Bad Woerishofen Tulpentag ヴェリスホーフェンのチューリップの日

  • 2019.04.27 Saturday
  • 22:37

2019年4月27日(土) 晴れ

 

Bad Woerishofenでのチューリップの日

 

IMG_9516.jpg

Buchloeの次の駅、Türkheimで乗り換え、Bad Wörishofenのチューリップデーに行ってみました。

 

IMG_9515.jpg

あちこちで絨毯のように、菜の花で大地が黄色に染まり出しています。

 

IMG_9514.jpg

Bad Wörishofenに到着。イースターの飾り付けがしてあります。

 

IMG_9513.jpg

街のあちこちに、違った種類のチューリップが10万本以上植えられています。見事。

 

IMG_9512.jpg

でもここの所の寒さ暑さで、干からびている水仙も。

 

IMG_9511.jpg

ここはまだ綺麗。

 

IMG_9510.jpg

あちこち綺麗なチューリップを撮りまくってます。

 

IMG_9509.jpg

これも変わっている。

 

IMG_9508.jpg

クアハウスの前の庭はこんな感じ。

 

IMG_9507.jpg

クアハウスの入り口、ここに14時集合。でもその前に、お昼ご飯を調達しつつ、あちこち下見。

 

IMG_9506.jpg

真っ赤な色が綺麗。

 

IMG_9505.jpg

残念ながら、枯れちゃってるのもありますが、でもまだまだ綺麗。

 

IMG_9504.jpg

このピンク素敵。とんがった赤との組み合わせもなかなか。

 

IMG_9503.jpg

 

 

IMG_9502.jpg

植わっている花の横に、名前が書かれて紹介されています。

 

IMG_9501.jpg

 

 

IMG_9500.jpg

 

 

IMG_9499.jpg

 

 

IMG_9498.jpg

 

 

IMG_9497.jpg

オランダのキューケンホフもこの時期チューリップが綺麗ですが、ここの本数もなかなかのもの。

 

IMG_9495.jpg

 

 

IMG_9494.jpg

 

 

IMG_9493.jpg

 

 

IMG_9492.jpg

 

 

IMG_9491.jpg

クナイプさんの像の前の噴水にも卵の飾りが。

 

IMG_9490.jpg

球根の花は、タネと比べて、必ず一つは花がつくので、寄せ植えすると綺麗。

 

IMG_9489.jpg

 

 

IMG_9488.jpg

花咲くバードヴェーリスホーフェン。この看板のチューリップ、2014年にお披露目した、この街の名前を持つチューリップです。

 

IMG_9487.jpg

5月に入るまでにぼちぼち、あちこちのクアの施設が使えるように用意されます。

 

IMG_9486.jpg

 

 

IMG_9485.jpg

夏はここで温泉水が汲めるんだって。

 

IMG_9484.jpg

藤が綺麗に咲いています。ドイツにも藤、ありますよ。

 

IMG_9483.jpg

バードヴェーリスホーフェンのアルペンフェアライン。アルゴイに咲く野生のクロッカスの写真が飾られています。

 

IMG_9482.jpg

この赤いのが、バードヴェーリスホーフェン。

 

IMG_9481.jpg

 

 

IMG_9480.jpg

水仙も可愛い。

 

IMG_9479.jpg

この水仙の色、いいですね。

 

IMG_9478.jpg

ちょっとトーンが違う色の二種類のチューリップ。

 

IMG_9477.jpg

 

 

IMG_9476.jpg

このチューリップの色の可愛い。

 

IMG_9474.jpg

八重咲きチューリップ。

 

IMG_9473.jpg

この色の組み合わせが絶妙。

 

IMG_9472.jpg

形が綺麗。

 

IMG_9471.jpg

 

 

IMG_9470.jpg

ピンクと水色の組み合わせもいいなあ。

 

IMG_9469.jpg

ここはレモン色と黄色。

 

IMG_9468.jpg

 

 

IMG_9467.jpg

チューリップが丸く植えられています。

 

IMG_9466.jpg

 

 

IMG_9465.jpg

 

 

IMG_9464.jpg

 

 

IMG_9463.jpg

庭師のAndreas Honnerさんのお話が聞ける、1時間のコースに参加。続々と参加希望者が集まってきます。

 

IMG_9462.jpg

お話が始まりました。まずは、バードヴェーリスホーフェンという名前のついたチューリップを見に行きましょう。

 

IMG_9461.jpg

これこれ。

 

IMG_9460.jpg

後ろに、新聞社のおじさんがカメラを持ってきています。みんながそこのヤパーナーを撮れ、と言うので、わたしは座っちゃいました。

 

IMG_9459.jpg

チューリップの話に熱が入ります。

 

IMG_9458.jpg

本当に綺麗な色のチューリップ。

 

IMG_9457.jpg

 

 

IMG_9456.jpg

 

 

IMG_9455.jpg

そこから歩いて、あちこちを周ります。

 

IMG_9454.jpg

 

 

IMG_9453.jpg

同じ種類を寄せ植えすると綺麗ですね、

 

IMG_9452.jpg

 

 

IMG_9451.jpg

 

 

IMG_9450.jpg

この小さい、白い八重咲きチューリップ。フランスで作られた最新の花です。名前は、アイスクリーム。

 

IMG_9449.jpg

なんだかよく合ってるネーミング。

 

IMG_9448.jpg

咲き終わった花は、摘み取らないとエネルギーとられるそうです。

 

IMG_9447.jpg

こちらのアイスクリームちゃんは、綺麗に開いてます。

 

IMG_9446.jpg

うーん、いい色。

 

IMG_9445.jpg

ここの地ビールの醸造所。

 

IMG_9444.jpg

たんぽぽmpちょうど満開。

 

IMG_9443.jpg

植物園もあります。

 

IMG_9442.jpg

花を愛で楽しむ、匂いで楽しむ、味で楽しむなどのコーナーもあります。

 

IMG_9441.jpg

ムスカリ。

 

IMG_9440.jpg

池の草も花をつけてます。

 

IMG_9439.jpg

 

 

IMG_9438.jpg

 

 

IMG_9437.jpg

花と卵の飾りと。

 

IMG_9436.jpg

ここは温泉水が上から流されて、こんな風になってます。アレルギーがある私も、息がものすごく楽に。

 

IMG_9435.jpg

入り口。

 

IMG_9434.jpg

全体はこんな感じ。いつまででも座っていたい。

 

IMG_9433.jpg

でも寒いので、ぼちぼち駅に向かいます。

 

IMG_9432.jpg

遠くに教会と菜の花畑。

 

IMG_9431.jpg

ここにも。新緑に映えます。

 

IMG_9430.jpg

向こうには、雪をいただいた山々も。まだまだ寒さが続きますね。みなさま、お体ご自愛ください。ではまた来週!

 

 

 

 

 

Osterwandern 2019 復活祭の日の散策

  • 2019.04.22 Monday
  • 19:57

2019年4月19日(金)晴れ

 

天気のいいイースターのお休みを利用して、あちこち歩き回ってみました。

まずはお馴染み、メスナービヒル。

 

 

IMG_9358.jpg

つくしがニョキニョキ。クローベンシュタインでは、ものすごく大きいつくしを見ましたが、ここのは普通の大きさ。

 

 

IMG_9357.jpg

メスナービヒルの草地は、まだまだ茶色。でも、リンドウがもうこんなにたくさん咲いてました。

 

IMG_9356.jpg

 

 

IMG_9355.jpg

この間来た時は、まだ緑色の蕾が三分の一くらいの大きさだったのに、今回は開き始めで、なおかつピンクのプリメラも咲いている。

 

IMG_9354.jpg

 

 

IMG_9353.jpg

今日は教会で金曜のミサの合唱を歌うので早く帰ろうと思ったんだけど、バスの時間に間に合わず。アマゼーの見える方まで歩いて来ました。

 

IMG_9352.jpg

Giessenの街の教会が見えます。カールオルフの博物館がある街です。

 

IMG_9351.jpg

美貴子さん来たときこの道を散歩したので、写真送ってみたけど、容量大きすぎで携帯じゃ見られないというお返事が。とほほ。

 

IMG_9350.jpg

そこから、池の方に降りていきます。

 

IMG_9349.jpg

手前にはたくさんのSchlüsselblumeが咲いてます。

 

IMG_9348.jpg

雲ひとつない天気。

 

IMG_9347.jpg

水仙も咲いている、小さな山小屋のベンチを借りて休憩。

 

IMG_9346.jpg

 

 

IMG_9345.jpg

パイセンベルグや、ツークシュピッツェの先のアルゴイの山々も見えます。

 

IMG_9344.jpg

アンデクスが見えるここのベンチで、バスの時間調整。

 

IMG_9343.jpg

今日は一段と、食用鹿の団体さんが餌場に集まって。

 

 

 

 

IMG_9341.jpgIMG_9342.jpg

駅の広告には、こんなポスターが。

5月4日はミュンヘンあちこち公開の日。10時から16時までだって。

今年100年祭のWaldorfschuleは、いろいろな催しがあります。

 

で、この後、ガウティングの教会のミサは、チェロの演奏とともに、合唱が歌って、チェロのソロが入って、と盛りだくさん。

 

さて、その次の日、20日土曜日は、8歳のちびっ子たちと、そのお母さんお二人がなんちゃってに初参加。

みんなでミッテンバルトを散歩。

IMG_9340.jpg

お花で飾られた、教会の向かい側、レストランの前。マラーさんのお店はやっぱり今日も閉まってます。どうしちゃったんでしょうね。気になってます。。

 

IMG_9339.jpg

お花、綺麗な色です。さて、午前中しかお店は開いていないはずなので、まずは外せない、チョコレート購入に向かいます。

でもその前に、近いところで、バイオリン博物館を抑えて。

 

IMG_9338.jpg

いつものお兄さんがいたので、握手してご挨拶してきました。さて、写真を撮り終わり、チョコレート買いに。

 

IMG_9337.jpg

春色のお花やさん。

 

IMG_9336.jpg

冬場寂しかったけど、今日は人がこんなにたくさん。

 

IMG_9335.jpg

カモが遊びにきてます。

 

IMG_9334.jpg

チョコだけでなく、隣の肉屋さんでソーセージも購入。それから、教会の横を通って、クランツベルグバーンのところまであがります。

 

IMG_9333.jpg

フレスコ画が綺麗なこの建物。お花も綺麗に植えられて。

 

IMG_9332.jpg

木彫りのお店の前には、こんな面白い形のモニュメントも。

 

IMG_9331.jpg

頑張って登ると、景色は最高。

 

IMG_9330.jpg

乗り場の手前の芝生に、リンドウが今年も花を咲かせてました。

 

IMG_9329.jpg

なぜかここだけ花が咲く。

 

IMG_9328.jpg

 

 

IMG_9327.jpg

緑に染まっていく大地。

 

IMG_9326.jpg

5月の花、Wundkleeがもう咲いている。

 

IMG_9325.jpg

クランツベルグバーンから、湖の方へ向かって歩いていくと、途中にこんな大きな木が倒れているところが。

 

IMG_9324.jpg

山側の小屋には、なぜか赤ちゃん服の洗濯物が干されてます。

 

IMG_9323.jpg

ここでもうんこ撒いてます。大事な草の栄養です。

 

IMG_9322.jpg

 

 

IMG_9321.jpg

巻き終わった草地。乾いているので、匂いはない。

 

IMG_9320.jpg

ひょこっとリスが姿を表す。残念ながらボケちゃいました。

 

IMG_9319.jpg

絵葉書のような景色。

 

IMG_9318.jpg

元気に歩く、8歳児。

 

IMG_9317.jpg

目のいい若い子が、カエルを発見!すごい。

 

IMG_9316.jpg

湖で水遊び。でも水はものすごく冷たい雪解け水。冷たいと言いながら、子供達は水にずっと入っている、根性もの。

 

IMG_9315.jpg

風が少しきついけど、綺麗な色。

 

IMG_9314.jpg

角度で色が変わります。

 

IMG_9313.jpg

とっても冷たかったけど、ゆっくり遊べてよかったね。

 

IMG_9312.jpg

食虫植物、Alpen-Fettkraut。これも5月の花だな。

 

IMG_9311.jpg

 

 

IMG_9310.jpg

葉っぱに溜まった粘着液に捕まった虫を溶かして食べます。

 

IMG_9309.jpg

目のいい8歳児、またまた新しい発見!

 

IMG_9308.jpg

Huflattich

 

IMG_9307.jpg

クロッカス発見。

 

IMG_9306.jpg

海に来ているような、綺麗な青。

 

IMG_9305.jpg

Alpengloeckchen

 

IMG_9304.jpg

この辺りのクロッカスは、白い色がほとんど。

 

IMG_9303.jpg

風が少し凪いで、逆さカーベンデル。

 

IMG_9302.jpg

 

 

IMG_9301.jpg

 

 

IMG_9300.jpg

 

 

IMG_9299.jpg

4月とは思えない、暑い日差し。

 

IMG_9298.jpg

チャペル、だんだん豪華になっていきますね。

 

IMG_9297.jpg

日陰にはまだまだ雪割草がたくさん咲いています。

 

IMG_9296.jpg

 

 

IMG_9295.jpg

 

 

IMG_9294.jpg

マリア様に会いに行こう。

 

IMG_9293.jpg

 

 

IMG_9292.jpg

あとは長い坂道をゆっくり降りて行きます。

 

IMG_9291.jpg

教会のところまで戻って来ました。

お疲れ様でした。

ことあと自家製美味しいアイス、の出店で、アイスクリームを食べつつ、駅に向かいました。

お疲れ様でした〜。

 

さてさて、イースターの月曜日。4月22日です。

IMG_9290.jpg

どうしてもクリューンのクロッカスが気になって、来てしまいました。

電車からは、山のように咲いているスポットがあちこち見られたのですが、Buckelwieseの方はあまりにいい天気で、花が乾いてしまった?

 

IMG_9289.jpg

ゆったりとしたこの景色。いいですね。

 

IMG_9288.jpg

 

 

IMG_9287.jpg

クライスの、ローマの道なるものが。

 

IMG_9286.jpg

ちょっと素敵。ちょっとね。だって、ここだけなんだもん。

 

IMG_9285.jpg

ワンコも一緒に。

 

IMG_9284.jpg

 

 

IMG_9283.jpg

鮮やかな黄色。

 

IMG_9282.jpg

ミッテンバルトからミュンヘンへ向かう電車が通り過ぎます。

 

IMG_9281.jpg

駅降りてすぐの日陰にたくさん咲いていましたが、ここは数カ所開いていただけ。

 

IMG_9280.jpg

その代わり、元気なつくしがこんなにたくさん。はかまが固い。

 

IMG_9279.jpg

水の流れの横にはSumpfdotterblume。黄色が鮮やか。

 

IMG_9278.jpg

 

 

IMG_9277.jpg

蛇注意、の看板。

 

IMG_9276.jpg

 

 

IMG_9275.jpg

みんな自転車でブンブン飛ばしてきます。

 

IMG_9274.jpg

 

 

IMG_9273.jpg

新鮮なヤギのミルク、生クリーム、無農薬の卵も売ってます。

 

IMG_9272.jpg

お二人様だと安くなる面白いメニュー。

 

IMG_9271.jpg

Schlüsselblumeとカーベンデル。

 

IMG_9270.jpg

 

 

IMG_9269.jpg

 

 

IMG_9268.jpg

 

 

IMG_9267.jpg

 

 

IMG_9266.jpg

 

 

IMG_9265.jpg

 

 

IMG_9264.jpg

 

 

IMG_9263.jpg

天地創造のような水の流れ。

 

IMG_9262.jpg

 

 

IMG_9261.jpg

 

 

IMG_9260.jpg

 

 

IMG_9259.jpg

 

 

IMG_9258.jpg

 

 

IMG_9257.jpg

ミッテンバルトの人たちは、レストランどこに行ってるんだろうと常々疑問でしたが、ここにみんな集まってくるのか、と思えるくらい駐車場は車でいっぱい。中は正装した町の人たちでごった返し。

 

IMG_9256.jpg

今日のおすすめ、美味しそう。

 

IMG_9255.jpg

レストラン遠景です。

 

IMG_9254.jpg

レストランの道をまっすぐ進むと、この道につながります。

 

IMG_9253.jpg

そしてクランツベルグバーンのところに戻ります。

 

IMG_9252.jpg

 

 

IMG_9251.jpg

一昨日より、もっとたくさん咲き出してました。

 

IMG_9250.jpg

Nacktstängelige Kugelblume

 

IMG_9249.jpg

いつも登って来る坂道を下っていきます。

 

IMG_9248.jpg

日差しが強くて、すごく乾燥している感じ。

 

IMG_9247.jpg

 

 

IMG_9246.jpg

次回行ってみたい、湖のほとりのレストラン。

 

IMG_9245.jpg

色々レストランがあって面白いですね。

 

IMG_9244.jpg

 

 

IMG_9243.jpg

来たる5月4日、11時から15時まで、リンドウを描いてみよう、のコンテストがあります。優勝者の絵は、絵葉書にしてくれるんだって。

 

IMG_9242.jpg

4月27日、お花屋さんでバルコニー用のお花とか、春のお花がたくさんの、公開日があります。

 

IMG_9241.jpg

このEderkanzelは、1時間ちょっとで登れて、ご飯が美味しい。

 

IMG_9240.jpg

美味しいジャガイモレストラン、Kartoffelsackが開いているかどうか、確認して来ます。

 

IMG_9239.jpg

5月20日までUrlaubだそうです。涙。

 

IMG_9238.jpg

アルペンローゼのレストランには、民族衣装のおじさんたちが集まって。

 

IMG_9237.jpg

おやおや、コントラバスもありますよ。

 

IMG_9236.jpg

さて、今日も美味しいアイスクリームゲットです。おじさんが力を込めて、ぎゅうぎゅうに乗っけてくれました。

 

IMG_9235.jpg

これは色々お土産をもらえるみたいですが、参加有料です。

 

IMG_9234.jpg

帰りの電車からも、クライス駅出てから固まって咲いているクロッカスがあちこち見えたのですが、最終的にガイドブックを家で確認したら、今日歩いたコースの全く反対側が、クロッカスの咲くポイントだったよう。残念。来年頑張って探してみよう!

というわけで、また来週。

 

 

 

Heuberg &Raubling Starkbierfest

  • 2019.03.17 Sunday
  • 22:23

2019年3月17日(日)はれ

 

Sulzbergへ登って、そのあとRaublingでのStarkbierfestへ行きたいという希望がある一方、Heubergへクロッカスを見に行きたいという要望も。

 

 

IMG_8188.JPG

この時期、クロッカスが綺麗に咲きそろうホイベルグは、開花をいまかいまかと待ちわびる人でいっぱいに。咲いたかどうか見られるように、カメラつけといてくれればいいのに、という意見もヒロさんから。でも、咲いたかどうかわからないからみんなこの時期になると山小屋を訪れるので、山小屋営業妨害になるからつけられない、という話で落ち着く。

 

IMG_8174.JPG

四月にはアイグナーさんも来て、Hoffestがあるって。行かなくっちゃ。

 

IMG_8173.JPG

Shulusselblume

 

IMG_8172.JPG

ヒロさんは近道も暗記。

 

IMG_8171.JPG

今日はいい天気になりました。

 

IMG_8170.JPG

こっちが近道だって。

 

IMG_8169.JPG

割れた根っこの両側に、サルノコシカケが椎茸みたいに生えている。

 

IMG_8168.JPG

いつもは緑の草原にクロッカスが咲いているこの場所も、まだ雪が深い。

 

IMG_8167.JPG

おや〜大丈夫か?

 

IMG_8166.JPG

乳母車でも来られる、とガイドブックに書いてあるこの道。あっという間に到着。

 

IMG_8165.JPG

さあ、どうなっているでしょうか。

 

IMG_8164.JPG

微妙な雪の状態。

 

IMG_8163.JPG

しょうがない、山小屋に飲みに行こう。

 

IMG_8162.JPG

裏山もこの状態。

 

IMG_8161.JPG

暖炉にはあったかな火が入り、グーラッシュズッペをいただく。

 

IMG_8160.JPG

春は黄色い花が映える。

 

IMG_8159.JPG

 

 

IMG_8158.JPG

森の方に歩いて、下山しよう。

 

IMG_8157.JPG

 

 

IMG_8156.JPG

 

 

IMG_8155.JPG

雪が溶けたところに、クロッカス発見。

 

IMG_8154.JPG

山小屋には、これが満開の写真があるんだけどなあ。

 

IMG_8153.JPG

とりあえず見られたことは見られたな。

 

IMG_8152.JPG

 

IMG_8151.JPG

おひさまポカポカなので、雪が溶けたところに蕾がどんどん出てくる。

 

IMG_8150.JPG

踏んじゃいそう。

 

IMG_8149.JPG

 

 

IMG_8147.JPG

 

 

IMG_8146.JPG

森に行く方の道は暖かいのか、雪が溶けて地面が見えるところが多く、こんな状態。

 

IMG_8145.JPG

いい色ですねえ。

 

IMG_8144.JPG

全面これが見たかったねえ。

 

IMG_8143.JPG

 

 

IMG_8142.JPG

森の中は、こんな雪。かなり枝が落ちている。

 

IMG_8141.JPG

 

 

IMG_8140.JPG

雪で倒れた木々が転がっている。

 

IMG_8139.JPG

 

 

IMG_8138.JPG

それを乗り越えて。

 

IMG_8137.JPG

ところどころ、こんなに雪が残ってて。

 

IMG_8136.JPG

暖簾のようになってたり。

 

IMG_8135.JPG

 

 

IMG_8134.JPG

いつものSchulusselblumeがたくさん咲く草地も、まだ半分雪。

 

IMG_8133.JPG

でもミツバチはブンブン元気。

 

IMG_8132.JPG

沼地に花も咲き出して。

 

IMG_8131.JPG

流れはまだ冷たいけど。

 

IMG_8130.JPG

 

 

IMG_8129.JPG

雪割草の青が綺麗。

 

IMG_8128.JPG

 

 

IMG_8127.JPG

目のいいヒロさんが魚を発見。

 

IMG_8126.JPG

あの、黒みがかったところに一匹。

 

IMG_8125.JPG

ビールの道にビール造りの案内板。

 

IMG_8124.JPG

 

 

IMG_8123.JPG

 

 

IMG_8122.JPG

上に登ってきたはずなんだけど、いつもの道に戻ってる?

 

IMG_8121.JPG

 

 

IMG_8120.JPG

下のダムになっているところ。水が綺麗。

 

IMG_8119.JPG

 

 

IMG_8118.JPG

 

 

IMG_8117.JPG

で、いつもは通り過ぎるけど、今日はここでもいっぱい飲むことに。

 

IMG_8116.JPG

もう直ぐ緑が濃くなるはず。

 

IMG_8115.JPG

 

 

IMG_8114.JPG

がんばって、Helles飲んでみました。1番小さいの。

 

IMG_8113.JPG

豚の柄がかわいい、Weissbier。

 

IMG_8112.JPG

 

 

IMG_8111.JPG

 

 

IMG_8110.JPG

レストランの前の草地には、Maerzbecherがたくさん咲いてました。

 

IMG_8109.JPG

 

 

IMG_8108.JPG

そこから、Raublinger Starkbierfestにもよってみました。

 

IMG_8107.JPG

奥では楽隊の演奏が。

 

IMG_8106.JPG

 

 

IMG_8105.JPG

 

 

IMG_8104.JPG

 

 

IMG_8103.JPG

 

 

IMG_8102.JPG

注文してから、もう食事の時間は過ぎてて注文できないことがわかり、ちょっとがっかり。

 

IMG_8101.JPG

飲み歩きの1日でした。

 

 

Schaeflertanz (Ismaninger Schaeflertanz)

  • 2019.02.15 Friday
  • 22:50

2019年2月15日(金) 晴れ

 

会長帰国の日。

Kiliansplatz辺りでSchaeflertanzがあると言う情報をみゆきさがもたらした。夜の便なのでちょっと行ってみることに。

 

 

IMG_7484.jpg

この教会の前にある会社が出資者のよう。早く着き過ぎたので、その会社のベル鳴らして、待たせてもらっちゃった。

 

IMG_7485.jpg

予定時刻よりかなり遅れて到着。ピエロを先頭に、行進開始。

 

IMG_7487.jpg

いい天気で良かったですね。

 

IMG_7489.jpg

足並み揃えて。

 

IMG_7493.jpg

この奥のアーチ型の入り口がその会社のある所。そちらを正面に見て、踊りを開始。

 

IMG_7494.jpg

 

 

IMG_7495.jpg

 

 

IMG_7496.jpg

昔ペストが流行って、それを鎮めるために踊りを奉納したのが始まりらしい。

だいたいペストは7年に一回ぐらいの割合で流行りにピークが来ていたようで、踊りも7年に一回やるようになった。

7年が当たり年、と言うのから、7という数字がラッキーナンバーになったという説も。

昔はたる作りの職人さんが踊っていたのだが、昨今の踊り手不足で、たる屋さん以外も踊っていて、踊るためのグループができているそう。

 

IMG_7497.jpg

 

 

IMG_7498.jpg

ピエロがほっぺにハートを描いてくれる。ファッシングだと、すすをつけられるんだけど。

 

IMG_7500.jpg

立派な旗。

 

IMG_7502.jpg

帽子が可愛い。

 

IMG_7503.jpg

おばさん写真に指が入っちゃってる。

 

IMG_7504.jpg

 

 

IMG_7505.jpg

 

 

IMG_7507.jpg

 

 

IMG_7508.jpg

 

 

IMG_7510.jpg

 

 

IMG_7511.jpg

 

 

IMG_7513.jpg

 

 

IMG_7514.jpg

気さくなおじさんは、こう言うときはセルフィーにするんだよ、と、会長にセルフィーを要求。

 

IMG_7516.jpg

踊りの最中に、この小瓶を後ろ向きに投げて、ピエロが布を広げて取る、と言うパフォーマンスがあるんだけど、1回目は成功。2回目に受け損なって、後ろの路上駐車の車のサイドに激突。すると三回めには投げる前に、もっと左に放れよ、の掛け声が入った。

 

IMG_7519.jpg

 

 

IMG_7521.jpg

 

 

IMG_7522.jpg

 

 

IMG_7523.jpg

 

 

IMG_7524.jpg

 

 

IMG_7525.jpg

 

 

IMG_7526.jpg

 

 

IMG_7527.jpg

たる作ってます?

 

IMG_7528.jpg

 

 

IMG_7529.jpg

横ではピエロがはしごでパフォーマンス。

 

IMG_7530.jpg

 

 

IMG_7531.jpg

 

 

IMG_7532.jpg

 

 

IMG_7533.jpg

では解散です。帽子を振ってご挨拶。

 

IMG_7534.jpg

荷物をみんな持って、バスに運んでから、会社で用意されたブルストとブレーツェンのお食事に招かれてました。

 

IMG_7535.jpg

さよ〜なら〜。

 

IMG_7536.jpg

 

 

IMG_7537.jpg

 

 

IMG_7539.jpg

 

 

IMG_7540.jpg

 

 

IMG_7542.jpg

 

 

IMG_7543.jpg

お疲れ様でした。

 

IMG_7544.jpg

綺麗な青空で、前に並んで見ていた幼稚園の子供たちも大満足だったよう。

会長も時間ギリギリだったけど、見られてよかったね。

ではまた次回をお楽しみに。

 

 

 

 

 

Christkindlmarkt in Seefled

  • 2018.12.23 Sunday
  • 21:02

2018年12月23日(日) 曇り

 

Seefeld(チロル)のクリキンへ!

 

IMG_5947_R.JPG

本当は山に行く筈だったんですよ、でも悪天候でクリキンに変更。やって来ましたゼーフェルド。

 

IMG_5946_R.JPG

店が開いているので、少しずつ見ながら街を散策します。

 

IMG_5945_R.JPG

クリキンはまだ一軒しか空いてません。

 

IMG_5944_R.JPG

 

 

IMG_5943_R.JPG

 

 

IMG_5942_R.JPG

こんな雪の塀ができてました。

 

IMG_5941_R.JPG

石鹸屋さん。おもしろい石鹸がいっぱい。

 

IMG_5940_R.JPG

男性陣は石鹸には興味なし?

 

IMG_5939_R.JPG

馬車でこのあたりを散策してくれる、というのもやってます。

 

IMG_5938_R.JPG

可愛い街で、日本のスキー選手もここの町に滞在するというのをテレビで見ました。いい所です。

 

IMG_5937_R.JPG

駅まで来ました。このあたりは何もなし。

 

IMG_5936_R.JPG

ホテルのお客様お迎え用豪華お車。

 

IMG_5935_R.JPG

 

 

IMG_5934_R.JPG

向こうに教会と、その左手はプールとスケート場。教会の向こうをもっと進むと、湖もあるそうです。

 

IMG_5933_R.JPG

 

 

IMG_5932_R.JPG

 

 

IMG_5931_R.JPG

教会は残念ながらクローズ。鍵穴から覗いてみました。

 

IMG_5930_R.JPG

雨予報、でしたが、ここまで持ちました。

 

IMG_5929_R.JPG

 

 

IMG_5928_R.JPG

 

 

IMG_5927_R.JPG

 

 

IMG_5926_R.JPG

 

 

IMG_5925_R.JPG

レストランを吟味して、お昼ご飯に。

 

IMG_5924_R.JPG

 

 

IMG_5923_R.JPG

さすがオーストリア。ご飯おいしいです。わたしはコースを注文。

 

IMG_5922_R.JPG

 

 

IMG_5921_R.JPG

お日様も出て来たので、お食事後、軽くお散歩することに。

 

IMG_5920_R.JPG

 

 

IMG_5919_R.JPG

 

 

IMG_5918_R.JPG

 

 

IMG_5917_R.JPG

 

 

IMG_5916_R.JPG

 

 

IMG_5915_R.JPG

 

 

IMG_5914_R.JPG

夏に来ると、この辺りはクアコースで、水に足を浸したりできるよう。

 

IMG_5913_R.JPG

 

 

IMG_5912_R.JPG

 

 

IMG_5911_R.JPG

向こうにはジャンプ場も。

 

IMG_5910_R.JPG

トンネルを抜けると、そこは向こう側でした。

 

IMG_5909_R.JPG

 

 

IMG_5908_R.JPG

もう一度トンネルを抜けて。

 

IMG_5907_R.JPG

なかなか乗りにくい子供用リフト。

 

IMG_5906_R.JPG

 

 

IMG_5904_R.JPG

クリキンのところに戻って来たら、店がちゃんと開いてました。

 

IMG_5903_R.JPG

湯たんぽ色とりどり。

 

IMG_5902_R.JPG

このお店で、蜂蜜のグリューワインをいただきました。

 

IMG_5901_R.JPG

この、ツィラーターラー・カースクラプフェンという、ジャガイモとチーズが入って、揚げた巨大餃子みたいなのを食べました。

おいしかった!

 

IMG_5900_R.JPG

やっぱりクリキンはこうでなくっちゃ。人がいないとさみしい。

 

IMG_5899_R.JPG

ここで羊の毛皮の帽子を購入。あったかくて可愛かったですよ。スリッパも暖かそうで、後から買ってくればよかったと後悔。まあ、また来年のクリスマスで、ですね。それでは皆様、楽しいクリスマスと良いお年をお迎えください!

 

 

 

 

 

 

 

 

Christkindlmarkt in Oberbayern

  • 2018.12.09 Sunday
  • 16:52

2018年12月9日(日) 晴れ

 

 

 

IMG_5754_R.JPG

年に1日だけのベネディクトボイヤンのクリスマスマーケット。

一度訪れると毎年来たくなる、と言う謳い文句通り、なぜか毎年来てしまう。

今年も来れて良かった、と思いきや、何時もの場所に駐車すると、向かいから来た車に手を振られて、なんだか様子が違う。

こんなにあっさり駐車できたのもおかしい。いつもの山岳警備隊のヤドリギで献金を集めている所も、こんなかんじ。用意はされているが、何時もの台のところには持って行かず、このあたりにほっぽってある。来た人も、ここから持って行っている様子。なぜ?

 

IMG_5753_R.JPG

レストランは開いてるみたい。でも屋台も一つしか開いておらず、それ以外は全く用意がされていない。訪れる人は少なくないのに。屋台の屋根の飾りの為に、道路のところに分けて置いてあったモミの木の枝を持って帰る人を見て、なんだか嫌な予感が。

 

IMG_5752_R.JPG

とりあえず道を進んでみる。街の美味しいコーヒーショップ手前のパンやさんに飾られた可愛いお菓子のお家。

この側で街の人に聞いたら、嫌な予感的中。今日は朝の雨風で、キャンセル決定したそう。

 

IMG_5751_R.JPG

仕方ないのでレストランに入ってお昼ご飯食べてから、帰宅組とアンデクスに回る組とに分かれて早々解散。

 

IMG_5750_R.JPG

アンデクスのクリスマスマーケットも今週末のみ。ここのウリは人形ではなく、人間がやってるクリッペ。イエス様の誕生のシーンを再現したもの。3人の博士やサンタクロースも登場の時間は決まってます。

 

IMG_5749_R.JPG

クリッペに人が現れるまで、クリスマスソング演奏してたり。

 

IMG_5748_R.JPG

ロバや羊さんが歩き回ってます。

 

IMG_5747_R.JPG

カルミナ・ブラーナで有名な作曲家、カール・オルフが葬られてます。

 

IMG_5746_R.JPG

教会のオルガン。

 

IMG_5646_R.JPG

小さいけれど、みんなに愛されている教会。

 

IMG_5744_R.JPG

雨降りで訪れる人の数は多くないけれど、こじんまり可愛いクリスマスマーケット。ここで醸造されたリキュールも売っている。

 

IMG_5647_R.JPG

羊飼いのおじさん、増えましたね。いつものおじさんは左側かな。

 

IMG_5742_R.JPG

みんな動かないのに、いつものおじさんは動きたそう。

 

IMG_5741_R.JPG

でもぐっと我慢してる?動くなって言われてるのかな?

 

IMG_5649_R.JPG

 

 

IMG_5738_R.JPG

 

 

IMG_5737_R.JPG

小さい子には、ケーキを少し切って味見させてくれたので、クッキーを一つ買いました。

 

IMG_5736_R.JPG

 

あまりに寒くて、山歩きはちょっとお休みの今月。次回もクリスマスマーケット行っちゃいましょう。

 

因みに、マリーエンプラッツでは今日、サンタクロースではなく、悪い子はいねが、のドイツ版、クランプフが300組くらい走り回る催しがあった模様。

規模は小さくなるものの、23日にもう一度30組くらいのクランプフが、Neuhauserstrasseのクリスマスマーケット入り口からマリーエンプラッツの市庁舎前まで走り回るのが、16時から17時まであるそうです。お時間のある方は是非お越し下さい。顔は怖いけど無害、だそうです。

 

 

 

 

 

 


 

 

Glentleiten Christkindlmarkt

  • 2018.12.01 Saturday
  • 20:22

2018年12月1日(土) 晴れ

 

Christkindlmarkt in Freilichtmuseum an Glentleiten.

 

IMG_5655_R.JPG

冬の間は閉館しているグレントライテン野外博物館。

降臨節のころ、クリキン開催の時は特別開園!

 

 

 

 

IMG_5712_R.JPG

入り口が変わって、こんな建物になってました。ビックリ。

 

IMG_5711_R.JPG

ビール醸造。泡がぶくぶくしてます。

 

IMG_5710_R.JPG

 

 

IMG_5709_R.JPG

入口入って直ぐのお店。向こう側の人がいるところが、チケットを買う所。

 

IMG_5708_R.JPG

醸造展示の向こう側には、こんな展示室が。隠れた特技を披露中。

 

IMG_5707_R.JPG

樽のビールを運ぶ台車

 

IMG_5706_R.JPG

 

 

IMG_5705_R.JPG

これ、前にオルゴールが置いてあるところになかった?

 

IMG_5704_R.JPG

 

 

IMG_5703_R.JPG

講習中。

 

IMG_5702_R.JPG

グレントライテンがある町の模型。

 

IMG_5701_R.JPG

ここで鞄や胸につけた、入場券のシールを確認。

 

IMG_5700_R.JPG

まだ人が少ないですね。

 

IMG_5699_R.JPG

楽しい遊具に挑戦。

 

IMG_5698_R.JPG

リンゴが残る木

 

IMG_5697_R.JPG

陶器屋さんの所も、屋根葺き替えましたね。

 

IMG_5696_R.JPG

 

 

IMG_5695_R.JPG

暖炉であったまった部屋では、チターの演奏が。

 

IMG_5694_R.JPG

陶器屋さんの入口にはガラス戸が。

 

IMG_5693_R.JPG

 

 

IMG_5692_R.JPG

 

 

IMG_5691_R.JPG

民家園のパン焼がまで焼いたパンを走って行って即購入。数量限定なので、ゲット出来てラッキー。ちぎって早速みんなで試食。中はまだ熱々で美味しい。

 

IMG_5690_R.JPG

木彫りのドアの形がおしゃれ。

 

IMG_5689_R.JPG

 

 

IMG_5688 (1)_R.JPG

オルゴールがいろいろ置いてあるお部屋、少し明るくなったかな?献金箱に、1ユーロ入れたら、オルゴールみんな順番に鳴らしてくれました。

 

IMG_5687_R.JPG

 

 

IMG_5685_R.JPG

 

 

IMG_5684_R.JPG

外に置いてあった、竹馬にも挑戦。日本のとは違って、土踏まずのところで乗って歩く感じ。なので、持ち方も真横。

 

 

 

IMG_5682_R.JPG

 

 

IMG_5681_R.JPG

珍しくいい天気の今日。気温は10度くらいになりました。

 

IMG_5680_R.JPG

 

 

IMG_5679_R.JPG

 

 

IMG_5678_R.JPG

 

 

IMG_5677_R.JPG

 

 

IMG_5676_R.JPG

お直し品を3週間以内に取りに来ない場合には処分します、って、ずいぶん強気?

 

IMG_5675_R.JPG

 

 

IMG_5674_R.JPG

 

 

IMG_5673_R.JPG

 

 

IMG_5672_R.JPG

脱穀機。中ちゃんは昔おじいさんのお手伝いで似たようなのを使ったことがあるって。

 

IMG_5671_R.JPG

 

IMG_5670_R.JPG

壁紙の模様。

 

IMG_5669_R.JPG

シンガーの古いミシン。

 

IMG_5668_R.JPG

 

 

IMG_5667_R.JPG

 

 

IMG_5666_R.JPG

向こうはコッヘルゼー方面。

 

IMG_5665_R.JPG

こんなあったかいグレントライテンのクリスマスマーケットは初めて。

 

IMG_5664_R.JPG

 

 

IMG_5663_R.JPG

昔のベッド。

 

IMG_5662_R.JPG

コッヘルゼーと塩の温泉、トリミニの建物が見える。

 

IMG_5661_R.JPG

 

 

IMG_5660_R.JPG

 

 

IMG_5659_R.JPG

林檎のリキュールを温めて、生クリームかけたのキュッといっぱいひっかけました。おいしかったです。

 

IMG_5658_R.JPG

ひなたぼっこ中のワンコとご主人。なんだかいい感じ。

 

IMG_5657_R.JPG

入り口二階のレストラン。かなりの人が入れます。

 

IMG_5656_R.JPG

 

 

IMG_5654_R.JPG

外にはこんな寝椅子も有ります。クリスマスのプレゼント用のお土産や、羊の毛皮、チーズなんかもゲットして、帰宅。お疲れ様でした〜。

 

 

Wiesn - Trachtenumzug オクトーバーフェストのパレード

  • 2018.09.23 Sunday
  • 22:23

2018年9月23日(日) 曇り そして、雨模様

 

Wiesn 始まった。

最初の日曜はミュンヘン市内を練り歩くパレードが開催。

今年も一等席から見物。

 

気候の変わり目。みゆきさは、体調不良をおして出かけたみたいだが、他のメンバーは?

 

 

IMG_2564_R.JPG

特等席に陣取って。パレードの始まりです。ちょっとまだ天気はぐずつき気味。

 

IMG_2563_R.JPG

向かいの有料席もまだ人はまばら。

 

IMG_2562_R.JPG

綺麗に花で飾られたFaranziskanerの馬車です。

 

IMG_2561_R.JPG

Theドイツ、の服装。

 

 

 

 

IMG_2559_R.JPG

始めの方の馬車は、色々なプレゼントを配ってくれます。

 

IMG_2558_R.JPG

楽しいSparkasseの馬車。首飾りにしたブレーツェンを投げてくれました。

 

IMG_2557_R.JPG

子供がたくさんいるので、色々なものを投げてくれます。

 

IMG_2556_R.JPG

ホフブロイハウスの馬車。

 

IMG_2555_R.JPG

民族衣装のお店、アンガーマイヤーの馬車。色々なものを投げてくれました。

 

IMG_2554_R.JPG

向こうの方が有料ですが、遠いので、近場のこちら側に色々なプレゼントを投げてくれたので、とっても楽しい!

 

IMG_2553_R.JPG

クッキーのコブクロを投げてくれたり

 

IMG_2552_R.JPG

これ持って行進するのは大変そう。

 

IMG_2551_R.JPG

トラクターもきれいに飾られて。

 

 

 

 

IMG_2549_R.JPG

ムチがひゅんひゅん音を立てます。

 

IMG_2548_R.JPG

BMWのかわいいお姉さん。

 

IMG_2547_R.JPG

綱が張ってあるので、ぎりぎりに走ってくる車。南ドイツ新聞の旗を振りながら声援。

 

IMG_2545_R.JPG

これは何の団体さん?

 

IMG_2544_R.JPG

 

 

IMG_2543_R.JPG

向こう側はこんな感じ。

 

IMG_2542_R.JPG

 

 

IMG_2533_R.JPG

何か持っての行進は、手がつかれる〜。

 

IMG_2532_R.JPG

お姉さんかわいい。乳母車も素敵。

 

IMG_2531_R.JPG

いろいろなDirndl

 

IMG_2530_R.JPG

 

 

IMG_2529_R.JPG

鳥の羽の帽子が面白い形。

 

IMG_2528_R.JPG

ミュンヒナーキンドルの絵がついた旗。重そう。

 

IMG_2527_R.JPG

 

 

IMG_2526_R.JPG

どこか外国の民族衣装?

 

IMG_2525_R.JPG

襟のレースが面白い。

 

IMG_2524_R.JPG

でっかい山々の狩猟、の馬車。

 

IMG_2523_R.JPG

このテープを持ったお姉さんたちは、時々踊ってテープを真ん中の棒に編みながら進みます。

 

IMG_2521_R.JPG

樽がかわいい。

 

IMG_2520_R.JPG

 

 

IMG_2519_R.JPG

 

 

IMG_2518_R.JPG

深い緑の民族衣装。

 

IMG_2517_R.JPG

胸にお花を挿して。

 

IMG_2515_R.JPG

 

 

IMG_2514_R.JPG

意外に下手な人がいない、オクトーバーフェストの音楽隊。

 

IMG_2513_R.JPG

 

 

IMG_2512_R.JPG

子供はみんなかわいいです。

 

IMG_2511_R.JPG

素敵な生地。

 

IMG_2510_R.JPG

Spatenhaus

 

IMG_2509_R.JPG

重いので、みんなで分けて持ってるのかな?でも重いよね。

 

IMG_2507_R.JPG

煙突掃除屋のお兄さんお姉さんの団体さん。煙突掃除の人を見かけると幸運が来るという。

 

IMG_2506_R.JPG

 

 

IMG_2505_R.JPG

カウボーイ?

 

IMG_2504_R.JPG

宗教色豊か

 

IMG_2503_R.JPG

 

 

IMG_2502_R.JPG

 

 

IMG_2501_R.JPG

 

 

IMG_2500_R.JPG

ニーベルンゲンの指輪、の町だそうですよ。

 

IMG_2498_R.JPG

 

 

IMG_2497_R.JPG

 

 

IMG_2496_R.JPG

 

 

IMG_2495_R.JPG

Passauの表示はわかりやすい

 

IMG_2494_R.JPG

良く似合ってます。

 

IMG_2493_R.JPG

足がバラバラなのがご愛嬌。

 

IMG_2492_R.JPG

大きな獲物をひいてやってきたお兄さんたち。腕にはタカがとまってます。

 

IMG_2491_R.JPG

 

 

IMG_2490_R.JPG

 

 

IMG_2489_R.JPG

イノシシ重そう。

 

IMG_2488_R.JPG

 

 

IMG_2487_R.JPG

 

 

IMG_2486_R.JPG

 

 

IMG_2485_R.JPG

カモシカやシュタインボックも登場。

 

IMG_2484_R.JPG

 

 

IMG_2483_R.JPG

 

 

IMG_2482_R.JPG

 

 

IMG_2480_R.JPG

 

 

IMG_2479_R.JPG

 

 

IMG_2478_R.JPG

 

 

IMG_2477_R.JPG

 

 

IMG_2476_R.JPG

 

 

IMG_2475_R.JPG

漁師さんの山車かな?魚がついてます。

 

IMG_2474_R.JPG

有料席にも人が増えてきました。

 

IMG_2473_R.JPG

 

 

IMG_2472_R.JPG

 

 

IMG_2470_R.JPG

引っ張るのは交換こ?

 

IMG_2469_R.JPG

馬の鬣がきれいに結わえ付けられて。

 

IMG_2468_R.JPG

 

 

IMG_2467_R.JPG

 

 

IMG_2466_R.JPG

 

 

IMG_2465_R.JPG

 

 

IMG_2464_R.JPG

 

 

この後、後続隊がなかなか来なくてざわついたところに、恰幅のいい、かっこいいひげのおまわりさんが、厳かに手を振りながらバイクで巡回して、笑いを誘ってました。

 

この後、横はいりのインド人女性とイタリア人のおじさんに攻めこまれて、途中で抜けてオクトーバーフェスト会場へ移動。

風邪が悪化したみゆきさは、記念写真をみんなで撮った後、みんなと別れて、そのまま火曜日まで、今までほとんど休んだことのない合唱の練習もお休みして寝込んでしまいました。お疲れ様でした。でも、何回行っても楽しいトラハテンウムツーク。これから2週間オクトーバーフェストは続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Almabtrieb in Kruen

  • 2018.09.15 Saturday
  • 20:02

2018年9月15日(日)少し雨模様

 

Almabtrieb この時期の風物詩。Almの牛たちを麓へ下す。

 

 

IMG_2251_R.JPG

シュターンベルグへ向かう道で、番号の入った馬車を追い越しました。さて、この馬車はどこへ行くんでしょうか。

この時期、色々な催し物があちこちで。

 

IMG_2250_R.JPG

11時から、の予定でしたが、ちょっと遅れて、パトカーに先導されてやって来ました、牛さんたち。今年はちゃんと花飾りもあります。

 

IMG_2248_R.JPG

雨が上がったばかりで、まだ肌寒い今日。

 

IMG_2247_R.JPG

これは飾ってある、って言えるのか?でも、全部の牛に飾りをつけるのは大変かな。

 

IMG_2246_R.JPG

泥棒飾りタイプ?鼻の下じゃないけど。

 

IMG_2245_R.JPG

 

IMG_2244_R.JPG

ズボン吊りの刺繍も、手仕事でとても高価。

 

IMG_2243_R.JPG

ずっとこんな風に見物の人が。

 

IMG_2242_R.JPG

続いてかっこいいお兄さんに連れられたひまわりで飾りつけした牛が。

 

IMG_2241_R.JPG

足並みがあってる、兄弟牛かな?

 

IMG_2240_R.JPG

 

IMG_2239_R.JPG

段々きれいな飾りつけをした牛が増えてきました。

 

IMG_2238_R.JPG

 

 

IMG_2237_R.JPG

前が見にくい〜。

 

IMG_2236_R.JPG

覆面レスラー?

 

IMG_2235_R.JPG

 

IMG_2234_R.JPG

小さい子も正装して頑張って歩きます。

 

IMG_2233_R.JPG

 

 

IMG_2232_R.JPG

年季の入ったズボン。いい感じ。

 

IMG_2231_R.JPG

おとなしく、ずんずん歩いていきます。

 

IMG_2230_R.JPG

胸を張って、頑張って歩いてます。

 

IMG_2229_R.JPG

 

 

IMG_2228_R.JPG

前が見えなさそうだけど、おとなしくついてくる牛。

 

IMG_2226_R.JPG

今年は夏が暑かったので、お花がもう咲き終わり気味で集めるのが大変だったかも。フェーダーバイザーも例年になく早く出来上がって、八月末にはできていたそう。

 

IMG_2225_R.JPG

何気に、カウベルがものすごくでかくない?

 

IMG_2224_R.JPG

シンプルでかわいい。

 

IMG_2223_R.JPG

この飾りつけは頑張ってます。

 

IMG_2222_R.JPG

笑顔がかわいい。

 

IMG_2221_R.JPG

ちょっと渋滞中。

 

IMG_2220_R.JPG

なぜおなかの周りにも飾り?

 

IMG_2219_R.JPG

テンポよくありていく牛。この牛のカウベルは小さいけど、後でマルクトで売られてるのを見たら、一番小さい山羊用のでも40Euroしてました。

 

IMG_2218_R.JPG

この飾りつけもきれい。

 

IMG_2217_R.JPG

 

 

IMG_2216_R.JPG

子供たちが引っ張ってるのはまだ子牛?

 

IMG_2214_R.JPG

文句なしの飾りつけをしているこの牛は、お姉さんとともに、一回転してくれました。

 

IMG_2213_R.JPG

数年前にも、目の前でくるっとまわってくれたお姉さんと同じ人でした。大人になったねえ。

 

IMG_2212_R.JPG

さあ、みんなついておいで〜。

 

IMG_2211_R.JPG

どどど。

 

IMG_2210_R.JPG

この牛たちは、山から降ろして数日、もう里で暮らしているそうで。これからそれぞれの飼い主に返されるそうです。

 

IMG_2209_R.JPG

これもきれいな飾り。

 

IMG_2208_R.JPG

 

 

IMG_2207_R.JPG

 

 

IMG_2206_R.JPG

髪の毛のみつあみがきれい。

 

IMG_2205_R.JPG

さあ、これでおしまいかな?出店の会場に移動しましょう。

 

IMG_2204_R.JPG

この先の広場で牛は開放。お疲れ様でした。

 

IMG_2203_R.JPG

 

 

IMG_2202_R.JPG

 

 

IMG_2200_R.JPG

テントの中ではもう音楽演奏も。

 

IMG_2199_R.JPG

くじはいかが?ひとつ一ユーロです。

 

IMG_2198_R.JPG

 

 

IMG_2197_R.JPG

雨が降っていたので、ちょっとぬかるんでいる会場。でも、たくさんの人出です。

 

IMG_2196_R.JPG

おいしい熱々のラクレットをパンに乗せて食べます。

 

IMG_2195_R.JPG

ビール飲みながら演奏する団体のおじさん?

 

IMG_2193_R.JPG

 

 

IMG_2192_R.JPG

色々なキャンディーやさん。

 

 

IMG_2190_R.JPG

ジャムや野菜もあります。

 

IMG_2189_R.JPG

 

 

IMG_2188_R.JPG

チーズやサラミ、シナップスも売ってます。

 

IMG_2187_R.JPG

これこれ、手作りのカウベル。一番右側の小さいので、40Euro

 

IMG_2186_R.JPG

ホップ売ってます。よく眠れるんだって。

 

IMG_2185_R.JPG

チーズ如何ですか。

 

IMG_2184_R.JPG

 

 

IMG_2183_R.JPG

綺麗なリースもあります。

 

IMG_2181_R.JPG

羊の毛で作った靴の中敷きやスリッパ。

 

IMG_2180_R.JPG

綺麗な色の石鹸。

 

IMG_2178_R.JPG

ここでは街のマダムが揚げパン揚げてます。

 

IMG_2177_R.JPG

これ美味しいです。ぱりぱり。

 

IMG_2176_R.JPG

くじ引きもあります。

 

IMG_2173_R.JPG

テントではアルペンホルンの演奏が。

 

IMG_2172_R.JPG

公園にはこんな楽しい遊具が。

 

IMG_2170_R.JPG

ちょうど体に合っているかわいい民族衣装を着た女の子。

 

IMG_2169_R.JPG

子供たちは水遊びに熱中。

 

IMG_2168_R.JPG

この靴下が面白い。温かいのかな?

 

IMG_2167_R.JPG

レバーを操作すると、水が少しずつ出てきます。

 

IMG_2166_R.JPG

パレードが終わって、草原でくつろぐ牛たち。

 

IMG_2163_R.JPG

白塗りのお化粧をした女の子が、くじをお母さんと売っています。

 

IMG_2160_R.JPG

ひとつください。

 

IMG_2165_R.JPG

今年も牛おろしのお祭り、無事終了。秋が深まっていきます。

それではまた来週。

 

Schloss Harburg 

  • 2018.09.03 Monday
  • 11:11

2018年9月3日(月)晴れ

 

Augsburgの北、Donau-Ries。南ドイツで一番(規模が)大きくて保存状態の良いお城,SchwabenのHarburgへ。

900年の歴史を体感!

 

IMG_2051_R.JPG

 

その後は、ロマンチック街道沿いということで他の街もついでに見学してきた模様。

 

どの町だっけ?Noerdlingenだっけ?

 

まっいいか。まずはハーブルグから。

 

IMG_2064_R.JPG

Harburgと、ディンケルスビュールです、会長。

さて今年は晴れの日が多く、大変乾燥気味のドイツ。トウモロコシ畑も、実がなる前に乾ききって枯れてしまっています。北ドイツではもっと深刻だそう。

 

IMG_2063_R.JPG

駐車場からお城に向かいます。保存状態がとてもいい、というとおり、きれいなお城。

 

IMG_2062_R.JPG

ロマンチック街道、こんな風につながってます。

 

IMG_2061_R.JPG

行ったことある街もあれば、まだ行ったことない街の名前もあり。

 

IMG_2060_R.JPG

ここから、こんなところにも行けます。

 

IMG_2059_R.JPG

入り口に行くまで、おいしそうなプラムがあちこちになっていて、とって〜って言ってました?

 

IMG_2058_R.JPG

 

IMG_2057_R.JPG

もっとも古い建造物の一つ、と書かれている、大変微妙な表現のこの城。文献には1100年くらいに出てくるようです。

 

IMG_2056_R.JPG

いいお城なんだけど、何か物足りないのはなぜ。

 

IMG_2055_R.JPG

レストラン入り口。とてもきれいなレストラン。お姉さんも優しい。でも、お値段が!

 

IMG_2052_R.JPG

リンゴの木にも、実がたわわに実ってました。

 

IMG_2050_R.JPG

劇やコンサートなど、色々な催し物もあるよう。15人以上のグループなら、案内を一時間ごとの説明以外にも予約でやってもらえるそう。

 

IMG_2049_R.JPG

とってもいい香りのバラ。

 

IMG_2048_R.JPG

綺麗に整備されているんだけど、お花が少ない気が。

 

IMG_2047_R.JPG

記念撮影。

 

IMG_2045_R.JPG

砲弾のところに、重たい銃口を支える、木のこんな支えが。でも、差し込んだら、照準どうやって合わせるんだろう。

 

IMG_2044_R.JPG

見張り用の隙間。

 

IMG_2043_R.JPG

だいぶ大胆に開いている、壁の窓。ここまでは間違っても銃で打った弾がとどかなかったのかな?

 

IMG_2042_R.JPG

中庭。最初は写真撮影禁止って書いてあって、全域撮ってはいけないのかと思ったら、撮ったらいけないときは教えてくれるという事で、安心して色々撮りまくり。

 

IMG_2041_R.JPG

こんなに古い建物で、保存状態がいい城なのに、何か足りない気がするのは、整備されていない庭の土丸出しのせいかも。

 

IMG_2040_R.JPG

花文字の説明書き。

 

IMG_2039_R.JPG

古き良き?時代の武器。

 

IMG_2038_R.JPG

この寒暖差の激しい国で、木の手すりや廊下がきれいに保持されているのは驚き。

 

IMG_2037_R.JPG

一番先の建物は、錫の人形の展示室になっている。

 

IMG_2036_R.JPG

昔は敵味方の区別を、この盾で行っていたそう。

 

IMG_2035_R.JPG

微妙な盾を作ったら、戦争で戦っていいか迷うだろうなあ。

 

IMG_2034_R.JPG

 

 

IMG_2033_R.JPG

面白い、監視と捕虜人形。

 

IMG_2032_R.JPG

 

 

IMG_2031_R.JPG

外の風景はのどか。

 

IMG_2030_R.JPG

あいにくのお天気で、ビアガーデンにはお客様がいなくて。

 

IMG_2029_R.JPG

見張り窓は少ししか隙間がないのに、なぜこの窓はこんなに開いている?

 

IMG_2028_R.JPG

レンガの廊下はいい色。

 

IMG_2027_R.JPG

 

 

IMG_2026_R.JPG

布の人形を飾ってみました。風が吹くと揺れます。幽霊ではないそうです。特にここにある意味はないそう。

 

IMG_2025_R.JPG

実っていない実りの秋が悲しい。家畜の食糧が深刻だそう。その代わり、ブドウ、リンゴなどの果物は実りがいいようで。フェーダーバイザーも例年よりかなり早く市場に出回ったようです。

 

IMG_2024_R.JPG

昔のトイレだって。

 

IMG_2023_R.JPG

 

 

IMG_2022_R.JPG

罪人がつながれて。この部屋のそばはボイラーの煙突が通っており、サウナのようになるそう。

 

IMG_2021_R.JPG

 

 

IMG_2020_R.JPG

一瞬説明が終わって、教会横から入ったところの見晴らし台から、外の風景を。

 

IMG_2019_R.JPG

町自体はとても小さい。ローテンブルグと共に観光が組み込まれたり、これから城下町として発展していく可能性が?

 

IMG_2018_R.JPG

 

IMG_2017_R.JPG

格子の付いた門。すっきりしていい感じ。

 

IMG_2016_R.JPG

 

IMG_2015_R.JPG

さて、まだ時間が早いので、ディンケルスビュールの町にも行ってみます。

 

IMG_2014_R.JPG

少しづつ違う家の色がシックでいい感じ。

 

IMG_2013_R.JPG

町の真ん中のスーパーでは平日にはおにぎりも売っているそう。

 

IMG_2012_R.JPG

 

IMG_2011_R.JPG

屋根の形が面白い市役所。

 

IMG_2010_R.JPG

 

 

IMG_2009_R.JPG

色々な種類のビール。

 

IMG_2008_R.JPG

教会にも入ってみました。

 

IMG_2007_R.JPG

 

IMG_2006_R.JPG

木組みの家がいい感じ。近くで、ケーキを食べながら一休み。

 

IMG_2005_R.JPG

 

 

IMG_2004_R.JPG

屋根近くに1460の文字が。

 

IMG_2003_R.JPG

中の階段とか軋んだり、お部屋が傾いたりしてるのかな。

 

IMG_2002_R.JPG

ここのカフェのおばさんは一人で頑張ってました。ケーキ、安くておいしかったです。

 

IMG_2001_R.JPG

 

IMG_1999_R.JPG

この建物は、昔病院だったらしい。

 

IMG_1997_R.JPG

 

 

IMG_1996_R.JPG

当時は最新式の技術だったのでしょうね。

 

IMG_1995_R.JPG

水車。

 

IMG_1994_R.JPG

くるっとまわって見学して、端から出ようと思ったら、門が閉まってました。

 

IMG_1993_R.JPG

 

IMG_1992_R.JPG

 

IMG_1991_R.JPG

門に戻って散策再開。

 

IMG_1990_R.JPG

1280年に出来上がって1380年に南側の建物が建ち、1456年に西側、1541年に東側が建てられました。

市の老人ホームです。

 

IMG_1989_R.JPG

 

 

IMG_1988_R.JPG

 

 

IMG_1987_R.JPG

壁の飾り。

 

IMG_1986_R.JPG

狭い通りが面白い。

 

IMG_1985_R.JPG

かわいい窓飾りと花。

 

IMG_1984_R.JPG

 

IMG_1983_R.JPG

誰か私を探してるなら、私は庭にいるわよ!

 

IMG_1982_R.JPG

小人さんも飾られた、かわいい庭。

 

IMG_1981_R.JPG

探検探検。

 

IMG_1979_R.JPG

壁が見えます。

 

IMG_1978_R.JPG

ちょっと上って。

 

IMG_1977_R.JPG

壁の出入り口。

 

IMG_1976_R.JPG

外側はこんな感じになってます。

 

IMG_1975_R.JPG

 

 

IMG_1974_R.JPG

青空の時に来ると、また全然違う味わいが。

 

IMG_1973_R.JPG

立派な看板。

 

IMG_1972_R.JPG

ユーゲントヘアベルゲ。

 

IMG_1971_R.JPG

途中でアイスを買ってみましたが、ハズレ。あんまりおいしくなかった。

 

IMG_1970_R.JPG

反対側の、壁の外のお堀の橋から、町を撮影。

古くて味わいのあるいい街です。天気がいまいちだったのが残念。また来ましょう!

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM