Laber - Oberammergau

  • 2018.10.04 Thursday
  • 22:53

2018年10月4日(金)晴れ

 

Laber

久しぶり。

好天に恵まれた金曜日、みゆきさは一人で登山。

山女になり切った日。

 

 

IMG_2933_R.JPG

ひさしぶりのぶりぶりのラーバー。バス下りるところを間違えて、一駅先まで行ってしまいました。

 

IMG_2932_R.JPG

湿っていて季節がいいのか、キノコがにょきにょき。

 

IMG_2931_R.JPG

 

 

IMG_2930_R.JPG

相変わらずいい景色。いい天気。

 

IMG_2929_R.JPG

 

 

IMG_2928_R.JPG

 

 

IMG_2927_R.JPG

 

 

IMG_2926_R.JPG

だんだんグロテスク。

 

IMG_2925_R.JPG

 

IMG_2924_R.JPG

このゲートを開けて、開けたところに出ます。ここまで来ると、一息付けます。

 

IMG_2923_R.JPG

向こうはミュンヘン側。ここから右手方向に登ります。

 

IMG_2922_R.JPG

 

 

IMG_2921_R.JPG

まだ牛除けのゲートが。

 

IMG_2920_R.JPG

 

IMG_2919_R.JPG

コーフェルが見えてきました。

 

IMG_2918_R.JPG

下にエタールの修道院が見えます。

 

IMG_2917_R.JPG

オーバーアマガウの町と、コーフェル。

 

IMG_2916_R.JPG

一挙にここまで登ってきましたが、なんだか疲れた。

 

IMG_2915_R.JPG

 

IMG_2914_R.JPG

ザイルが変えられて、きれいに整備されてました。

 

IMG_2913_R.JPG

ここを下りて、また登って。

 

IMG_2912_R.JPG

パラグライダーの飛び立つ場所の横にあるベンチで、ちょっと休憩。かなり体温が落ちてるのがわかる。目も回ってきたので、ちょっと横になってみる。血が戻ってくるのがわかる。

 

IMG_2911_R.JPG

ツークシュピッツがきれいに見えます。

 

 

IMG_2909_R.JPG

ロープウェー駅に着きました。

 

IMG_2908_R.JPG

 

IMG_2907_R.JPG

出てきてよかった。いい天気。

 

IMG_2906_R.JPG

 

 

IMG_2905_R.JPG

思い思いにくつろいでますね。いいなあ。でも今日はバスの時間があるので、ちょっと急ぎ気味。もう下山開始。

 

IMG_2904_R.JPG

ちょっとカスミが出てる。

 

IMG_2903_R.JPG

反対の方から到着したメンバー。

 

IMG_2902_R.JPG

山登るだけでも大変なのに、駆け上るって。あり得る?

 

IMG_2901_R.JPG

エッターラーマンデルに人が。

 

IMG_2900_R.JPG

だいぶ下りてきました。

 

IMG_2899_R.JPG

 

IMG_2898_R.JPG

いい岩。

 

IMG_2897_R.JPG

あっち、こっち。

 

IMG_2896_R.JPG

きのこ。

 

IMG_2895_R.JPG

Gelberdistel

 

IMG_2894_R.JPG

Brombeeren

 

IMG_2893_R.JPG

 

IMG_2892_R.JPG

もの凄く走って下りてきました。さて、バスに間に合うか?

 

IMG_2891_R.JPG

 

 

IMG_2890_R.JPG

かわいい子牛の写真は撮らねば。

 

IMG_2889_R.JPG

おいしいチーズケーキはお預け。バスに間に合わない。走れ〜。

 

IMG_2888_R.JPG

バス停着きました。反対側は今出たところ。もしかしたら、あれが折り返してくるのかな?だいぶ遅れてバスは到着。これだったら、チーズケーキ楽勝で買えたな、と思いながら、オーバーアウの駅へ。

 

IMG_2887_R.JPG

電車にもばっちり乗れて、気分爽快。エッシェンローエにもしばらく来てないなあ。さて、次回はどこへ行こうかな?

ではまた来週。

 

 

 

 

Bockhartsee - Gasteiner Heilstollen

  • 2018.09.30 Sunday
  • 21:46

2018年9月30日(日) 晴れ

 

Bockhartsee ?

Bad Gastein?なんでもヒロさんの提案でSalzburg方面に行くことになった模様。

 

 

まずは中ちゃんから追加でもらった写真で、前ぶりでもどうかな。

 

 

 

IMG_2794_R.JPG

こちらの方向はあまりに遠いので、今まで来たことがありませんでした。でも自然がとてもきれいで、季節が良ければ花が咲き乱れそうな感じ。

 

IMG_2795_R.JPG

難しいことは何もなく、登っていく。天気は快晴。

 

IMG_2796_R.JPG

遠くに氷河を抱く山が。

 

IMG_2797_R.JPG

花が欲しい〜。

 

IMG_2798_R.JPG

花はどこ〜。

 

IMG_2799_R.JPG

最近左足をひねって、昔のねんざ跡が痛む今日この頃。

 

IMG_2800_R.JPG

ヤッホー

 

IMG_2801_R.JPG

 

 

さて、ここからは時系列で登山の記録を。

 

IMG_2792_R.JPG

ザルツブルグの方から、高速ぐんぐん下ってきました。

 

IMG_2791_R.JPG

ここのお城みたいなのも面白い形。

 

IMG_2790_R.JPG

到着〜。

 

IMG_2789_R.JPG

 

 

IMG_2788_R.JPG

ロープウェー駅なかなかモダンできれい。

 

IMG_2787_R.JPG

Stubnerkogelロープウェーです。

 

IMG_2778_R.JPG

ヒロさんお勧めでやって来ました。初めて来たところなので、方向など不案内。ま、いいか。

 

IMG_2776_R.JPG

そこにある山に登ろう。

 

IMG_2775_R.JPG

ロープウェー駅から散歩するだけに来た人のためにこんな楽しい道もあります。

 

IMG_2774_R.JPG

 

 

IMG_2773_R.JPG

 

 

IMG_2772_R.JPG

出っ張った石があると、つい行きたくなる。

 

IMG_2770_R.JPG

グー。

 

IMG_2769_R.JPG

こっちの方が楽だって。

 

IMG_2768_R.JPG

振り返ると、インターネットに出てた吊り橋が。もう遅い。先を急ごう。

 

IMG_2767_R.JPG

 

 

IMG_2766_R.JPG

 

 

IMG_2765_R.JPG

 

 

IMG_2764_R.JPG

 

 

IMG_2763_R.JPG

The山。

 

IMG_2762_R.JPG

花が〜。

 

IMG_2761_R.JPG

ジルバーディステルも発見。

 

IMG_2759_R.JPG

 

 

IMG_2758_R.JPG

 

 

IMG_2757_R.JPG

どっこい生きている。

 

IMG_2756_R.JPG

 

 

IMG_2755_R.JPG

すごく歩きやすい道。

 

IMG_2754_R.JPG

絵になりますねえ。

 

IMG_2753_R.JPG

 

 

IMG_2752_R.JPG

歩きやすい道ですが、すぐ横にはこんな風景が。

 

IMG_2751_R.JPG

氷が張ってて。

 

IMG_2750_R.JPG

コケモモが残ってます。

 

IMG_2749_R.JPG

 

 

IMG_2748_R.JPG

Zittrauertisch1642m

 

IMG_2747_R.JPG

Gipfelkreuzの前で、記念撮影。

 

IMG_2746_R.JPG

この道はさっき来た道。

 

IMG_2745_R.JPG

 

IMG_2744_R.JPG

 

 

IMG_2743_R.JPG

ヒロさんが言うには、あそこは車で電車に乗り込んで、そのまま行けるところだそう。ところ変わればですね。

 

IMG_2742_R.JPG

ずんずん登ろう。

 

IMG_2741_R.JPG

 

IMG_2740_R.JPG

 

IMG_2739_R.JPG

いい景色ですね。

 

IMG_2737_R.JPG

中ちゃんお疲れ様です。

 

IMG_2736_R.JPG

お姉さん、日本語でごあいさつ。

 

IMG_2735_R.JPG

 

IMG_2733_R.JPG

 

IMG_2732_R.JPG

このとんがってる石、いいね。

 

IMG_2731_R.JPG

 

IMG_2730_R.JPG

 

IMG_2729_R.JPG

 

IMG_2728_R.JPG

こんなところを下っていきます。

 

IMG_2727_R.JPG

 

IMG_2726_R.JPG

 

IMG_2725_R.JPG

 

IMG_2724_R.JPG

 

IMG_2723_R.JPG

 

IMG_2722_R.JPG

暖かい斜面に咲く花。南斜面はまだ花が残っている。

 

IMG_2721_R.JPG

 

 

IMG_2720_R.JPG

 

 

IMG_2719_R.JPG

どんどん下りていきます。

 

IMG_2718_R.JPG

 

 

IMG_2716_R.JPG

 

IMG_2715_R.JPG

 

IMG_2714_R.JPG

 

IMG_2712_R.JPG

 

IMG_2711_R.JPG

 

IMG_2710_R.JPG

 

IMG_2709_R.JPG

遠くに見える湖。

 

IMG_2708_R.JPG

 

IMG_2706_R.JPG

 

IMG_2705_R.JPG

スペルにHが足りない?

 

IMG_2704_R.JPG

Bockhartseeが見えてきました。

 

IMG_2703_R.JPG

 

 

IMG_2702_R.JPG

いい景色ですね。

 

IMG_2701_R.JPG

 

 

IMG_2699_R.JPG

 

IMG_2698_R.JPG

 

IMG_2697_R.JPG

 

IMG_2696_R.JPG

 

IMG_2695_R.JPG

 

IMG_2694_R.JPG

中ちゃん、はい、ポーズ。

 

IMG_2693_R.JPG

とてもきれいな水。

 

IMG_2692_R.JPG

秋色の中を進みます。

 

IMG_2691_R.JPG

 

IMG_2690_R.JPG

 

 

IMG_2688_R.JPG

Huetteまでもうすぐ。

 

IMG_2685_R.JPG

 

IMG_2684_R.JPG

山小屋はあそこ。左下がバス停。

 

IMG_2683_R.JPG

紅葉がきれい。

 

IMG_2682_R.JPG

こちら側にも小さな山小屋が。

 

IMG_2681_R.JPG

 

IMG_2680_R.JPG

 

IMG_2679_R.JPG

 

IMG_2676_R.JPG

下りるのはBockhartseehuette を越えないと行けません。

 

IMG_2675_R.JPG

 

IMG_2673_R.JPG

もうすぐ山小屋に着きます。

 

IMG_2672_R.JPG

その前に、なんだか木で作ったドラゴンが。

 

IMG_2671_R.JPG

昔むかし、この湖にドラゴンが住んでいました。

 

IMG_2670_R.JPG

しっぽが貧弱。

 

IMG_2669_R.JPG

 

 

IMG_2668_R.JPG

メニューがかわいい。

 

IMG_2667_R.JPG

 

 

IMG_2666_R.JPG

みんなはビール。私はスープ。

 

IMG_2665_R.JPG

大変おいしかった、チーズ団子のスープ。

 

IMG_2664_R.JPG

食べ終わって、下山開始。

 

IMG_2663_R.JPG

十字架の横が出口です。

 

IMG_2662_R.JPG

お日さまを浴びながら、ビールを飲むって最高ですね。

 

IMG_2661_R.JPG

 

IMG_2660_R.JPG

こんな道を下ります。車道を行く人も多いですが、横にある登山道は日陰で快適でした。

 

IMG_2659_R.JPG

 

IMG_2658_R.JPG

 

IMG_2657_R.JPG

 

IMG_2656_R.JPG

到着。さっきバスが出るのが見えました。さあ、どのぐらい待ちかな?

 

IMG_2655_R.JPG

 

 

IMG_2654_R.JPG

昔クフシュタインの山で会った女性のお勧めが、Hohe Tauern。花がたくさん咲いて、とてもきれいなのよ、とのことでした。

 

IMG_2653_R.JPG

いつか花が咲くころに期待。

 

IMG_2652_R.JPG

バスが来るまで時間があるので、そのあたりを散歩。滝が見える。Engを思い出させるような風景。

 

IMG_2651_R.JPG

小さな発電所。

 

IMG_2650_R.JPG

今日はもう閉まってます。

 

IMG_2649_R.JPG

 

IMG_2648_R.JPG

 

IMG_2647_R.JPG

 

IMG_2646_R.JPG

 

IMG_2645_R.JPG

 

IMG_2644_R.JPG

 

IMG_2643_R.JPG

 

IMG_2642_R.JPG

ハンドルを上下させると動きます。

 

IMG_2641_R.JPG

 

IMG_2640_R.JPG

 

IMG_2639_R.JPG

 

IMG_2638_R.JPG

この後、やって来たバスに乗り、バス料金と通行料を7,50Euroを払って、駐車場に戻りました。

ちょっとGasteinの町を見学に行くことに。

 

IMG_2636_R.JPG

ホテルがいっぱいあります。でもどうやら全部もう秋休みに入っている模様。11月終わりから12月のはじめくらいにまた再開する予定のよう。

 

IMG_2635_R.JPG

ホテルの横には、子供の公園と、崖登りの練習場も。

結局晩御飯も食べられず、レストランも見つからずにそのまま帰宅。残念!また次回。

 

 

 

 

 

 

 

 

Wiesn - Trachtenumzug オクトーバーフェストのパレード

  • 2018.09.23 Sunday
  • 22:23

2018年9月23日(日) 曇り そして、雨模様

 

Wiesn 始まった。

最初の日曜はミュンヘン市内を練り歩くパレードが開催。

今年も一等席から見物。

 

気候の変わり目。みゆきさは、体調不良をおして出かけたみたいだが、他のメンバーは?

 

 

IMG_2564_R.JPG

特等席に陣取って。パレードの始まりです。ちょっとまだ天気はぐずつき気味。

 

IMG_2563_R.JPG

向かいの有料席もまだ人はまばら。

 

IMG_2562_R.JPG

綺麗に花で飾られたFaranziskanerの馬車です。

 

IMG_2561_R.JPG

Theドイツ、の服装。

 

 

 

 

IMG_2559_R.JPG

始めの方の馬車は、色々なプレゼントを配ってくれます。

 

IMG_2558_R.JPG

楽しいSparkasseの馬車。首飾りにしたブレーツェンを投げてくれました。

 

IMG_2557_R.JPG

子供がたくさんいるので、色々なものを投げてくれます。

 

IMG_2556_R.JPG

ホフブロイハウスの馬車。

 

IMG_2555_R.JPG

民族衣装のお店、アンガーマイヤーの馬車。色々なものを投げてくれました。

 

IMG_2554_R.JPG

向こうの方が有料ですが、遠いので、近場のこちら側に色々なプレゼントを投げてくれたので、とっても楽しい!

 

IMG_2553_R.JPG

クッキーのコブクロを投げてくれたり

 

IMG_2552_R.JPG

これ持って行進するのは大変そう。

 

IMG_2551_R.JPG

トラクターもきれいに飾られて。

 

 

 

 

IMG_2549_R.JPG

ムチがひゅんひゅん音を立てます。

 

IMG_2548_R.JPG

BMWのかわいいお姉さん。

 

IMG_2547_R.JPG

綱が張ってあるので、ぎりぎりに走ってくる車。南ドイツ新聞の旗を振りながら声援。

 

IMG_2545_R.JPG

これは何の団体さん?

 

IMG_2544_R.JPG

 

 

IMG_2543_R.JPG

向こう側はこんな感じ。

 

IMG_2542_R.JPG

 

 

IMG_2533_R.JPG

何か持っての行進は、手がつかれる〜。

 

IMG_2532_R.JPG

お姉さんかわいい。乳母車も素敵。

 

IMG_2531_R.JPG

いろいろなDirndl

 

IMG_2530_R.JPG

 

 

IMG_2529_R.JPG

鳥の羽の帽子が面白い形。

 

IMG_2528_R.JPG

ミュンヒナーキンドルの絵がついた旗。重そう。

 

IMG_2527_R.JPG

 

 

IMG_2526_R.JPG

どこか外国の民族衣装?

 

IMG_2525_R.JPG

襟のレースが面白い。

 

IMG_2524_R.JPG

でっかい山々の狩猟、の馬車。

 

IMG_2523_R.JPG

このテープを持ったお姉さんたちは、時々踊ってテープを真ん中の棒に編みながら進みます。

 

IMG_2521_R.JPG

樽がかわいい。

 

IMG_2520_R.JPG

 

 

IMG_2519_R.JPG

 

 

IMG_2518_R.JPG

深い緑の民族衣装。

 

IMG_2517_R.JPG

胸にお花を挿して。

 

IMG_2515_R.JPG

 

 

IMG_2514_R.JPG

意外に下手な人がいない、オクトーバーフェストの音楽隊。

 

IMG_2513_R.JPG

 

 

IMG_2512_R.JPG

子供はみんなかわいいです。

 

IMG_2511_R.JPG

素敵な生地。

 

IMG_2510_R.JPG

Spatenhaus

 

IMG_2509_R.JPG

重いので、みんなで分けて持ってるのかな?でも重いよね。

 

IMG_2507_R.JPG

煙突掃除屋のお兄さんお姉さんの団体さん。煙突掃除の人を見かけると幸運が来るという。

 

IMG_2506_R.JPG

 

 

IMG_2505_R.JPG

カウボーイ?

 

IMG_2504_R.JPG

宗教色豊か

 

IMG_2503_R.JPG

 

 

IMG_2502_R.JPG

 

 

IMG_2501_R.JPG

 

 

IMG_2500_R.JPG

ニーベルンゲンの指輪、の町だそうですよ。

 

IMG_2498_R.JPG

 

 

IMG_2497_R.JPG

 

 

IMG_2496_R.JPG

 

 

IMG_2495_R.JPG

Passauの表示はわかりやすい

 

IMG_2494_R.JPG

良く似合ってます。

 

IMG_2493_R.JPG

足がバラバラなのがご愛嬌。

 

IMG_2492_R.JPG

大きな獲物をひいてやってきたお兄さんたち。腕にはタカがとまってます。

 

IMG_2491_R.JPG

 

 

IMG_2490_R.JPG

 

 

IMG_2489_R.JPG

イノシシ重そう。

 

IMG_2488_R.JPG

 

 

IMG_2487_R.JPG

 

 

IMG_2486_R.JPG

 

 

IMG_2485_R.JPG

カモシカやシュタインボックも登場。

 

IMG_2484_R.JPG

 

 

IMG_2483_R.JPG

 

 

IMG_2482_R.JPG

 

 

IMG_2480_R.JPG

 

 

IMG_2479_R.JPG

 

 

IMG_2478_R.JPG

 

 

IMG_2477_R.JPG

 

 

IMG_2476_R.JPG

 

 

IMG_2475_R.JPG

漁師さんの山車かな?魚がついてます。

 

IMG_2474_R.JPG

有料席にも人が増えてきました。

 

IMG_2473_R.JPG

 

 

IMG_2472_R.JPG

 

 

IMG_2470_R.JPG

引っ張るのは交換こ?

 

IMG_2469_R.JPG

馬の鬣がきれいに結わえ付けられて。

 

IMG_2468_R.JPG

 

 

IMG_2467_R.JPG

 

 

IMG_2466_R.JPG

 

 

IMG_2465_R.JPG

 

 

IMG_2464_R.JPG

 

 

この後、後続隊がなかなか来なくてざわついたところに、恰幅のいい、かっこいいひげのおまわりさんが、厳かに手を振りながらバイクで巡回して、笑いを誘ってました。

 

この後、横はいりのインド人女性とイタリア人のおじさんに攻めこまれて、途中で抜けてオクトーバーフェスト会場へ移動。

風邪が悪化したみゆきさは、記念写真をみんなで撮った後、みんなと別れて、そのまま火曜日まで、今までほとんど休んだことのない合唱の練習もお休みして寝込んでしまいました。お疲れ様でした。でも、何回行っても楽しいトラハテンウムツーク。これから2週間オクトーバーフェストは続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Schellenberger Eishoehle 氷の洞窟

  • 2018.09.22 Saturday
  • 23:03

2018年9月22日(土)曇り気味

 

Untersbergの氷の洞窟。シェレンベルグの氷洞窟というのか。

この氷の洞窟はドイツで一番大きな氷洞窟だとか。

 

IMG_2310_R.JPG

 

もう10年前かな?なんちゃって山岳狂会できた(と言っても活動は地味だった)ころMarkt Schellenbergで夏合宿。

その時、Untersberg登り、この氷洞窟へ。

下山して麓にもどったら・・・20年近くはいていた登山靴の横がはがれてしまった。

 

そんな会長の思い出をよそに、今回は氷洞窟探検記。

 

 

 

 

 

IMG_2438_R.JPG

ウンタースベルグのロープウェーの駅です。10時発がちょうど出ちゃいました。

ウイーン経由でいらした日本人の方たちと楽しくおしゃべりして、30分待ちます。皆さん、無事日本にもどられましたか?

 

IMG_2437_R.JPG

色々な楽しいルートがある、ウンタースベルグ。きれいな山です。

 

IMG_2436_R.JPG

山が大きく削り取られて。景色が変わっちゃってますね。

 

IMG_2435_R.JPG

残念ながら頂上駅は霧の中。

 

IMG_2434_R.JPG

景色良かったらもっときれいですが、曇った時もしっとりした魅力が。

 

IMG_2433_R.JPG

前が見えない。

 

IMG_2432_R.JPG

ロープウェー駅のチケット売り場のおじさんが、ちゃんとした靴はいてるかい、昨日は嵐だったので湿ってて危ないよ?って言ってた通りの状況。気をつけながら下ります。

 

IMG_2431_R.JPG

今日朝行き先を決めたので、一度来たことがあるとはいえ、どちらへ進むか少々忘れ気味。

 

IMG_2430_R.JPG

氷の洞窟まで1時間15分、ですが、下りあり登りあり。

 

IMG_2429_R.JPG

植物分布、低木がいろいろ。

 

IMG_2428_R.JPG

さすがにお花はほとんど終わってます。

 

IMG_2427_R.JPG

こんな天気だと、何か動物が出てくるかな?

 

IMG_2426_R.JPG

 

 

IMG_2425_R.JPG

 

 

IMG_2424_R.JPG

岩場は今日はちょっと滑ります。

 

IMG_2422_R.JPG

楽しい階段。

 

IMG_2421_R.JPG

 

 

IMG_2420_R.JPG

Aurikelが来年の花芽を用意中。

 

IMG_2419_R.JPG

まだ辺りは真っ白。でもいい感じの岩場。

 

IMG_2418_R.JPG

動物出てこないかな。

 

IMG_2417_R.JPG

 

 

IMG_2416_R.JPG

 

 

IMG_2415_R.JPG

後ろに霧の登り具合が素敵。

 

IMG_2414_R.JPG

 

 

IMG_2413_R.JPG

 

 

IMG_2412_R.JPG

さてさて、楽しい階段の始まりです。

 

IMG_2411_R.JPG

 

 

IMG_2410_R.JPG

霧の中の階段最高。

 

IMG_2408_R.JPG

 

 

IMG_2407_R.JPG

ここで昔写真撮りましたね。

 

IMG_2406_R.JPG

みんなも記念撮影。

 

IMG_2404_R.JPG

 

IMG_2402_R.JPG

木の階段も、ちゃんと新しくなってます。

 

IMG_2401_R.JPG

すごい数。

 

IMG_2397_R.JPG

ちゃんとすべり止めの切込みが入ってます。

 

IMG_2396_R.JPG

 

IMG_2395_R.JPG

このトンネル、すごい仕事量。作るの大変だっただろうなあ。

 

IMG_2394_R.JPG

 

IMG_2392_R.JPG

 

 

IMG_2391_R.JPG

昔この辺りで、炭のようなものを見つけた人が、それを家に持って帰ってみると、なんと金が含まれていました。

もっと採りに行こう、とその場所を探しに行きましたが、もう二度と見つかりませんでした。それがどうやらこの辺りだとか。

  

IMG_2390_R.JPG

って、この看板に書いてありました。

 

IMG_2389_R.JPG

Thomas-Eder Steig。1934〜1935に作られました。

 

IMG_2388_R.JPG

 

IMG_2387_R.JPG

ここに落ちてる炭は、そのお話にまつわる飾り?

 

IMG_2386_R.JPG

ドロミテ石灰岩

 

IMG_2385_R.JPG

面白い色の岩。何か鉱物が見つかりそうな。

 

IMG_2384_R.JPG

では先に進みましょう。

 

IMG_2383_R.JPG

まだトンネルを通りますよ。

 

IMG_2382_R.JPG

落ちてくるしずくが白く丸くきれいに写ってます。

 

IMG_2381_R.JPG

 

IMG_2380_R.JPG

 

IMG_2379_R.JPG

 

IMG_2378_R.JPG

だんだん霧が晴れてくる。午後には日が出る予報。

 

IMG_2377_R.JPG

 

 

IMG_2376_R.JPG

エーデルワイスとか咲いてないのかと探してみましたが、見つかりませんでした。

 

IMG_2375_R.JPG

長い道。

で、この先に、小さい小屋があり、ちょうど中に入るところが見えて、思いっきりぶっとばして登ったら、早く来ないとおいてくよ〜と言われ、みんなに声をかけて、素早く用意。

 

IMG_2373_R.JPG

このつづらの中から、ヘルメットを取ってかぶります。

 

IMG_2372_R.JPG

入場料7,50Euro。皆さん待っててくださってありがとうございます。

 

IMG_2371_R.JPG

ここで待っててください、って書いてありますが、ここに来るまで読めないので、どこに集まるのか、前回は不安でしたよね。

 

IMG_2370_R.JPG

さて、出発。

 

IMG_2368_R.JPG

氷の洞窟入口です。

 

IMG_2366_R.JPG

 

IMG_2365_R.JPG

入り口近くに咲いていた、トリカブト。ここは外側より温暖?

 

IMG_2364_R.JPG

案内人のおじさんによると、今年は春までに雪が多く積もって、ほとんど入り口まで雪でふさがれていたそう。そのため氷の状態がとても良く、二か月前まで、大きな柱が何本も残っていたそう。

 

IMG_2362_R.JPG

手前でリュックとストックを置いて、氷の洞窟へ。

 

IMG_2361_R.JPG

石灰岩が水を通すそうで、そのためきれいな氷ができるそう。

 

IMG_2360_R.JPG

 

IMG_2358_R.JPG

この上から黒く色がついているところが、水が染み出ているところ。前に落ちている氷の塊が、柱の溶け残りだそうです。

ここから上までは35mくらい、ここから数メートル上には、水がしみ出した池のような場所があり、塩分が含まれているそう。

地表近くには、山の上でご飯食べてるといつもやってくる、小型のカラスのような黄色いくちばしの鳥が、死を感じるとやってくる場所があって、たくさんのミイラのような骨があるんだそう。

 

IMG_2357_R.JPG

ここはその昔、羊飼いの少年が見つけたそう。カンテラをもって洞窟へ。

 

IMG_2356_R.JPG

 

IMG_2355_R.JPG

階段横にはまだ凍りの柱が残ってます。

 

IMG_2354_R.JPG

この辺りには370か所くらい洞窟があり、そのうち氷があるのはたったの3箇所。でも、ここが一番氷の状態がいいそう。

ロープウェーの発着場のそばに、昔はスケートもできていた洞窟があったそうですが、今ではほとんど溶けて、残念ながら泥だらけなんだって。

 

IMG_2353_R.JPG

 

 

IMG_2351_R.JPG

 

IMG_2350_R.JPG

 

IMG_2349_R.JPG

 

IMG_2348_R.JPG

 

IMG_2347_R.JPG

ランプがないと、真っ暗。

 

IMG_2343_R.JPG

ここから下りてきました。

 

IMG_2342_R.JPG

氷が層になってます。木の年輪のようにだんだん増えて、中に含まれている花粉によって、どのぐらい古いものかわかるそうです。

 

IMG_2341_R.JPG

 

IMG_2340_R.JPG

あそこの氷は、新しい柱のでき始めなんだって。

 

IMG_2339_R.JPG

ここは氷の年輪がきれいに見ることができます。

 

IMG_2338_R.JPG

 

IMG_2337_R.JPG

 

 

IMG_2336_R.JPG

氷のクリスタルができ始めているそう。

 

IMG_2335_R.JPG

向こう側にカンテラおいて、氷が積んであります。

 

IMG_2334_R.JPG

こんな感じ。

 

IMG_2333_R.JPG

 

IMG_2332_R.JPG

 

IMG_2331_R.JPG

溶けだした水が階段にたまって凍りつかないように気をつけていないといけないそう。切り出しと、水を流す道を作るのが毎年大変なんだそうで。

 

IMG_2330_R.JPG

一番深いところは、地上まで49m。深さは120mだそう。

 

IMG_2329_R.JPG

 

 

IMG_2328_R.JPG

 

IMG_2327_R.JPG

 

 

IMG_2326_R.JPG

 

IMG_2325_R.JPG

 

IMG_2324_R.JPG

 

 

IMG_2323_R.JPG

年間で、マイナス1度くらいなんだそう。

 

IMG_2322_R.JPG

前に出たおばさまが、昔はみんなにカンテラ配ってくれたのにって言ってました。灰になったマグネシウムは、自然に返す、という事で、入り口の横に捨てちゃってました。

 

IMG_2321_R.JPG

この辺りは、クリスマスローズの葉っぱがあちこちに生えてました。春にはきれいな花が咲くんだろうな。

 

IMG_2320_R.JPG

咲き残りのアルペンローズ。

 

IMG_2319_R.JPG

おじさんに、まっすぐ行くとトニーレンツヒュッテだよって、教えてもらって、進みます。あと15分くらいで着くって。

 

IMG_2318_R.JPG

あっという間に到着。

 

IMG_2316_R.JPG

スープとホウレンソウ団子がお勧め。しんちゃんが注文したホウレンソウ団子は、汁がかかっているのではなく、オリーブオイルとチーズがかかってました。たくさんは食べられないけど、なかなかおいしい。小屋のおじさんと、変な日本語で盛り上がって。ビキペディアで調べたんだって。

 

IMG_2315_R.JPG

季節には、アルペンローゼいっぱい咲くんですね。

 

IMG_2314_R.JPG

これこれ。ホウレンソウのチーズ掛け団子。

 

IMG_2313_R.JPG

乾燥したお花も振りかけてある、リンゼンズッペとブルスト。おなかにやさしい。

 

IMG_2312_R.JPG

カースペルズッペ。チーズ団子のスープ。

 

IMG_2311_R.JPG

ちょっと下界が見えてきました。

 

IMG_2309_R.JPG

 

IMG_2308_R.JPG

 

IMG_2307_R.JPG

10月28日まで開いてます。

 

IMG_2306_R.JPG

唯一きれいに咲いていた花はここ。

 

IMG_2304_R.JPG

 

 

IMG_2303_R.JPG

 

 

IMG_2302_R.JPG

 

 

IMG_2301_R.JPG

キノコ、生えてました。

 

IMG_2300_R.JPG

面白いキノコが落ち葉の中に。

 

IMG_2299_R.JPG

森の穏やかな道を下りていきます。

 

IMG_2298_R.JPG

 

 

IMG_2297_R.JPG

これはきくらげ?サルノコシカケ?

 

IMG_2296_R.JPG

 

IMG_2295_R.JPG

 

 

IMG_2294_R.JPG

 

 

IMG_2293_R.JPG

駐車場のところまで下りてきました。でも、なんと一時間に一本のバスは、数分前に出たばかり。

 

IMG_2292_R.JPG

オーストリアとの国境の、向こうの木の小屋がバス停。ほとんど一緒に下りてきた若者3人とおばさんのグループもバスを待っているのかと思ったら、小屋のところに自転車を停めておいて、ロープウェーの駅まで仲間の一人が車を取りに行ったそう。車で戻ってきた時に、ヒロさんをロープウェー駅まで乗せて行ってくれ、私たちも長時間バスを待たずに帰ることができました。良かった良かった。しんちゃんが、こういう自転車の使い方があるのか、と超関心。満足度たっぷりの登山でした。

 

 

 

 

 

 

 

Almabtrieb in Kruen

  • 2018.09.15 Saturday
  • 20:02

2018年9月15日(日)少し雨模様

 

Almabtrieb この時期の風物詩。Almの牛たちを麓へ下す。

 

 

IMG_2251_R.JPG

シュターンベルグへ向かう道で、番号の入った馬車を追い越しました。さて、この馬車はどこへ行くんでしょうか。

この時期、色々な催し物があちこちで。

 

IMG_2250_R.JPG

11時から、の予定でしたが、ちょっと遅れて、パトカーに先導されてやって来ました、牛さんたち。今年はちゃんと花飾りもあります。

 

IMG_2248_R.JPG

雨が上がったばかりで、まだ肌寒い今日。

 

IMG_2247_R.JPG

これは飾ってある、って言えるのか?でも、全部の牛に飾りをつけるのは大変かな。

 

IMG_2246_R.JPG

泥棒飾りタイプ?鼻の下じゃないけど。

 

IMG_2245_R.JPG

 

IMG_2244_R.JPG

ズボン吊りの刺繍も、手仕事でとても高価。

 

IMG_2243_R.JPG

ずっとこんな風に見物の人が。

 

IMG_2242_R.JPG

続いてかっこいいお兄さんに連れられたひまわりで飾りつけした牛が。

 

IMG_2241_R.JPG

足並みがあってる、兄弟牛かな?

 

IMG_2240_R.JPG

 

IMG_2239_R.JPG

段々きれいな飾りつけをした牛が増えてきました。

 

IMG_2238_R.JPG

 

 

IMG_2237_R.JPG

前が見にくい〜。

 

IMG_2236_R.JPG

覆面レスラー?

 

IMG_2235_R.JPG

 

IMG_2234_R.JPG

小さい子も正装して頑張って歩きます。

 

IMG_2233_R.JPG

 

 

IMG_2232_R.JPG

年季の入ったズボン。いい感じ。

 

IMG_2231_R.JPG

おとなしく、ずんずん歩いていきます。

 

IMG_2230_R.JPG

胸を張って、頑張って歩いてます。

 

IMG_2229_R.JPG

 

 

IMG_2228_R.JPG

前が見えなさそうだけど、おとなしくついてくる牛。

 

IMG_2226_R.JPG

今年は夏が暑かったので、お花がもう咲き終わり気味で集めるのが大変だったかも。フェーダーバイザーも例年になく早く出来上がって、八月末にはできていたそう。

 

IMG_2225_R.JPG

何気に、カウベルがものすごくでかくない?

 

IMG_2224_R.JPG

シンプルでかわいい。

 

IMG_2223_R.JPG

この飾りつけは頑張ってます。

 

IMG_2222_R.JPG

笑顔がかわいい。

 

IMG_2221_R.JPG

ちょっと渋滞中。

 

IMG_2220_R.JPG

なぜおなかの周りにも飾り?

 

IMG_2219_R.JPG

テンポよくありていく牛。この牛のカウベルは小さいけど、後でマルクトで売られてるのを見たら、一番小さい山羊用のでも40Euroしてました。

 

IMG_2218_R.JPG

この飾りつけもきれい。

 

IMG_2217_R.JPG

 

 

IMG_2216_R.JPG

子供たちが引っ張ってるのはまだ子牛?

 

IMG_2214_R.JPG

文句なしの飾りつけをしているこの牛は、お姉さんとともに、一回転してくれました。

 

IMG_2213_R.JPG

数年前にも、目の前でくるっとまわってくれたお姉さんと同じ人でした。大人になったねえ。

 

IMG_2212_R.JPG

さあ、みんなついておいで〜。

 

IMG_2211_R.JPG

どどど。

 

IMG_2210_R.JPG

この牛たちは、山から降ろして数日、もう里で暮らしているそうで。これからそれぞれの飼い主に返されるそうです。

 

IMG_2209_R.JPG

これもきれいな飾り。

 

IMG_2208_R.JPG

 

 

IMG_2207_R.JPG

 

 

IMG_2206_R.JPG

髪の毛のみつあみがきれい。

 

IMG_2205_R.JPG

さあ、これでおしまいかな?出店の会場に移動しましょう。

 

IMG_2204_R.JPG

この先の広場で牛は開放。お疲れ様でした。

 

IMG_2203_R.JPG

 

 

IMG_2202_R.JPG

 

 

IMG_2200_R.JPG

テントの中ではもう音楽演奏も。

 

IMG_2199_R.JPG

くじはいかが?ひとつ一ユーロです。

 

IMG_2198_R.JPG

 

 

IMG_2197_R.JPG

雨が降っていたので、ちょっとぬかるんでいる会場。でも、たくさんの人出です。

 

IMG_2196_R.JPG

おいしい熱々のラクレットをパンに乗せて食べます。

 

IMG_2195_R.JPG

ビール飲みながら演奏する団体のおじさん?

 

IMG_2193_R.JPG

 

 

IMG_2192_R.JPG

色々なキャンディーやさん。

 

 

IMG_2190_R.JPG

ジャムや野菜もあります。

 

IMG_2189_R.JPG

 

 

IMG_2188_R.JPG

チーズやサラミ、シナップスも売ってます。

 

IMG_2187_R.JPG

これこれ、手作りのカウベル。一番右側の小さいので、40Euro

 

IMG_2186_R.JPG

ホップ売ってます。よく眠れるんだって。

 

IMG_2185_R.JPG

チーズ如何ですか。

 

IMG_2184_R.JPG

 

 

IMG_2183_R.JPG

綺麗なリースもあります。

 

IMG_2181_R.JPG

羊の毛で作った靴の中敷きやスリッパ。

 

IMG_2180_R.JPG

綺麗な色の石鹸。

 

IMG_2178_R.JPG

ここでは街のマダムが揚げパン揚げてます。

 

IMG_2177_R.JPG

これ美味しいです。ぱりぱり。

 

IMG_2176_R.JPG

くじ引きもあります。

 

IMG_2173_R.JPG

テントではアルペンホルンの演奏が。

 

IMG_2172_R.JPG

公園にはこんな楽しい遊具が。

 

IMG_2170_R.JPG

ちょうど体に合っているかわいい民族衣装を着た女の子。

 

IMG_2169_R.JPG

子供たちは水遊びに熱中。

 

IMG_2168_R.JPG

この靴下が面白い。温かいのかな?

 

IMG_2167_R.JPG

レバーを操作すると、水が少しずつ出てきます。

 

IMG_2166_R.JPG

パレードが終わって、草原でくつろぐ牛たち。

 

IMG_2163_R.JPG

白塗りのお化粧をした女の子が、くじをお母さんと売っています。

 

IMG_2160_R.JPG

ひとつください。

 

IMG_2165_R.JPG

今年も牛おろしのお祭り、無事終了。秋が深まっていきます。

それではまた来週。

 

Jenner Bahn

  • 2018.09.09 Sunday
  • 22:21

2018年9月9日(日) 晴れ

 

BerchtesgadenのJennerへ。

KoenigseeからJenner BahnでMittelstationまで行き、そこから頂上を目指す。

 

今日は、しんちゃん、せっちゃん、なかちゃん、ひろさんとみゆきさの5人。

いい天気だったみたい。Buttermilchも旨かったかな。

 

 

そういえば、この日の朝のSバーン、新型車両が走っていたとか。

諸行無常だねぇ〜。

 

IMG_2150_R.JPG

エスバーン新型。ピカピカ。

 

IMG_2149_R.JPG

いろいろな工夫あり。

 

IMG_2148_R.JPG

 

 

綺麗、モダン、おしゃれ、ん〜 効率だけでなく居心地も重視するドイツのデザイン。

120%の高率は狙わない。人間の感性に訴えてくるデザイン?

ドイツ人の感性で日本人の感性じゃないって? 

そうでしょうかね。

ある意味完璧を狙いすぎると先が続かなくなる。六分の利だっけ、信玄公の。

 

 

さて、それはまぁ各自実体験、あるいは体感してもらうとして、Jenner(イェンナー)へ!

 

 

 

IMG_2147_R.JPG

去年からお直しをしていて、八月から一部オープン。こんなにきれいになりました。

 

IMG_2146_R.JPG

新型ピカピカ。でも、Mittelstation までしかまだ開いてません。

 

IMG_2145_R.JPG

お店もあり、トイレもきれいで。

 

IMG_2144_R.JPG

さあ。乗り込みます。

 

IMG_2143_R.JPG

 

IMG_2142_R.JPG

向こうにバッツマン。こんな池も。

 

IMG_2141_R.JPG

着きました。さあ、ガンガン登りますよ。

 

IMG_2140_R.JPG

と思ったら、早速却下。車が通れるなだらかな道を進むことに。

 

IMG_2151_R.JPG

景色は最高。

 

IMG_2139_R.JPG

この木の向こうはケーニヒスゼー。まだ見えません。

 

IMG_2137_R.JPG

右手にUntersbergも。

 

IMG_2136_R.JPG

秋に咲くこのリンドウも。

 

IMG_2135_R.JPG

最初の山小屋まではあっという間。

 

IMG_2134_R.JPG

お花は少なかったのですが、黄色いクローバー発見。

 

IMG_2133_R.JPG

トラックに子供たちを乗っけて登っていくトラック。

 

IMG_2132_R.JPG

リンドウ発見。

 

IMG_2131_R.JPG

淡い色で固まって咲いていてかわいい。

 

IMG_2130_R.JPG

イエス様、フードをかぶってるのはなぜ?

 

IMG_2129_R.JPG

ジルバーディステル

 

IMG_2128_R.JPG

この山小屋の前で、日本からの登山者に会って楽しいお話を。上は閉鎖されて、登れないとのこと。地獄の壁が楽しみだったのに、だそうです。私たちも、行けるところまでは行ってみることに。

 

IMG_2127_R.JPG

この辺閉鎖中。

 

IMG_2126_R.JPG

 

 

IMG_2125_R.JPG

向こうに小さなギプフェルクロイツ発見。

 

IMG_2124_R.JPG

下から登ってこられる、クレッターのルート発見。さっきの頂上はこの先。行ってみることに。

 

IMG_2123_R.JPG

ヒロさんあっという間に頂上制覇。

 

IMG_2122_R.JPG

ケーニヒゼーの船着き場が見えます。

 

IMG_2121_R.JPG

後続も到着。

 

IMG_2120_R.JPG

みんなで記念撮影。

 

IMG_2119_R.JPG

ここがクレッター下から登ってくるルート。危ないから、下るのはやめてって。

 

IMG_2152_R.JPG

で、この左側は、パラグライダーの発着場になってる。

 

IMG_2118_R.JPG

中ちゃん、頂上でハイパーズ。

 

IMG_2155_R.JPG

とりあえず一つ頂上は制覇。

 

IMG_2117_R.JPG

面白いデザイン。

 

IMG_2116_R.JPG

下りはこんな感じ。

 

IMG_2115_R.JPG

パラグライダーの風はどんな感じ?

 

IMG_2112_R.JPG

傘が風を含んでぱあっと広がりました。

 

IMG_2111_R.JPG

体が自然と浮かび上がるまで待ちます。そしてテークオフ!

 

IMG_2110_R.JPG

前に飛んだ人は生徒さんかな。この人はこの後、自然に上昇していきました。

 

IMG_2109_R.JPG

行ってらっしゃい〜。

 

IMG_2154_R.JPG

 

IMG_2108_R.JPG

雄大なウンタースベルグをバックに。

 

IMG_2107_R.JPG

この向こうでキューキューとなくマーモットの声が聞こえましたが、姿は見えず。

 

IMG_2106_R.JPG

工事現場。立ち入り禁止。

 

IMG_2105_R.JPG

アザミと蛾。

 

IMG_2104_R.JPG

下りるのも、石車に足を取られそうで危ない。気をつけて!

 

IMG_2103_R.JPG

お昼の時間過ぎたので、近くで休憩して、お弁当を食べることに。

 

IMG_2102_R.JPG

 

 

IMG_2101_R.JPG

向こうはSteinerte Meer。石の海。ケーニヒ湖の奥から登れます。

 

IMG_2100_R.JPG

肉眼ではこんな感じで見えます。

 

IMG_2099_R.JPG

いい天気です。

 

IMG_2098_R.JPG

向こう側の山は頂上までまだ2時間以上。登頂は断念。残念。もう余力なし。

 

IMG_2097_R.JPG

 

 

IMG_2096_R.JPG

 

IMG_2095_R.JPG

ぐるっと回って山小屋まで下りて、ビールタイム。

 

IMG_2093_R.JPG

小さいリンドウ。

 

IMG_2092_R.JPG

水が少しずつ集まって、細い流れを作っています。

 

IMG_2091_R.JPG

山小屋到着。

 

IMG_2090_R.JPG

このブッターミルヒは最高においしかった!

 

IMG_2089_R.JPG

店の人はとっても働き者。みんなで頑張って切り盛りしてました。

 

IMG_2087_R.JPG

 

 

IMG_2153_R.JPG

それでは下山開始。

 

IMG_2086_R.JPG

こんな道なので、足の負担は少ないと思いますが、時々石で滑ったり。

 

IMG_2085_R.JPG

深い紺色がきれいなリンドウ。

 

IMG_2084_R.JPG

どんな道なのか、とても興味があって、私だけこちらの道を行きました。

 

IMG_2083_R.JPG

木立の中の山道なので、涼しくて快適。ただ少し湿っているので滑りやすい。

 

IMG_2082_R.JPG

ロープウェー駅に先に着いたので、椅子に座って日陰で待つことに。

 

IMG_2081_R.JPG

下に着きました。お疲れ様でした。

 

IMG_2080_R.JPG

手前のレストランは改修するまでお客さんの入りがあんまりでしたが、今は回転がよさそう。

今日は天気も良く楽しかったのですが、後2時間の頂上までの根性がなく、ロープウェーの歓声が待たれます。

さて、来週はどこに行くでしょう。乞うご期待。ではまた。

 

 

 

 

 

 

 

Schloss Harburg 

  • 2018.09.03 Monday
  • 11:11

2018年9月3日(月)晴れ

 

Augsburgの北、Donau-Ries。南ドイツで一番(規模が)大きくて保存状態の良いお城,SchwabenのHarburgへ。

900年の歴史を体感!

 

IMG_2051_R.JPG

 

その後は、ロマンチック街道沿いということで他の街もついでに見学してきた模様。

 

どの町だっけ?Noerdlingenだっけ?

 

まっいいか。まずはハーブルグから。

 

IMG_2064_R.JPG

Harburgと、ディンケルスビュールです、会長。

さて今年は晴れの日が多く、大変乾燥気味のドイツ。トウモロコシ畑も、実がなる前に乾ききって枯れてしまっています。北ドイツではもっと深刻だそう。

 

IMG_2063_R.JPG

駐車場からお城に向かいます。保存状態がとてもいい、というとおり、きれいなお城。

 

IMG_2062_R.JPG

ロマンチック街道、こんな風につながってます。

 

IMG_2061_R.JPG

行ったことある街もあれば、まだ行ったことない街の名前もあり。

 

IMG_2060_R.JPG

ここから、こんなところにも行けます。

 

IMG_2059_R.JPG

入り口に行くまで、おいしそうなプラムがあちこちになっていて、とって〜って言ってました?

 

IMG_2058_R.JPG

 

IMG_2057_R.JPG

もっとも古い建造物の一つ、と書かれている、大変微妙な表現のこの城。文献には1100年くらいに出てくるようです。

 

IMG_2056_R.JPG

いいお城なんだけど、何か物足りないのはなぜ。

 

IMG_2055_R.JPG

レストラン入り口。とてもきれいなレストラン。お姉さんも優しい。でも、お値段が!

 

IMG_2052_R.JPG

リンゴの木にも、実がたわわに実ってました。

 

IMG_2050_R.JPG

劇やコンサートなど、色々な催し物もあるよう。15人以上のグループなら、案内を一時間ごとの説明以外にも予約でやってもらえるそう。

 

IMG_2049_R.JPG

とってもいい香りのバラ。

 

IMG_2048_R.JPG

綺麗に整備されているんだけど、お花が少ない気が。

 

IMG_2047_R.JPG

記念撮影。

 

IMG_2045_R.JPG

砲弾のところに、重たい銃口を支える、木のこんな支えが。でも、差し込んだら、照準どうやって合わせるんだろう。

 

IMG_2044_R.JPG

見張り用の隙間。

 

IMG_2043_R.JPG

だいぶ大胆に開いている、壁の窓。ここまでは間違っても銃で打った弾がとどかなかったのかな?

 

IMG_2042_R.JPG

中庭。最初は写真撮影禁止って書いてあって、全域撮ってはいけないのかと思ったら、撮ったらいけないときは教えてくれるという事で、安心して色々撮りまくり。

 

IMG_2041_R.JPG

こんなに古い建物で、保存状態がいい城なのに、何か足りない気がするのは、整備されていない庭の土丸出しのせいかも。

 

IMG_2040_R.JPG

花文字の説明書き。

 

IMG_2039_R.JPG

古き良き?時代の武器。

 

IMG_2038_R.JPG

この寒暖差の激しい国で、木の手すりや廊下がきれいに保持されているのは驚き。

 

IMG_2037_R.JPG

一番先の建物は、錫の人形の展示室になっている。

 

IMG_2036_R.JPG

昔は敵味方の区別を、この盾で行っていたそう。

 

IMG_2035_R.JPG

微妙な盾を作ったら、戦争で戦っていいか迷うだろうなあ。

 

IMG_2034_R.JPG

 

 

IMG_2033_R.JPG

面白い、監視と捕虜人形。

 

IMG_2032_R.JPG

 

 

IMG_2031_R.JPG

外の風景はのどか。

 

IMG_2030_R.JPG

あいにくのお天気で、ビアガーデンにはお客様がいなくて。

 

IMG_2029_R.JPG

見張り窓は少ししか隙間がないのに、なぜこの窓はこんなに開いている?

 

IMG_2028_R.JPG

レンガの廊下はいい色。

 

IMG_2027_R.JPG

 

 

IMG_2026_R.JPG

布の人形を飾ってみました。風が吹くと揺れます。幽霊ではないそうです。特にここにある意味はないそう。

 

IMG_2025_R.JPG

実っていない実りの秋が悲しい。家畜の食糧が深刻だそう。その代わり、ブドウ、リンゴなどの果物は実りがいいようで。フェーダーバイザーも例年よりかなり早く市場に出回ったようです。

 

IMG_2024_R.JPG

昔のトイレだって。

 

IMG_2023_R.JPG

 

 

IMG_2022_R.JPG

罪人がつながれて。この部屋のそばはボイラーの煙突が通っており、サウナのようになるそう。

 

IMG_2021_R.JPG

 

 

IMG_2020_R.JPG

一瞬説明が終わって、教会横から入ったところの見晴らし台から、外の風景を。

 

IMG_2019_R.JPG

町自体はとても小さい。ローテンブルグと共に観光が組み込まれたり、これから城下町として発展していく可能性が?

 

IMG_2018_R.JPG

 

IMG_2017_R.JPG

格子の付いた門。すっきりしていい感じ。

 

IMG_2016_R.JPG

 

IMG_2015_R.JPG

さて、まだ時間が早いので、ディンケルスビュールの町にも行ってみます。

 

IMG_2014_R.JPG

少しづつ違う家の色がシックでいい感じ。

 

IMG_2013_R.JPG

町の真ん中のスーパーでは平日にはおにぎりも売っているそう。

 

IMG_2012_R.JPG

 

IMG_2011_R.JPG

屋根の形が面白い市役所。

 

IMG_2010_R.JPG

 

 

IMG_2009_R.JPG

色々な種類のビール。

 

IMG_2008_R.JPG

教会にも入ってみました。

 

IMG_2007_R.JPG

 

IMG_2006_R.JPG

木組みの家がいい感じ。近くで、ケーキを食べながら一休み。

 

IMG_2005_R.JPG

 

 

IMG_2004_R.JPG

屋根近くに1460の文字が。

 

IMG_2003_R.JPG

中の階段とか軋んだり、お部屋が傾いたりしてるのかな。

 

IMG_2002_R.JPG

ここのカフェのおばさんは一人で頑張ってました。ケーキ、安くておいしかったです。

 

IMG_2001_R.JPG

 

IMG_1999_R.JPG

この建物は、昔病院だったらしい。

 

IMG_1997_R.JPG

 

 

IMG_1996_R.JPG

当時は最新式の技術だったのでしょうね。

 

IMG_1995_R.JPG

水車。

 

IMG_1994_R.JPG

くるっとまわって見学して、端から出ようと思ったら、門が閉まってました。

 

IMG_1993_R.JPG

 

IMG_1992_R.JPG

 

IMG_1991_R.JPG

門に戻って散策再開。

 

IMG_1990_R.JPG

1280年に出来上がって1380年に南側の建物が建ち、1456年に西側、1541年に東側が建てられました。

市の老人ホームです。

 

IMG_1989_R.JPG

 

 

IMG_1988_R.JPG

 

 

IMG_1987_R.JPG

壁の飾り。

 

IMG_1986_R.JPG

狭い通りが面白い。

 

IMG_1985_R.JPG

かわいい窓飾りと花。

 

IMG_1984_R.JPG

 

IMG_1983_R.JPG

誰か私を探してるなら、私は庭にいるわよ!

 

IMG_1982_R.JPG

小人さんも飾られた、かわいい庭。

 

IMG_1981_R.JPG

探検探検。

 

IMG_1979_R.JPG

壁が見えます。

 

IMG_1978_R.JPG

ちょっと上って。

 

IMG_1977_R.JPG

壁の出入り口。

 

IMG_1976_R.JPG

外側はこんな感じになってます。

 

IMG_1975_R.JPG

 

 

IMG_1974_R.JPG

青空の時に来ると、また全然違う味わいが。

 

IMG_1973_R.JPG

立派な看板。

 

IMG_1972_R.JPG

ユーゲントヘアベルゲ。

 

IMG_1971_R.JPG

途中でアイスを買ってみましたが、ハズレ。あんまりおいしくなかった。

 

IMG_1970_R.JPG

反対側の、壁の外のお堀の橋から、町を撮影。

古くて味わいのあるいい街です。天気がいまいちだったのが残念。また来ましょう!

 

 

 

 

Flugfest 航空ショー

  • 2018.08.26 Sunday
  • 20:04

2018年8月26日(日) 晴れ

 

Flugfest 

 

 

IMG_1967_R.JPG

 

IMG_1965_R.JPG

 

IMG_1964_R.JPG

 

IMG_1963_R.JPG

 

IMG_1962_R.JPG

 

IMG_1961_R.JPG

 

上ばかり見ているわけではない航空ショー見学。

地上の飛行機やら焼きソーセージ、ビールの屋台、はたまた持参の弁当も!楽しい。

 

 

そして、体験飛行というか、小型機での遊覧飛行もできる!

どっかの島国のように米軍との地位協定で民間機の飛行区域がガッチガチに縛られてるわけもなし、その辺はドイツは自分の国の空もかなり自由かな? 

 

IMG_1952_R.JPG

やって来ました、ウルム郊外、ゲッピンゲンから少し北上した所の飛行場。近くの駐車場はすでにいっぱい。

反対側の畑横の駐車場に入って、会場ついてすぐに小型飛行機の遊覧飛行を申し込み。前回、ミュンヘン郊外のKönigsdorfの飛行ショーで初めて乗って、とても良かったので、今回手順はバッチリ。

 

IMG_1951_R.JPG

担当の人がちゃんと探して呼びに来てくれました。親切なパイロットのおじさんと、担当のお兄さんたちが至れり尽くせりで乗り込んで、早速テークオフ。芝の上をがたがた走るのは前回でも同じだったので、もう驚きません。

 

IMG_1949_R.JPG

行ってきます〜。

 

IMG_1948_R.JPG

ほかのグループも順番にテークオフ。

 

IMG_1947_R.JPG

 

IMG_1946_R.JPG

滑走路はとりあえずきちんとしてます。

 

IMG_1944_R.JPG

 

 

IMG_1943_R.JPG

これは窓が大きくて、景色がよさそう。

 

IMG_1941_R.JPG

ヤッホー。

 

IMG_1940_R.JPG

タイヤの付き方が面白いですね。さて遊覧飛行の写真を最初に紹介という形になりましたが、時間を戻して、到着前の写真からご紹介します。

 

 

 

IMG_1939_R.JPG

これはアウトバーン下りて、空港向かう途中、ゲッピンゲンの手前の駐車場に出ていた、カボチャ。秋ですね。

 

IMG_1938_R.JPG

ここが駐車場。雨が少なかった今年のドイツ、トウモロコシが各地で枯れています。北ドイツは特にひどかったそう。ここのトウモロコシもほとんど枯れかかっていました。この左手が会場。

 

IMG_1937_R.JPG

早速、離陸待ちの飛行機が。

 

IMG_1936_R.JPG

お兄さん、管制塔と交信中?

 

IMG_1935_R.JPG

色々な小型飛行機が。

 

IMG_1934_R.JPG

向こうにはグライダーも。手前の飛行機はこんな風に斜めに停まっていて、翼に負担はないのかな?

 

IMG_1933_R.JPG

中ちゃん、この飛行機は新しいんでしょうか、古いんでしょうか。解説お願いします。

 

IMG_1932_R.JPG

さて先ほども書きましたが、到着後すぐに予約した、遊覧飛行の順番が、意外にあっという間に回って来て、早速乗り込みます。

 

IMG_1929_R.JPG

コックビット。

 

IMG_1928_R.JPG

出発です〜。

 

IMG_1927_R.JPG

揺れ、をお見せできないのが残念。

 

IMG_1925_R.JPG

離陸してすぐ、町の名前を確認。昔私がホームステイしたKuchenという小さな町の上空を飛んでいます。懐かしいなあ。

 

IMG_1924_R.JPG

ちょっと前後しちゃいましたが、これは離陸待ちの写真かな?

 

IMG_1923_R.JPG

いい天気なので、空は穏やか。景色も最高。

 

IMG_1922_R.JPG

向こうに見える小高い丘が、有名ななんとか、と聞きましたが、忘れちゃいました。残念。

 

IMG_1921_R.JPG

これがKuchen の町だったかな?なんだか上からはみんな同じような街に見えるんですが。

 

IMG_1920_R.JPG

飛行機、きれいです。

 

IMG_1919_R.JPG

このくらいの高度で、くるっと一回り。緑が多い、ドイツです。

 

IMG_1918_R.JPG

町がこんな風に点在しているのがドイツらしい。

 

IMG_1915_R.JPG

乗り心地とても良かったです。椅子もこんな風に、上等な仕上げ。これなら雨漏りの心配もないだろうし。そういえば昔、DC8型機、雨が降ったら雨漏りしてたなあ。

 

IMG_1914_R.JPG

こうしてみると、保養地の多いこの辺り、自然が多くていい環境ですよね。

 

IMG_1913_R.JPG

 

 

IMG_1910_R.JPG

電車はシュトゥットガルトから来てこの辺りの坂を上り、ウルムを通ってミュンヘンに繋がっています。

 

IMG_1908_R.JPG

着陸態勢に入ったかな?

 

IMG_1907_R.JPG

風車がずいぶん建ちました。

 

IMG_1905_R.JPG

この飛行機はアクロバット飛行で大活躍。

 

IMG_1904_R.JPG

カラフルなこんな飛行機も。

 

IMG_1903_R.JPG

羽の先から赤い煙を出しながら、アクロバット飛行をするグライダー。翼が細くて長いので、とても優雅に見えます。

 

IMG_1902_R.JPG

空の上では細い煙の筋も、実はこんなにたくさん出ていたんですね。

 

IMG_1899_R.JPG

遊覧飛行、次の順番の方はこちらです〜。

 

IMG_1898_R.JPG

こんなにたくさんの見学の人が。でも、ちゃんとテーブルやいすがたくさん用意されていて、見学しやすい、いい環境でした。屋台や、おいしいアイスクリーム屋さんも。子供には、自分たちで乗れる、飛行機型の足でこぐ乗り物もありました。

 

IMG_1897_R.JPG

今日は何往復ぐらいするのかな?

 

IMG_1896_R.JPG

アクロバット飛行などの出し物の合間を縫って、遊覧飛行は続きます。

 

IMG_1895_R.JPG

この左手の方にも、色々な飛行機がありました。

 

IMG_1894_R.JPG

こんな風に引っ張って移動させるんですね。

 

IMG_1893_R.JPG

いい場所に陣取れました。ご協力ありがとうございました。

 

IMG_1892_R.JPG

他のメンバーが乗りに行っているので、お留守番。

 

IMG_1891_R.JPG

このアイスが本当においしくて。近年まれにみるヒット。

 

IMG_1890_R.JPG

 

IMG_1888_R.JPG

 

IMG_1886_R.JPG

 

IMG_1885_R.JPG

 

IMG_1884_R.JPG

やっぱり中ちゃんのいいカメラの写真には負けます。

 

IMG_1883_R.JPG

 

 

IMG_1882_R.JPG

 

 

IMG_1881_R.JPG

見学の人がもっと増えてきました。

 

IMG_1880_R.JPG

え?コックピットのドア開いちゃってるの?

 

IMG_1879_R.JPG

 

 

IMG_1878_R.JPG

 

 

IMG_1877_R.JPG

 

 

IMG_1876_R.JPG

 

 

IMG_1875_R.JPG

面白い形の飛行機ですね。

 

IMG_1874_R.JPG

子供たちには、飛行機も楽しいけど、みんなで遊べたのもいい思い出。

 

IMG_1869_R.JPG

 

IMG_1867_R.JPG

 

 

IMG_1866_R.JPG

空から人が降って来て、そろそろ大きな出し物は終わりかな?

ミュンヘンに直接帰る組と、ウルムに寄ってから帰る組に分かれて解散。お疲れ様でした。

 

IMG_1865_R.JPG

 

 

IMG_1864_R.JPG

 

 

IMG_1772_R.JPG

Grunaubabyという中ちゃん一押し(?)のグライダーだそうです。

戦前戦中を通じて(1932年〜1945年)4000機作られたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

Burg Falkenstein ドイツで一番標高の高いお城

  • 2018.08.19 Sunday
  • 22:53

2018年8月19日(日) 晴れ

 

Burg Falkenstein ファルケンシュタイン城

 

バイエルン王ルードビッヒ二世が、ノイシュヴァーンシュタイン城の次に構築を計画していたお城。

今日は日本からのお客さんとなかちゃん、みゆきさの三人でアルゴイの古城へ、標高1300m近い所の山城まで登山。

 

そして、今回は中ちゃんが色々なスポットを回ってくれた模様。

ルートは・・・

 

湖 (Plansee)

ファルケンシュタイン城址

ヴィース教会

オーバーアンマーガウアーの町

 

 

 

IMG_1624_R.JPG

静かな湖面、透き通る青い水の美しさ。今日はPlansee経由でフュッセン方面に入ります。

 

IMG_1623_R.JPG

前に、会長、ゲンちゃんなべちゃんと湖の周りを一周しましたね。

 

IMG_1621_R.JPG

湖岸にいた方にお願いして、記念撮影。

 

IMG_1619_R.JPG

お魚もスーッと泳いでいくのが見えました。いい天気です。

さてこの先の分かれ目でフュッセン方面ではなく、左のPfrontenに進みます。

 

IMG_1617_R.JPG

前回登ったAggensteinのあるBreitenbergbahnの向かい側に進みます。暑い日に、ちょうど木陰のこんな道を行けて快適。

 

IMG_1616_R.JPG

さて、この赤い実はなんでしょう。

 

IMG_1615_R.JPG

こんな上り坂が続きます。

 

IMG_1614_R.JPG

目をつぶったサイの顔のような切り株。

 

IMG_1613_R.JPG

この辺りはくねくね道。

 

IMG_1612_R.JPG

マリア像前の石段のところに、かわいい白い花。

 

IMG_1611_R.JPG

マリア像のところに到着。でも、直射日光でものすごく暑い!日陰を探して、お昼ごはんに。

 

IMG_1610_R.JPG

お花がきれいに植えられて、手入れの行き届いています。もしかしたら、私たちの前を登って、あっという間に降りてきたおばさまが、お手入れをしていったのでは?

前回も、何人かがロウソクの入れ替えに来ていました。

 

IMG_1609_R.JPG

1891、の文字が見えます。

 

IMG_1608_R.JPG

向こうはアッゲンシュタインの方向。ロープウェーで下りてくるときもこの辺りが見えてました。

 

IMG_1607_R.JPG

 

IMG_1606_R.JPG

リュックを置いていたら、小さな侵入者が。もしかしたら卵を産む場所を探してる?

 

IMG_1605_R.JPG

マリア像。高さは2,8m、重さは300圈そばにひざまずいているのは、ルルドの奇跡を見たベルナデッテちゃん。

このGrotteは、ルードヴィヒ二世の亡くなった翌年の冬に、PfrontenのTheresさんという人の夢に聖母マリア様が現れてお告げを聞き、その話を牧師さんにしたところ、彼はルルドの奇跡のようなこの話を聞いて、彼女が語ったのと同じGrotteをFalkensteinに見つけ、ここにマリア像を建てねば、とPfrontenの彫刻家、Theodor Hafさんに一年かけて2,8mの像を作ってもらったそう。でもマリア像お披露目の1889年9月3日、ちょうどその日に、その牧師、Joseph StachさんはAggensteinで事故に遭って亡くなったのだと、Allgaeu.lifeに出てました。

 

IMG_1604_R.JPG

今ここはドイツ。向こう側はオーストリアです。

 

IMG_1603_R.JPG

レストラン前の最後の心臓破りの坂。ここがきつい!

 

IMG_1602_R.JPG

野草のオレガノ。

 

IMG_1601_R.JPG

だいたいの花が咲き終わってますが、種もなかなか面白い。

 

IMG_1600_R.JPG

とっても小さな博物館。ノイシュバンシュタイン城の次に作ろうとしていたこのお城のモデル。絵葉書にもなっている、塔のいっぱいある妖精のお城のようなのは、実際に建てるのは不可能だったようで。

 

IMG_1599_R.JPG

Falkenstein城の1270年当時の様子。その昔はDie Burg zu Pfronten、だったそうで。外観はアウグスブルグの司教、Wolfhardsによって、1290年にもう少し変えられたそう。入り口は建物の東側、19世紀の終わりに稲妻によって破壊されましたが、にあったそうです。

 

IMG_1598_R.JPG

Falkenstein のお城のカギ、とされているこの鍵は、どこで見つかったかは定かではなく、

もしかしたら、この近くのEisenbergという廃墟のカギだったのではという方が有力との話も。

 

IMG_1597_R.JPG

1883年、バイロイトの劇場舞台画家だったChiristian Jank設計のお城のモデル。塔がいっぱい過ぎて、使い勝手が悪そう?

 

IMG_1596_R.JPG

このお城はPfrontenの城として、1290年に1277mの高さにある城として登場します。三階建てで、15mの長さで幅は8,5m。

後から南の壁が少し高くされて、西側に3,6m広げられたようです。

 

IMG_1595_R.JPG

 

IMG_1594_R.JPG

 

IMG_1593_R.JPG

左の絵が1883年にChristian Jankが描いた城の予想図。こんなのは絶対まともには作れないと、1884年にGeorg von Dollmannが描いたのが真ん中の絵。で、これはルードヴィヒ二世のお気に召さなくて、解任に追い込まれてしまいます。

右の絵は、その後1885年にMax Schultzeが試みて描いた、ノイシュバンシュタイン城に似てきた、Falkenstein城の予定図。これはルードヴィヒ二世のお気に召したよう。

 

IMG_1592_R.JPG

レストラン前にある、ルードヴィヒ二世の胸像。その後ろ側からファルケンシュタインの廃墟に向け、登っていきます。

 

IMG_1591_R.JPG

ここまで来ると、景色がとてもきれい。ノイシュバンシュタイン城近くの湖の水が、先週にも増して干上がっています。

 

IMG_1590_R.JPG

ちょうどこの山の向こうに、遠くノイシュバンシュタイン城が見えるはず。

 

IMG_1589_R.JPG

 

 

IMG_1587_R.JPG

ファルケンシュタイン城到着。入り口の菩提樹が前回よりものすごく成長してました。

 

IMG_1586_R.JPG

1999年から数年かけたお直しにより、きれいに修復されています。

 

IMG_1585_R.JPG

Aggensteinが見えます。

 

IMG_1584_R.JPG

お城の上から、下を見るとこんな感じ。

 

IMG_1582_R.JPG

私が20歳の時にも、お友達のお母さんに車で連れてきてもらいました。当時のまんま。でもないか。

 

IMG_1581_R.JPG

どんなお部屋があったんでしょうね。

 

IMG_1580_R.JPG

あの下でちょっと休憩して、冷たい飲み物を注文。

 

IMG_1579_R.JPG

入り口が木で覆われてしまってます。

 

IMG_1578_R.JPG

 

IMG_1577_R.JPG

 

 

IMG_1576_R.JPG

 

 

IMG_1575_R.JPG

向こうにホテルが見えます。いつもならあちらから下りますが、今日はあまりに暑いので、直射日光のあちら側には回らず、日陰のもと来た道を戻ります。近いし快適。

 

IMG_1574_R.JPG

お疲れ様でした。

 

IMG_1573_R.JPG

 

 

IMG_1572_R.JPG

ドイツで一番高いところにあるお城です。1059年にアウグスブルグの司教によって建てられ、1582年からは住まわれることもなく、1646年に火災にあい、1884年からルードヴィヒ二世の所有。

 

IMG_1571_R.JPG

 

 

IMG_1569_R.JPG

下から見ると、こんな感じ。

 

IMG_1568_R.JPG

 

 

IMG_1567_R.JPG

エタールにケーキを食べに行くことになり、元気に下山。

 

IMG_1566_R.JPG

秋ですね。Weißwurzの実

 

IMG_1565_R.JPG

ノイシュバンシュタイン城には寄りませんでしたが、横から撮影。

 

IMG_1564_R.JPG

ノイシュバンシュタイン城と、ホーエンシュバンガウ城。

 

IMG_1563_R.JPG

ヴィース教会。お久しぶりです。

 

IMG_1562_R.JPG

昔の合宿で、ここの二階のオルガンの前で歌いましたね。

 

IMG_1561_R.JPG

この天使の足が、左足だけ立体感を見せるために、絵から飛び出してます。

 

IMG_1560_R.JPG

オルガンのある入り口側。

 

IMG_1559_R.JPG

写真だと、微妙にわからないですね。

さてヴィース教会から、今度はオーバーアマガウに。

 

IMG_1558_R.JPG

帰りの渋滞に巻き込まれないように、駆け足の見学です。十年に一度の受難劇と木彫りとフレスコ画で有名な街。

 

IMG_1557_R.JPG

受難劇をやる劇場です。

 

IMG_1556_R.JPG

おまけに私も参加。

 

IMG_1555_R.JPG

 

 

IMG_1554_R.JPG

エタールではこの後、チーズケーキにブルーベリーの乗った、イチオシのケーキをゲット。お土産にお家にも持って帰って、翌日も楽しみました。

今回は盛りだくさん。きれいでおいしくて、体も動かせて、なおかつ見ごたえのあるなんちゃってでした。

 

雨が降らなくて、庭木も枯れかけている今日この頃。天気予報では、雷や雨、になっていてもなかなかお湿りがありません。トウモロコシ畑もひからびて、あきらめて刈り取ってしまっている農家も。家畜の飼料の不足が心配されています。北ドイツはかなり深刻な模様。状態が改善することを祈っています。

 

さて、世界一長い城のBurghausenでのカルミナブラーナのコンサートも無事終了し、楽しい夏を過ごしたみゆきさ。次の週末はウルム郊外でエアショーがあります。

それではまた来週をお楽しみに!

 

 

 

Aggenstein

  • 2018.08.05 Sunday
  • 23:35

2018年8月5日(日) 晴れ

 

Aggenstein

 

IMG_1338_R.JPG

 

天気が一番安定しているところは・・・・ Aggensteinだったそうで。

 

 

そうなんです、会長。

今週はバイエルン中降水確率、はやばやと11時から40%以上。その中でAggensteinは雨の確率が一番低かったので、もう一つの候補を押しのけて一番押しになりました。

到着したら、こんなにいい天気。でも午後からの雨を警戒して、ロープウェーは往復券を買って頂上駅へ。

 

 

 

IMG_1359_R.JPG

山に登る人、観光客、パラグライダーの団体さんと、にぎわう頂上駅。観光客はこの頂上駅からリフトに乗り換えて、もう一つ先に進みます。私たちは徒歩で左前方にそびえるAggensteinへ。

 

IMG_1358_R.JPG

もう秋の気配が。ジルバーディステルが咲き始めました。

 

IMG_1357_R.JPG

まえにはなかったこんな看板が立てられてました。

 

IMG_1356_R.JPG

アッゲンシュタインと紫色のきれいなトリカブト。

 

IMG_1355_R.JPG

リフト横の方向指示板には、頂上まで1時間という表示が。登り坂大変だった覚えがあったのですが、そんなに時間はかからないんですね。

 

IMG_1352_R.JPG

ちょうど日が当たっているところと、日陰の境目あたりを登っていきます。

 

IMG_1351_R.JPG

前に来た時には、この先でおにぎりいただきましたね。

 

IMG_1350_R.JPG

このベンチに座って食べました。皆さん、覚えてます?

 

IMG_1349_R.JPG

かたまって咲く、薄紫のリンドウ。

 

IMG_1348_R.JPG

なかなか急な坂。でも今日はゆっくり登りましょう。

 

IMG_1347_R.JPG

このきれいな紫。毒がある花とは思えない。

 

IMG_1346_R.JPG

一時間で登れる山ですが、こんなに迫力あり。

 

IMG_1345_R.JPG

ブライダルベールのようなかわいい花。

 

IMG_1344_R.JPG

綺麗な花に、青虫君がくっついてます。

 

IMG_1343_R.JPG

日陰の崖の下のところには、背の低いアルペンローゼが咲いていました。

 

IMG_1342_R.JPG

向こうに見える湖、写真ではわかりずらいのですが、ずいぶん雨が降っていないので、水が干上がって、手前側半分、赤茶色の土が見えてました。

 

IMG_1341_R.JPG

ちょこちょこ休憩しながら登ります。

 

IMG_1340_R.JPG

向かい側の山の頂上では、山小屋に水色の日よけ笠がいくつも広がってました。

 

IMG_1339_R.JPG

まだまだ奥に山並みが続きます。

 

IMG_1337_R.JPG

向こうの山ならもう頂上。どこかでお昼にしましょう。

 

IMG_1336_R.JPG

日陰側のがけを、ザイルを使って登っている人たちが。

 

IMG_1335_R.JPG

珍しく、花びらが6枚あるリンドウ。

 

IMG_1334_R.JPG

すごいですね〜。女性らしき人影も見えました。

 

IMG_1333_R.JPG

さて、あそこがアッゲンシュタイン頂上です。あともうちょっと。

 

IMG_1332_R.JPG

気持ちのいい天気になりました。良かった良かった。

 

IMG_1331_R.JPG

崖のところにもリンドウ。

 

IMG_1330_R.JPG

水不足に負けずに元気に咲いてます。

 

IMG_1329_R.JPG

アッゲンシュタイン頂上までは岩登り。渋滞していて、左に回り込んだ前の人について登って行ったら、なんとエーデルワイスの塊を発見。ちょっと得した気分。

 

IMG_1328_R.JPG

感激して、とまって写真を撮っていたら、あとから登ってきた人に、大丈夫?って聞かれてしまいました。でも、この辺り、たくさんのエーデルワイスが。

 

IMG_1327_R.JPG

 

 

IMG_1325_R.JPG

 

 

IMG_1324_R.JPG

 

 

IMG_1321_R.JPG

ここの左側のがけの上にも、エーデルワイスの花の塊が。

 

IMG_1320_R.JPG

これは大きい。

 

IMG_1319_R.JPG

 

 

IMG_1318_R.JPG

記念撮影、はいポーズ。

 

IMG_1317_R.JPG

いい景色ですね。

 

IMG_1316_R.JPG

 

 

IMG_1315_R.JPG

頂上の十字架、この位置で、右左にたくさんのエーデルワイスが咲いてました。

 

IMG_1314_R.JPG

なんと、下りてきた下の登山道の横の岩の上にも、エーデルワイスが。

 

IMG_1313_R.JPG

 

 

IMG_1312_R.JPG

 

 

IMG_1311_R.JPG

エーデルワイスに感激しつつ、山小屋を目指します。

 

IMG_1310_R.JPG

ジルバーディステル団体さん。

 

IMG_1309_R.JPG

エーデルワイス、団体さん。

 

IMG_1306_R.JPG

ここ、ここ。ここにも咲いてます。

普通の登山道横にもあんまりいっぱい咲いているので、山小屋のオジサン種まきまくったのでは、という疑惑も?

 

IMG_1305_R.JPG

山小屋が見えてきました。山小屋手前の岩の上にも、たくさんのエーデルワイスが咲いてました。ローファンより数多い?

 

IMG_1304_R.JPG

後ろから回り込んで、山小屋に入ります。後ろと前では、全然イメージが違うこの山小屋。

 

IMG_1303_R.JPG

隣のオジサンの注文した団子スープのあまりの大きさに、写真を撮らせてもらいました。

 

IMG_1302_R.JPG

前から見るとこんな感じ。全然印象違うでしょ?

 

IMG_1301_R.JPG

さあ、そろそろ1500m切ったので、もうエーデルワイスはおしまいかな?

 

IMG_1300_R.JPG

こんな道を下っていきます。がくがくなるので、先週の足の痛みがまた舞い戻ってきた感じ。まずいまずい。

 

IMG_1299_R.JPG

滑りそうなところには、こんな岩も。

 

IMG_1298_R.JPG

春は鮮やかな黄色の花が多いのですが、黄色に加えて、今はきれいな紫の花がいろいろ。

 

IMG_1297_R.JPG

Schwalbenwurz-Enzian

 

IMG_1296_R.JPG

トリカブトいっぱい。

 

IMG_1295_R.JPG

前回はこのままロープウェーを使わずに下りて、登ってくる学生の団体さんに会いましたね。

 

IMG_1294_R.JPG

こんな木の道も。

 

IMG_1293_R.JPG

 

 

IMG_1292_R.JPG

まだまだ後ろのくねくねの道を下ります。

 

IMG_1291_R.JPG

おっと〜こんなところにもエーデルワイス。ずいぶん背が高い。

 

IMG_1290_R.JPG

ずいぶん茎が細くなって。

 

IMG_1289_R.JPG

雨が来るのか、入道雲がにょきにょき?いえいえ、意外に大丈夫でした。

 

IMG_1288_R.JPG

ちょうど真ん中辺に、カモシカ三頭発見。牛かと思ったけど、双眼鏡で確認したら、首が細いカモシカでした。残念写真では見えにくい!

 

IMG_1287_R.JPG

ロープウェー駅まであとちょっと。

 

IMG_1286_R.JPG

ここからだと向こうの湖の干上がり具合がはっきり見えます。

 

IMG_1285_R.JPG

もう一つの候補だった山の方角には、雲がたくさん出てきました。でも雨は降ってない様子。

 

IMG_1284_R.JPG

日陰に入ってちょっとひんやり。

 

IMG_1283_R.JPG

後は回り込んで頂上駅へ。

 

IMG_1282_R.JPG

今朝まっすぐ上がっていった道に、頂上駅すぐの山小屋の後ろでぶつかります。

 

IMG_1281_R.JPG

頂上駅に帰ってきました。

 

IMG_1279_R.JPG

頂上駅からみえるノイシュバンシュタイン城。

 

IMG_1278_R.JPG

さっき、Bad Kissingerhuetteでラードラーを飲んだので、ここは素通り。天気が悪くならないうちに、ロープウェーで下ります。

 

IMG_1277_R.JPG

向かい側の山頂に見えるのは、ルードヴィヒ二世が次のお城の建設予定地に考えていた、廃墟のFalkenstein。

 

IMG_1276_R.JPG

だいぶ下がってきました。

 

IMG_1275_R.JPG

Falkensteinアップにしてみました。ここもなかなか素敵ですよ。

 

IMG_1274_R.JPG

こういう支えで、ロープウェーはぶら下がっているらしいです。はい。

 

IMG_1273_R.JPG

今日はお祭りがあるようで。

 

IMG_1271_R.JPG

あんまり暑いので、近くの町でアイスクリームを買いました。これがなかなか大当たりのおいしさ。

お疲れ様でした〜。

 

続いて、中ちゃんとしんちゃんからの写真を送ってもらいました。中ちゃん、しんちゃん、ありがとうございます。

 

IMG_1415_R.JPG

あそこにはありそう、と言えるぐらい、エーデルワイスが咲きそうな岩の鑑定ができるようになりました。

 

IMG_1411_R.JPG

頂上の十字架からはこの位置。

 

IMG_1368_R.JPG

ベストポジション。きれい。

 

IMG_1367_R.JPG

そういえば、Gipfelbuchの記帳忘れました〜。

 

IMG_1366_R.JPG

今が盛りのトリカブト。

 

IMG_1365_R.JPG

ちょうど登りだしは少し曇り気味で、暑くならずに助かりました。

 

IMG_1364_R.JPG

アルゴイの牛、違う種類の牛、いろいろ草を食んでいた斜面。隣では2か所、順番にパラグライダーがタンデムで離陸してました。

 

IMG_1363_R.JPG

中ちゃんありがとうございます。下からアップだとこんな感じ。

 

IMG_1362_R.JPG

ひくと、この距離。私たちの横、写真の左側の丸い岩の緑の草の中にも、たくさんのエーデルワイスが。

 

IMG_1361_R.JPG

クレッターも楽しい、頂上付近。

 

IMG_1360_R.JPG

下りた岩のところにも、白く見えているのはエーデルワイス。ロープウェーを使ったので、歩いた距離はそれほどでもありませんでしたが、なんだか得した気分の登山でした。

 

来週の土日は、中ちゃんおすすめの飛行機のお祭りがあります。

その他、この山のご近所の、Hoher Freybergの古城では、騎士のお祭りがあります。

皆さんぜひお出かけくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM