来たくらいかな。

一度は泊まってゆっくりするのもいいかも。

Klettersteigも交えての合宿でもしますか?

 

IMG_5023_R.JPG

十字架で記念撮影する人が多い。

って、なんちゃって山岳狂会も頂上の十字架で記録写真撮ってますが!

 

IMG_5024_R.JPG

もともと頂上の十字架には宗教的な意味合いはなかったとか。

多くの場合、山の頂上って領地の境だったこともあり、その境界の目印としてたてられていたとか。

境界の目印が、今ではキリスト教の十字架になっているケースも見かける。(境界が教会に?)

 

キリスト教の十字架とは言っても、あれは言ったら元々は拷問の道具だったんでは?罪人を磔にする時につかう拷問の道具。

今ではキリスト教の聖なるシンボルに。

 

・・・てな事をたまに考えている会長であった。それに反発しているわけでもなく。それはバイエルンやチロルの山の歴史だから。

 

 

IMG_5025_R.JPG

GEO TRAIL 地層について

 

IMG_5026_R.JPG

最初のKlettersteig?

カーシュピッツェの北側のでっぱり岩の上へ。

 

IMG_5027_R.JPG

向うにはこの後目指すGleirschspitze(グライアーシュシュピッツェ)が。

Goetheweg(ゲーテの小道)が続き、5時間かけてShcarnitzまで行けるとか。

 

IMG_5028_R.JPG

NordketteのKlettersteigルート。

いいねぇ〜、次は是非とも!!!

 

IMG_5030_R.JPG

 

 

IMG_5031_R.JPG

向うのカーシュピッツェの賑やかな事。

 

IMG_5032_R.JPG

では、ゲーテの路を進みましょう。

 

IMG_5033_R.JPG

 

 

IMG_5034_R.JPG

雲がかかったりきれたり。風が心地よい。眺めも素晴らしい。

時々インスブルック空港から離着陸する飛行機が眼下を通過していく。

 

IMG_5035_R.JPG

チロルの道しるべは白地に赤。丸だけではなく、赤線を上下白線で挟んだり。

 

IMG_5036_R.JPG

 

 

IMG_5037_R.JPG

花の撮影に気を取られているみゆきさを置いて先を進む

 

IMG_5039_R.JPG

 

 

IMG_5040_R.JPG

 

 

IMG_5041_R.JPGIMG_5041_R.JPG

 

 

IMG_5042_R.JPG

雲がカーシュピッツェに掛かる

 

IMG_5043_R.JPG

 

 

IMG_5044_R.JPG

 

 

IMG_5045_R.JPG

 

 

IMG_5046_R.JPG

 

 

IMG_5047_R.JPG

あそこがGleirschsptize。次の目的地頂上。

 

IMG_5048_R.JPG

 

 

IMG_5049_R.JPG

 

 

IMG_5050_R.JPG

 

 

IMG_5051_R.JPG

雲がきれてインスブルックの町もくっきり。

 

IMG_5052_R.JPG

なかちゃんを残して、みゆきさとしんちゃん、会長はGleirschsptizeの頂上へ。

 

IMG_5054_R.JPG

道がはっきりしていないのは、登る人がほとんどいないから?

 

IMG_5055_R.JPG

この頂上もいい感じ。

 

IMG_5056_R.JPG

2317m

 

IMG_5058_R.JPG

Gipfelbuchにも記帳して

 

IMG_5059_R.JPG

下界を眺め

 

IMG_5060_R.JPG

なかちゃんの待つGoethewegまで下りて昼ごはん

 

IMG_5062_R.JPG

 

 

IMG_5063_R.JPG

 

 

IMG_5064_R.JPG

 

 

IMG_5065_R.JPG

離陸〜

 

IMG_5067_R.JPG

Goethewegは続く・・・

 

IMG_5068_R.JPG

 

 

IMG_5069_R.JPG

 

 

IMG_5070_R.JPG

 

 

IMG_5071_R.JPG

 

 

IMG_5072_R.JPG

所々ワイヤーで確保されたGoethweg

 

IMG_5073_R.JPG

 

 

 

IMG_5074_R.JPG

あのあたりがEdelweisskopf?

 

IMG_5075_R.JPG

あのScharteまでいってみることに。

 

IMG_5076_R.JPG

 

 

IMG_5077_R.JPG

 

 

IMG_5078_R.JPG

みゆきさ、靴の具合はどうかな?

 

IMG_5079_R.JPG

 

 

IMG_5080_R.JPG

Muehlkar Scharteまで来て折り返すことに。

向うはMandlspitze(2366m)。みんなは「行け行け」と言ってくれたが、そして、会長は行きたかったけど、時間が・・・。

 

IMG_5081_R.JPG

取り敢えず記録写真。

そして、結局戻ることに。

 

Goethewegを戻り、途中から分岐してSeegrubeへむかうことに。

 

IMG_5082_R.JPG

ここからSeegrubeへむかう

 

IMG_5083_R.JPG

その前に一休み

 

IMG_5084_R.JPG

 

 

IMG_5085_R.JPG

 

 

IMG_5086_R.JPG

 

IMG_5087_R.JPG

 

IMG_5088_R.JPG

 

IMG_5089_R.JPG

 

IMG_5090_R.JPG

 

IMG_5091_R.JPG

Seegrubeの駅とスキー場

 

IMG_5092_R.JPG

 

IMG_5093_R.JPG

Seegrube駅、観光地って感じ。

おのぼりさん多数。

 

まずは、トイレ休憩。

ビール、ショレ、コーヒー(会長にとっては最後に飲むオーストリアの「引き延ばした珈琲(Verlaengerter)」

 

少し休んで、ケーブルカーで下山。そう、owefahrnします。

 

Rofanspitze

  • 2018.07.15 Sunday
  • 22:33

2018年7月15日(日) 晴れ

 

日本から参加するメンバーに、登りやすくて楽しめるRofanspitzeへ。

この日は、しんちゃん、なかちゃん、会長が、日本から来たメンバーながとしとゆっくんを連れてローファンへ。

 

前日は、会長とながとしとゆっくんは、バイエル人の友達ジギーとEngのパノラマ遊歩道を散策してきた。

そして、この日は、まともな登山へ挑戦。

 

 

IMG_4445_R.JPG

Rofanspitzeへのルート手前で記録写真。

全員元気そうな顔で!

 

IMG_4441_R.JPG

GschoellkopfからのAir Rofanは、今日は静か?

 

 

IMG_4446_R.JPG

 

 

 

IMG_4447_R.JPG

 

 

IMG_4448_R.JPG

 

 

IMG_0484_R.JPG

落とし物は、牛牧場の電柵にひっかけて!?

 

IMG_4450_R.JPG

順調に軽快な足取りで!

 

IMG_4453_R.JPG

この牧草地はここのところ馬牧場になっているような。

IMG_0486_R.JPG

 

 

IMG_4454_R.JPG

少し登って・・・

 

 

IMG_4457_R.JPG

小休止

 

IMG_4458_R.JPG

Karwendel方面の眺め。曇っているけど、油断しないで、日焼には要注意。

 

 

IMG_4459_R.JPG

 

 

 

IMG_4460_R.JPG

 

 

 

IMG_4462_R.JPG

 

 

 

IMG_4464_R.JPG

 

 

IMG_0497_R.JPG

もうすぐ最初のEdelweissの岩に。

 

IMG_0501_R.JPG

 

 

IMG_0508_R.JPG

 

IMG_4474_R.JPG

 

IMG_4465_R.JPG

Rosskopfをバックに。

 

IMG_4466_R.JPG

 

 

IMG_4467_R.JPG

 

 

IMG_4468_R.JPG

 

IMG_4469_R.JPG

 

 

IMG_4470_R.JPG

 

 

 

IMG_4471_R.JPG

写真休憩の後は、さらに次のEdelweissの岩を目指す。

 

IMG_4473_R.JPG

Rosskopfの頂上の十字架

 

 

 

IMG_4475_R.JPG

この角度の眺めが最高にいいRosskopf

 

IMG_0510_R.JPG

 

 

IMG_0511_R.JPG

 

 

IMG_4476_R.JPG

 

IMG_4478_R.JPG

Haidachstellenwandの下を通り過ぎ、Gruberscharteへ。

 

IMG_4479_R.JPG

 

 

IMG_4480_R.JPG

時々振り返り、「次はHaidachstellenwandへ登ろう!」と。

そう、Kletterルート以外にも登山ルートがある。ほぼ並行に登山道が岩の横を通っている。

 

 

IMG_4481_R.JPG

Karwendel山系が火山になったような・・・。

 

 

IMG_4482_R.JPG

Grubersee

 

 

IMG_4483_R.JPG

 

 

IMG_0521_R.JPG

左にHaidachstellenwand、そして、右にはRosskopf。

ここは、次のEdelweissの岩の上。

 

IMG_4484_R.JPG

向こうに見えるのがRofanspitze。

 

 

IMG_4485_R.JPG

小休止してから出発。

 

 

IMG_4486_R.JPG

 

 

 

IMG_4489_R.JPG

中ちゃんたち皆は別ルート。

ここから九十九折で登り、稜線を頂上へ向かう。気分的に楽なルート。

会長は、始めて登った時のルートで頂上へむかうことに。

 

 

IMG_4490_R.JPG

 

 

 

IMG_4491_R.JPG

 

 

IMG_4492_R.JPG

 

 

IMG_4493_R.JPG

 

 

IMG_4495_R.JPG

ここからまっすぐ頂上へ向かう。

 

 

IMG_4496_R.JPG

会長が頂上へ着くのとちょうど同じころ中ちゃんたちも頂上へ到達。

 

 

IMG_4497_R.JPG

数秒を競う競技ではないので、登頂時間のずれなど関係ない。

 

 

IMG_4498_R.JPG

おつかれさまでした。

 

IMG_4499_R.JPG

Gipfelbuchの収納ケースは、なかなかしっかりしている。が・・・Gipfelbuchそのものが入っていない!

 

IMG_0533_R.JPG

 

 

IMG_4500_R.JPG

頂上の十字架で記念撮影の後、持ってきた弁当を食べる。

 

IMG_0538_R.JPG

 

 

IMG_0534_R.JPG

 

 

IMG_4501_R.JPG

 

 

 

IMG_4502_R.JPG

 

 

 

IMG_4504_R.JPG

 

 

 

IMG_4506_R.JPG

会長も加わって記念撮影。

 

 

IMG_4508_R.JPG

食後、少し落ち着いたら下山開始。

 

 

IMG_4509_R.JPG

尾根伝いのルートをとることに。右側が絶壁。おちたらド痛いと思われるような崖。

 

IMG_0539_R.JPG

 

 

IMG_0542_R.JPG

みんな、わくわくドキドキのルート。

 

IMG_4510_R.JPG

 

 

IMG_4511_R.JPG

 

 

 

IMG_4512_R.JPG

もうちょっと覗きだしてみてみよう!

 

 

IMG_4513_R.JPG

 

 

 

IMG_4516_R.JPG

崩れそうでも、まだしばらくは大丈夫そう。多分数万年はいけそう!

 

 

IMG_4517_R.JPG

眺めいいし、気分も最高。

 

 

IMG_4518_R.JPG

 

 

IMG_4520_R.JPG

稜線に咲く花々

 

 

IMG_4521_R.JPG

 

 

 

IMG_4522_R.JPG

しばらく行くとEdelweissも。

 

 

IMG_4523_R.JPG

 

IMG_0546_R.JPG

 

 

 

IMG_4524_R.JPG

 

 

 

IMG_4525_R.JPG

 

 

 

IMG_4526_R.JPG

岩肌に咲く高貴な白い花

 

 

IMG_4528_R.JPG

がけっぷちに咲いているEdelweissを撮影している会長を、みなさん上から目線で通過していく。

 

IMG_0551_R.JPG

 

 

IMG_4529_R.JPG

 

 

 

IMG_4531_R.JPG

途中、Gruberscharteへ向けて降りていく。

 

IMG_4534_R.JPG

帰路は、Rosskopfの麓を通り。

 

IMG_4535_R.JPG

マーモットにも出会う。子連れのマーモット。

 

IMG_4537_R.JPG

ピーッ、ピーッと声がする。と、マーモットが。

この日は、日曜なのにホモサピエンスの数が少ない。と安心して出てくるのか?

 

IMG_4540_R.JPG

Mauritzalm(山小屋)で喉を潤し、下山し帰投することに。

 

IMG_0564_R.JPG

すると、なんと国道B181が渋滞、閉鎖せれていると。もうちょっと早めに知りたかった。

下山途中、ヘリコプター飛んでいたいのはそのためか。

追い越しをかけて失敗して対向車と衝突し車が4台大破。重症者は救急ヘリでMurnau事故病院へ搬送された人もいたとか。

 

IMG_0565_R.JPG

そして、落ち着いたと思ったまたその時、救急車両が・・・。

今度はAchenkirchの手前辺りで車が一台家に突っ込んだとか。

 

しかし、その後、国道B181号の閉鎖は解除。無事、遅れてしまったけれど、Gautingへ戻ることができ、そのまま中華料理を食べて解散。

 

*** 花シリーズはここから ***

 

IMG_0487_R.JPG

 

 

IMG_0488_R.JPG

 

 

 

IMG_0490_R.JPG

 

 

IMG_0491_R.JPG

 

 

IMG_0494_R.JPG

 

 

IMG_0495_R.JPG

 

 

IMG_0498_R.JPG

 

 

IMG_0499_R.JPG

 

 

IMG_0500_R.JPG

 

 

IMG_0502_R.JPG

 

 

IMG_0503_R.JPG

 

 

IMG_0504_R.JPG

 

 

IMG_0505_R.JPG

 

 

IMG_0507_R.JPG

 

 

IMG_0508_R.JPG

 

 

IMG_0509_R.JPG

 

 

IMG_0514_R.JPG

 

 

IMG_0515_R.JPG

 

 

IMG_0517_R.JPG

 

 

IMG_0518_R.JPG

 

 

IMG_0524_R.JPG

 

 

IMG_0542_R.JPG

 

 

IMG_0543_R.JPG

 

 

IMG_0544_R.JPG

 

 

IMG_0548_R.JPG

 

 

IMG_0550_R.JPG

 

 

IMG_0553_R.JPG

 

 

IMG_0554_R.JPG

 

 

IMG_0555_R.JPG

 

 

IMG_0556_R.JPG

 

 

IMG_0558_R.JPG

 

 

IMG_0559_R.JPG

 

 

IMG_0561_R.JPG

 

 

 

 

 

 

Stubaital - Peiljoch 2676m  氷河の周りの花々

  • 2018.07.02 Monday
  • 18:46

2018年7月1日(日) 晴れ

 

Stubaitalの氷河を見に行ったルート(Peiljoch〜Sulzenauhuette〜Grawa Wasserfall)に咲く花。

(Peiljochの登山の様子、氷河見学ツアーはここから。)

 

シュトゥーバイタールに咲く高山植物です。お花好きの皆さん、お見逃しなく。

 

IMG_0074_R.JPG

青いAlpen-Fettkraut

葉っぱの上部がにちゃついて、小さな虫をつかまえて食べちゃいます。

 

IMG_0069_R.JPG

小さい、小さい花。

 

IMG_0067_R.JPG

夏のオーストリアでよく見かけるKopfiges Läusekraut

 

IMG_0066_R.JPG

アルペンローゼ

 

IMG_0065_R.JPG

Moos-Steinbrech

 

IMG_0064_R.JPG

Alpenglöckchen

 

IMG_0062_R.JPG

出ました、Gletscher-Hahnenfuß 2000m級の山以上でしか見られない。

 

IMG_0061_R.JPG

かわいい青色の、Klebrige Primel

Klebrige というからには、くっつくのかな? 匂いもいいそう。近づいてみなくて残念。

 

IMG_0060_R.JPG

団子のようなStengelloses Leimkraut

 

IMG_0059_R.JPG

上の方までたくさん咲いてます。

 

IMG_0058_R.JPG

花に小さな虫がたくさん。短い夏を精いっぱい生きてます。

 

IMG_0055_R.JPG

Gämswurz この花は今咲き始め。

 

IMG_0054_R.JPG

夏になると、この花の種類が多く咲きます。

 

IMG_0053_R.JPG

ここには赤いGletscher-Hahnenfuß この花好きだなあ。なんだかけなげな感じ。

 

IMG_0052_R.JPG

Primel

 

IMG_0023_R.JPG

咲き始めは色がきれい。Alpen-Wucherblume

 

IMG_0016_R.JPG

小さい、Hauswurzの仲間。

 

IMG_0012_R.JPG

Hornkraut

 

IMG_9994_R.JPG

Alpenrose の咲いている草原。岩場っていうのがしぶい。

 

IMG_9971_R.JPG

アルペンローゼの上の岩場に、一斉に並んだかわいいヒツジのお尻。

 

IMG_9969_R.JPG

みんな思い思いに下っていきます。

 

IMG_9968_R.JPG

山小屋が近づいてきました。

 

IMG_9963_R.JPG

山小屋の反対側にもアルペンローゼがきれいに咲いて。

 

IMG_9952_R.JPG

この青い色がきれいでした。

 

IMG_9951_R.JPG

Läusekraut

 

IMG_9947_R.JPG

もうちょっとしたら、もっと赤い色が映えたかも。

 

IMG_9945_R.JPG

天地創造のような土地に咲く、アルペンローゼ。

 

IMG_9944_R.JPG

最近珍しいハチが蜜を吸いに。

 

IMG_9943_R.JPG

ここにしか咲いてなかったリンドウ。綺麗な青です。

 

来週もお楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stubaital - Peiljoch 2676m  消滅前にもう一度、氷河を見に!

  • 2018.07.01 Sunday
  • 20:48

2018年7月1日(日) 晴れ

 

Stubaitalの氷河を見に。

IMG_0032_R.JPG

 

氷河の後退が急速に進んでいる模様。消えてなくなる前に、もう一度氷河の態を成している時に見に行こうと。

去年の7月16日の登山の時と比べてみるのも興味深いかなぁ?

 

IMG_0018_R.JPG

 

 

 

この日は、まずは初っ端確保Dresner Huetteで一杯?

そして、Peiljochへ登り、消えゆく氷河を展望してからSulzenauhuetteを経由してGrawa Wasserfallへ下りる、まぁ、言ったら定番ルート。

(Peiljochの高山に咲く花のシリーズはここから。)

 

 

IMG_0082_R.JPG

いえいえ、会長、新しいロープウェーができた関係か、道がDresdner Hütteに寄っていくコースに変更になって、そこから回り込んで橋を渡るようになってました。

とりあえず、ロープウェーで、Mittelstationまで行きます。

 

IMG_0081_R.JPG

Mittelstation見えてきました。

 

IMG_0080_R.JPG

出口がこんなにかっこよくなってました。

 

IMG_0079_R.JPG

向こうの新しくできたロープウェーも、もう動いている?

 

IMG_0078_R.JPG

昔の道の小さい橋には鎖がかかって、通行止めになってました。新しい道は、こちらのDresdnerhütteの前を通ります。

 

IMG_0077_R.JPG

なかなか素敵な、しっかりした作りの山小屋ですね。

 

IMG_0076_R.JPG

水が干からびちゃってますが、こんなかわいい小屋もおいてあります。

 

 

IMG_0075_R.JPG

こんないい天気の日に、子供たちを連れて遊びに来たかったなあ。

 

IMG_0073_R.JPG

なんだかいい感じの道。日本語をしゃべれるオーストリア人に遭遇。人がやさしい山の道。

 

IMG_0072_R.JPG

そして、ここから右にルートをとります。

 

IMG_0070_R.JPG

新しい橋はこんなに立派。昔の橋は、向こうの、Mittelstation の横。距離的には格段に向こうの方が近かったのですが。

 

IMG_0068_R.JPG

とんがった道しるべ。

 

 

IMG_0066_R.JPG

アルペンローゼがちょうど満開ちょっと前。

 

IMG_0065_R.JPG

耳がたれたウサギの目がお花になっちゃってる感じ?

 

IMG_0063_R.JPG

約一時間ほど、こんな楽しい道を登ります。

 

IMG_0057_R.JPG

ロープは張ってあるし、至れり尽くせり。石が積まれて道が作られたところは、ちょうど階段のようになってて、作りが丁寧。

 

IMG_0050_R.JPG

この、印のところを目指して登っていきます。楽しい〜。

 

IMG_0049_R.JPG

ところどころ、石が積み上げられています。

 

IMG_0047_R.JPG

こういうガラガラの石だと、積み上げたくなる気持ちもよくわかる?

 

IMG_0046_R.JPG

これこれ。丁寧な造りの、階段の様な登山道。あちこちがこうなっている。

 

IMG_0044_R.JPG

登りは大変だけど、あっという間に峠です。

 

IMG_0043_R.JPG

まだ少し雪が残ってる。

 

IMG_0042_R.JPG

 

 

IMG_0040_R.JPG

 

 

IMG_0039_R.JPG

 

 

IMG_0038_R.JPG

天国に近い道?なんだか景色がありがたい。

 

IMG_0036_R.JPG

氷河が見えてきました。

 

IMG_0035_R.JPG

2676mまで来ました。でもエーデルワイスは見つからない。ここは咲かないのかな。

 

IMG_0034_R.JPG

去年より、だいぶ変わってますね。

 

IMG_0033_R.JPG

まだ雪がとけ残っているせいかな?

 

IMG_0032_R.JPG

 

 

IMG_0031_R.JPG

 

 

IMG_0030_R.JPG

近くにいた人に、写真を撮ってもらいました。

 

IMG_0029_R.JPG

 

 

IMG_0027_R.JPG

 

 

IMG_0025_R.JPG

去年は氷の上を歩いている人がいましたね。

 

IMG_0024_R.JPG

 

 

IMG_0022_R.JPG

 

 

IMG_0021_R.JPG

 

 

IMG_0020_R.JPG

この辺り、かたまってAlpen-Leinkrautが咲いている。

 

IMG_0018_R.JPG

氷河の右側から、水がたくさん落ちていく。

 

IMG_0014_R.JPG

時たま、ガラガラと崩れる音がする。氷の上の岩も、落ちてきた?

 

IMG_0013_R.JPG

氷河とちょうど反対側。青の湖がある。

 

IMG_0011_R.JPG

積もった雪が、水に落ちて溶けていく。

 

IMG_0010_R.JPG

向こうの砂利が多い崖は、時折大きな音がして、崩れたりしている。

 

IMG_0009_R.JPG

では、この辺でお昼ごはんに。

 

IMG_0008_R.JPG

いい景色です。

 

IMG_0006_R.JPG

もうちょっとしたら、この辺の黒い雪や白い雪がとけて、地面がみんな見えてくるんだろうな。

 

IMG_0005_R.JPG

So, wie es am Anfang war

 

IMG_0004_R.JPG

雪の結晶は十年かけて、押されて溶けて凍って、氷河になるんだって。それが深く深く氷河の先に出て、またとけて雫となって新しい旅を始めるまで、500年の月日がかかるそう。

 

IMG_0003_R.JPG

Alpen-WucherblumeとBreitblättriges Hornkraut

 

IMG_0001_R.JPG

 

 

IMG_9999_R.JPG

氷河は1990年にはここまでありました。

 

IMG_9998_R.JPG

この辺りの岩場の色、いい感じです。

 

IMG_9997_R.JPG

まえに来た時は、この岩の上で温まりましたが、今日は冷たい。

 

IMG_9996_R.JPG

 

 

IMG_9995_R.JPG

少ない水の中に、オタマジャクシ。干上がる前に、雨が降るといいんだけど。

 

IMG_9993_R.JPG

アルペンローゼが咲き始めた草原の中、山小屋に向かいます。

 

IMG_9992_R.JPG

羊。

 

IMG_9990_R.JPG

青い湖に到着。色がきれい!

 

IMG_9988_R.JPG

 

 

IMG_9986_R.JPG

この辺は面白い石が一杯積み上げられている。

 

IMG_9985_R.JPG

 

 

IMG_9983_R.JPG

満開だと、真っ赤になるかと思いきや、おとなしい色合い。

 

IMG_9981_R.JPG

この向こうに山小屋が。

 

IMG_9980_R.JPG

 

 

IMG_9978_R.JPG

 

 

IMG_9977_R.JPG

 

 

IMG_9976_R.JPG

これまたとんがった道標。

 

IMG_9974_R.JPG

これは教会みたいな形。

 

IMG_9972_R.JPG

みんなこの左の上に集まった、羊のお尻に注目。

 

IMG_9970_R.JPG

腰に気をつけながらゆっくり下ります。

 

IMG_9969_R.JPG

 

 

IMG_9968_R.JPG

あれが山小屋。

 

IMG_9966_R.JPG

もうすぐ到着。

 

IMG_9965_R.JPG

新しくかけられた橋。

 

IMG_9964_R.JPG

Sulzenauhütteのメニュー。待ちに待った、泡の出るお飲み物タイムです。

 

IMG_9962_R.JPG

下山途中に白黒山羊発見。

 

IMG_9961_R.JPG

若いのも二頭ぐらいいて。

 

IMG_9960_R.JPG

 

 

IMG_9959_R.JPG

 

 

IMG_9958_R.JPG

 

 

IMG_9957_R.JPG

人気者になってます。

 

IMG_9954_R.JPG

滝の上の山小屋から、あっという間に下りてきました。

 

IMG_9953_R.JPG

 

 

IMG_9948_R.JPG

しぶきがすごい。

 

IMG_9947_R.JPG

 

 

IMG_9946_R.JPG

滝を見ながらちょっと休憩。

 

IMG_9942_R.JPG

 

 

IMG_9941_R.JPG

こんなモニュメントができてました。

 

IMG_9940_R.JPG

どうやって水はこの谷を形作っていったのでしょうか?

 

IMG_9939_R.JPG

三つの氷河がこの谷を形作るのに重要な役割を果たしました。

 

IMG_9938_R.JPG

形状

 

IMG_9937_R.JPG

Sulzenauの滝はどんな高さから落ちてくるでしょうか。

 

IMG_9936_R.JPG

200mの高さから、銀の矢を射るように力いっぱい底に向けて飛んでいって、緑のAlmの大地に届きます。

東アルプスで、一番の高さの滝に属します。

 

IMG_9935_R.JPG

 

 

IMG_9933_R.JPG

この山小屋の椅子や門は、木彫りで人が彫られてます。

 

IMG_9932_R.JPG

二匹しか見かけなかった牛。まだみんな登り切ってないのかな?

 

IMG_9931_R.JPG

上からのぞき込んでる御仁も。

 

IMG_9930_R.JPG

しっかりした足で、どこへでも行っちゃう。

 

IMG_9929_R.JPG

どんどん下りると、こんな板の道になります。

 

IMG_9927_R.JPG

ここに来ると息がしやすい。Wilde Wasser の滝のしぶき。

 

IMG_9925_R.JPG

ここから見ると、普通。でも反対側は、前にイスがあったところが流されたのか、支えの棒しかない!

 

IMG_9924_R.JPG

えええ。

 

IMG_9923_R.JPG

川の横に草を食む牛が数頭。

 

IMG_9922_R.JPG

この橋を渡って、朝、車を停めたところに戻ります。

 

IMG_9921_R.JPG

滝の右端や、ここら辺にも、流された木が残ってます。

 

IMG_9920_R.JPG

さあ、スペアリブをたべよう!と、ここから街の方に向かったら、レストランはまたまた休暇中。

仕方ないので先に進んだら、ヨッホベルグの先から渋滞に巻き込まれ、それを避けるために、コッヘルのレストランでご飯を食べることに。フランス料理が入ったような、タコサラダやエスカルゴ、カエルの足の料理もある面白いメニュー。でも入り口に書いてあったジンギスカン的料理の方が食べたかったかも。

いつも大自然が気持ちのいいシュトゥーバイタール。またぜひ来ましょう。

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM