Wettersteinhuette (Leutaschから)

  • 2019.06.23 Sunday
  • 22:48

2019年6月23日(日)晴れ

 

LeutaschのKlammからWettersteinhuetteまでの周遊楽々散歩ルート

 

前日のGrubigsteinからGartnerwandの縦走がまだ少し残る今日、ゆっくりとしながら山を満喫できるルートはと探し出した。

 

 

 

IMG_2706.JPG

さて、どちらに向かって進むのでしょうか。最初はこの橋を渡って、終点から進む感じになってましたが、途中で気づいて戻りました。

 

 

IMG_2705.JPG

でもその道はお花の宝庫。

 

IMG_2704.JPG

こんなに咲きます。

 

IMG_2703.JPG

1日駐車券は4ユーロ。

 

IMG_2702.JPG

Wettersteinhuette開いてます。

 

IMG_2701.JPG

クローバーの山バージョン。

 

IMG_2700.JPG

 

 

IMG_2699.JPG

 

 

IMG_2698.JPG

 

 

IMG_2697.JPG

 

 

IMG_2696.JPG

登りやすい道です。

 

IMG_2695.JPG

 

 

IMG_2694.JPG

 

 

IMG_2693.JPG

 

 

IMG_2692.JPG

 

IMG_2691.JPG

 

 

IMG_2690.JPG

天気が悪い時は動物が出るよ、と言っていたら、鹿が飛び出してきた。ちょうど私の視界の反対側。

中ちゃんだけが見られたというラッキーさ。

 

IMG_2689.JPG

食虫植物。これのピントを合わせるのが難しい。

 

IMG_2688.JPG

 

 

IMG_2687.JPG

道端にたくさんrプリムラが咲く。

 

IMG_2686.JPG

 

 

IMG_2685.JPG

 

 

IMG_2684.JPG

雨が降ってきました。

 

IMG_2683.JPG

 

 

IMG_2682.JPG

 

 

IMG_2681.JPG

 

 

IMG_2680.JPG

鉢植えのエーデルワイス発見。

 

IMG_2746.JPG

中ちゃんと会長。

 

IMG_1286.JPG

会長とみゆきさ。

 

IMG_2678.JPG

今植え替えしたとこです、という感じ。来年は根付いて出てくるかな。

 

IMG_2677.JPG

Wettersteinhuette到着。いいないいなメートル。

 

IMG_2676.JPG

晴れたら景色は綺麗そう。

 

IMG_2710.JPG

 

IMG_2675.JPG

美味しいスープ。雨の後であったまります。

 

IMG_2744.JPG

雲だいぶ切れてきました。

 

IMG_2674.JPG

チーズ団子のスープ。

 

IMG_2673.JPG

 

 

IMG_2672.JPG

 

IMG_2745.JPG

井戸で冷やしてます。

 

IMG_2671.JPG

景色は最高。

 

IMG_2670.JPG

そこから左手方向に進んでいきます。

 

IMG_2669.JPG

 

 

IMG_2668.JPG

 

 

IMG_2667.JPG

 

 

IMG_2666.JPG

 

IMG_2743.JPG

 

 

IMG_2665.JPG

 

 

IMG_2664.JPG

景色が絵はがきみたいでした。

 

IMG_2663.JPG

 

 

IMG_2662.JPG

 

 

IMG_2661.JPG

 

 

IMG_2660.JPG

 

 

IMG_2659.JPG

 

 

IMG_2658.JPG

リンドウの色はいつ見ても綺麗。

 

IMG_2657.JPG

 

 

IMG_2656.JPG

 

 

IMG_2655.JPG

 

 

IMG_2654.JPG

 

 

IMG_2653.JPG

 

 

IMG_2652.JPG

 

 

IMG_2651.JPG

 

IMG_2713.JPG

 

 

IMG_2649.JPG

 

 

IMG_2648.JPG

 

 

IMG_2647.JPG

 

 

IMG_2646.JPG

 

 

IMG_2645.JPG

 

 

IMG_2644.JPG

 

 

IMG_2643.JPG

水はとても綺麗。

 

IMG_2642.JPG

 

 

IMG_2641.JPG

 

 

IMG_2640.JPG

 

 

IMG_2639.JPG

 

 

IMG_2637.JPG

 

IMG_2732.JPG

 

 

IMG_2635.JPG

 

 

IMG_2634.JPG

 

IMG_1296.JPG

 

IMG_2715.JPG

 

IMG_2735.JPG

 

IMG_2734.JPG

 

 

IMG_2633.JPG

 

 

IMG_2632.JPG

突如現れた、Wollgrasの原っぱ。

 

IMG_2631.JPG

 

 

IMG_2630.JPG

 

 

IMG_2629.JPG

おしゃれなベンチ。

 

IMG_2628.JPG

 

 

IMG_2627.JPG

上り下りはそれほど大変ではなかったけど、距離が意外にあったので、足水。水温9度くらい?ものすごく冷たい。

 

IMG_2626.JPG

 

IMG_1282.JPG

 

 

IMG_2625.JPG

このいい天気で、景色が絵はがきみたいだとまた思ってしまった。

 

IMG_2719.JPG

でも、実はこんなにワタが飛んでいます。

 

IMG_2718.JPG

犯人は近くの木。雪みたいに降ってくる。さあ、美味しいご飯を食べて帰ろう !

 

 

別枠で花シリーズ

 

IMG_2749.JPG

 

 

IMG_2748.JPG

 

 

IMG_2747.JPG

 

 

IMG_2740.JPG

 

 

IMG_2738.JPG

 

 

IMG_2737.JPG

 

 

IMG_2733.JPG

 

 

IMG_2731.JPG

 

 

IMG_2730.JPG

 

 

IMG_2729.JPG

 

 

IMG_2727.JPG

 

 

IMG_2726.JPG

 

 

IMG_2724.JPG

 

 

IMG_2723.JPG

 

 

IMG_2721.JPG

 

 

IMG_2717.JPG

 

お疲れ様でした。

 

 

 

Wedastoa(Obere Wettersteinspitze 2297m)再び

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 22:56

2017年7月19日(水) 晴れ 午前中時々雷雨

 

Wedastoa (Obere Wettersteinspitze)へは、昨年の今頃(7月17日)、やすくんと会長の二人で登ったことがある。

会長はドイツへ来たばかりで少し時差ボケ気味で、途中のWettersteinterasse(なんちゃって名)で少し昼寝をしてから頂上へアタック。

IMG_4505_R.JPG

 

登る山がWedastoa、そして、平日ということで、参加希望者はげんちゃんだけ。

実はげんちゃん、合宿に参加できなくなり、いつでもいいので一緒に登りましょうという話をしていたことで、この日のWedastoaとなった。

お互い時間に融通が利く自営業の強味?

 

P7194284_R.JPG

Leutschへの分岐点にある駐車場。Mittenwaldの西端。

 

 

P7194286_R.JPG

晴の予報のはずが・・・。怪しい雲。

 

P7194287_R.JPG

Mittenwaldの街を覆い始めた怪しげな雲。

 

P7194288_R.JPG

Lauterseeを過ぎ、Ferchenseeへ向かいそこから登山ルートに入る。

 

P7194289_R.JPG

天気もつかも、という希望的観測を持って登山を進める。

 

P7194290_R.JPG

この休憩所から『Obere Wettersteinspitze』へ。

 

P7194291_R.JPG

登山道を進むうちに雲行きが怪しくなりパラパラと雨が降り始めた。

森の中の道だし、まだそれほど振り方もひどくないので雨具を出さずにすのまま進むと、今度は雹に。

うっひょうー!

途中、会長は雨具を出して装着したが、そのうち雹もやみ、頭上が少し明るくなる。

 

P7194292_R.JPG

げんちゃんは、濡れて水も滴るいい男になった!

 

P7194293_R.JPG

日が差してきた森の中の登山道。

 

P7194294_R.JPG

ここから更に3時間半のコースへ入る。

 

P7194295_R.JPG

Karwendel方面は黒雲でゴロゴロピカピカ中!

 

P7194297_R.JPG

Mittenwaldの街には雨。

Karwednelの山の上では稲妻。

 

P7194298_R.JPG

南へ目を向けると、Herzogstand、Heimgarten、Siemetbergは青空の下。

 

P7194299_R.JPG

頭上には雷雲、雷鳴。しかし、位置がずれているのが幸い。

 

P7194300_R.JPG

KarwendelからSoiernspitze方面へ雨雲が移動。雷鳴も稲妻もそっちへ。

 

P7194302_R.JPG

Karwendel上空が危険区域。WettersteinはOK牧場!

 

P7194303_R.JPG

雷雲は去った。ということでげんちゃんやる気満々!

 

P7194304_R.JPG

Benewand、Jochberg方面、相変わらず雲(苦悶)の下。

途中、下山してきた人たちに遭遇。

最初の二人は頂上からの下山途中。次の二人は、雷鳴に警戒しすぐに撤収して下山してきた。

最後の集団は、たぶんドイツ人ではない、やはり頂上からの帰りのようだった。

 

P7194305_R.JPG

雷雲がKarwendel方面へ流れ、雷鳴や稲妻もWetterstein方面にはないので、ひとまずは安心して登山を続ける。

チロルから雷雲が流れてこないことを祈りつつ・・・。

 

 

P7194306_R.JPG

しばらく登って、チロルから雷雲が流れてきそうなら折り返そうと思いつつ登り続ける。

Karwendel方面も青空が。

 

P7194307_R.JPG

ここらあたりからガラの道で歩きにくい道。

 

P7194309_R.JPG

標高はそれでも1800mには達していない。

 

P7194310_R.JPG

さっきの雷はどこへやら。

Karewendel山系の向こうにはBenewand、Hirschhoernl、Rabenkopf、Jochberg、FahrenbergからHerzogstand、そして、Heimgartenが。Walchenseeもチラリと。

 

P7194311_R.JPG

 

 

P7194312_R.JPG

ちょっと危なっかしい登山ルート。

去年、会長は非情にもやすくんの事を考えずこんなところを登らせたとは・・・。

 

P7194314_R.JPG

Alpenrose

 

P7194315_R.JPG

LauterseeとFernchenseeもきれいな碧色に。

 

P7194317_R.JPG

単なるGockenblumen。青がきれいだった。

 

P7194318_R.JPG

 

 

P7194319_R.JPG

カタツムリが岩にはりついて

この先、一休みできる場所なんちゃって名『テラス(Wettersteinterasse)』へでる。

 

P7194321_R.JPG

テラスの上で。

 

P7194322_R.JPG

テラスからMittenwaldの街をのぞき込む。

 

P7194324_R.JPG

さっきの天気がうそのように晴れ渡る。

 

P7194326_R.JPG

テラスから頂上の十字架を望む。

ここから先、3000メートルくらいは岩登りルートになる。それも、確保されたルートではないので危険一杯。

 

P7194327_R.JPG

正面真ん中がSoierngruppe。その向こうがSchafreuterがちょっと顔を出している。

 

P7194328_R.JPG

気を付けないと石をおとしてしまう。

この時間、登ってくる人はいないので、それほど神経質になる必要はないけれど・・・。

 

P7194329_R.JPG

『テラス』

 

 

P7194330_R.JPG

頂上の十字架がちらほら。

 

P7194331_R.JPG

四つん這いで登るので時間がかかる最後の二百メートル!

 

P7194332_R.JPG

 

 

P7194333_R.JPG

印(赤いマーク)も薄くなってしまい見えにくい。

そのため、ルートを外れてかなり危険な処を登る羽目になってしまった。

まるで、ルイス・トレンカ―の映画のようなところを。(Luis Trenker:Der Berg ruft のような)

 

P7194334_R.JPG

向こうはGarmisch-Partenkirchen方面。

ElmauやHaus Schachenも見える。

そして、AlpspitzeからZugspitze方面も。

 

P7194335_R.JPG

Berg Heil.

2297mの頂上到達。

 

P7194336_R.JPG


 

P7194338_R.JPG

向こうの山がZugspitzemassiv。

Alpspitzeもちょこっと見える。

 

P7194339_R.JPG

Garmisch-Partenkirchenの街

 

P7194340_R.JPG

Leutasch

 

P7194341_R.JPG

向こう越えた山々がInnsbruck方面。

 

P7194342_R.JPG

そして、一度は登りたいKarwendelのMittenwalder Höhenweg。

 

P7194343_R.JPG

 

P7194344_R.JPG

頂上の標柱。こっちはオーストリア。

 

P7194345_R.JPG

こっちはドイツ。

 

P7194346_R.JPG

頂上への最終ルート。

これから下山します。

 

P7194347_R.JPG

途中の岩の間からLeutaschを望む。ここは、覗かい方がいいかも。

 

P7194348_R.JPG

げんちゃん、ポーズ!

 

P7194349_R.JPG

なんとなく撮ってみた木。

 

P7194350_R.JPG

足元や手元の石に気を使いながら、お互い上下一直線にならないように、落石を起こさないように気を付けて順番に下りる。

 

P7194352_R.JPG

 

P7194353_R.JPG

人が多いと大変なことになるルート。

ま、こんなルートは誰でも来るようなルートではない。

 

P7194354_R.JPG

 

P7194356_R.JPG

 

P7194357_R.JPG

このすぐ下が「テラス」。

まずはここまで下りてくれば落石のリスクは低減。

 

P7194358_R.JPG

登るとき、ルートを見失い間違って危険なルートを登ってしまった所。

実は、これが正しいルートだったと。

 

P7194359_R.JPG

 

P7194360_R.JPG

 

P7194361_R.JPG

向こうにZugspitzemassivが。

 

P7194363_R.JPG

テラスの一部に火をたいた跡が。

夏至のお祭りに焚いたものかも。

 

P7194364_R.JPG

これが「テラス」の全貌。

ここまでならなんちゃって山岳狂会全員で来られる。そして、テラスでお茶もできる。

 

P7194365_R.JPG

 

P7194367_R.JPG

この花ピンボケ。よくわからないけれど気になったので。

 

P7194368_R.JPG

同じく

 

P7194369_R.JPG

岩場に咲く小さい花

 

P7194370_R.JPG

普通のGlockenblumen

 

P7194371_R.JPG

 

 

P7194372_R.JPG

このルートは杖を使って下りる。

テラスから上は杖は邪魔になる。

 

P7194374_R.JPG

 

 

P7194375_R.JPG

 

 

P7194376_R.JPG

雲がなくなったMittenwald上空

 

P7194377_R.JPG

ここが実質登山道開始の分岐点。

無事戻ってきました。

 

 

 

 

*******************

   以下、別のカメラで撮った写真を紹介

*******************

 

IMG_4469_R.JPG

 

IMG_4475_R.JPG

雷雨の後、道端にカエル

 

IMG_4478_R.JPG

雲は北東へ流れていく

 

IMG_4479_R.JPG

KarwendelとMittenwaldの街は雨。

その向こうのSoierngruppeへ雲は伸びていく。

 

IMG_4480_R.JPG

Wetterstein上空は晴れ間

 

IMG_4481_R.JPG

ミッテンヴァウルトの街に雨が降っている様子がわかる。

 

IMG_4482_R.JPG

 

IMG_4477_R.JPG

 

IMG_4543_R.JPG

 

IMG_4483_R.JPG

JochbergとHerzogstand

もう少し標高高くなるとWalchenseeも見えてくる

 

IMG_4484_R.JPG

Soiernspitze

 

IMG_4486_R.JPG

Walchenseeも見えてきた。標高1900m程度かな。

右川Benewand、Hirschhoernl、Rabenkopf、Jochberg、そして、Walchenseeを挟んでHerzogstand。

 

 

IMG_4489_R.JPG

天気は良くなった。雷の心配も取りあえずはなくなった。

 

IMG_4490_R.JPG

Lauterseeと手前にFerchensee

 

IMG_4491_R.JPG

 

 

IMG_4493_R.JPG

 

 

IMG_4497_R.JPG

Alpenrose

 

IMG_4499_R.JPG

アルペンでんでん虫。

日本ではこれから「云々虫」と書く!?

 

IMG_4487_R.JPG

 

IMG_4500_R.JPG

 

 

IMG_4506_R.JPG

Wedasota!

 

IMG_4507_R.JPG

向こうの山はZugspitzemassiv

 

IMG_4509_R.JPG

AlpspitzeからZugspitzeの頂上が見える

 

IMG_4510_R.JPG

 

 

IMG_4512_R.JPG

Wank

 

IMG_4514_R.JPG

Garmischの上はKramerspitze?

 

 

IMG_4515_R.JPG

Karwendel、Höhenweg

 

 

IMG_4516_R.JPG

Soiernspitze その向こうはSchafreuter

 

 

IMG_4517_R.JPG

Benewand

 

 

IMG_4518_R.JPG

 

 

IMG_4519_R.JPG

 

 

IMG_4520_R.JPG

2297mなんだけどね・・・

 

IMG_4495_R.JPG

 

 

IMG_4502_R.JPG

 

 

 

IMG_4504_R.JPG

 

 

 

IMG_4508_R.JPG

 

 

 

IMG_4522_R.JPG

 

 

 

IMG_4524_R.JPG

 

 

 

IMG_4526_R.JPG

 

 

 

IMG_4530_R.JPG

 

 

 

IMG_4532_R.JPG

 

 

 

 

IMG_4537_R.JPG

 

IMG_4527_R.JPG

 

 

 

IMG_4529_R.JPG

Haus Schachenが見える

 

 

 

IMG_4534_R.JPG

Soiernspitzeとその向こうはSchafreuter

 

 

 

IMG_4535_R.JPG

この先は岩登りルート

 

IMG_4536_R.JPG

 

IMG_4539_R.JPG

テラスから頂上を眺める

 

IMG_4540_R.JPG

 

 

IMG_4542_R.JPG

 

 

IMG_4544_R.JPG

Ferchenseeにおりてきた。

 

 

 

Wedastoa (Obere Wettersteinspitze 2297m)

  • 2016.07.17 Sunday
  • 23:16

2016年7月17日(日)曇り時々晴れ

 

Wedastoa(Wettersteinspitzeとも言う)は、会長的にはいつかは登りたいと思っていた山。

今回、他メンバーの都合もあり、結局Klettersteigはあきらめ、一人でもいいのでWedastoaへと心に決めていた。

 

そこへ、新メンバーやすくんが参加表明!会長の餌食となってしまった模様。

 

IMG_1735_R.JPG

 

 

今回のMittenwaldのFerchenseeからGemsanger(1975m)経由で登るルートは、会長の友達シュテファンお勧め。

曰く、「フェルヒェン湖から左へぐっと森へ入って、そのまま余裕ですすんで、ハイマツとガラの道を抜けてゲムズアンガーまで行けば、後は岩場をよじ登ればすぐ。簡単なルートだけど、眺めは最高。ミッテンヴァルト周辺、エルマウやツークシュピッツェやアルプシュピッツエはもちろん、天気次第じゃミュンヘンまで見渡せる。」

 

IMG_1678_R.JPG

MittenwaldからLeutaschへ行く途中のカーブにある駐車場は満車。もともと狭い駐車場。

今度は、少し奥へFerchenseeへ向かい猟友会の建物の裏側へ止めるといいという話も聞いた。

 

IMG_1679_R.JPG

木が・・・変な風に生えている。

 

IMG_1680_R.JPG

Lauterseeでは草刈り中

 

IMG_1681_R.JPG

Karwendelは雲の中。

Wedastoaの上は見えるけど・・・どうかな・

(木のガードレール)

 

IMG_1682_R.JPG

その向こうのSoierngebirgeにも雲が。

 

 

IMG_1683_R.JPG

ここから、Ferchenseeの手前から森の中の道を進む。

 

IMG_1684_R.JPG

 

IMG_1685_R.JPG

Obere Wettersteinspitzeまで5時間ちょい。

 

IMG_1686_R.JPG

先に進む登山者たちに追い越されながらも、一歩一歩踏みしめて。「ああ人生に涙あり」

結局、この日の最後の登頂者はなんちゃっての二人だった・・・。

 

IMG_1687_R.JPG

時々霧雨が。

しかし、太陽が照りつけることなく、案外楽な登山。

 

IMG_1688_R.JPG

 

 

IMG_1689_R.JPG

 

IMG_1690_R.JPG

シュテファンのような地元の人たちは、朝5時に登りはじめ10時には頂上到達。

そして、そのまま下山してLauterseeのビアガーデンで昼めし(というかBrotzeitというか)とビールで一杯というのが、定番だとか。

 

IMG_1691_R.JPG

 

IMG_1692_R.JPG

ここらあたりからKraxeln。いわゆるよじ登りスタイルでの登山が始まる。

 

IMG_1693_R.JPG

 

 

IMG_1694_R.JPG

 

 

IMG_1695_R.JPG

しかし、頂上はまだまだ。

会長の体調不良は相変わらず。しかし、まずはGemsangerまでを目指す。

 

IMG_1696_R.JPG

 

 

IMG_1697_R.JPG

今回、会長の時差ぼけが少し残っていたので、途中の休憩が頻繁で、頂上まで行けるのか心配だったが、なんとか。

やすくん、一人で登ってくれてもよかったのに、律儀に待っていてくれた。(やすくんにとっても

きれいな空気の中の至福の一服?)

 

IMG_1698_R.JPG

 

 

IMG_1699_R.JPG

 

 

IMG_1700_R.JPG

ここらへんが、精神的にきついルートだったような。

 

IMG_1701_R.JPG

空模様は相変わらず。雷雨だけはさけたい。

 

IMG_1702_R.JPG

 

 

IMG_1703_R.JPG

 

 

IMG_1704_R.JPG

時々青空も顔を出す。

 

IMG_1705_R.JPG

やっとこさGemsangerに到着。

 

IMG_1706_R.JPG

まずは一服。

会長は一休み。

 

IMG_1707_R.JPG

雲に覆われた頂上。しかし、十字架は見える。

 

IMG_1708_R.JPG

あそこまで標高差200mちょい。

Jetlag気味で、気分はもうリタイアの会長ではあったが、ここまで来たら。

夏だし、日が長いし、行けるとこまで行ってみることに。

それに数分でも草の上で横になって目をつぶったら楽になった。

 

IMG_1710_R.JPG

 

 

IMG_1711_R.JPG

頻繁に雲がきれて青空も。

 

IMG_1712_R.JPG

ここからは、すべてこんな感じの岩登りルート。

アルプシュピッツエと違い、ヴェッタアーシュタインにはワイヤーロープは張ってない。

(Nix fea Woachaoa)

 

IMG_1713_R.JPG

やすくん、初めてにしては岩のよじ登り技術はさえている!

 

IMG_1714_R.JPG

 

IMG_1726_R.JPG

 

IMG_1715_R.JPG

 

 

IMG_1716_R.JPG

時々こんな感じで高山植物が「こんにちは」。岩のよじ登りの楽しみの一つでもある。

 

IMG_1717_R.JPG

 

 

IMG_1718_R.JPG

 

 

IMG_1719_R.JPG

 

 

IMG_1720_R.JPG

頂上までは、あと半分(まだ半分?)

 

IMG_1722_R.JPG

 

 

IMG_1723_R.JPG

 

 

IMG_1724_R.JPG

 

 

IMG_1725_R.JPG

 

 

IMG_1726_R.JPG

 

IMG_1727_R.JPG

頂上は目の前。

 

IMG_1728_R.JPG

 

 

IMG_1729_R.JPG

頂上アタック前の小休止。

すぐそこに十字架があるけど、まずは呼吸と精神を整えてから。なんといっても岩場が油断できないので。

 

IMG_1731_R.JPG

 

 

IMG_1732_R.JPG

再び雲がかかってきた。

 

IMG_1733_R.JPG

ようこそ、ヴェッタアーシュタインシュピッツェへ!

 

IMG_1734_R.JPG

 

 

IMG_1735_R.JPG

あと一息。

 

IMG_1736_R.JPG

やったー!ついに到達。

 

IMG_1738_R.JPG

チロル側は雲で何も見えない。

携帯電話はオーストリアの電波を受信。

 

IMG_1739_R.JPG

バイエルン側は、雲がかかっているとはいえまだいい眺め。

まずは記念写真を。

本日2016年7月17日日曜日の最後の登頂者は、なんちゃって山岳狂会のやすくんと会長であった。

頂上本にも記帳をすませ、ビニール袋がボロボロで防水効果なくなってたので、会長の弁当の入っていたビニール袋に取り換えてもとに戻しておいた。

 

IMG_1741_R.JPG

晴れ間が広がり始めた頂上からの眺め。

 

IMG_1743_R.JPG

この時間登ってくる人はいない。

 

IMG_1744_R.JPG

会長からの提案:

今度は午後から登りはじめ、Gemsanger(下の芝生のところ)で野営をして、早朝登頂してKarwendelからのご来光を見よう!

 

IMG_1745_R.JPG

午後3時過ぎに登頂し、頂上を満喫する。

あまり遅くなってもいけないので午後3時40分下山開始。

 

IMG_1747_R.JPG

もちろん、新鮮なきれいな空気を一杯吸い込んで!

Berg Heil !

 

IMG_1748_R.JPG

下山は、さらに細心の注意を払う必要があるので、すいすいとは下りていけない。

 

IMG_1749_R.JPG

Ferchensee

 

IMG_1750_R.JPG

Soiernspitzeも見えてきた。

 

IMG_1751_R.JPG

向こうには、雲の掛かったZugspitzeやAlpsitze、そしてShcachenhausも見える。

 

IMG_1752_R.JPG

 

 

IMG_1753_R.JPG

 

 

IMG_1754_R.JPG

 

 

IMG_1755_R.JPG

 

 

IMG_1756_R.JPG

 

 

IMG_1757_R.JPG

Mittenwalder Hoehenwegも雲がとれてくっきりと見えてきた。

久しぶりに再挑戦してみたい。

 

IMG_1758_R.JPG

 

晩飯はMittenwaldの町の中で。例のAlpenroseで。

この日はZitterのライブ演奏が。

 

念願かなった会長、満足のいく長い一日でした。

あきらめずに頂上を目指してよかった。

そして、そんな会長に付き合ってくれたやすくんにはありがとう。

懲りずに、登山のバリエーションを増やし楽しんでください。

 

では、夏合宿参加メンバーのみなさんとは、22日の夜にMalsのBiohotel Panoramaでお会いしましょう。

 

 

Mittenwald - Hoher Kranzberg und Christkindlmarkt

  • 2015.12.20 Sunday
  • 15:57
2015年12月20日(日)晴れ

Mittenwald(またはMittnwoid)〜 Hoher Kranzberg(1391m)

クリスマス気分ももう大詰めを迎え、なんちゃって山岳狂会にとっては老地方(例の所)でもあるMittenwaldでもクリキン開催。
この日のなんちゃって山岳狂会では、しんちゃんとみゆきさの二人でMittenwaldのクリキンと雪のないホーアークランツベルグ(Hoher Kranzberg)へ。この時期、麓で積雪ゼロというのはMittenwald辺りでも珍しいこと。ましてや、標高1391mとはいえHoher Kranzbergに雪がないこともいとめずらし。

そして、この時期、他のメンバーはクリスマス休暇とかで欧州各地へ散らばっていた模様。もし仕事で飛び回ってるメンバーがいたら済みません!

IMG_5088_R.JPG
カーベンデルもこんなにきれいな天気です。久しぶりのホーエアクランツベルグ。

IMG_5089_R.JPG
小春日和の市街地。
山へ登る前に少し屋台を下見。

IMG_5090_R.JPG
クリキンをバックに。昔彫り始めたところだった木の像がもう完成してました。

IMG_5091_R.JPG
本物のヒツジもクリキンに参加。

IMG_5092_R.JPG
まだ日も高いのにこんなにお客様が。

IMG_5093_R.JPG
クリキンを通り過ぎて山の方に向かいます。

IMG_5094_R.JPG

IMG_5095_R.JPG
平面のクリッペ。

IMG_5096_R.JPG
民家の前もクリスマスの飾りで素敵。

IMG_5097_R.JPG


IMG_5103_R.JPG
Karwendelの上の方、標高2000mから上辺りには積雪が見える。が、かなり少ない。
Mittenwalder Hoehenweg行けそうだねぇ〜。

IMG_5104_R.JPG
頂上のこの人だかりは何!?
あまりのいい天気で、皆さん山登りの後、お日さまを楽しんでました。

IMG_5108_R.JPG
さて、ちょっと日光浴を楽しんだ後、先に進みます

IMG_5109_R.JPG
あそこが頂上です。

IMG_5110_R.JPG
森の中を普通に下りていきます。積雪なし。

IMG_5111_R.JPG
雪割草がここでももう咲いています。

IMG_5112_R.JPG

IMG_5113_R.JPG
下の湖に出たところに、こんな小屋ができていました。

IMG_5114_R.JPG
湖の周りにも、登山者や散歩をしている人たちが。

IMG_5115_R.JPG
寒いのか寒くないのかわからない今年の冬。

IMG_5117_R.JPG

IMG_5118_R.JPG
温暖化で藻がたくさん生えてきた川。昔はもっと澄んだ水だったのですが。


IMG_5123_R.JPG
ミッテンバルドの街が見えます。

IMG_5124_R.JPG
滝を通る道を下ります。

IMG_5125_R.JPG
滝の横のマリア像。

IMG_5127_R.JPG

IMG_5128_R.JPG
岩のところにマリア像が。

IMG_5129_R.JPG
下まで下りて街に出ました。山が光ってます。

IMG_5130_R.JPG
町の中央の教会が見えています。

IMG_5131_R.JPG
こんなミッテンバルドらしいベッドカバー。ここから街へ戻ってクリキンを見ます。

IMG_5132_R.JPG
クリキンの木工職人の店。997ユーロは超高くない?

IMG_5133_R.JPG
夕方になって、人が増えてきました。

IMG_5134_R.JPG

IMG_5136_R.JPG
バイオリン博物館に行ってみました。受付ではこんなかわいい皮のネックレスも売っています。
このお姉さんが作ったんだって。

IMG_5137_R.JPG

IMG_5138_R.JPG

IMG_5139_R.JPG

IMG_5140_R.JPG

IMG_5141_R.JPG

IMG_5142_R.JPG

IMG_5143_R.JPG
この陶器屋さんでいつも湯のみ茶碗を買います。
今年もひとつ割っちゃったので、即購入。

IMG_5144_R.JPG
こんなおもしろい石鹸もあります。意外に高価。

IMG_5145_R.JPG
若者がいっぱいたむろってます。

IMG_5146_R.JPG



IMG_5148_R.JPG
エーデルワイスを付けた帽子をかぶったお兄さん。

IMG_5149_R.JPG



IMG_5153_R.JPG
こじんまりしてかわいいクリキン。

IMG_5155_R.JPG
駅前の駐車場に戻りました。頂上あたりが夕焼けで染まり始めています。
昔苦労して登っていた山道ですが、なんだか物足りないくらいあっさり登れてしまった今日。
2016年もなんちゃってをよろしくお願いします。
来年もまたみんなで元気に登りましょう!




 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM