Jochberg 久し振りのホーム登山

  • 2019.03.03 Sunday
  • 22:01

2019年3月3日(日) 晴れ

 

今日は桃の節句。

ひな祭りは山の上で。

だったら、なんちゃって山岳狂会のホームの山、ヨッホベルグだ!と言うことでJochbergへいつものルートで。


 

IMG_7984.jpg

 

頂上の十字架の飾り(?)は、これはチベットのシンボルとしてチベット解放を祈願しているのか?

チベットは山岳国だし。山は(だけじゃなく)自然にも近く自由な世界。自己責任の世界?そう、他人にあれこれ言われる筋合いはないのかな。勿論、山の決まりは守らないと。(ゴミも含めて自分の持ち物は捨てないで持って下山する等)

所々の頂上でもチベット風の飾りつけは見かけるが、ここは昔はなかったなぁ。

 

IMG_7983.jpg

 

ヨッホベルグは、当狂会のホームグランド的山。もちろん、ミュンヘンのハウスベルグ(Hausberg)、つまりホームグランド的な山という事で、家族にも散歩程度でも気楽に登れる人気のある山。

 

IMG_7982.jpg

 

頂上からはミュンヘン市方面、そして、Karwendel山系やMieminger山系などのバイエルンアルプスの山々も一望できる。

 

IMG_7981.jpg

 

夏には放牧場になり、頂上にも牛の群れが。

 

IMG_7980.jpg

 

IMG_7978.jpg

 

旗信号?ならぬ、ソリ信号!「積雪状況は良好!」

 

IMG_7977.jpg

 

 

IMG_7976.jpg

 

IMG_7975.jpg

 

IMG_7974.jpg

 

 

IMG_7973.jpg

 

 

IMG_7972.jpg

雪山標準装備のみゆきさ

 

 

そんなヨッホベルグへはいつものKesselbergから登山開始。

 

IMG_7970.jpg

 

早く着いたのに、もちろん下の駐車場は満杯。橋の横の駐車場の端の端にスペースを見つけて駐車。早速登りはじめると、向こう側、Herzogstandに行く道は登山客がいっぱいでびっくり。

 

IMG_7969.jpg

 

 

IMG_7968.jpg

 

なぜ今日はこんなに人気か、と思っていたら、外国人四人組は戻ってきて、こちらの山を登りだした。

 

IMG_7967.jpg

 

小さなSchluesselblume。

 

IMG_7966.jpg

 

雪割草もつぼみをもたげている。

 

IMG_7965.jpg

 

The 山、という感じのHerzogstand方面。

 

IMG_7964.jpg

 

ここにも雪割草。先週までまだドカ雪が残っていたバイエルン。地面の下では確実に春になる用意が済んでいたんですね。

 

IMG_7963.jpg

 

 

IMG_7962.jpg

 

IMG_7961.jpg

 

簡易アイゼンつけると、やっぱり滑らなくて楽チン。

 

IMG_7960.jpg

 

 

IMG_7959.jpg

 

 

IMG_7958.jpg

 

 

IMG_7957.jpg

 

 

IMG_7956.jpg

 

 

IMG_7955.jpg

 

久しぶりに登るので、筋肉が痛くなってくる。

 

IMG_7954.jpg

 

ヴァルヘンゼーが木々の間から顔を出す。

 

IMG_7953.jpg

 

IMG_7952.jpg

 

いつ見ても綺麗な深い青の湖。

 

IMG_7951.jpg

 

今日の雪質は少し固め。

 

IMG_7950.jpg

 

 

IMG_7949.jpg

 

まだかなり積もっているので、動物は見かけない。

 

IMG_7948.jpg

 

 

IMG_7947.jpg

 

 

IMG_7946.jpg

 

いつもの飲み水が流れてきているところ。完璧にまだ雪に隠れている。

 

IMG_7945.jpg

 

 

IMG_7944.jpg

 

Kochelsee

右手奥側の出っ張りのところに、Triminiという塩のプールとサウナがある。とっても気持ちいいので、超おすすめ。日曜はファミリーデーで水着着用可。でも、塩のプールの所は裸しかダメなので、要注意。

 

IMG_7943.jpg

 

 

IMG_7942.jpg

 

景色のいいいつもの場所も、雪で埋もれてどこから崖かわからない。あまり向こう側へは行かずに、記念撮影。

 

IMG_7941.jpg

 

木の幹の側は自然に雪が溶けて穴になっている。

 

IMG_7940.jpg

 

もうすぐ森から脱出。

 

IMG_7939.jpg

 

 

IMG_7938.jpg

 

頂上まで、なんだか道じゃないところの道を進む。雪で埋もれて、なんとなく歩いた道をみんなが歩いてる感じ。

 

IMG_7937.jpg

 

 

IMG_7936.jpg

 

ここからのヴァルヘンゼーの景色はいつも最高。

 

IMG_7935.jpg

 

ちょうど島の真上に位置する山が、シャーフロイター。

 

IMG_7934.jpg

 

 

IMG_7933.jpg

 

一番右の頂上がHerzogstand。

 

IMG_7931 2.jpg

 

 

IMG_7930.jpg

 

 

IMG_7929.jpg

 

 

IMG_7928.jpg

 

 

IMG_7927.jpg

 

山小屋は雪に埋もれている。

 

IMG_7926.jpg

 

一部溶けてぬかるんでいる。

 

IMG_7925.jpg

 

 

IMG_7924.jpg

 

 

IMG_7923.jpg

 

もう直ぐ頂上。

 

IMG_7922.jpg

 

 

IMG_7921.jpg

 

 

IMG_7920.jpg

 

 

IMG_7919.jpg

 

 

IMG_7918.jpg

 

雪が風でウエハース状に。

 

IMG_7917.jpg

 

天気のいい雪山最高。

 

IMG_7916.jpg

 

 

IMG_7915.jpg

 

 

IMG_7914.jpg

 

頂上にきました。

 

IMG_7913.jpg

 

 

IMG_7912.jpg

 

 

IMG_7911.jpg

 

風は少し強め。でも太陽が当たって暖かい。

 

IMG_7910.jpg

 

案内板もこんなに埋もれている。

 

IMG_7909.jpg

 

Benediktenwand方面もまだ雪。

 

IMG_7908.jpg

 

お弁当。

 

IMG_7907.jpg

 

グライダーが飛んできた。こっちの写真では雲と重なってちょっと見えにくい。

 

IMG_7906.jpg

 

 

IMG_7905.jpg

 

 

IMG_7904.jpg

 

 

IMG_7903.jpg

 

 

IMG_7902.jpg

 

Benediktenwandは1801mのはず。いつから2m低くなったんだ?その三つ横、Baumgartenschneidは前に大雪の時に目指したTegernseeのRiedersteinの続きにある山。こちらも1448mのはずなんだけど。

 

IMG_7901.jpg

 

WallbergもTegernsee。

 

IMG_7900.jpg

 

今年も行きたい、エーデルワイスの咲くRofanspitze。

 

IMG_7899.jpg

 

Engのおなじみ、Sonnjoch、Lamsenspitze、エーデルワイスを見つけた元祖、Gamsjochも見えている。

 

IMG_7898.jpg

 

実物のSchafreuter、Lamsenspitze、Gamsjoch。綺麗に見えている。

 

IMG_7897.jpg

 

 

IMG_7896.jpg

 

真ん中あたり、Soiernspitze、横にWestliche Karwendelspitze。

 

IMG_7895.jpg

 

Kochelの駅からバスはヴァルヘンゼーを通って、Mittenwaldへ。

 

IMG_7894.jpg

 

これはWendelstein?

 

IMG_7893.jpg

 

さて頂上を満喫して、下山開始。

 

IMG_7892.jpg

 

湖が、まだまだ綺麗に木陰から見える。

 

IMG_7891.jpg

 

と、向こうから見知った影が。

今日、冬山まだちょっと、ということで棄権したファミリーとばったり遭遇。

頂上付近、かなりぬかるんでいたので、ここから下山して、一緒にケーキ食べに行くことに。

 

IMG_7890.jpg

 

 

IMG_7889.jpg

 

もうしっかり山登りができるお兄ちゃん。

 

IMG_7888.jpg

 

 

IMG_7887.jpg

 

 

IMG_7886.jpg

 

 

IMG_7885.jpg

 

アイゼンをどこで外すか、微妙な雪の溶け具合。

 

IMG_7884.jpg

 

明後日がファッシングなので、こんなツノつけた仮装のお兄さんも登場。頂上近くでは、なぜがネギ持った若者のグループがいたりしたし。

 

IMG_7883.jpg

 

雪の道の端に、ズボッとはまり込んだ足跡が三つ。かなり深い。

 

IMG_7882.jpg

 

 

IMG_7880.jpg

 

 

IMG_7879.jpg

 

子供部隊がいるので、後ろから来る人に先に行ってもらう。

 

IMG_7878.jpg

 

で、また歩き出す。

 

IMG_7877.jpg

 

そろそろアイゼン外して、もうすぐ駐車場に着きます。

 

IMG_7876.jpg

 

雪割草が暖かな日差して、綺麗に開花。

 

IMG_7875.jpg

 

もうすぐ森を青く染めます。

 

IMG_7874.jpg

 

アイゼン外すと現れる、凍った道。気をつけて!

 

IMG_7873.jpg

 

ぬくぬく。

 

IMG_7872.jpg

 

ここまで来ると、お疲れ様でした、って感じ。

 

IMG_7871.jpg

 

駐車場が見えました。

 

IMG_7870.jpg

 

雪割草に見送られて。

 

IMG_7869.jpg

 

橋の方に停めたので、あともうひと踏ん張り。

 

IMG_7868.jpg

 

んで、みんなでBenediktbeuernの修道院のカフェーでケーキをいただく。

私はシナモンがかかったホットチョコレートとみかんが乗ったチーズケーキ。これがなかなか美味。

 

IMG_7985.jpg

 

中ちゃんの、さくらんぼの入ったチーズケーキもおいしそう。

ここは、平日は自然食品や野菜を扱っているお店があったり、ビアガーデンもあります。また来ましょうね!

 

 

 

 

Neureuthaus am Tegernsee

  • 2019.02.24 Sunday
  • 22:57

2019年2月24日(日) 晴れ

 

ん〜今度はどこへ行こうか、と言ういつもの悩み?

会長もやっと日本へ帰って行ったし、これでゆっくりとした登山を楽しめるって!?

 

まぁ、雪もたくさん残っているみたいだし、無理のない楽しい「雪上トレーニング」プラス「ビール」の登山だぁ〜!

 

IMG_7852.jpg

 

こんなにいい天気に、山に行かない手はない。もちろん、山小屋を目的地に。

 

IMG_7851.jpg

喉乾いた〜。(「ビール!ビール!」というかけ声が後ろから聞こえるような)

 

IMG_7850.jpg

Zum Wohl !

 

IMG_7849.jpg

ピースッ!

 

IMG_7848.jpg

コーラで乾杯

 

ここまでの道のりは・・・長かった〜!

 

標高1246mのNeureuth。Tegernseeテーガンゼー湖を望む、乳母車でも登れるという家族に優しい山。

とは言え、周遊はできないかな。それから、登りはかなり傾斜のあるルートできついみたい。

 

実際はどうなんだろうか?

 

IMG_7847.jpg

 

駐車場に車を停め、星二つ、のNeureuthausへ。 どちらに進むか、道を聞いても、こっち行けばいいと思うけど、って、みんな知らない?

なんとなく開拓して進んでみる。

 

IMG_7846.jpg

 

いい天気で、景色も最高。

 

IMG_7845.jpg

 

湖の色も、青空を映して、とてもきれい。

 

IMG_7844.jpg

 

 

IMG_7843.jpg

 

大雪の時にみんなで行ったレストランのある教会が、湖畔に見えている。

 

IMG_7842.jpg

 

大雪で見事に倒れた木や枝葉が、雪の上に散らばっている。

 

IMG_7841.jpg

 

歩くと暑くなるので、上着をしまう。ここからは先は雪が残っているので、アイゼンつけて。

 

IMG_7840.jpg

 

滑らないようにね。

 

IMG_7839.jpg

 

 

IMG_7838.jpg

 

IMG_7837.jpg

 

雪で倒れた木の上に雪が積もって、その先でまた木が倒れている。今年の大雪のすごさを物語っている。

 

IMG_7836.jpg

 

 

IMG_7835.jpg

 

あれー鼻水が出たー。

 

IMG_7834.jpg

 

って、つららで遊んじゃいました。

 

IMG_7833.jpg

 

手で握っていると、溶けて滑って、ツララがエレベーターに乗ったようにつるっと上がる。

 

IMG_7832.jpg

 

こんな大きいのでも試してみよう。

 

IMG_7830.jpg

 

よく歩けるようになったね〜。

 

IMG_7829.jpg

 

 

IMG_7828.jpg

 

 

IMG_7827.jpg

 

表面は一度凍って硬いけど、中の方は柔らかいので、時々思いっきりズボッとハマる。

 

IMG_7826.jpg

 

気をつけて気をつけて。

 

IMG_7825.jpg

 

倒れた大木の下は雪が溶けて、穴になっている。子どもを怖がらせようと、この下には大きな動物が住んでいて、もう直ぐ出てくる〜って。

 

IMG_7824.jpg

 

これはウサギの足跡かな?

 

IMG_7823.jpg

 

バキバキに折れた木があったり、なかなか凄まじい。

 

IMG_7822.jpg

 

こんなになった森を見たことないくらい、枝葉が落ちている。

 

IMG_7821.jpg

 

森を抜けます。

 

IMG_7820.jpg

 

 

IMG_7819.jpg

 

なんだか典型綺麗な雪景色。

 

IMG_7818.jpg

 

この先、もう山小屋が見えています。

 

IMG_7817.jpg

 

帰りはここでそりができるかな?

 

IMG_7816.jpg

 

 

IMG_7815.jpg

 

山小屋を目指す人が次から次から。

 

IMG_7814.jpg

 

IMG_7813.jpg

 

IMG_7812.jpg

 

山小屋手前にチャペルが。

 

IMG_7811.jpg

 

ここも戦没者のための礼拝堂らしい。

 

IMG_7810.jpg

 

お支払いはキャッシュオンリーの山小屋です。

 

IMG_7809.jpg

 

喜劇役者、カール・ファレンティン曰く、そんなに酔っ払うなよ、どうせ飲むならビールにしときな!って。でもビールもアルコールだし。

 

IMG_7807.jpg

 

山小屋から見る景色も綺麗。

 

IMG_7806.jpg

 

向こうの道はそりの道らしい。

 

IMG_7805.jpg

 

Bayerischzell方面の山々。

 

IMG_7804.jpg

 

IMG_7803.jpg

 

IMG_7802.jpg

 

IMG_7801.jpg

 

IMG_7800.jpg

 

IMG_7799.jpg

 

IMG_7798.jpg

 

IMG_7796.jpg

 

しんちゃんと、手塚っちと死ぬ思いで登った、Bayerischer Schinderも見えました。

 

IMG_7797.jpg

 

IMG_7795.jpg

 

これこれ。なかなかすごいとこでしたね。

 

IMG_7794.jpg

 

 

IMG_7793.jpg

 

知らないうちに、こんな針のような木の破片が突き刺さってました。こわ〜。

 

IMG_7792.jpg

 

さてゆっくりした後、下山する頃には雲が出てきました。

 

IMG_7791.jpg

 

 

IMG_7790.jpg

 

もう一度アイゼンつけます。

 

IMG_7789.jpg

 

IMG_7788.jpg

 

 

IMG_7787.jpg

 

まだまだたくさんの人が登ってきます。

 

IMG_7786.jpg

 

 

IMG_7785.jpg

 

こっちの道も、野越え山超え。

 

IMG_7784.jpg

 

で、なんとみゆきさの合唱団のメンバーと遭遇。またあしたね。

 

IMG_7783.jpg

 

 

IMG_7782.jpg

 

 

IMG_7781.jpg

 

朝の綺麗な湖の色とはまた別の色。

 

IMG_7780.jpg

 

IMG_7779.jpg

 

降りるのは早い。

 

IMG_7778.jpg

 

 

IMG_7777.jpg

 

ちょうど、行きの一つ下の道を降りてきた感じ。

 

IMG_7776.jpg

 

面白いお宿があります。

 

IMG_7775.jpg

 

正面の雪が積もっているところが、Baumgartenschneid。大雪の時に行った、Riedersteinの先にある山です。

 

IMG_7774.jpg

 

面白い人名の道。Olaf Gulbranssonはノルウエーのオスロで生まれ、Tegernsee近郊のSchererhofでなくなった、挿絵画家。息子さんは建築家で、この近辺に1950年代60年代、数々の教会を建築。

 

さて、このNeureuthaus、Tegernseeの景色を堪能するのにはとてもいいコース。しかも、登り一時間半ほど。ちょっと登って、山小屋でくつろいで、というのにお勧め。Tegernsee駅からも直接来られます。また是非訪れたいルートですね。

 

ちなみに、山小屋1番のおすすめはやっぱり、Ederkanzel。だって、一時間ちょっとで登れて、ご飯が最高に美味しいんだもの。胃袋を掴まれる、というのを身を以て体験したみゆきさなのでした。

ではまた次週。

 

 

 

 

 

Hoernle (Bad Kohlgrub〜Unterammergau)

  • 2019.02.14 Thursday
  • 21:29

2019年2月14日(木)晴れ

 

Bad KohlgrubからHoernle(Hörnle)へ。帰り(下山)はUnterammergauへ。

堅気の皆さん仕事の日、会長はゲンちゃんと二人で登山。

 

電車でゆったりいける山は?そして、ゲンちゃんも会長も登ったことのない山は?

それがHoernle。まぁ、みゆきさたちは何回か登った事あるけど。

 

ちょっと早めに出発。

 

01.jpg

 

04.jpg

Bad Kohlgrub着

 

02.jpg

登山口までかなり歩くことになるので・・・時間に余裕が必要になるのかな。

 

03.jpg

 

09.jpg

 

 

05.jpg

街の中を散策しながらリフト乗り場の駐車場を目指す。

 

07.jpg

 

06.jpg

 

08.jpg

ここから登山道。

ソリのルートでもあるので除雪はされていない。カンジキあると歩きやすいのに。

 

10.jpg

青色のプラスチックのハサミのようなものは、苗木の芽を守るための保護ピン(?)

 

11.jpg

スキーで登って滑っておりてくる人もかなり。というかほとんどがそういう人たち。

 

12.jpg

 

13.jpg

途中、ゲレンデから登山道へ。

 

14.jpg

そして、今度はリフトの配置されたゲレンデへ出たら、そこを通ってさらに登山道が続く。

 

15.jpg

 

16.jpg

Bad Kohlgrubの街を望む

 

17.jpg

登山道をソリを引っ張りながら登る人たち。

 

18.jpg

 

19.jpg

 

20.jpg

下のHoernle。リフトの終着駅。

 

21.jpg

 

22.jpg

 

23.jpg

 

24.jpg

 

25.jpg

 

26.jpg

足元ちょっと不安だけど、奥Hoernleを目指そう。

 

27.jpg

 

28.jpg

 

29.jpg

見た目、歩きやすい感じの道。

しかし、ほとんどがスキーやカンジキで歩いた跡・・・。

 

30.jpg

これを見ると、やはり雪深い・・・わなぁ。

 

31.jpg

 

32.jpg

Zugspitzeも見える

 

33.jpg

やっと頂上

 

34.jpg

ゲンちゃん、お疲れ〜

ちょうど昼時。

昼飯にしようぜ!

 

35.jpg

中Hoernleを、向かって右側の森の中を抜けてきた。

 

36.jpg

 

37.jpg

 

38.jpg

Berg Heil!

 

39.jpg

 

40.jpg

 

41.jpg

 

42.jpg

 

43.jpg

 

44.jpg

 

45.jpg

ゲンちゃんのLeberkassemmeと会長のおにぎりを交換。

 

46.jpg

第一次と第二次世界大戦時の戦没者慰霊碑としての十字架。

国としては(侵略戦争の)反省と謝罪を行い、地元では(ある意味英霊として)慰霊を。

地元の仲間、親兄弟にしてみたら当然。国としての一貫した態度があるかないかで国際社会の立場も変わる?

勝てば官軍とは言え・・・。

 

47.jpg

 

昼飯終わってちょっと頂上を満喫。

頂上の先客たちとも世間話をした後、Unterammergauへ下りることに。

 

48.jpg

 

49.jpg

 

50.jpg

 

51.jpg

OberammergauとKofelも。

 

52.jpg

 

53.jpg

とは言え、雪が積もって道がわかんない。

 

54.jpg

Unterammergauへおりてきた。

Kofelが見える。

そのまま、Unterammergauの街の中へ。平日だし店を探しながら散策。珈琲屋かコーヒー飲める店探したけれど・・・。

Tante-Emma-Ladenが一軒!

 

55.jpg

 

56.jpg

人懐っこい猫が寄ってきて、会長、戯れる。

会長:帰国後、翌日夢に出て来た・・・ような気がする。この猫だったのかどうか、ちょっと定かではないけれど、なんとなく・・・。

 

57.jpg

 

58.jpg

Oberammergauの受難劇は、2020年。

2010年、Kofelの頂上から受難劇を聴いたなぁ。

ナベちゃん、ゲンちゃん、みゆきさと。あの頃はちょくちょくKofel登ってたねぇ。

 

59.jpg

 

60.jpg

Unterammergau駅

 

61.jpg

この電車がOberammergauから折り返してくる列車。

ゆったりとした雪山歩き。

 

「後日談」は、機会をみてゲンちゃんにきいてくれ! Berg Heil!

Kramerplateuweg St. Martin am Grasberg

  • 2019.02.10 Sunday
  • 20:42

2019年2月10日(日) 晴れ

 

さぁ、Kramerwegplateuwegを。

ただ、今回参加のヒロさんは、シンデレラのように夕方5時にはミュンヘンに戻ってないといけないという縛りが。

ま、そんなわけでKramerwegplateuwegをいけるとこまで行って時間が来たらおりかえそうと。途中、山小屋で食事すると。

 

出発地点は昨日と同じ、Pflegersee途中の駐車場。

 

IMG_7199.jpg

今日はそり持参のみゆきさ。果たしてソリは使えるのでしょうか。

 

IMG_7200.jpg

昨日の駐車場から、今日は左に進んで行きます。

 

IMG_7204.jpg

このプラトーヴェーグは地元の人の散歩コースらしく、かなり雪が踏み固められている。

 

IMG_7205.jpg

今日も晴れるかな?

 

IMG_7206.jpg

 

 

IMG_7209.jpg

夏にはきっと喉を潤すであろう湧き水。

 

IMG_7213.jpg

座ってくつろげるこんなベンチが。きちんと雪解けもされて。

 

IMG_7218.jpg

この道は日当たりもいいようで、斜面は緑がこんなに見えているところもある。

 

IMG_7219.jpg

ツークシュピッツが綺麗。

 

IMG_7221.jpg

左側の、綺麗な三角形の山がアルプシュピッツ。

 

IMG_7223.jpg

向こうに教会が見えるので、降りてみることに。ここでしばしソリも活躍。

 

IMG_7224.jpg

道無き道に時々ハマる。

 

IMG_7226.jpg

小さな教会は戦没者のプレートでいっぱい。

 

IMG_7229.jpg

若い青年の写真が多い。家族は幾度もここに足を運んだことだろう。

 

IMG_7233.JPG

 

 

IMG_7237.jpg

 

 

IMG_7240.jpg

 

 

IMG_7242.JPG

ツークシュピッツなどの景色がとても綺麗なこの場所。

 

IMG_7296.JPG

 

 

IMG_7243.jpg

 

IMG_7309.JPG

 

IMG_7246.jpg

 

IMG_7307.JPG

 

IMG_7248.jpg

アルプシュピッツ

 

IMG_7249.jpg

肉眼ではツークシュピッツバーンが見えるんだけど。

 

IMG_7250.jpg

さてここから真上に昇る、St. Martinの山小屋まで行ってみたいとヒロさんが。

 

IMG_7257.jpg

と言うわけで、ソリ道になったところを登る。

 

IMG_7260.jpg

登れば登るほど景色はいいし。

 

IMG_7262.jpg

山小屋で最初は外のベンチで座っていたけど、あまりに風が強く、お日様が見えなくなると寒くて今来たお食事を持って部屋の中に退散。

 

IMG_7263.jpg

あったかい。

 

IMG_7264.jpg

暖炉の向こうには、大きな鳩時計。

 

IMG_7268.jpg

ちょっと高めに感じるお食事を楽しんだ後、下山開始。

 

IMG_7269.jpg

そりが通るので、滑り止め撒いてませんよ。

 

IMG_7272.jpg

と言うわけで、みゆきさ、そりに挑戦。ちょうどいい勾配。楽しい。

 

IMG_7277.jpg

ヒロさんも挑戦。さすが。

 

IMG_7282.jpg

みゆきさ、鈍行でダラダラ降りる。これならスピード出過ぎなくて安心。

 

IMG_7283.jpg

 

IMG_7278.JPG

ひゃー

 

IMG_7289.jpg

落石注意の看板に、ドイツ語で、痛い〜と言う悲鳴の、アウアーの文字が落書きされてた。

 

IMG_7292.jpg

またまたいい天気になりました。雪がシャーベット状に溶けたところに突っ込んだので、かなりお尻が冷たい。

 

IMG_7294.jpg

風がかなり強くて、雲が丸くなっている。

 

IMG_7306.JPG

お疲れさまでした。

 

ヒロさんも予定通りミュンヘンへ戻られたようで、よかったです。

 

 

 

IMG_7308.JPG

夢のような眺め

 

夏が待ち遠しいですね。

 

 

 

 

 

Werdenfelser Burgruine (Garmisch)

  • 2019.02.09 Saturday
  • 20:08

2019年2月9日(土)晴れ

 

みゆきさとしんちゃんと会長の三名の山歩き。

KramerspitzeのHoehenweg、Kramerplateuwegあたりをブラブラしようと思いながら向った先は・・・

 

みゆきさが、陽だまりの荒城(城址)まで近いっていうんで、急遽、Werdenfelser Burgruineへ行くことに。

 

 

IMG_7105.jpg

雪がまだまだ残る、バイエルン。

 

IMG_7106.jpg

こんなドカ雪はここ30年で初めて。

 

IMG_7107.jpg

だいぶ溶けたとは言え、まだこんなに壁になっている。道は細くて雪が邪魔して降り、最初通れるか心配したが、駐車スペースもうまく確保でき、まずは古城を目指します。

 

IMG_7109.jpg

 

IMG_7110.jpg

日も差して来て、なかなかいい感じ。

 

IMG_7111.jpg

滑らないようにアイゼンは装着。

 

IMG_7113.jpg

お城の案内掲示板。

 

IMG_7114.jpg

小川もあるし。

 

IMG_7115.jpg

なかなかいい感じで、お城が見えて来た。

 

IMG_7117.jpg

 

 

IMG_7118.jpg

ここをくるっと回り込んで、お城に到着。

 

IMG_7120.jpg

手前には山小屋が。

 

IMG_7121.jpg

こちらから来ると、一体どこに進んだらいいのかわからない状態。

 

IMG_7122.jpg

とりあえず山小屋の前に来ました。お日様さんさんでいい感じ。

 

IMG_7124.jpg

雲が流れて行く。

 

IMG_7126.jpg

冬の整備はされてませんという看板があるという事は、この先進めます、ということで。

 

IMG_7127.jpg

 

 

IMG_7128.jpg

ガーミッシュに行く道から見えるこの城は、もっと長そうなのに、こんなもんだっけ?と言いながら、細い道を進む。

 

IMG_7129.jpg

看板到着。入れそう。

 

IMG_7130.jpg

 

IMG_7131.jpg

 

 

IMG_7132.jpg

雪がかなり深そう。歩いた人数が少ないのか、足跡がついた道は細い。

 

IMG_7133.jpg

小さな動物が近道をしている。

 

IMG_7134.jpg

壁を超えて向こう側からも来られるようで、道が見渡せるところに出ました。

 

IMG_7135.jpg

向う側に、ジャンプ場が見える。

 

IMG_7136.jpg

 

 

IMG_7138.jpg

城の中庭みたいな所の看板の前で。

 

IMG_7140.jpg

ちょうど後ろで白く細く見えるところがジャンプ場。

 

IMG_7141.jpg

だいぶ青空が広がって来ました。

 

IMG_7143.jpg

 

 

IMG_7145.jpg

女の子が二人遊びに来ていて、音楽を流して写真撮影をしていました。

 

IMG_7146.jpg

お邪魔マン登場。後ろに雪が積もっていなければ登れない高さ。

 

IMG_7147.jpg

 

 

IMG_7149.jpg

 

 

IMG_7150.jpg

雪が積もりすぎてて、普段はどんな感じなのかよくわからない。

 

IMG_7151.jpg

正面Wankです。

 

IMG_7152.jpg

 

 

IMG_7153.jpg

お城から先に進んで、このレストランまで来ました。歩いてくるのは大変なのかと思いきや、ここまでは車でも来られるという便利さ。夏はここで泳げるみたいです。でも今は雪で真っ白。レストランの下の所には、、ボートみたいなものが格納されているのが見えました。

 

IMG_7154.jpg

岸の境目がわからない。

 

IMG_7156.jpg

でもこうやって見ると、小さな湖であることがよくわかりますね。

 

IMG_7157.jpg

会長はクラマープラトーヴェーグを行ってみたそうだったけど、ここから久しぶりのエタールのチーズケーキへ移動。

 

IMG_7158.jpg

ここに車を停めましたが、多くて五台ぐらいしか停められないので、夏は心して早く来ないと。

 

IMG_7159.jpg

 

 

IMG_7160.jpg

エタールで念願のチーズケーキを食べました。幸せ。昔は多くて食べ残してたけど、今はペロンごっくん。

 

IMG_7162.jpg

車をそのまま停めさせてもらって、ちょっとお散歩して、生まれたての子牛を見にきました。

 

IMG_7165.jpg

1月24日に生まれ子牛。

 

IMG_7167.jpg

 

 

IMG_7168.jpg

 

 

IMG_7169.jpg

いつもの足水のクアのところにもこんなに雪が積もって。

 

IMG_7172.jpg

エタールの修道院。ちょっとくるっと散歩します。

 

IMG_7173.jpg

知らなかったら、なんで穴が空いてるかわからないだろう足水の場所はこんな感じ。

 

IMG_7174.jpg

 

 

IMG_7177.jpg

 

 

IMG_7178.jpg

さっき会長と話をしていたおじさんが、向こうの道の真ん中辺を歩いている。この先のBlaue Gamsと言うレストラン兼ホテルを経営していたんだって。それも今はインド人の手に移ったって言ってた。

 

IMG_7179.jpg

この足跡は誰のでしょう。

 

IMG_7181.jpg

色々行ける散歩道はある様ですが、今日はみんな雪に埋もれている。

 

IMG_7182.jpg

そこの駐車場がある立派な建物がおじさんの言っていたレストラン兼ホテル。大きくてびっくり。

木彫り屋の女将さんによると、おじさんはとても厳しい人で、修行中のコックさんや従業員に怒鳴りまくる声がいつも聞こえていたそう。インド人経営になった新しいレストランも、普通にちゃんとドイツ料理で美味しいそうです。

 

IMG_7183.jpg

雪はまだまだ汚れていなくて綺麗。

 

IMG_7185.jpg

こんな新しいログハウスが建てられています。住みたいなあ。

 

IMG_7187.jpg

 

 

IMG_7190.jpg

こちらにももう一軒。角の木の組み合わせ方がちょっと違ってる。

 

IMG_7192.jpg

 

 

IMG_7193.jpg

 

 

IMG_7194.jpg

エタールの修道院。こちらから回り込んで戻ります。

 

IMG_7195.jpg

 

 

IMG_7196.jpg

そして晩御飯はイタリア料理。ルバーブのジュースが美味しかったです。

会長久しぶりにエタールも見られてよかったですね。しんちゃんに感謝です。

 

 

Ederkanzel Mittenwald エーダーカンツェル

  • 2019.02.08 Friday
  • 23:05

2019年2月8日(金)晴れ

 

Ederkanzelへ昼ご飯を食べに!

 

会長は今回急な仕事の用事で欧州出張。仕事を終え一休み。

で、8日。みゆきさも休みということで、天気もいいし昼ご飯はミッテンヴァルドのエーダーカンツェルで取ることに。

 

IMG_7095.JPG

バイエルンとチロルの国境線上に立つ山小屋Ederkanzel。

 

IMG_6899.jpg

Werdenfels-Ticketで。

 

IMG_6901.jpg

車窓から雪景色を満喫

 

IMG_6907.jpg

 

IMG_6924.jpg

Ettaler Mandlを見ながらGarmischへ向かう。

 

IMG_6982.jpg

Garmichを出てMittenwaldへ向かう。

向こうはSoierngruppeかな。

 

IMG_6990.jpg

Mittenwald駅へ。

Wettersteinspitzeに雲がちょっとかかっている。

 

IMG_6993.jpg

駅から眺める昼過ぎのKarwendel。

街を抜けてEderkanzelを目指す。

 

IMG_6998.jpg

ちょっと道路を通り、それから登山道へ。

Grödelnつけて。

 

IMG_7002.jpg

向こうはチロル、Leutasch方面。

 

IMG_7007.jpg

 

IMG_7101.JPG

 

IMG_7011.jpg

 

IMG_7014.jpg

もうちょいでEderkanzel

 

IMG_7015.jpg

 

IMG_7098.JPG

さぁ着いた

 

IMG_7016.jpg

 

IMG_7017.jpg

注意 国境です!

 

IMG_7023.jpg

この鳥・・・なんて言ったっけ?

 

IMG_7089.JPG

まぁ、とりあえず昼飯。

 

IMG_7026.jpg

みゆきさの選んだマス。これがまた大当たり。

 

IMG_7027.jpg

 

IMG_7091.JPG

会長は・・・ジャガイモスープとウィンナーソーセージのKlassiker!

 

IMG_7028.jpg

 

IMG_7031.jpg

Wettersteinspitze

 

IMG_7033.JPG

 

IMG_7034.jpg

氷柱の向こうは・・・

 

IMG_7035.jpg

 

IMG_7095.JPG

 

IMG_7038.jpg

帰りは林道を通って下山することに。

 

IMG_7041.jpg

 

IMG_7043.jpg

 

IMG_7046.jpg

数年前からある変わった樹

じゃなくて、これは木を反対にして地面に差し込んだモニュメントか・・・

 

IMG_7054.jpg

木の枝に止まってるのは?

 

IMG_7056.jpg

 

IMG_7058.jpg

 

IMG_7060.jpg

街に戻ってきた。

 

IMG_7063.jpg

ちょうどいつも降りて来る滝のあるルートと並行している道を降りて来たことになる。

 

IMG_7064.jpg

滝への道は整備が終わって侵入禁止は解除になっていた。

 

IMG_7069.jpg

屋根の雪もだいぶ溶けて、こんなふうに垂れ下がって来ているところも。

 

IMG_7070.jpg

日陰にはそれでもまだこんなに雪が。

 

IMG_7071.jpg

 

街中のSchoko-Ladenでチョコを購入。

こだわりのチョコレートばかり。しかし、簡単で美味い。

変な飾りとか手の凝った作りじゃないのがいいねぇ。ちょっと高いけど、それが許される味。

 

満足して帰宅。

 

会長も次はマスを食べるとのこと。

 

Mittenwald・・・なんだか最近、高級観光地になろうって雰囲気を感じるのは会長だけ?

昔ながらの、そう中世の頃からのアルプスを挟んだ南北の交易の拠点としての街という感じが薄れてしまっているような。

ご時世なのかなぁ?

 

 

Baumgartenschneid am Tegernsee

  • 2019.02.03 Sunday
  • 19:49

2019年2月3日(日) 雪

 

Baumgartenschneidバウムガルテンシュナイド

 

巡礼者のためだけでなくなんちゃって山岳狂会も楽しめるRiederstein。Tegernseeを眺めるスポットとしても人気のハウスベルグ。

 

 

IMG_7748.jpg

よりにもよって、ドカ雪が降ったちょうどその日のなんちゃって。ここに来るまでも、道は車輪の跡以外は雪が積もり積もっていました。親切なので、滑る滑る。

Riedersteinのいつもの駐車場も、なんとベンツは重たくて登りきれずに滑って道を戻ってしまいました。もう一台も苦労の末、駐車できたものの、帰れないかも、ということで、メインストリート側のスーパーマーケットの有料駐車場に停めて、そこから登り直し。

見てくださいこの美しい雪。

 

IMG_7747.jpg

駐車場も雪たっぷり。

でも、負けずに登ります。

 

IMG_7746.jpg

目的地だった、この山小屋は年中無休のはずなのに、よりにもよってこの週ウアラウプでお休み。先に登った男性陣が、休みを確認して、記念撮影の後、早めに戻ってきてくれました。

 

IMG_7745.jpg

 

 

IMG_7744.jpg

垣根の上の雪がすごいことになってて。

 

IMG_7743.jpg

クローズを知らないほかのグループも、何組も登ってきていた様子。

 

IMG_7742.jpg

そんなこととはつゆ知らず、お子ちゃま部隊はゆっくりながらも頑張って登ってきていたのですが。

 

IMG_7741.jpg

で、降りるときはそりで、という予定だったのですが。

 

IMG_7740.jpg

オレンジのそりの板だと、お尻のところに雪が溜まって、あっという間にお尻が濡れますが、この形のソリだと、ある程度雪が落ちるので、高さもあるし楽チン。

 

IMG_7739.jpg

上手上手。

 

IMG_7738.jpg

慣れないと内腿が、押されて青あざになる。

 

IMG_7737.jpg

そんなに急じゃないので、スピードも出ず、いい感じ。

 

IMG_7736.jpg

オレンジのそりは、新雪には不向き。必ずお尻の下に、雪が入って濡れちゃう。

 

IMG_7735.jpg

前どいて、ぶつかる〜。

 

IMG_7734.jpg

これは出発前ですね。アイゼンつけて調整中。

 

IMG_7733.jpg

どれだけ滑るが確認中のソリはそのまま駐車場の端まで滑って行っちゃいました。

 

IMG_7732.jpg

写真が前後してますが、これは登りですね。

 

IMG_7731.jpg

途中までの登り。まだ雪が降ってるので、傘がだんだん重くなる。

 

IMG_7730.jpg

もうちょっと頑張るぞ〜。ハイポーズ。

 

IMG_7729.jpg

パパも一緒に。ハイポーズ。

 

IMG_7728.jpg

だんだん吹雪いてきたりして、溜まった雪が時々急に落ちて、目の前雪の粉だらけに。

 

IMG_7727.jpg

この道の狭さ。雪のせいです。普段はもっとゆったりした道。

 

IMG_7726.jpg

雪に足を取られてなかなか進めない。

 

IMG_7725.jpg

もう着く、もう着く、と角を曲がるたびに思うのに、なかなか着かない。

 

IMG_7724.jpg

なんだか雪は止んだようだけど、積もり方が半端ない。

 

IMG_7723.jpg

駐車場の端に雪解けされた雪が溜めてあった。もちろん子供には楽しい遊び場。

 

IMG_7722.jpg

街に向かう道。垣根の雪が、ロールケーキのようになって、せっかく雪解けした道にどさっと落ちた。しかもこの量。もう車は通れない。

 

IMG_7721.jpg

看板の半分の高さまでは確実に雪がきてる。

 

IMG_7720.jpg

道はこんな風に車輪の跡以外雪が積もったまま。それでも一般道は溶けきらないまでも午後には平坦な雪の道になった。

 

IMG_7719.jpg

白くてなんだか綺麗。

 

IMG_7718.jpg

で、Tegernseer Bierを飲みに湖の教会横のレストランへ。

 

IMG_7717.jpg

切り方が大胆な今日のおすすめの一皿。普通二枚の肉が、手前の皿には、おんなじ料理でなぜか厚切り三枚入ってる。

 

IMG_7716.jpg

ローストビーフも美味しかった!

という訳で、Riedersteinもその上の頂上も行けずじまいでしたが、美味しいドイツ料理とビールは堪能できました。

めでたしめでたし。

 

 

 

 

 

Ederkanzel Mittenwald (2019年 登り初め)

  • 2019.01.20 Sunday
  • 22:40

2019年1月20日(日) 晴れ時々曇り

 

Ederkanzel(エーダーカンツェル)は、Mittenwaldの山小屋喫茶。

地元の人や、湯治客に人気の山歩きルート。

 

今日は、皆さん午後4時には戻りたい(?)ということで、会長はJochbergの登山を提案したけれど、ゆるく体を慣らすためには「登山」よりも「山歩き」と言うことでEderkanzelへ。雪も積もっているし・・・。

 

エーダーカンツェルの歴史を語ってください、会長。

(会)「えぇ、そんなぁ、もうエーダー」

 

IMG_6475.JPG

 

確か、バイエルン王国の木こりの親分(まぁ林業者と言うかフォルストマイスター)のエーダーさんが今の山小屋喫茶の建っている場所に、櫓を建てたことに始まるとか。Hochstand、Jagerstand、みたいな木を組んで作った物見櫓のような。

その後、スイス人の建築家(アルブレヒトさんかな)が高さ12mの櫓に増築!当時としてはもうミッテンヴァルドのスカイツリー?的な。バイエルン、チロルの山々の景観を眺める事のできる場所。

 

知らずと知れた観光名所と言うか、地元だけでなく観光客にも知れ渡った山歩きスポットに。周りには飲み物を提供する施設はあったようだけれど、レモネード、ビールなどすべてはミッテンヴァルドから担ぎ上げていたとか。

 

その後、「今朝9時、反撃を開始した」と言うニュースが流れた年、1939年、やっと公式に認められた喫茶店に。Kaffeestation。

エーダーさん以来、山小屋喫茶の主人は変わってきたけど、1954年には、物見櫓も古くなり(倒壊の危険など)撤去されてしまったけれど、山小屋喫茶は40席の規模に拡大し、今に至るとか。

 

ザックリと山小屋喫茶エーダーカンツェルの歩み。(歴史を語れるほど詳しくないんで)

 

IMG_6512.JPG
ミッテンヴァルド駅前はこんな感じ。邪魔な雪がうず高く積み上げられている。

 

IMG_6502.JPG

ミッテンバルトの駐車場に停められていたかわいそうな車。完璧に埋まっている。しかも、屋根の上の雪がバームクーヘンか、ミルフィーユかって。

 

IMG_6501.JPG

早速歩き出しますが、道の端には、こんなにまだ雪が残っています。早々にアイゼンを装着。

 

IMG_6500.JPG

教会前もこんな雪。どかした所は完ぺきに溶けてるんだけど。

 

IMG_6499.JPG

カフェでこんな毛皮を売り出してます。なかなか質はいい。毛皮一枚75Euro。

 

IMG_6498.JPG

鍵屋さん、ちょっと奥に引っ越しました。少し広くなりましたね。

 

IMG_6497.JPG

この辺りは屋根の上の雪も少し少なめ。でも道路はこの通り。

 

IMG_6496.JPG

雪の中に佇むシンメル。寒そう。

 

IMG_6495.JPG

町の外れの方に歩いて、途中Ederkanzelの表示の方へ右に入ると、登る道に突き当たります。そこを上ると、車道に出ます。

 

IMG_6494.JPG

ちゃんと丁寧に雪解けがしてあり、塩も蒔いてあるので滑らず登りやすい。

 

IMG_6493.JPG

途中の射撃場の建物。そこを超えて表示に従って右に入ります。

 

IMG_6492.JPG

はいると、子供のためのお勉強の看板が。お勉強にいいですよ。

 

IMG_6491.JPG

一応、チャペルあります、という表示もあるけど、そこ通り過ぎても、さっきの看板の右手に見つかります。

 

IMG_6490.JPG

こんな雪の道を進みます。足跡があるような無いような。

 

IMG_6489.JPG

だいぶ雪で木が倒れたよう。

 

IMG_6488.JPG

シャーニッツ方面。

 

IMG_6487.JPG

ちゃんと読んでいくと勉強になりますよ。

 

IMG_6486.JPG

晴れてきて綺麗なカーベンデルを撮影。

 

IMG_6485.JPG

ちょっと長めの指と爪の、私は誰でしょう。

 

IMG_6484.JPG

森の生き物。

 

IMG_6483.JPG

雪はサクサクで柔らかく、歩きやすい。

 

IMG_6482.JPG

なんだか車のように見える、雪の塊。寝転がった豚にも見えたり。

 

IMG_6481.JPG

サルノコシカケの上に積もった雪。

 

IMG_6480.JPG

足跡が続いている。

 

IMG_6511.JPG

雪が降っている時は、楽しいEderkanzelへ。1時間ちょっとで着くし、山小屋はいつも開いている。しかもおいしい。カーベンデルもこんなに綺麗に見えて、ラッキー。曇りの予報だったけど、晴れてきた。

 

IMG_6479.JPG

登り切ると、山小屋が見えてきました。1時間の登りだって、しっかり登れるいい感じの道です。

 

IMG_6510.JPG

なかなかすごい雪と、長いつらら。

 

IMG_6509.JPG

山小屋横の倉庫の前に停められたクルマには、ちゃんとチェーンが巻かれています。

 

IMG_6478.JPG

私としんちゃんは今日のおすすめステーキ。とても美味しかった。サラダと、フライドポテトがついている。フライドポテトは自家製なのか、ホクホクでこれまた美味。

 

IMG_6477.JPG

玄関横にはソリがいっぱい。登って来た道は足跡が少なかったけど、そり遊びの子供達と付き添いの大人でレストランは満杯。

 

IMG_6476.JPG

高いのから、子供用のソリまで、各種取り揃え?

 

IMG_6475.JPG

国境方面、オーストリア側は青空が広がる。

 

IMG_6474.JPG

ここもいい感じ。

 

IMG_6473.JPG

さて、下山開始。

 

IMG_6472.JPG

こちら側にの屋根からつらら。

 

IMG_6471.JPG

カーベンデルも雪深い。雪崩が起きそうな感じ。

 

IMG_6470.JPG

誰かが雪に氷柱を刺しまくってる。これでウイスキー飲んだら、オンザロック美味しそう。

 

IMG_6469.JPG

はじめ人間ギャートルズ?

 

IMG_6468.JPG

こんないい感じのソリ道。

 

IMG_6467.JPG

これ投げてみようって。あらあら。

 

IMG_6466.JPG

ソリ道を降りて行きます。いつもならここですぐ右に入るんだけど、雪で道が見つからなくて、一つ向こうまで進んでしまった。

 

IMG_6508.JPG

そりがしたくなる、ちゃんと整備された新雪の道。

 

IMG_6506.JPG

そんなに急じゃないし、小さい子でも楽しく遊べそう。

 

IMG_6465.JPG

まだまだ看板あります。

 

IMG_6464.JPG

新雪に埋まりながら、ガンガン下りる。

 

IMG_6463.JPG

もうすぐ湖が見えるはず、と思っていたら、道を少し向こうに行きすぎて、かなり奥の方に出てしまった。屋根にはミルフィーユのように積もった雪が。

 

IMG_6462.JPG

湖沿いの雪はこんな風にしてどけてある。リエージュの競技場みたいになってますね。しかし、こんなに雪が積もっているのを見るのは初めて。

 

IMG_6505.JPG

湖まで降りて来た、ちょうど救助隊の小屋のところ。

 

IMG_6461.JPG

松の木の上の雪のたまり具合がすごい。

 

IMG_6460.JPG

もちろん氷は全く見えない。

 

IMG_6459.JPG

雪解けで余った雪が、ここに捨てられてる。

 

IMG_6458.JPG

下に埋もれた木々が、ザクザクに切られて。

 

IMG_6457.JPG

この辺の木にとっては非常に災難。

 

IMG_6456.JPG

でもちゃんと伐採して道が作られてるのは、流石雪の多い地方。

 

IMG_6455.JPG

勿体無い、切られた木。

 

IMG_6454.JPG

おがくずもまだ新しい。

 

IMG_6453.JPG

本来この辺は水があるはずなんだけど。

 

IMG_6452.JPG

雪の中は綺麗な青。

 

IMG_6504.JPG

雪が湖の中も埋め尽くしている。

 

IMG_6451.JPG

やっと橋のところに来ました。

 

IMG_6450.JPG

雪が手すりの向こうから入って来そう。

 

IMG_6449.JPG

この分厚さ。

 

IMG_6448.JPG

 

 

IMG_6447.JPG

看板でお勉強。

 

IMG_6446.JPG

いつものチャペルは、そこまで雪が多すぎて行けない。

 

IMG_6445.JPG

ここもこんな感じで雪の道が。

 

IMG_6444.JPG

綺麗な雪なので、人型作ってみました。

 

IMG_6443.JPG

あの上の雪の量、見てください。

 

IMG_6442.JPG

通行止になってましたが、アイゼン履いてるので、そのまま来ちゃいました。

 

IMG_6503.JPG

滝の手前の雪の様子。雪崩がきてもおかしくない。

 

IMG_6441.JPG

この時期しか見られない、氷と雪の芸術

 

IMG_6440.JPG

動物の足跡が

 

IMG_6439.JPG

雪崩になる可能性もあるので、気をつけながら進みます。

 

IMG_6438.JPG

私たち以外にも、入って来ちゃった人が。

 

IMG_6437.JPG

鍋で冷えた豚の脂のような氷。

 

IMG_6436.JPG

しぶきで氷の花が咲く。

 

IMG_6434.JPG

こちら側の入口にも、進入禁止の看板が。でも、その横、通れるくらい開いてるのはご愛嬌。

 

IMG_6433.JPG

こんなになってます。入ってはいけません。

 

IMG_6432.JPG

戻って来ました。

 

IMG_6431.JPG

やっぱり凄い量の雪。

 

IMG_6430.JPG

クロッツさんもクリスマスツリーも埋れています。

 

IMG_6429.JPG

急ぎ足で駐車場に戻ります。

 

IMG_6428.JPG

ホテルアルペンローゼは、レストランの前から馬車を出しているのですが、綺麗に道の真ん中の雪が片付けられているのはそのためかな?

 

雪があるとクッションになって、下山が早くて楽しい。Ederkanzelはすぐ行けるし、ご飯も美味しいので、オススメ。ぜひソリ遊びにいらして見てくださいね。

それではまた次回。

 

 

 

 

 

Denkalm / Lenggries

  • 2018.10.27 Saturday
  • 22:12

2018年10月27日(土) 雨!

 

一仕事終えて登山と思いきや、この週末から雨・・・。

しかし、会長の脳裏にはそこでバイエルンの喜劇俳優カールヴァレンティンの言葉が浮かんでくる。

”Ich freue mich, wenn es regnet, denn wenn ich mich nicht freue, regnet es auch.”

(雨が降ったら喜ぶね。だって、喜ばなくっても雨はやまないし。)

 

 

というわけで、軽く無理のない登山、そして、途中で暖まれるようなところと言えば?

 

Denkalmを思いつく。i denk an Denklam(←ゲンちゃんが「ブホッ!」と)

 

IMG_3648_R.JPG

例年なら紅葉の終わっている時期、葉っぱは落ち着くしているのに、まだ残っている。

 

IMG_3647_R.JPG

AutobahnのWolfratshausenからおりてKoenigsdorf経由でToelzからLenggriesへ。

 

早速LenggriesのBachmaiergasseへ。

駐車場があるはず。

しかし、見逃してそのままほぼどん詰まりまでいって車を停めた。

 

前から回り込む30分ルートは、標高差210m程度。

しかし、ちょっと長めの裏から回り込む70分ルートは標高差450mのルートは、Keilkopf(1125m)を知らないうちに通過していくルート。


 

こっちが裏から回る70分ルート。

 

IMG_3645_R.JPG

すぐ橋をわたって行くのが30分コース。

乳母車でも余裕の登山ができる。

 

IMG_3644_R.JPG

小さい子供連れとか、夕方の散歩で山小屋でちょっとBrotzeitなんて最高かも。

ただし夏ね。冬は日が短いから・・・。とはいえ午後のお茶しに登ってもいいと思うよ。

 

IMG_3643_R.JPG

さぁ、このメンバーで出発。

裏から回り込みKeilkopfを経由していくコース。

みゆきさと会長は傘、中ちゃんはレインコート。

 

IMG_3641_R.JPG

なんだか変な看板。キリスト教のよくある教えのための看板かな?

 

IMG_3640_R.JPG

最初は花が咲いてるのかとびっくりした、青いクリップ。中ちゃんによると、新芽を守るためのものだそう。

 

IMG_3639_R.JPG

ある程度の高さまで、これで食べられることなく成長できる。

 

IMG_3638_R.JPG

ちょっとした滝も。なかなかいいコースですね。

 

IMG_3637_R.JPG

雪が降っても来られそうな感じ。雨が降って湿気て、キノコも顔を出してます。

 

IMG_3636_R.JPG

森林浴。水が通って空気も新鮮。

 

IMG_3635_R.JPG

こちらの道はKeilkopf経由、と出ていたんだけど、気づかないうちにスルーしてしまった。たぶんこの近くにKeilkopfがあるはず。

 

IMG_3634_R.JPG

森の中で一本だけ緑のベルベットのように輝いていた木。

 

IMG_3633_R.JPG

今週末から冬時間が始まります。

 

IMG_3632_R.JPG

なんだかおいしそうなキノコ。

 

IMG_3631_R.JPG

 

IMG_3630_R.JPG

なだらかな道。歩きやすい。

 

IMG_3629_R.JPG

ここにもキノコがあちらこちらに。

 

IMG_3628_R.JPG

 

IMG_3627_R.JPG

この辺りにきて気づいたんだけど、知らないうちにKeilkopfを通過!

Keilkopfはよくある頂上とは違い森の中の頂上ということで、十字架があったりとかしないそうな。

 

IMG_3626_R.JPG

Lenggriesの町が見える

 

IMG_3625_R.JPG

 

IMG_3624_R.JPG

あっという間に、Denkalm到着。

 

IMG_3623_R.JPG

霧雨のような感じなので、それほど濡れなくて到着。

 

IMG_3622_R.JPG

この間を下りてきました。

 

IMG_3621_R.JPG

飾りや花がかわいい山小屋。

 

IMG_3620_R.JPG

通年営業してる便利な山小屋。

ただし、水曜と木曜は定休日。

 

IMG_3619_R.JPG

こちらです〜。

 

IMG_3618_R.JPG

セルフサービスの山小屋。

とはいえ、今日のように空いてる時には、頼んだものを机まで運んでくれる。

ちゃんとお礼を言おう。”Vergelt's Gott !”と。

 

IMG_3617_R.JPG

二階は宿泊できるのかと思いきや、宿泊はできないみたい。

 

IMG_3616_R.JPG

6℃

 

IMG_3615_R.JPG

 

IMG_3613_R.JPG

Blasi Denk-hütteという表示になっている。

 

IMG_3612_R.JPG

お客はもう一人、ビールを飲んでいるおじさん。写真を撮っているのを見て、一緒に撮ってやるよ、って言ってこちらまで来てくれた。

 

IMG_3611_R.JPG

はい、ポーズ。

 

IMG_3610_R.JPG

Alles`in der Welt ist Torheit 世の中馬鹿げてる、って後ろに書いてある。

 

IMG_3609_R.JPG

窓もカーテンもかわいい。

 

IMG_3608_R.JPG

 

IMG_3607_R.JPG

Abgeröstete Knödel mit Salat ジャガイモ団子とパン団子の、前日の残りを輪切りにして、焼いてある。なかなかおいしかった。

 

IMG_3606_R.JPG

 

IMG_3605_R.JPG

豆のスープ。ソーセージを半分、会長の焼き団子とトレード。

 

IMG_3604_R.JPG

 

IMG_3603_R.JPG

あの暖炉の前でおじさんがビールを飲んでいた。後から女性登山者が二人。そのあとケーキの看板が出て、三時のおやつの用意。

 

IMG_3602_R.JPG

山小屋出発して、途中見つけた、マイバウムのリサイクリングのベンチ。

 

IMG_3601_R.JPG

 

IMG_3600_R.JPG

松ぼっくりがなんだか白い、モミの木。

 

IMG_3599_R.JPG

 

IMG_3598_R.JPG

おいでおいでと呼んでいる手の爪のよう〜。ひえ〜。

 

IMG_3597_R.JPG

なんのことだかわからない、Andreas Graben。

 

IMG_3596_R.JPG

看板が木の中に埋め込まれていく〜。

 

IMG_3595_R.JPG

レングリースの町が見えてきました。

 

IMG_3594_R.JPG

面白い地層のこの辺り。

 

IMG_3593_R.JPG

 

IMG_3592_R.JPG

道を歩く上での心得。よーく読んでね。帰りの道はゆっくり歩いても30分もかからない。このそばに停めた車に乗り込んで、今日は早めに帰宅。秋色のきれいな道。もうすぐ冬です。

 

IMG_3591_R.JPG

 

IMG_3590_R.JPG

 

IMG_3589_R.JPG

 

IMG_3588_R.JPG

 

IMG_3587_R.JPG

 

この週末でアウアードゥルトも終わり、天気予報はちらほら雪も混ざってきています。

来週はMalsの合宿とグルーンズのJahresmarkt。今のところ、天気予報はほとんど雨。さて、ふだんの行いがどう影響してくるか、乞うご期待。

 

 

 

 

 

Maxhuette〜Leutaschklamm 軽く山歩き

  • 2018.10.21 Sunday
  • 23:21

2018年10g津21日(日) ちょっといい天気

 

WallgauのMaxhuetteへ、家族連れ散歩登山。そして、その後、Leutaschklamm渓谷(別名幽霊渓谷)へ。

 

この日の夜は会長は仕事でミュンヘン空港へ行ってから移動になっていたので、あまりがっつり登山はしないで簡単に山歩きをと思っていた。

 

 

IMG_3586_R.JPG

たっぷり歩くぞ〜。しっかりした靴に履き替えます。

 

IMG_3585_R.JPG

まずは山小屋へ。

 

IMG_3584_R.JPG

変なキノコが木ににょきにょき。

 

IMG_3583_R.JPG

元気元気。

 

IMG_3582_R.JPG

動物は隠れていないかな?

 

IMG_3581_R.JPG

あっという間についた山小屋前は、こんな楽しい遊具が。

 

IMG_3580_R.JPG

大人は食事。

 

IMG_3579_R.JPG

Kassler Ripperlジャガイモとザワークラウト付き。

 

IMG_3578_R.JPG

お日さまがいまいち弱くてちょっと寒いので、ベランダにいた人はみんな食べ終わって帰っちゃった。あとの人は、暖炉のついたあったかい室内へ。

 

IMG_3577_R.JPG

で、外にいるのは私たちだけ。でも親切なお姉さんは、何回も様子を見に来てくれる。

 

IMG_3576_R.JPG

まだお花がきれいな山小屋。

 

IMG_3575_R.JPG

雨はないけど、曇り気味の今日。下はWallgauの町。向こうはKruen。その奥Mittenwald。

 

IMG_3574_R.JPG

早々下山して、ロイタッシュクラムへ。

 

IMG_3573_R.JPG

一瞬不気味なレッサーパンダとリス。

 

IMG_3572_R.JPG

入り口にある、楽しい楽器。

 

IMG_3571_R.JPG

気温は低め。こんなカラフルな入り口からスタート。

 

IMG_3570_R.JPG

渓谷は下の方に、こんな風に見えます。

 

IMG_3569_R.JPG

こういう道がずっと続きます。入場料無料。駐車料金5ユーロ。

 

IMG_3568_R.JPG

水は澄みきっていて、とっても冷たそう。

 

IMG_3567_R.JPG

 

IMG_3566_R.JPG

こんなとこまで増水したことが。

 

IMG_3565_R.JPG

みんな、怖くないのかな?

 

IMG_3564_R.JPG

 

IMG_3563_R.JPG

できれば夏に来たいところですね。

 

IMG_3562_R.JPG

 

IMG_3561_R.JPG

子供が後ろにくっついているときは要注意。何かしようと企んでない?

 

IMG_3560_R.JPG

会長、昔を懐かしみながら歩きます。

 

IMG_3559_R.JPG

注文の多い料理店のように、ここでは耳を澄ませてください、とか指定があります。

 

IMG_3558_R.JPG

もう時間的に日が当たらないので、ちょっと寒い。

 

IMG_3557_R.JPG

 

IMG_3556_R.JPG

約2キロの道のり、楽しくってどんどん歩けちゃいます。

 

IMG_3555_R.JPG

 

IMG_3554_R.JPG

腰が痛い、一番ちっちゃい人。

 

IMG_3553_R.JPG

橋のところに来ましたよ。

 

IMG_3552_R.JPG

普段は日が当たるのか、こんなところに花が残ってます。

 

IMG_3551_R.JPG

 

IMG_3550_R.JPG

おーい。

 

IMG_3549_R.JPG

会長、若い!

 

IMG_3547_R.JPG

日が当たっている山の方向はこんなにいい感じ。

 

IMG_3546_R.JPG

 

IMG_3545_R.JPG

双眼鏡でなくて、万華鏡のようなのがありました。でもやっぱり覗いてみたい。

 

IMG_3544_R.JPG

この先、ぐるっと続けて一周できるのですが、山道でつまらないので、石を積んで遊んでから、もと来た道を戻ることにしました。

 

IMG_3543_R.JPG

とりあえず、道の終わりまでは行ってみます。

 

IMG_3542_R.JPG

 

IMG_3541_R.JPG

色々な石の見本があります。

 

IMG_3540_R.JPG

色々石が積んでありますが、枯葉にまみれてよくわかりませんね。この先は長いので、楽しい橋の道を戻ることに。

 

IMG_3539_R.JPG

 

IMG_3538_R.JPG

ヤッホー

 

IMG_3537_R.JPG

会長、追いつきました。

 

IMG_3536_R.JPG

 

IMG_3535_R.JPG

しっかりした道で、隙間なく網が張ってあるので、小さい子でも安心。

 

IMG_3534_R.JPG

またまた入り口のところで、鉄琴をたたきまくります。

 

IMG_3533_R.JPG

帰ってきました〜。

入り口のところの、クレッターで遊ぶコースは、もう何年も前の物なので、一部朽ちかけていました。でもちょっと子供と歩くにはとてもいいこのコース。また来ようね。

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM